子どものお世話は出来ないとか子どもは苦手かもと話したりしてますか? | 鹿屋ベビーシッター  お母さんの困り毎に夜間も直ぐ対応してます。。 

テーマ:
子どもと一緒に居るときにイライラしたり、
つい言葉かけがきつくなってしまう、、


そんな女性へ。


独身でもそれは感じます。

あ〰、私子ども育てられないわ!

なんておかしな事をくっつけたりしないでください。





女性は毎日体が変化しますので、

それを毎月の生理が何となくを感じさせてくれます。


性行為にて感じれます。


妊娠によって最大に感じれます。






私は可愛い甥や姪と過ごす事が楽しみです。

時々野山や公園にお出掛けしたり、お泊まりをします。



以前は、

初めは良いのだけど
一緒に過ごす時間が長くなると

段々イライラしてくることがありました。




初めは子どもだから、「⚫⚫してあげなきゃ」と、とても想いが強かったんですね。



毎日面倒見る家族に、

楽になれば良いなと、思うこともありました。

私が見てあげれば喜ぶかな?とか、、。

家族なんだから、見てあげなきゃ、力になってあげなきゃ!とか。



例えば、
子どもらがご飯食べる時、


直ぐ食べられる様に
子どもが食べたいを一緒に考えたりではなくて、先に用意してあげなきゃとか。


遊ぶときも、怪我しない場所とか、考えて選んでました。

子どもや周りよりも
結構一人で決めて一人で背負ってました。




難しい言葉や理由を伝えてもどうせ伝わらないだろうなとか自分の中で決めていたり。



けっこうめんどくさいこと一人でやっていました。



時には、解らない言葉に繰り返し質問されてそれもうざかったので優しい言葉に変換を考えていたのですが、今はそのやりとりも楽しくなってきました。



はぐらかしても私が苦手と思うところに
グイグイくるので、私も『そうきたか?』
と、子どもらの成長を感じつつあることも一つのコミュニケーションのようで、面白いなと思うところです。


今は、出来る事もやりたいことも子どもによって全然異なるので、それらが解ってからは、
それぞれやりたいこと、出来る事でお願いするようにしたり、ルールや決め後となどその時その時で変わる事も可として、子どもらで話をして決める様に持っていきます。


嫌われたくないと思っていたので怒るのも程々だったのですが、
今は、度が過ぎれば起こります。

そして、出来たときは、
照れる位誉めちぎります(笑)






ここらで私にも余裕が産まれてきたのは、

出来ない事は、無理にしないこと。

自分中心を楽しくする判断は必要不可欠だったなと。








産婦人科に関わっていた時
赤ちゃん大好きだと思っていました。

けど、産婦人科を辞めてしばらくしたとき
赤ちゃん苦手かも?

子どもは苦手かも?と
周りの友達に話したことがありました。

子どものことが大好きじゃないと子どもは産めないか?

それも違うなって思うように。

例えば、

汚い排泄物の交換、ミルク吐いた後の衣類の臭い、飲ませても飲ませても落ちつかず泣いてばかりのうるさい赤ちゃんから離れて

ホッと、我に還ったんだと思うのです。


その渦中にいたら気付かない
もしかしたら、気付いていても言わない、

言ってはいけない、、的な そんな環境もあったんだと思います。




周りが頑張ってるように見えていたりしたかも?

それに合わせて自分も頑張らないといけないと、そんな風に解釈している自分に気付いていたかも?

気付かなかったかも?




今をもっと楽しくやりたいなと、願った時、、

無理に子どもの相手をするのは辞めようって
思いました。




子どもの成長の姿は私にとって喜びであるし、
人生の楽しさでもあるのです。


それを見たり感じていたりしたいのに、どうしても見過ごしてしまいそうだから(笑)


成長や楽しさがあるから、
私自身、人生の中の大事にしたいなと想うところです。


そういう楽しさや喜びを
いくらでも増やして、
一緒に楽しく喜び合えたらなと願うところです。



手段はどんな手段でも良いし。
いくらでも思い付くままに出来たらなと思います。




私のベビーシッターやお母さんへのサポートには、トコトン話合いながら形作りもしますし、

早急に対応する形を作ることもします。

女性がどんな自分の姿を望むかですが、、^^。

ここも少しずつですが、積み重ねですよね。



独身だから子どもが居ないから解らないんじゃないなくて、

独身であっても出来る事はいくらでもあります。




三才から上の子どもらに喜ばれていることは、
子どもが遊びたい動き回れるについて行ける体力です。



三才未満の子どもらに喜ばれていることは、
上手く伝えられない嬉しさや不快さを
親に伝えてもらえた時かな?



そのあと親に誉められている子どもの目がとても微笑ましいです😉



そして、

子どもを見てもらう親にとって喜ばれていることは、
子どもの成長や笑顔満開の伸び伸びさを目で見えたとき、別の角度での子どもの話を聞けたこととか。

子どもの成長を残したい時、いつの間にか
写真を撮る余裕が無いとき、とか。


また、

パートナーと子どもの成長を話する機会が増えていること。
孫の成長をじいちゃんばぁちゃんに伝えられること。




家族がストレスなく楽しく子どもと関われることにもなっているそうです。





イライラしたり、
仕草やものの言い方にイラッとする前に

子どもと一緒に居る時間が長くならないように
預け先を工夫してみたり、


子どもは苦手か、嫌いかもしれん的な
話、パートナーへすることも必要です。




無理して私の様に、
なにもかもし過ぎない事も必要です。




🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀

相談はいつでも可能で無料です。
留守電になった場合

お名前 
また、早急対応の場合は急ぎと教えてください。


09074770371 満永直通です。


その為に現在は子育てスキルアップスクール

毎月続行中です^^













鹿屋ママケア 満永 小百合さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス