お母さんのイライラは子どもの行動の先を読み答えが待ちきれずに先に声をかけたりしてませんか? | 鹿屋ベビーシッター  お母さんの困り毎に夜間も直ぐ対応してます。。 

テーマ:
小さなお子さまを手放せないお母さんへ


一人で子育てを頑張っているお母さん




お子さんよく
鼻水が出て病院通いしませんか?

体調崩しませんか?



手に追えず、グズグズとしてしまう姿についイライラ。


それはお母さんののびのびできない、モヤモヤなのでは?





もしかしたら、

家の外で

もっと

学びたい!

人と触れたい

色んな事を体験したい



お母さんが望んでいるように、子どもも望んでいるかもしれません。


外側に目を向けている瞬間かもしれない。。




自分で靴を履きご飯を食べ

少しずつ
自分で出来るようになるようにこれまで随分手取り足取りお母さんは支えてきました。




子どもも自分が成長すると、出来る様になったことをお母さんが一緒に喜んでくれてるぞ?。


これは、とても嬉しいな!


もっと出来る様になってもっともっとお母さんに誉められたい❗

そう、願っているのではないでしょうか?





大好きなお母さんに手遊び歌を披露してるとこです!





好きなダンスをお母さんと早く一緒にしたいと、手を引っ張っているところです。






そんなタイミングかもしれない。。




本を読めるようになったら本の話が出来て、

本を一緒に聞けるし。


色んな方法で新しい出会いを掴んでいけるのでしょう。



いつまでもお母さんがつきっきり側にいれるわけでもありません。


友達が増えにくい子どもは、
友達と関われるきっかけが出てこないのかもしれません。



友達と居るより、
お母さんやきょうだいとの時間が多かったかもしれない。



お母さんは仕事も子育ても家事も、
いっぺんに出来てしまう器用者です。




お母さんはつい子どもの行動の先を読みとれて、
答えを待ちきれず子どものきっかけよりも先に手を出しているかもしれません。





けれど

子どもの中で答えを見つけるきっかけは、ワクワクしたり挑戦したり出来る体験なのです。








そのきっかけを探したり、考えたりしている行動を理解出来てなかったら


子どもの中で産まれてくるワクワクや、挑戦したい気持ち、きっかけを、タイミングを待てずに奪っているのだとしたら?





モジモジする我が子にイライラ、

どうしたいのかハッキリ言わない我が子にイライラ。

出来ないと最初から決めて動かないし、

自分は悪くないと言ったり。





最近は
大人になって職場の面接や、色んな場面に親が同席して子どもの代わりに子どものことを話したりするのでしょうか?

そんな場面もあるそうです。



親として子どもとの関わりをどうしますか。





お母さん、

友達や、職場の同僚よりも、子どもと過ごす時間が長くありませんか?



社会の中で人と関わるより、家の中で過ごす時間が長く、
子どもと行ける場所、子どもが行ける場所で選択していませんか?

その選択が多くありませんか? 


子どもの事に、目を向け過ぎていることに気付いていないでしょう。


それはお母さんとしては当たり前の子育ての仕事だと思うからですよね?


その、当たり前さえも本当に正しいのですか?


子どもの事を、常にみていると子どもの状態は細かく話せても、


自分の事はみていないから、
自分の変化には気付けずめんどくさい、
後回しにしたり、
お母さん自身は語れないでしょう。



そんなお母さんは、
新しい友達を作ったり新しい場所に行くことが一人では出来なかったりするようです。





もう少し余裕を持って見たいお母さんほど、
子どもは他の大人に任せ、

自分にあった子育てと自分を理解する事です。


子どもは任せてください。

お母さんが自分の事で喜べる時間をもっとふやしましょう!

幸せも余裕もその積み重ねだと思うのです。





友達を増やせる力を持ってます。






これまで色んなお母さんが、子育てを学びたいという声がありました。


その声から、

お母さんの子育てスキルアップスクールが誕生しました。

2017年.鹿屋市社会福祉協議会から依頼を受け2度登壇した講師。




1回では理解出来ないという声から、


半年かけ更に集中すること、
取り組める場を用意しました。



お母さんが、毎回学びたい声から出来たスクールです。



1期生です。





















3月に卒業を、迎えたお母さん方です。




初めは自分の事にお金をかけたり時間を作る事がとても気持ちがザワザワしたり、
周りからの反応を気にしたそうです。


けれど、


「変わりたい気持ち」に向き合い変わる、変われる気持ちへ覚悟してからスタートしました。


お母さんの悩みを、お母さん同士が真剣に話したり、聞けたり出来る場は無いので、
初めは戸惑いもあったり。


自分だけではなないことや、これくらいは気にしなくていいんだ、

仲間の体験エピソードに背中を押されたり、

いつしか、悩みが悩みでなくなり、

小さな喜びを気づけたり、
周りに感謝したり、
幸せ感は増えて、
余裕が増えてきたたことで出来る様になったんだと、、、。



子どもはもちろん、ご主人や両親との関係ももっともっと良好になられたそうです。









いよいよ2期が明日4月17日10時~

鹿屋市ふれあいセンターで始まります。

講師は末村玲子さんです。


3人のお母さんです!




2期では
託児を無料とし、
単発受講で、転勤を気にすることなくお母さんが参加出来るようにしました。

受けたいから、受ける、その気持ちで十分です😊


託児スタッフにはママケア専属現役の保育士が担当!
(ゆっくり関わりお母さんの力になりたい託児に興味ある保育士募集😊)



眞由美先生!




美晴先生。




藍先生。


2期も講師とお待ちしております。


鹿屋ママケア
満永

鹿屋ママケア 満永 小百合さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス