間違いだらけ⁈高級リフォーム・リノベーション施工会社ハウスメーカー選び | 高級マンション・輸入住宅リフォームのインテリアコーディネート&キッチンデザイン『ビューティーインテリア』

高級マンション・輸入住宅リフォームのインテリアコーディネート&キッチンデザイン『ビューティーインテリア』

高級マンションリフォーム・輸入住宅リフォーム、オーダーキッチン・モールディング・高級輸入家具・輸入カーテン・輸入壁紙・輸入建材等、モダンクラシックな高級インテリアコーディネート実例。施工会社(ハウスメーカー)選び・リフォームとインテリア相談受付/東京都港区

初めての方はこちらから

 

 

高級マンション・輸入住宅リフォームのインテリアコーディネート&キッチンデザイン『ビューティーインテリア』

海外プロジェクトの経験を活かし、一般のリフォームとは一線を画す高級感ある美しいインテリアコーディネートをご提案致します。

殺風景な内装の高級マンションや輸入住宅をUPグレードするモールディングや輸入ドアなどの輸入住宅建材と輸入家具・輸入カーテンなどを、センス良く積極的に取り入れることを推奨しています。

高級リフォーム・リノベーションを円滑に進めるために、「アドバイザリー(アドバイス業務)」で、施工会社(ハウスメーカー)選びもお手伝いさせて頂きます。

 

 

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅モダンクラシックインテリアコーディネート依頼

 

1.高級リフォーム会社(ハウスメーカー)選び

個人で家のインテリアを、本格的な高級ホテルライクなインテリアを完成させるのは、それを受け入れられる施工会社が少ない現状では、まだまだ難しいかもしれません。

 

海外高級住宅に詳しいオーナー(お客さま)を魅了する『ビューティーインテリア』・高級リフォームのクリエーションは、輸入住宅や高級マンションなど、どこでも見かけるような殺風景な内装が、世界でひとつのオーダーキッチンや、高級ホテルライクなモダンxクラシックインテリアコーディネート、美しくシンプルな高級感あるインテリアコーディネートへ生まれ変わります。
お客様にとって、アドバイザー(インテリアコーディネーター)は献身的なパートナーであり、インテリアメーカーやハウスメーカー工事現場の職人たちと連携して、高級リフォームプロジェクトを成功へと導きます。

 

そこで大切なのは「施工会社(ハウスメーカー)選び」です!
ハウスメーカーとひとくくりに言っても、ハウスメーカーごとにシステムが異なり、自社施工をしている場合もあれば、FC(フランチャイズ)や、FCはFCでもFC本部と経営に無関係で名前貸しに近いものだったりということもあり、実体はわかりにくいものです。

 

住宅展示場やモデルハウスのデザインは、あくまでも一例に過ぎません。資産となる住宅にこれから高額な費用をかけるのですから、モデルハウスを見た印象やパンフレットのイメージだけでなく、会社規模、経歴、経営者の姿勢、企業体制、地域、打ち出している設備やインテリアが、オーナー(お客様)の高級リフォームのイメージと一致していることが理想的です。

 

 

 

2.よくある失敗例

新築もリフォーム・リノベーションも、ご家族の人生の中で素晴らしい経験になることは間違いないのですが、そのなかでも、楽しかったと満足できる人、後悔していらっしゃる人、トラブルになる人。色々なケースがあるようです。

 

少しでも余計な費用を抑えたい・・・と見積金額の安いハウスメーカーや、値引に応じる担当営業に依頼したものの、本物のインテリアの魅力や、楽しいインテリア計画を感じることなく、こんなはずではなかった。。。あとで後悔するような話を聞いたことはありませんか?

 

希望の完成イメージを伝えると、契約前には「できますよ」と言っていたのに、いざ打合せが始まると「それは保証対象外です」「追加費用がかかります」「うちではできません」「自社おススメ品なら追加料金はありませんよ」などと言われ、泣く泣く言われるままに決めてしまう。

 

工事が始まり、「あれ?こうではないはず!」と思うところを、営業に連絡すると「すぐに確認する」と言いつつ一向に連絡がこない、「図面通りだ」「こういうものだ」「工期が遅れるので引き渡しが延びる可能性がある」などと、直す気がなさそうだったり、それでもあきらめたくないことは一生懸命に交渉して何とかやり直しさせるも、どこかは妥協するしかなかったりなど、矛盾や大きな不満を残したまま、引き渡しをされるような事になりかねません。

 

担当者が返答の連絡をしてこなくなった。

色々不満はあるが妥協した。

結局、追加料金が加算され大幅に支払うことになった。

もう2度と工事なんてしたくない。

 

これは業者だけに問題があるとは限らず、スタート時点での施工会社選びや、安さに目がくらんでしまったりが原因ということもあるでしょう。

そして、お客だから何を言ってもいいということにはなりません。プレッシャーをかけすぎて担当者が委縮してしまうと、かえってお客様のイメージを悪くするだけで、 「クレーマーのお客様だから気を付けよう」と逆に警戒されてしまうでしょう。結局お客様が損をすることになり、本望ではないはずです。

 

費用を落とすなら落とすなりの方法があり、インテリアの夢のイメージがあるなら、ご自分の要望に相応しいハウスメーカーを選ぶべきなのです。事前に施工の相場を調べることや、家具やカーテンの相場を知ることも必要です。

しかし、それらを調べ把握するだけの情報を得るのは手間がかかるため、結局中途半端に理解した状態で契約に至ってしまう人もいらっしゃいます。

 

ビューティーインテリア運営の高級リフォーム・リノベーションをご利用のお客様からは、「もう2度とリフォームなんてしたくない!工事は懲り懲り!」という苦情は皆無です。

家は箱に過ぎませんが、憧れのインテリアで充実した幸せな暮らしができるよう、オーナー(お客様)を筆頭に、同じ目的を共有できるチームメンバー(施工会社・職人・各分野の専門家)集めがカギになると考えます。

 

 

 

3.後悔の最大要因

大手ハウスメーカー  インテリアコーディネーター+施工会社

あるいは、

大手ハウスメーカー  設計事務所+インテリアコーディネーター+施工会社

 

費用に関して、このような図式を思い浮かべる人は多いかもしれません。

最初の見積り金額が安かった大手ハウスメーカーや、最安値の地元工務店に申し込み、なんとかなりそうだと安心していたものの、契約前の地点で、工事見積書の内容確認が不十分であったり、事前に要望が正しく相手に伝えられていなかったために、追加金もたっぷりと請求され、しかも完成はイメージと違っていた!営業が言っていたこと=リフォーム工事見積内容。とは限らないのですが、気づいたときはもう手遅れ!・・・など良くある話しです。

本命の“憧れのインテリア”が反映された見積書と比べ、最終総支出額は逆転することもあります。

 

専門知識がなかったために発生してしまったトラブル事例ですが、最初から慎重にすすめるべきなのです。焦りは禁物です。急いで安易に決めたり、通らないはずの要望を通してほしいとか、安くしてもらいたいといった打算は、逆に足元を見られてしまうかもしれません。

 

高級リフォーム・リノベーション計画では、できるだけ安く。という方向性は、基本的にはおススメしません。高い・安い、どちらも何らかの理由があるはずです。

安く手に入れるとはいえ、数千万、数億円を費やすのですから、値引や、セールストークに乗った結果、後悔の連続となり、満足のいかない家が完成し、暮らすことなるかもしれないなど、望まないですよね。

 

資産に関わることなので、身の丈(ご希望のレベル)を知り、無理のない業者(ハウスメーカー)を選ぶことが最初の一歩といえるでしょう。

費用がかかっても、専門家に依頼し、専門家の知識をうまく引き出しながら、慎重の上に慎重を重ねる思慮深さも必要です。

 

そして、ご不安やトラブルを防ぐためには、最初から予定外の出費があることを見越して、予算を算出しておくことも重要です。必要な経費を支払い専門家を雇って、しっかりを進行すれば「快適な家♡憧れのインテリア」になるところが、信頼できるアドバイザーなしに施工会社と契約=「後悔だらけのインテリア」になってしまい、そしてすべてをご自身で解決しなければならないため、疲れ果ててしまいます。最後は気力も判断力も交渉する気も薄れ、諦めるしかないという大変残念な結末を迎えることになるでしょう。わたしのお客さまにはいませんが、このような現場も全国で数多く見てきました。

本命の“憧れのインテリア”に的を絞り、目的を共有できるアドバイザーと共に、いかに無理のない業者(ハウスメーカー)を選べるかが運命の分かれ道といえるでしょう。

 

又、友人、親戚、知り合いなど親しい人に、建築工事を依頼することは避けた方がいいです。

わがままを言ったり、値切っていたら、問題が発覚した時に文句は言えなくなります。

今後の付き合いがあるからと、泣き寝入りをしなければならなくなるといったこともあるでしょう。

お互いに恩を着せあい、せっかくの良い人間関係がぎくしゃくしてしまうことも十分に考えられます。

 

人間のすることに完全はないですが、それを最小限にすることができれば、こんなはずじゃなかった。。。がなくなり、大幅な工事やり直しがなくなれば、無駄な材料や施工費は不必要になり、まるで争いごとのような打合せをすることも必要なくなります。

 

 

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅モダンクラシックインテリアコーディネート依頼

 

4.大手ハウスメーカーよくある問題点

海外インテリアを希望をしているのに、担当者によっては、「それなら国産でもできますよ~」と他のデザイン仕様を勧められ、いちばんよろしくない、なんちゃって感のあるインテリアになってしまった。これもよくある話です。

 

ハウスメーカーにとって、都合のいい国産品を進める理由がわかりますか?

慣れている。納期が早い。売上が早くあがる。仕入れが安い(利益率が高い)。施工が簡単。大工が文句を言わない。取引口座がある。大体こんなところでしょう。オーナー(お客様)にはあまり関係のないことばかりです。

 

お客様としては「窓口は一人、全て同じ人に対応してもらいたい。」と望むのが普通かと思います。しかし大手ハウスメーカーは、一人につき常に十数物件を同時に管理するなど、売上ノルマ・会社利益・効率化を優先のため、担当者レベルでは全てを丁寧に対応したいと思っていても、ルーティン業務でキリキリ舞いなので、それが難しい現実があります。

 

そうすると打合せ中、この前言ったじゃない?!が繰返され、覚えていないどころか、議事録を探して書いてあるかないかを唯一の基準にするしかない事態に陥ります。

 

希望を伝えれば、はっきりと否定されない限りは、叶えられると思いがちな施主に対して、話を聞いただけで、できるやるとは言っていない施工会社(ハウスメーカー)担当者とは、当然ズレが生じてきます。

無事に着工できたとしても、そのズレが少しずつ雪だるま式に増えていき、取り返しのつかない事態になり、施工会社とオーナー(お客様)の関係が悪化していくようです。本来それが発覚した時点で、緊急に別対策を練る必要があるのですが。

 

そして次回打合せは、お客様のご希望日ではなく、設計士や営業の過密スケジュールの空き状況次第です。

それでも、打合せ内容に基づき図面が修正されていればまだ良い方ですが、反映されてないことも珍しくありません。ご自身でそれに気づかなければ、工事現場はそのまま進んでしまいます。

間違ったことに気づかぬままに工事が進んでしまうと、材料の再手配となったり、工事のやり直し、職人の確保など、時間待ちになる悪循環に陥ります。特に現在オリンピック前で建築業界は職人不足で悩まされています。そもそもできる技術者は多くはなく、住宅業界有識者のインテリアコーディネーターも僅かですので、すべてが揃うまで待たなくてはならないことも十分にあり得ます。全く無駄な時間と費用ですね。

そうして、オーナー(お客様)が特に大きな変更をした覚えがなくとも、思いがけず工期が後ろにずれていきます。

ここに述べたことは、大手ハウスメーカーと新築やリフォームのご経験がある方ならば、おそらく頷けるレベルの話でしょう。

 

このように自社だけの利益と効率化を最優先にして、業務を詰め込み過ぎると、最終的に、お客さまにご迷惑をお掛けすることになり得るため、ビューティーインテリア運営の高級リフォームでは、ゆとりをもってバランス良くスケジュールを組むことを心掛けています。

 

 

 

5.成功のポイント

高級リフォーム工事は、完成後に「こんなはずじゃなかった」と、せっかく取寄せた高価な建材で職人が手間をかけてつくったインテリアを、気軽に「やり直し!」をするようなリフォーム工事ではありません。それには高級インテリアの仕上がりに相応しい施工会社を選ぶ必要があります。最初が肝心なのです。

 

ビューティーインテリア運営の高級リフォームは、アドバイザー(インテリアコーディネーター)をひとつの窓口として進行し、必要ならば設計士も雇う。というやり方で、インテリアを優先させた高級リフォームです。アドバイザーは、工事に関すること、現場で言いにくいことや困ったことを、施工会社の意向にも配慮しながら、お客さまに代わって交渉しご報告致します。

 

目的と予算に合った施工会社(ハウスメーカー)さえ確保できれば、うまくコミュニケーションが取れる担当者との窓口ひとつで、高級リフォームは十分進行できるはずです。インターネット・書籍・雑誌では紹介されていないネガティブな情報もしっかりとご案内し、確かな裏付けのあるおススメアイテムや、一歩踏み込んだ(裏技テクニックを含め)アドバイスを、丁寧にさせていただくように心掛けています。

 

高級リフォーム・リノベーション 3つの心得

1.余裕をもつ

2.相応の選択をする

3.必要な経費をケチらない

 

高級リフォーム・リノベーションで、憧れのインテリアを叶えるために、必要なのは余裕

時間的な余裕、経済的な余裕、精神的な余裕。

余裕があれば、判断力を備えることもできるでしょう。

プロセスを楽しみながら、心に余裕を備えることで、じっくり考えるゆとりも生まれ、「知らず知らずに楽しんでいた」 これこそが、高級リフォームに相応しいスタイルといえるでしょう。

 

 

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅モダンクラシックインテリアコーディネート依頼

 

6.本物の素材・建材を使う

想像を超える高級リフォームが、アドバイザーと共に始まります。
例えば、単純に単価を下げれば簡単=国産にすれば安くなりますが、果たして、ホテルライクな高級リフォームを国産メーカーだけで満足される方がいらっしゃるでしょうか?

ある程度、本物や上質な素材を使わなければ、高級リフォームをしたとは言えません!

 

残念ながら現状は、ハウスメーカー標準品などをメインに取り扱っていて、ハウスメーカーの標準品3色の中から、ドアやフローリングを選ぶだけの会社が殆どです。輸入建材を知っていたとしても、使ったことがある程度の会社が多いでしょう。

 

日本初!「輸入インテリアだけ!」を取り扱うアドバイザーは、約30年間、輸入キッチンと輸入建材だけを扱っている輸入インテリアのエキスパート。オーナー(お客様)の輸入インテリアに関するご質問やお問い合わせに即座にお答えできます。


住宅業界のすべてを知り尽くしたアドバイザーが、おすすめの輸入建材(ドア・窓・モールディング)、モダン+クラシカルインテリアの楽しみ方や輸入建材のメリットデメリットなど、お客様一人ひとりのご希望内容に合わせて詳しくご説明させて頂き、そしてハウスメーカー選びをお手伝い致します。

 

スケルトンリノベーションまでは考えないが、工事中は色々大変だろうし、高額費用がかかる、でも憧れのインテリアにしたい、こんなときでもないと思い切ってできないし、何度もするのは無理だし、この次はないかも?・・・ 等とあれこれ迷いながら決意する「高級リフォーム・リノベーション工事」です。

せっかくの機会なので、キッチンやリビングだけでなく、この際、玄関廻りや洗面室、バス、トイレなども検討されてはいかがでしょうか?

 

 

 

7.工事現場のコミュニケーションが大事

インテリア計画通りに施工するためには、施工会社と職人の技術力は必須です。特に仕上がりは、職人の力量に左右されるため、施工会社選びは重要です。

 

施工会社の規模が大きくなるほど、効率化のため、建材や工程の標準化を決めていることもよくあるため、こちらが指定するデザイン性の高い仕上げ、輸入建材、モールディング、造作家具の施工実績や、特殊な納まりにも対応できるかどうか、その他、施工時の体制、職人の経験、工期、問題発生時の対処方法などを事前に確認しています。特に初めて一緒に仕事をする施工会社の場合は、事前の情報収集や、想定できる限りの問題を回避できるようにします。

 

日本の住宅建築現場は、職人の経験や技術がなくても施工しやすい材料や工法が進んでいるため、使い慣れた材料以外は、うまく施工できない職人も結構いるのですが、こだわりのあるインテリアデザインの施工を円滑に進めるためには、技術があって丁寧な仕事ができる職人を持つ施工会社を選びたいものです。

 

職人が扱いなれている材料や施工方法の場合と、そうでない場合では、仕事の効率も異なり、仕上がりにも影響します。どうしても熟練の職人が見つからない場合、材料を変更したり、デザインを単純化するなど安全策を取ることを、オーナー(お客様)へご提案することもあります。

 

内装工事や造作工事は、現場で工事監督や職人と打合せをし、図面で表現しきれない部分や、施工手順、特殊な納まりなどについて指示します。
インテリアデザインの意図を確実に伝えることが肝心なので、質問に答えたりアイデアをもらったりしながら、問題解決をするほか、オーナー(お客様)のご要望、デザインの意図、商品(建材)などについて、改めて直接説明するなど、職人のプライドや、施工会社の方針も尊重しながら、コミュニケーションを取り、工事がスムーズに進むように配慮します。

実はこれこそが高級リフォームが成功するための最大ポイントであり、現場を愛する気持ちがないとできないことです。

 

施工会社(ハウスメーカー)や職人には気づかないような細かいこと、納まり、このほうが快適、キレイに見える、といったこだわりの目線は大事です。
それを全部オーナー(お客様)がご自分で管理するのは大変なことなので、お忙しいオーナーに代わって交渉したりサポートするのが高級リフォームアドバイザーの役割となります。

 

又、リフォームの場合は、解体前に予想しなかった状況が発生して変更が必要になる場合もあるため、早急に状況判断をし、オーナー(お客様)に修正案の承認を受けて現場へ指示するなど、工期に影響しないよう素早い対応を心がけます。

 

 

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅モダンクラシックインテリアコーディネート依頼

 

8.最強のチームワーク

心とは裏腹に、そうですね!いいですね!などとお世辞ばかり言い、徹底してYESマンになる営業や設計士がこの業界にはよく見受けられますが、どこかで聞いたことがあるような、誰かに責任を擦り付け、言った言わないや、聞いた聞いてないを争うのはNG。

往々にして工事が進むにつれ、メールや電話をすぐに返さない、うそをついて誤魔化すなど、その場だけ取り繕うようなことをして信頼をなくしているようです。

 

ただでさえトラブルの多い工事現場においては、元の図面と現場が違った!つくはずのものがつけられない!なぜこうつけた?が発覚するのも日常茶飯事です。

しかし、空調や照明器具もない、埃が舞う工事現場で、そもそも別会社の職人や関係者同士が、仲良く譲り合いながら集中力を継続して、高級リフォームに相応しい内装工事で美しく仕上げることはそう簡単でもありません。

 

取り敢えずハウスメーカーさえ契約すればどうにかなる、どうにかしてくれるというわけでもなく、優秀な施工会社、職人、インテリアコーディネーターと出会えたとしても、家の外観デザインやインテリアデザインが、自動的に完成するわけではありません。

 

自分の仕事だけやっておけばいい、お客様から言われた通りにやればいい、というマインドではなく、ベストな納まりを考え、解決策のメリットデメリットを採択しながら、ひとつひとつクリアしていくのが、高級リフォームに限らず、本来の工事現場のあり方と思います。当たり前のようですが、やはり参加者全員が協力し合う姿勢が大事です。

 

信頼をベースにしたチームワークづくりからはじめるビューティーインテリア運営の高級リフォームでは、アドバイザー(インテリアコーディネーター)がまとめ役となり、ユーモアもあって、笑いのある工事現場になるので、現場の雰囲気が非常によく、お客さまも職人も言いたいことが言い合えるようなチームワークで風通しの良い明るい空気です。

現場のコミュニケーションがよくとれていると、色々あってもスムーズに進みます。そのためにも最初に施工会社と職人の施工手配できる職人の経験・技術力をしっかり確認する必要があります。

 

高級感のあるモダンxクラシックなインテリアがご希望で、不安の少ないリノベーションを求める方には、雑誌やネット情報では得られない、建材や輸入住宅業界それぞれの特性を知ったエキスパートに相談するのが近道です。

 

高級リフォーム・リノベーションは、インテリア計画、施工会社(ハウスメーカー)選び、打合せ、工事など、全てにおいて上級者向けですので、ご想像以上に気力を要するかもしれませんが、限られた期間と限られた条件の中で、プライオリティを考え、何事にも心を込めて対処するなど、しっかりサポートさせて頂きます。

 

価値観のあうアドバイザーと共に、最強のチームワークで、根気よく、バランスよく、余裕をもって進行することで、達成感と喜びは、ひとしお~になること間違いありませんので、生まれ変わったインテリアで、充実した幸せな暮らしを目指して、楽しみながらつくりましょう!

 

 

 

9.相場価格とお見積り

商品には定価があり、定価のない職人の手間代などは、地域によって異なりますが、相場感というものがあります。

しかし、施工会社(ハウスメーカー)の工事見積書に決まり事はないため、算出方法や項目が各社バラバラで、比較するのも容易ではありませんが、工事見積書から、その施工会社の性格(ポリシー等)を読み解くことも、施工会社(ハウスメーカー)選びのひとつのポイントになります。

 

ビューティーインテリア運営の高級リフォーム・リノベーションでは、施工会社(ハウスメーカー)選びや工事見積書の読み解き方をお手伝いし、定価のある商品を販売しておりますので、どうぞご安心ください。

 

ご存知の通り、工事の材料費や施工費は、単純に、㎡x単価の積み上げです。単価次第で、広くなれば高くなり、小さいスペースなら安くなる。

オーダーキッチンや高級輸入家具においては、キャビネット個数が増えれば価格は上がり、キャビネット個数を少なくすれば安くなる。あとは単価の特別跳ね上がった機械類をどこまでその機能性を必要とするか。

 

それらが価格に影響する内訳なのですが、その各単価の設定は、オーナー(お客様)がどの程度の仕上がりを求めていらっしゃるか、こだわりのレベルが価格を決定しています。

 

オーナー(お客様)の求めているインテリアへのこだわりレベルは、打合せを重ねる中で、アドバイザーがニュアンスを察知して動き、全てにおいて、ご自身で納得してお決め頂けるように、オーナー(お客様)がご満足されるような水準を想定し、ご提案しております。

それでも、ご判断の決め手に欠く場合は、アドバイザーによる専門的なアドバイスで導きながら、ご一緒に検討していくイメージです。最後までサポート体制に変わりなく、お付き合い致します。

 

インテリアのこだわりが強い方は、気に入ったアイテムを積み重ね、気づいたら費用が膨れ過ぎた。ということもよくありますが、そのようなとき、なんでも安いモノに差し替えればいいというものではなく、費用の落とし方にもコツがあります。

価格に対するご不安より、リラックスしてリフォームやインテリアコーディネートをお楽しみいただいています。

 

 

 

10.単なるリフォーム会社ではない

ご依頼頂いたお客様は、皆さまお人柄までも素敵な方ばかりです。これはわたしの自慢なのですが、数多くの現場を見ている現場に訪れる納品業者や関係者から、「お客さまとても良い方だね」。お客さまからは「現場監督も職人も皆さんいい人ばかりね」、と毎回言って頂けるのは、実に喜ばしく、自慢ネタにさせてもらっています。

 

単なるリフォーム会社でもなく、単なるインテリアデザイン会社でもない、ティアラジャパン社運営の『ビューティーインテリア』は、施工会社(ハウスメーカー)や職人とのチームワークを大切にしながら、コミュニケーションに努め、アドバイザーの立場で役割を全う致します。

 

高級リフォーム・リノベーションを円滑に進めるために、こだわる重要なポイント、施工会社選び、輸入建材やインテリアの選択なども、プライベートレジデンスのアドバイザー+海外インテリア専門のインテリアデザイナーとして、経験からの独自の基準やネットワークで、オーナー(お客さま)のお考えに沿い丁寧にサポートしています。基本中の基本ですが、常にお客様側の立場で最後までサポート致します。

 

設計士やインテリアコーディネーターのいるハウスメーカーやリフォーム会社とご契約済みの方でも、アドバイザーやインテリアコーディネートのご相談やご依頼をいただく事も多く、輸入建材やインテリアのご注文や、キッチンプランのみのご相談なども承ります。

 

又、緊急対応にもキャリアを発揮しています。動かせない日程などご希望がある場合は、なるべくご要望に沿えるよう、あらゆる手段を考慮し、プライオリティを高めて効率的に対応致します。

「テレビ取材日までに、リノベーション工事を完成させたい」
「子供の学校の都合で、○○○○までに引越ししなければならない」

「ハウスメーカー契約済みだがうまくいかない。今すぐなんとかしたい」
など、リノベーション工事の日程は、オーナー(お客様)のご都合優先です。

 

高級リフォーム・リノベーションの本当の魅力は、お引き渡し後に実感できることでしょう。家に居るだけで幸せな気分になれる、どの家を見ても羨ましい気持ちなどなくなり、早く帰りたくなる家になります。

 

 

 

高級リフォーム・リノベーション&インテリアコーディネート概要

高級マンション・輸入住宅の殺風景なインテリアが、素敵なモダンクラシカルなインテリアに変わるリフォーム・リノベーション&インテリアコーディネート内装

 

BEAUTY INTERIOR ビューティーインテリア 住宅・マンション・キッチンリフォームをホテルスタイルでエレガントに

 

高級志向の厳しい目をお持ちのオーナー(お客様)を魅了する、高級リフォーム『ビューティーインテリア』は、“すべてはお客さまのための贅沢”というインテリアコンセプトで、お客様の目的、状況、ご要望に応じてカスタマイズされたものです。

海外プロジェクトの経験を活かして、見かけだけでない本物の質を重視し、美しい色の組み合わせと上質な豊かさをインテリアに表現します。そして実際にかかる費用以上の付加価値を感じて頂けます。
 

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅インテリアコーディネート依頼キッチンリフォーム

高級タワーマンションリフォーム・リノベーション&インテリアコーディネート内装施工例

 

【事業内容】

・高級マンション・輸入住宅のリフォーム・リノベーションに関わるコーディネート業全般 ・ハウスメーカー(施工会社)選びのサポート

・高級マンション・輸入住宅の内装インテリアデザイン

・オーダーキッチンと造作家具の設計デザイン

・輸入住宅建材・インテリアの輸入販売

・住空間コンサルティング

 

【リフォーム&インテリア特徴】

欧米のトレンドを取り入れたインテリアデザインは、殺風景な内装の高級マンションや輸入住宅を、海外の高級ホテルにいるような錯覚に陥ってしまうほどの、本格的なリフォーム計画のご提案をさせて頂いています。
米国ホワイトハウス、高級ホテルや海外超富裕層の豪邸に使用されているような、欧米から直送のモールディング、輸入ドア、大理石などの輸入住宅建材と、本場米国オーダーキッチンで経験を積んだインテリアコーディネーター(アドバイザー)による本格的なオーダーキッチンと造作家具、輸入カーテンや輸入壁紙など、リフォームでインテリアをUPグレードする必須アイテムを、高級マンションに相応しくセンス良く積極的に取り入れることを推奨しています。

 

そしてリフォーム・リノベーションを円滑に進めるために、「アドバイザリー(アドバイス業務)」で、施工会社(ハウスメーカー)選びもお手伝いさせて頂きます。輸入インテリアのスペシャリストであるベテランアドバイザーは、ご相談からお引き渡しまで、お客様をサポート致します。一般のリフォームとは一線を画す究極のリフォーム・リノベーションをお楽しみ頂けます。

詳細はこちら

 

インテリア相談会

 

 

 

 

 

 

高級リフォームとインテリア成功の秘訣をワンポイントアドバイス!

\あなたのご自宅へ訪問/
リフォーム工事とインテリア解決策をご提案します!

           

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅インテリアコーディネート依頼キッチンリフォーム
 

憧れのインテリア実現へ向けて

高級リフォームとインテリア成功の秘訣をワンポイントアドバイス!

住宅業界と海外インテリアのすべてを知り尽くしたベテランアドバイザーによる、「高級リフォーム+インテリアコーディネート相談会」を実施しております。

ご希望日時に、ご自宅へ訪問し、ご要望のインテリアを叶えるために、現状の問題解決策、プライオリティ、高級ホテルライクなモダン+クラシックインテリアのつくり方、そしてハウスメーカー(施工会社)選び方、設計士必要性の有無など、住宅業界のあらゆる情報を余すことなくご提供しております。
住宅・インテリアに関することでしたら、様々なご質問・ご要望に、丁寧&即座に、詳しくご説明させて頂いております。リフォームをお申込み前に、どうぞお気軽にご利用ください。

 

> 高級リフォームとインテリア相談会はこのように行っています

> 高級リフォームとインテリア相談会

 

 

おかげさまでこちらも大好評!

> 理想のキッチン選びサポートサービス

> 男のモダンリビング「Boss Living」高級マンションのインテリアコーディネート

 

 

 

ヴァンクリ

素敵な海外モダンインテリアに変わる 

素敵な海外インテリアに変わるリフォーム!コーディネート相談依頼-ビューティーインテリア

幸せが降り注ぐ美しいインテリア

幸せになる美しい家の暮らし

ヴァンクリ

 

 

 

 

 

 

 

クリックインテリアコーディネーターのブログTOPページへ▲

 

*ブログ内の記事・写真の無断転載は、堅くお断り致します。

Copyright ©ティアラジャパン All Rights Reserved

 

 

 

 

 

インテリアコーディネーター山田美彩子 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント