直ぐ来てもらって助かりました。 | 鹿屋

鹿屋

鹿屋ママケア

満永小百合


テーマ:
出産間もないお母さんの声です。


『頼りにしていた両親が時たま自宅に帰るのでその間

日中の自分の世話、
赤ちゃんの沐浴、
上の子の送迎が心配で、、、

市のファミリーサポートにも登録してて、
サポート者の紹介もして貰いました

けれど
実際にやって欲しい事とサポート者の出来る事とが合わなかったので』ということでした。





その相談から



ママケアにてお手伝い出来る事
は?



時間に合わせ沐浴や掃除、保育園送迎を提供しました。







お母さんの授乳に合わせ、お子さまの目覚め前後に出来る日常のちょっとした掃除、
洗濯や布団シーツ等、居間周りの子どもの食べこぼしから床拭きの消毒等。

ベビーベット周囲や布団の乾燥等感染対策など。



そして、
赤ちゃんが起きたら沐浴や着替え準備等から沐浴を行い皮膚や手足の動きなど観察全身の観察等。
沐浴を家庭の中に合わせたより楽に出来る情報の提供とかすることあります。






お母さんの喜びの声としては、
手伝って欲しい時に来て貰って助かったということでした。



そして、夕方ご主人が帰ってくるまでの間は、上の子の送迎してお風呂や着替え、ちょっとした遊びに付き添って、ご飯食べてまた遊び、明日の保育園の準備等。







両親が自宅に帰って来るまでの間、日常付き添うことが



ママケアは繋ぎ役になりました。




赤ちゃんの授乳時間の変動や夜泣きする上の子のお世話に寝不足気味では気持ちの前に身体がついていけないです。


赤ちゃんと二人でもゆっくりお風呂に入れることや、ご飯食べれることも幸せだったりします。


そういう何気ない幸せをもっと
当たり前に。


誰かがいればゆっくり過ごせ、
誰かがいればオムツを替えてくれて、
誰かがいれば泣いたとき対応してくれて、

一回でもオムツ替えとか
抱っこが少なくなれば
気持ちも楽になり
お母さんの身体は気軽になります。


(お母さんの抱っこヒモを借りて。)



お母さんが誰に相談しても対応してもらえない、ファミリーサポートも登録したとか、利用してみたけど

もう少し困ってるんだけど、
ここなんとかならないかな?

なんて時は
諦めないで楽しく子育てしたい気持ちをドンドン
ママケアまで声をかけてほしいですね^^。

けれど、市町村のファミリーサポートは、もしもの時の為にも、ぜひ登録して欲しいです!

ママケア代表
満永小百合

直通携帯電話 09074770371
 (留守電になりますのでコメントください。)




鹿屋ママケア 満永 小百合さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ