リッケンバッカー抱いて歌えば さびしい亀もつられて歌うぜ | インドホシガメのドラミさん -REVISITED-

インドホシガメのドラミさん -REVISITED-

痛快!
サンダース所長が綴る
爬虫類とロックンロールの研究グラフィティ!


テーマ:
季節の変わり目。
特に気温が下がるこれからの時期は毎年ホシガメ達も体調を崩すことが多いようなので加温の準備もしなくちゃな。

今月末~来月初旬にはマメホシのファーストハッチもくるかもしれないのでケージなども準備中です。

10月まではサードクラッチの可能性も視野に入れております。
以前は秋~冬の産卵がメインでした。
昨年あたりから夏場の屋外産卵が始まったのかな?

屋外飼育で低温にさらしたからといってインドホシガメの耐寒能力がアップするとは思わないけど、産卵のサイクルは飼育下の環境に適応しようとして屋外飼育期間である春~初秋に集中するのかなあ?なんて思ったりもします。
無精卵の産み落としは別だけどね。



来年はホシガメガーデンをもうちょいと拡張してより快適に過ごせるような環境を整えてあげたいです。

サンダース ヒロトモさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス