子どものころのように

もどったよう。

 

 

この夏休みは

 

4人の子どもたちと

 

“ 自然のあるところで

いっぱい遊びたい ”

 

と心が

ウキウキしたほうへ

 

 

 

 

横浜から

2時間半のフライトで

 

沖縄の北部にきた。
( 子どもたちの夏休みが終わる今週いっぱい、ここで過ごす。 )

 

 

 

空港から降りた瞬間

ふぁ~~っと感じる風に

 

なんともいえない

心の軽さがもどってくる。

 

 

 

 

 

 

風の時代になってから

何度も、何度も

 

この風を求めている

自分がいて

 

来るたび

来るたび

 

ふぁ~っと軽くなるんだよね。

 

( ↑ 芳恵ママ&末っ子ちゃん。

この夏で、産後1年と6ヶ月になった。

長期間の旅でも4人の子供たちもママもパパも

ずっと元気でいられるのは

食医ママメソッドが大いに役立ってる。)

 

 

朝、目覚めてから

夜、眠りにつくまで

 

 

 

風と光

目線のさきに広がる空

珊瑚の白い砂浜

咲き誇るハイビスカスの花たち

パイナップルの木

満天の星

波の音・・・

 

 

肌にふれるもの

目に入るもの

耳に入るもの

 

すべてが

自分自身になっていく。

 

 

あらゆる

情報にあふれた

マスクだらけのコンクリートジャングルから

 

 

 

一転して

 

 

 

テレビもない

荷物も( 少 )ない

 

( ↑ 赤ちゃんのいる家族6人旅行で荷物はこれだけにした。左が、ママの全荷物。モノに煩わされず、手も空くので、とってもラク。 )

 

 

 

ママは化粧品類もない

( 化粧水、化粧品、なにも持たずに、すっぴんで。

欲しければ現地で買えばいい、と思っていたけれど、いまのところずっとすっぴんでとってもラク。 )

 

Wifiでさえも

動画がなかなかアップできないほどの

ゆったり速度のモデムのお家にいて( 笑 )

 

 

なんだか

 

✔デジタルデトックス

✔ケミカルデトックス

✔情報全捨離

 

そんななかで過ごしてる。

 

 

 

 

なかなか

デジタル、ケミカル

さまざまな情報にあふれる社会で過ごす中にいると

 

 

自分の内側を

自分以外の何物かの情報によって

もっていかれやすい環境の現代。

 

 

 

だからこそ

意識して

 

自分が触れるもの

目に入るもの

耳に入るもの

口に入るもの

 

身を置く環境、情報、人、モノ・・・

 

すべてを

自分で意識的に

選択したい。

 

 

 

 

純粋な

自分の

 

おいしい、うれしい、楽しい、心地いい

の中庸の感覚で満たされるように。

 

 

そんな

あらゆる全捨離のなかで過ごしてるいま

 

 

モノがないほどに

余計な情報がないほどに

 

 

子どもたちと

ゆったり向き合える

「 時間 」や「 空間 」がたくさんうまれたり

 

 

芳恵ママ自身が

心も体も

軽くて、心地よくて

子どものころにもどったようなときを、過ごしてる。

 

 

 

「 ない 」ところにこそ

すべてが「 ある 」。

 

( Less is more )

 

 

この世界の

すべては

 

 

 

 

 

 

肌も

NO化粧水、NO化粧品のいま

 

今年いちばん

つやつや。

 

 

 

 

 

化粧もせず

日焼けどめもせず

 

普段使っているのはこちら。

( お湯で

( お湯で落とせる日焼け止め。持ってきたけど、まだ使っておらず。 )


 

髪も、湯シャンで

 

( このシャンプー用のヘアブラシで、シャワーで毛穴をしっかり洗い流すだけ。水がキレイなので、髪もサラサラ。 )

 

 

 

はじめての

ここまでの

ノンケミカルな生活のなかで

( 毎日、海に入るので、透明なキレイな海を、自分の化粧で汚したくないというのもあったのだけれど

むしろ私のほうが、毎日、肌がこれまでにないほどつやつやにキレイにさせていただいてる。)

 

 

 

 

毎日

 

子どもたちと

海に飛び込んで

夜はぐっすり眠って

 

1日1日

目には見えないけれど

 

確かにそこに在る

自然の

高い生命エネルギーに触れつづけていると

 

 

それだけで

 

内側から

細胞のひとつひとつが活き活きして

肌がキレイになってくれているのを実感する。

( 朝起きると、つやつや光ってる。 )

 

 

 

 


。・*☆*・。。・*☆*・。・*☆*・。。・*☆*・。。・*☆*・。。・*

 

 

 

 

さいごに

今回の家族での

旅行のお供

 

食医ママの

夏の薬効アイテム&ごはん☆*・。

 

 

現地で購入したものたち。

 

玄米スープ

 

 

お湯をそそぐだけOKな

インスタント玄米ポタージュなので

とってもラクなうえに、手軽に玄米をいただけて良い。

 

子どもたちも

1歳の赤ちゃんも

おいしく食べてる。

 

とくに1歳6ヶ月の末っ子ちゃんが食べやすい。

 

 

 

コーレン&本葛

 

 

コーレンで

肺や大腸

気管支の粘膜を強化しつつ

( 細胞のゆるみ・炎症を、ぎゅっと正常な細胞にもどす。 )

 

本葛で

大腸と腎臓からの

代謝をスムーズにする。

 

 

毎朝

葛ねりをいただく

 

子供たちと

1歳の末っ子ちゃん。

 

 

 

夏は

クーラーやアイスや

冷たいものも多いので

 

 

気管支やお腹を

内臓から正常にもどす。

 

腸と腎臓がキレイであるほどに

病気しらずだし

 

子どもたちが

ご機嫌で過ごしてくれて、ありがたい。

 

 

梅干しの黒焼き

 

 

天然の抗生物質。

 

航空性中耳炎など

甘いものや砂糖

チョコやジュースや果物など( 極陰性 )

カラダに多く入って

 

上空で

耳が痛くなるようなときにも

( 子どもに多い )

 

極陽性の梅干しの黒焼きを舐めることで

治りを助けることができる。

 

 

極陰性:細胞を溶かす、分解する、ゆるめるなど、拡散する性質のエネルギーのこと。

極陽性:収縮、凝縮、内側に集まる、集中する性質のエネルギーのこと。

 

 

わが家ではフライトのまえに

子どもたち全員にさきに舐めさせている。

 

 

 

 

モリンガ

タブレットタイプ

 

 

 

葉緑素や、ミネラルやカルシウムなどが豊富な

モリンガのタブレットタイプ。

 

長期の旅行になると

外食も増えたり

緑の野菜不足になりやすいので

 

モリンガのタブレットタイプを持ち歩いて

いつでも補給できるようにしている。

 

今回の旅の途中でも

9歳の長女が奥歯が痛い

(まだ歯が生えていない部分)

と言っていた時にも

 

モリンガのタブレット

×梅エキス×梅干しの黒焼き×ビタミンBサプリ

 

翌日には

何事もなかったかのように回復して

ほんとうに良かった。

 

( このチョイスの理由は長くなるので、サロンにて )

 

 

 

 

黒炒り玄米

粉末タイプ

 
 

 

お湯をそそぐだけでOKな
黒炒り玄米コーヒー。

 

外食が増えると

いろいろな油や添加物も摂りやすいけれど

 

そういった添加物、重金属、油脂類を

体からキレイにお掃除( 代謝 )してくれる。

 

極陽性なので

夏に、アイスや冷たいものの食べ過ぎで冷えて弱りやすい内臓を活発にしてくれる。

 

朝の一杯で

お通じがすっきり

代謝の良いカラダに保ってくれれば

 

腸内がキレイで

腸清ければ病なし! 

 

 

 

サンミネラル

 

 

ときどきミネラル不足を感じた時に

飲料水に入れて飲んでいるもの。

 

ミネラル不足になりやすい現代では

意識してミネラル補給。

 

 

 

サプリでは

 

ナウフーズの

ビタミンB50

 

 

 

長期の旅行になると

外食や、ふだん食べ慣れない食事が増える場合や

食事バランスが乱れることが予想されるので

 

まだまだ授乳中のママと

成長期の子どもたち用に

ビタミンB系だけは

サプリを持参。

 

ときどき必要に応じていただきながら

バランスが摂れているのを実感。

 

 

 

現地でみつけた

ヨモギ玄米

 

玄米クリームを

甘いドリンク状にしたようなもので

現地で見つけて購入。

 

砂糖(  )が入っているけど

暑い地域(  )でいただくので合う。

 

ヨモギが脾胃を強くしつつ

腸内をデトックスしてくれるので

飲んだ翌朝はお腹がすっきりした☆

 

 

 

 

まだまだ

たくさん

 

ほかにも現地で役立ってる

夏の食医ママチョイスのアイテムたち。

 

 

どこにいても

どんな場所でも

どんな場面でも

 

中庸を保つことをスタンダードにしてくれる

薬効アイテムを使いこなす判断力と

食医ママメソッド

 

この夏の家族旅行も

とても助けれらている。

 

 

 

 

この夏の過ごし方が

秋からの体調のすこやかさを決めていく☆

 

 

 

 

 

この夏休みも

 すべてのママと子どもたちが笑顔いっぱい元氣いっぱいでありますようにー☆*・。

 

 

 

。・*★―命の本質を尊重する医道―★*・。

食医ママサロン
開講4周年 現在会員160名以上

夏休みのサロン会員さんのお声

 

Eri Shiratoriママさん

( アメリカ在住 息子さんを子育て中 )

Facebookご投稿より

 

『 Sharing is Caring

-シェアすることは思いやり-

ずっとシェアしたいと思っていたことがあります。

 

でも

こんな私がシェアしていいものなのかと

ためらっていたことがあります。

 

それは、

昨年11月から入会している

「食医ママサロン」での学びです。

 

出会いは

私が息子を妊娠していた時の約3年前のこと。

 

急に予防接種に関する情報が自然と入ってきて

興味を持ち始め、

いろいろ調べているうちに出会ったのが

 

石井芳恵さん(芳恵ママ)のブログでした。

 

もともと健康について強い関心があった私は、

メディシナルグレードの精油を勉強したりと

 

植物の力を借りて

既にあらゆる体調不良や軽い怪我くらいなら

薬を一切使わずに自力で治していました。

 

でも「食」について

どういう食生活をしたらそもそも体調不良や病気にならないのか?

というもっと根本的なところを学びたいと感じていました。

 

芳恵ママのブログには

私が今まで求めていた答えがた〜くさん載っていました。

 

そのものすごい知識量はもちろんのこと、

私が芳恵ママや彼女のブログに惹かれた大きなポイントは

バランスがすごく良い方だということです。

そしてすごくお美しい方です🌹✨

 

つまり「中庸」であるということです。

 

絶対オーガニック!

玄米菜食!砂糖ダメ!添加物は悪!!

そうではありません。

 

もちろん

白砂糖や添加物に関しては

たくさんは食べない方が良いですが

 

そもそも食べ物に良し悪しはなく、

大事なことはその「質」であること。

 

何を食べても

心と身体の面ですぐに中庸の「 自分の心地の良いポイント 」に戻ってこられること。

 

そのためには、自分の現在地、今の体質や芯部にある体質を知っていること。

 

命が欲しているもの、ことを一番に尊重すること。

 

学び出すと

本当に本当に深い分野だなと感じています。

 

勇気のあるシェアは必ず誰かを救っています。

 

遠いアメリカで

孤独に感じながら始まった妊娠、出産と子育て。

(後にそれは私の思い込みだったと知りましたが)

 

そんな中で、この道を選んで本当に良かったと思える自分がいます。

 

それは勇気を出してサロンを立ち上げてくださった芳恵ママがいるからです。

 

そしてサロンにいらっしゃる食医ママのみなさんも

勇気を出して様々なご家庭の事情や健康相談をシェアしてくださっています。

 

シェアすることは思いやりであり「 愛 」です。

これから私の中を通った食医の学びを少しずつみんなにシェアしていけたらと思います。

 

たくさんの愛と感謝をこめて✨💖✨ 』

 

ありがとうございます☆*・。


命のトレーサビリティ【 龍神の森と出会う 】@道志川

すべてをいただき自分になる。【 蓮根節で咳予防 】