あなたの魂を発動させて、
世界観を突き抜けさせるアーティスト


福岡市 * tiana felice の
牛島郁子(うしじまいくこ)です。









飛行機大好きな小5の息子

オリジナルの立体紙飛行機を
作るまでになった今までの7年間を
振り返ってみようと思います。



私には日常過ぎて
記憶の向こーーーに行ってて
忘れてる姿がいっぱい汗

ちゃんと書き残しておこう。






きらほし2012年10月(今から7年前)
きらほし4才 幼稚園年少さん

深田恭子さん主演のドラマ
「TOKYOエアポート」を見てドはまり


コピー用紙をつなげて滑走路を作って、
鉄琴のバチにゴムを付けて耳にかけ
丸いところがマイクのつもり
管制官のヘッドセットにして(笑)

モニョモニョと
管制官の離着陸の交信の
真似をしてたw

この時手動で飛ばす飛行機は
空港で買えるJALやANAの
模型のやつでした。



よくあるこども図鑑の乗り物編
前から持っていた物を
それまで以上に読み込んで、
読んでは即しゃべってアウトプット
毎日毎日ずーーっと( >_<)(;´Д`)(ノД`)
耳にオクトパス(;´Д`)


幼稚園の先生にも飛行機のことを
「あれ知ってる?」「これ知ってる?」と
ずーーーっとしゃべってました。

すでにしゃべる内容が
ドラマを繰り返し見てて専門的
分かるわけないやん(笑)

もちろん当時の私も
普通に「飛行機いいなぁ」くらいだったので
チンプンカンプンでしたσ(^◇^;)
私のこのチンプンカンプンは5年くらい続きますw





きらほし2013年10~12月
きらほし5才 幼稚園年中さん

ドラマ「ミス・パイロット」放送
堀北真希さんが主演でした。


これも飛行機いっぱい出てくるし
パイロットになるまでの地上勤務や訓練が
時系列でドラマになっていて、
これもハマって見てたなぁ。
*息子は飛行機と飛行機にまつわる
ありとあらゆる物が好きなのです。



「TOKYOエアポート」「ミス・パイロット」
この2作品は
放送中何度も何度も繰り返し見て、
再放送がある時ももちろん見て、
録画を消した後もレンタル屋さんで
時々借りては繰り返し見てた。

もう何回借りたかな?!
何十回見ただろう?!
三桁行ってそう...


いまだに時々見たいって言うし、
ミス・パイロットで教官役だった
斉藤工さんをテレビで見る度に
「ミス・パイロット見たくなる~」って
毎回言ってます(笑)


で、こうしてずっと見てると
台詞覚えちゃうんですよ私も(笑)
こういう時こんな台詞だったと
日常の中で出てくる...それもパーフェクトで
あぁ蝕まれてる(≧∇≦*)

昨日も借りて見たw





きらほし2014年
きらほし6才 幼稚園年長さん

この頃に普通の紙飛行機に
尾翼を付けたり、
デザインを描いたり、
航空会社名のアルファベットを
つたない字で書いたり。



何年か経ってのちに
息子がこれ要らないと言ったけど
なんかかわいくて
私の意思で残していました。

そののちにまさか
親子個展を開いてその時に
これが息子の昔作った飛行機だと
飾ることになろうとは
思いもしなかったなーσ(^◇^;)





きらほし2015年
きらほし7才 小学1年生

この頃だったかな、
紅の豚に出てきたような
プロペラ機がぐるんと回ったりする
エアレースを見たのは。

日本から室屋さんも参戦していて、
凄いと思った!!
この年初めて千葉で
レースが行われたしなぁ。



息子はもちろん
エアレースにもハマって

出てくるプロペラ機を
普通の紙飛行機じゃなくて
パーツをテープでくっつけて
立体の紙飛行機を作った。


これが今の
立体紙飛行機に至る原点。



野球応援のメガホンとかを
パイロンにして置いて
手動でウィ~ンって飛ばしてた。




注意この頃使っていたテープは
白のマスキングテープ
これって当時お店どこでも売ってなくて
ネットで買っていました。
今でこそ文具店とかにあったりするけど。
ものすごい勢いで無くなっていました。
*今ではその勢いを下の子が引き継いで...
今日もすごい勢いで無くなってゆく...(;´Д`)



注意これくらいから
羽田空港の本とか旅客機アルバムとか
飛行機に関するあらゆる情報満載の
本を所望するようになった。


こども図鑑の情報じゃ
もう足りなくなって、
本は悩まず買ってあげました。


*羽田空港の本は読みまくってもうボロボロ
修理してもボロボロ...

*まだ書けない字はあっても
ニュアンスで読んでいて
一人で読んではアウトプットしてました。



本はOK、でもゲームは絶対に買わない
これだけは譲らずにきました。


小1~2ぐらいの頃
友達がゲームを持っていて
遊びに行った時にさせてもらって
欲しがった時期があった。

けれどゲームをうちに導入したら
息子がいつもやっている
見たものをすぐに作る・立体化する
日常活動をしなくなると想像できた

息子の素晴らしい才能が
なくなってしまう、消えてしまう
そう思ったので絶対に買わなかった。

そこは頑として
折れませんでした。







きらほし2015年~
きらほし7才 小学1年生~

夏の風物詩「鳥人間コンテスト」
このぐらいからハマったと思う。


録画して何度も見ながら
長ーーーい羽も真似て
コピー用紙で作っていました。

それ以来毎年夏には
必ず真似て作ってます(笑)





きらほし2016年3月くらいかな~
きらほし7才 小学1年生~

この頃から今の
オリジナル立体紙飛行機
作り始めたと思う。


色んなカラーがあるFDA
フジドリームエアラインズ
これが残っている最古かな。




縦横比や縮小度合がまだ荒削り、
ここから極めていくことになります。



注意この流れの中で、使うテープが
マスキングテープ→メンディングテープ
日に当たっても黄変しないテープ
薄いし、機体のボディと主翼を付けるには
ごわつかなくて良い電球
*このメンディングテープもすごい勢いで
無くなってゆくのです(;´Д`)汗









ここまでのポイント
クリスマスツリー飛行機にハマって即アウトプットが始まった
   →私)専門的で何言ってるか分からず
       ほとんど耳から流れていった(5年続く)
クリスマスツリー立体紙飛行機の前身は普通の紙飛行機だった
クリスマスツリー所望する本は悩まず買ってあげた
クリスマスツリーゲームは絶対に買わない
クリスマスツリーテープが猛烈な勢いで無くなる日々...


長いので今日はここまで。