出産した体の事を話ながら赤ちゃんの沐浴します。 | 鹿屋ベビーシッター  お母さんの困り毎に夜間も直ぐ対応してます。。 

テーマ:
お母さんからの、困り事の時って?

妊娠、出産、体調に関すること、
そして、小さな子どもが体調を壊した時、
仕事を休めない時に何とかしてほしいという声があります。



現在、
お母さんの心と体が楽になるように活動させて頂いてます『鹿屋ママケア』です!





これまで看護師として、産婦人科に関わってきた経験から、産んだ後のサポートを考えるようになりました、、、。




お母さんのお願いには出産後に自宅に帰った時の新生児の沐浴の依頼がありました。



小さい赤ちゃんであっても毎日の事になれば特に体にも気持ちも億劫となり後々しんどくなることも出産後にはあり得る事なのです。




けれども、

ついいつものペースでやってみちゃうんですよね。

いつもの自分のペースで。



子育ては一人で出来るものでも無いと言う意味が私も解ってきた事があります。


これまでの自分のペースに小さな赤ちゃんが加わるという現実。



赤ちゃんが加わるスペースも必要ということ。



その為にこれまでの自分のペースから少し逸脱することも。


自分のペースを乱されると確かに気分悪くなりますよね。


トントンスムーズにならないから、面白くないです。

このタイミングで泣く?

このタイミングでうんち?

このタイミングでおっぱい?



これまでのペースを乱されますね。


ひっちゃかめっちゃか!


タイミングが合わなくなると、夜も寝たのか解らない位睡眠不足に。


食欲は無くなり、お風呂に入ることや
何かをしたいその意欲も無くなることも。


お母さんのペースを大事にしながら、お母さんの体のこと、今日の気持ち等を聞きながら、
赤ちゃんの沐浴を行っております。



1回だけではなく、1週間の入院みたいでもなく、


一番良いペースは、2.3日おきに伺うこと。


体調が崩れそうになる前に話を聞くこと、
体の事を把握しております。


自分では体調は大丈夫だと思っていても、産後の日が経過するにつれて体調は変化します。


その変化をお母さん自身で、そして外見から見ての体調を確認しあいながら。



赤ちゃんで気になる黄疸のこと、
体重など成長のこと、おっぱいのこと、授乳のこと、
 自身の体のこと、悪露のこと。

不満であったり、こうしたいなという思いの気持ちだったり、


チョッとした事を話しながら赤ちゃんの沐浴を行っております。



鹿屋ママケア
ママサポートしております。


鹿屋ママケア 満永 小百合さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス