亀コレラ | インドホシガメのドラミさん -REVISITED-

インドホシガメのドラミさん -REVISITED-

痛快!
サンダース所長が綴る
爬虫類とロックンロールの研究グラフィティ!


テーマ:
やっぱりきたか~!
インドホシガメのまる子さん
サードクラッチでした。

まる子の身体を確認したらこのように土まみれ。
持ち上げた時も体重が軽くなってる感覚でした。
どうやらすでに産卵を終えて埋め戻しも完了していたようです。

まる子お疲れ~!


いつもの場所ではなかったけど、怪しい箇所を見つけて掘り起こしてみると、、
めっけた!
しっかり埋めてありました。
インドホシガメは産卵時に排尿しながら土壌に水分を加えていきます。
要するに水はけの良い土ではなく粘土のような状態にして後ろ脚で産んだ卵を安定というか固定させていくわけです。
自然孵化の場合は土の中で3ヶ月以上も過ごすわけだから当然の処置なんだろうね。

しかし、人口孵化の場合はこの粘土状態のおかげで掘り起こしが大変なんだよ。
指先で丁寧に掘り起こしました。
さすがまる子。
産卵穴の深さは20センチ位ありました。

今回は5個のおたまごを回収しました。
どうやら今回は破損など無さそうだ。
20時には全て掘り起こして回収完了。
まる子が掘り始めたのは恐らく15~16時頃だと推測されます。




さっさと測定してインキュベーション開始します。
今回は水ゴケを使用します。
特に意味ないけど孵化率にどう影響してくるのか比較してみたくて変更してみました。
ただそれだけ。



インキュベ内はそろそろ一杯かな?
もちろん全てインドホシガメのおたまごです。

サンダース ヒロトモさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス