妊娠中のお母さんにもっと味わって欲しいなぁと、願う。 | 鹿屋ベビーシッター  お母さんの困り毎に夜間も直ぐ対応してます。。 

テーマ:


三人目だから、

ゆっくり豊かな時間を女性に、味わって欲しいなぁ!



(今はもう、大きなえいじくん!👍)



妊娠は奇跡だそうですからね!


命を、お腹に宿す。

その膨らむお腹の変化を幼い子どもに話かけながら。

解らなくてもいい、解ってもらわなくてもいい。

ただ、伝える。

今の気持ちをリアルに伝える時間をもっともっと増やしながら。


幼いその子がもし、女の子だったら。。。


幼いながらにも何かを受け止めるでしょう。


自分の思いと違う様に受け止めるかもしれないけど、


幼い女の子がいつか赤ちゃんを妊娠したその日に、
お母さんにどう伝えるでしょう?



とても不安で不安で伝えるのでしょうか?




それとも、今のこのお母さんの妊娠の体験話をいくつか受け止め

お母さんに一緒に喜んで欲しくて
 照れながら伝えるのでしょうか?




幼い女の子がいつか妊娠したときに、
妊娠何て昔の事だから覚えてないよ〰😵
と、言われたように??



妊娠した体の事を今は理解できない事も当たり前です。


妊娠する度に毎回妊娠は異なるのですから。


毎回が初めてなのです。

前とは違う!

素敵な気づきかもですよ?


幼い子供は、解らないと思うかもしれないけど、
そう思うのは大人側の勝手な偏見であって、
子供の可能性を感じながら、



子どもを何とかしなくても、お母さんが伝えるだけで良いのです。



お母さんと子どものコミュニケーション。





 赤ちゃんが育つことを皆で喜びながら。。




妊娠したらお母さんにしか出来ない
娘への性教育であり、
命のバトンであり、



お母さんになる日を今から後押しできる
強い見方ですから。



妊娠をゆっくり育む気持ちをいつでも毎日持って欲しい。




命と向き合う大事な時期だと思います。



今、体験しているありのままをリアルに伝えてくださいますか?



いつか命を繋いだお母さんのように、



母の豊かさを味わうその日まで。。


いつでも、母の豊かさは、味わっていい。


4才の男の子の両親が
息子に体の仕組みについて聞かれたそうです。

「うんこって何ででるの?どこからうんこになるの? うんこって何で茶色いの?」

書物を見るように
普段から自分のうんこも観察出来たらと、オススメしました。


食べたもの、出たもの、でる時期、おなら、
うんこは浮く?食べたものと色の違いは?



鹿屋ママケア 満永 小百合さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス