綺麗な亀は遠くにいるから綺麗なの | インドホシガメのドラミさん -REVISITED-

インドホシガメのドラミさん -REVISITED-

痛快!
サンダース所長が綴る
爬虫類とロックンロールの研究グラフィティ!


テーマ:

マメホシ20号&21号
無事に生まれました~!ダブルハッチ🐢

ヨークサックから栄養を吸収するのですが、なぜかハッチして間も無く卵の殻や土をかじったりします。

目を開けた瞬間です。
どんな風に見えるんだろうね、この世界ってやつがよ。


昨年の10月から始まったマメホシどもの孵化ラッシュですが、21号のこれで最後です
2018年度分の誕生したマメホシは合計で20匹という結果になりました。残念ながら17号は死亡。

後日、ノートに書いたまんまの孵化率などのデータをまとめてみたいです。

サイテスうんぬんに関することも自分なりにブログにまとめてみたいのですがなかなか追い付きません。ので、そのへんはツイッターにも書いていません。

輸入ホシガメのこと、スリランカを含む産地別に…のこと、繁殖データのこと、予約とか価格のこと、マイクロチップ有無のこと、、

とかサイテス会議が5月なんで、なんか、もうピリピリしちゃってるところはあるんだと思います。日本だけじゃなくて、世界的に。


だけどすんません、
とりあえず、それはちょっとおいといて、マメホシのラッシュが終わったのでひと安心です。

あとは全力でお世話にまわります。

ホシガメ10匹+マメホシ20匹
なかなか気をつかいます。冬だから余計に。

しかも、多甲ちゃんとかよ、なかなかムズいね!成長違うね。

他のリクガメわかんないけど、インドホシガメの場合だけかなあ?

多甲マメホシ頑張って育てなくちゃ!





今回のハッチも11月の屋外だったから心配だったんだけど無事でよかった!
産卵時の様子は↓で



おたまごの管理をされている飼い主さん、
誕生が遅れている有精卵とか、♀単体での無精卵でも腐敗がないかぎりインキュベーションしてあげてくださいね。
ダメかな?と思ってた矢先にハッチした例もありますので。
お願いします🐢





サンダース ヒロトモさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス