高知赤十字病院 施設見学 | Tiac土佐情報経理専門学校『Dramati@cDays2018』

Tiac土佐情報経理専門学校『Dramati@cDays2018』

〝高知で学び、高知で働く〟
Tiac土佐情報経理専門学校の充実した毎日を、教員たちが楽しく紹介するTiacブログです☆


テーマ:

チューリップ赤医療情報管理科1年生,

病院高知赤十字病院の施設見学に行ってきました。

 

将来、医療事務職に就くことを目標にしている彼女達。

高知県の医療をリードする高知赤十字病院の訪問とあって、緊張感で一杯です。

 

ご案内くださるのは、医事課 課長の前田様です。

施設見学スタートです。

まずは、正面玄関から。

高知赤十字病院の“理念” “基本方針”などの説明を受けました。

 

次は、高知県の観光名所

☆室戸岬                  

☆足摺岬

☆桂浜

「患者様やご家族の方々が、この3つの絵を眺めることでお気持ちが癒され、そして、この絵は高知赤十字病院の患者様やご家族の方々への優しさ。」と学生は理解したようでした。

 

次は、高知赤十字病院の最先端医療である“ダヴィンチ”、“エキシマレーザー”、“NBI併用 拡大内視鏡”についてご説明いただきました。

“ダヴィンチは、手術支援ロボット。出血が少なく、手術時間の短縮が期待されています。”

“エキシマレーザーは、心筋梗塞やステント内再狭窄などの血栓にレーザー光線をあてて、血管の詰まりそのものを消すことができます。”

“NBI併用 拡大内視鏡は、通常の内視鏡は約10倍の拡大率でしたが、拡大内視鏡では約100倍まで拡大でき、より正確な「胃がん」の早期発見が可能になりました” などなど。

どれも高知赤十字病院、医療現場最前線の治療内容です。

 

一生懸命メモする学生たち。

 

 

また、医療関連法規の授業で勉強した、「保険外併用療養費の選定療養費」や「高額療養費制度」などのお話も伺い、Tiacでの学びが医療現場とつながったことを、学生達はとても喜んでいました。

 

その他にも手術室、RI、CT、ME室、ドクターカー、災害対応カップ自販機、などなど。

医療事務の仕事につなげてわかりやすく、そして楽しくご説明くださいました。

学生も教員も、前田様の日赤を思う情熱に感動の連続。

学生が多くの学びをさせて頂き、ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

 

そして、最後には、職員さんと、Tiac卒業生の二人と一緒に記念の写真をパチリ。

高知赤十字病院で働くTiacの卒業生は、現在、入院の医療事務を担当しています。

勤続7年と2年の二人。患者様と病院のために日々頑張っています。

 

高知赤十字病院は、5月6日 秦南町イオンの横に新病院として開院されます。

貴院の皆様のご活躍を心から祈っております。

 

担当 医療情報管理科1年 担任 長﨑ピンク薔薇

Tiac土佐情報経理専門学校さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります