子どもの熱が出た不安な時は | 鹿屋ベビーシッター  お母さんの困り毎に夜間も直ぐ対応してます。。 

テーマ:






子どもの熱はいつおこるか解らないとおっしゃるお母さんがいます。



それと真逆にも熱が上がってくることの前兆を察知するお母さんもいます。


経験ですよと、
経験と言ってもどんな風に見ているのでしょう?


私は思うのです。

看護師とお母さんの役目は似てるところがあると。


日常の観察を出来るのはお母さん。


寝てるときも、起きてる時も子どものことを観察してます。


食事、トイレ、そして体調を抱っこで感じれます。



看護師も毎日最低2回の検温を行います。

科によって、重症者によって検温の回数も変わりますが、

産婦人科では元気なお産後の方は1.2回

赤ちゃんは3回~

睡眠や食事、入浴、そしてバイタルサイン(熱や脈拍、血圧、呼吸)など数字化し、会話や、気になること、今日の気分など傾聴します。

自宅では抱っこも食事も子どもの言われるがまんまに出来るので数回はざらだと。

時間によって食事や就寝が決まっている病院は
規則正しくなるとおっしゃられます。

けれど、
一人一人の子どもの状態はことなり、自宅に帰れば家事の合間に子どもの世話。

仕事と家事の合間に子どもの世話。


そんな状況は家庭によってバラバラですから、
家庭によっての情報をお母さんと共有しながら子どもの世話をすることが多いです。




相談ごとの中には、

症状が悪く病院を受診するとき、何処の病院があるか?とか、

病院に付き添ってもらえないか?とか、


泣いたりグズったりする子どもに、
手が回らない家事を変わりにサポートして欲しい、とか、



元気なんだけど、、、
保育園に出すと電話が来る位の熱の時とか。


仕事の手が離せないので2.3時間を見ていて欲しい、とか。





お母さんの求める事は同じですが、家庭により状況は大きく変わるのです。







これまでは、

は病院の中の決まりの中、
安全の環境の元で

スタッフ同士も、お母さんと子どもの情報を共有し、お母さんのことはスタッフが、管理しておりました。


転勤があったり、
両親が共働きしていたりまたは、病気や介護療養中であったりで、
子育ての、パートナーも残業やら

直ぐ近くに子どもをお願い出来る大人が居ないという現状から一人で子育てしている人は多いです。





お母さんが、
自宅でお子さまに見慣れる為に

自宅で過ごす環境もサポートして欲しいと強く求められているように感じます。




今回の様な熱が出た時、
抱っこは必要で
保育園には登園出来ない時



子どものことを一緒に見てくれるだけで
お母さんは安心して過ごせる様に感じます。






そんな、安心して過ごすお母さんの側で

子どもは元気になるのも早く過ごせます。





鹿屋市にもこういった場所はありますので参考にされてください。



一時保育が出来る保育所とは異なりますが、


🍀🍀🍀🍀🍀
保険適応で訪問してくださる池田病院の
鹿屋訪問看護ステーションサテライト白水

医療保険適応で病名のある0~15才
医師から病名がつけば訪問看護指示書が出ます。

「子ども医療費需給資格者証」
「重度心身障害者医療費需給資格者証」
「小児慢性特定医療費需給資格者証」
等で
医療費の助成が受けられるそうです。

24時間、 365日対応下さります。

医療的処置の必要な子ども
未熟児・多胎児・リハビリなども

専門医療スタッフが伺います。
看護師、作業療法士、他



桑波田産婦人科の時一緒に働いていたスタッフです。
安心して任せられます^^
解らない事は直接お尋ね頂いても構いません。





🍀🍀🍀🍀🍀
鹿児島市内や曽於市で取り入れられている
ホームスタート『家庭訪問型子育て支援事業』
4回までの無料サポート

ボランティアスタッフが伺います。

厚生労働省の事業です。



🍀🍀🍀🍀🍀
ファミリーサポート事業
小学生迄の子育て中、育児、家事の手助けと、
一歳になるまでの産前産後サポートがあります。

ボランティアスタッフが伺います。

鹿屋市は社会福祉協議会が事業しています。

病児対応出来るファミリーサポートはないです。



🍀🍀🍀🍀🍀
ママケアは、

妊娠・出産、子育てする女性の
子どものことや体のこと
ベビーシッター・家事サポート・産前産後ケアに、電話一本で自宅へサポート行きます。

当日、土日、夜間も対応
病児なども。

専門スタッフが伺います。
看護師、保健師、助産師、セラピスト 他




🍀🍀🍀🍀🍀

それぞれの目的によって
有料、無料で
使い分けられて利用出来ると良いですね。




一番は家庭の中にも、
子育てを一緒にしてくれる大人が増えることです。



満永への連絡は
携帯直通09074770371

相談はいつでも伺うことできます。

ママケア代表 満永小百合





鹿屋ママケア 満永 小百合さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス