どうして おなかが すくのかな 企画 -2ページ目

ただ、音楽が好き過ぎて企画をして

いろいろやってみている。


今回は、おとぎ話と直枝さん

ふたつの音楽家には

ずいぶん思い入れはある。


企画を始めたばかりの頃

長野の松本で前野健太×アナログフィッシュ

前野健太×おとぎ話という

ツーマンイベントが行われた。


その頃は、企画といっても

何もつながりがない僕にとっては

ミュージシャンにアプローチする

絶好の機会だった。


前野さん、アナログフィッシュは

実現でき、おとぎ話とは

約束はしていたが

なかなかタイミングもあわず

実現できないことに

心の隅っこの方で

ずっと気になっていた。


場所は山梨県の甲府市の桜座

他の都市や地方都市の箱には

負けないぐらいの素晴らしい場所なのです。


直枝さんには前野さんとのツーマンイベントや

カーネーションでのツアーで訪れていただいて

桜座の素晴らしさは直枝さんはもちろん

来場していただいたお客さんにも伝わって

いるはずだと思っております。


今回は、おとぎ話は初の甲府です。

おとぎヘッズの方々は

いらっしゃるとしたら初めての

経験と、雰囲気、おとぎ話の鳴らす音が

こんなに違うのかという事も

痛感できる場所だと自信を持っております。


土曜日開催なので、お仕事の方も

いらっしゃると思うのですが

山梨県の甲府に来てみてください。

損はさせません、チケット以上の

ライブと、直枝さんおとぎ話のセッションが

記憶に残ると思っております。


是非、一度、来ていただけたら

答えはそこにあると思っております。


平成26年2月22日(土)
会場:甲府桜座
出演:直枝政広(カーネーション)
おとぎ話
開場:17時 開演18時
予約:3,000円当日3500円(共に1d別途)

※スペシャルセッション有

*予約メールフォーム:

t.co/BnpAFcwGM8







お友達に全面バックアップで

作っていただいたHPが完成いたしました。


どうしておなかがすくのかな


http://doushiteonakagasukunokana.com/


いい音楽に巡り会えますように。


とにかく、音を浴びたい方

HPをじっくり見て

遊びに来てください。





岩崎けんいちさん

島津田四郎くんの音楽素晴らしかったなー!


でも、お客さんがなかなか集まらない

これは、僕のせいにしておこう


ぼくがまだミュージシャンの素晴しを

発信できてない、いろいろ頑張らなければ。


ハーパーズミルは、

平賀さち枝ちゃん、佐々木健太郎君の

弾き語りでもお世話になったところだ

音も、もちろんいいし、

建物の木が音に喜んでる。


はじめハーパーズミルの坂田さんから

「かつまたくん、島津田四郎くんって知ってる?」と


もちろん知ってるし

曽我部さんのローズから

アルバムリリースしてる。

甲府のわじあじあにも来て

すごく楽しい歌もたくさん歌っていた。


逆に田四郎くんに

「なんでハーパーズミル知ってるの」

ときいいたら

大先輩の方々、

大好きな友部さんもライブをやっているので

やってみたいと。

すごい好きですこんな言葉。


けんいちさんも歌っていたけど

古くてカレーの匂いが

充満している

音楽が好きな場所は

ここにしかないんだなと思います。


あと、ふみちゃんにも一曲歌ってもらった。



アナログフィッシュ×moools@桜座

11月17日に、アナログフィッシュが
mooolsを引き連れて桜座に
また、やってきます。

アナログフィッシュのコアな
ファンからも、桜座公演は
いままでのアナログフィッシュの
ライブでBest3には入るぐらいの
記憶に残るライブだったそうです。

もちろん、予約メールを見ると
去年の桜座で、ファンになりましたと
嬉しい言葉もたくさんいただいて
おります。

実は、今回の企画は、ぼくからの
オファーじゃなくて、
アナログフィッシュの下岡くんが
熱望して連絡いただきました。

前野健太とソープランダーズ@桜座は
かなり意識されておりました(笑)

mooolsも、ぼくも昔海外ミュージシャンの
オープニングでよく見ていたのですが
最近、なかなかライブ見れませんでしたので、すごく楽しみです。




チケットのご予約もいつもより
早いペースでうまってきております。

気になる方はお早めのご予約お願いいたします。
是非よろしくお願いします。


「analogfish&mooolsと行く、
冬の信州 甲府 皆神山
気脈巡りツアー2013
~追分けて、リンゴ~」】
平成25年11月17日(日曜日)
甲府桜座
予約3000円(1d別)op17:30st18:30
予約先:http://t.co/BnpAFcwGM8



photo:01


photo:02


日曜日、この企画を一緒に立ち上げた
女の子たちの夢がかなった。

終わった後に、流れる微量な文章を
流して読んで、みんな今日のライブには
いろいろ感じる事があるんだなと
思った。

ぼくの企画は、単純にぼくが好きな
ミュージシャンなので、ステージに
関しては、山梨にやって来て
歌声を一発目で耳に入ってきた
瞬間で気持ちが入りこんでしまう。

七尾旅人さんが、桜座に入ってきた時
「かつまたさん、いよいよですね」って
言葉をかけてくれた、
その瞬間、行ったことはないけど、乱波洞の雰囲気とふみちゃん、のぶちゃん、石原さんの笑顔が浮かんだ。
旅人さんの言葉が一気にぼくの
気持ち押し上げてくれた。
けど、乱波洞ってどんな場所だったんだろう。


あの時は沖縄だったけど、
場所が変わっただけで
こうやって繋げられたこと
企画立ち上げて本当に良かったと
思う。

ケイドロック初めて見た時は
何が起こっているのかわからない
ステージを見せてくれた。

ふみちゃんが青年海外協力隊で
ベリーズに旅立ち、のぶちゃんは
子供を産んでお母さんと言う生活を
していた。

ケイドロックのライブが
始まった瞬間、その年月のブランクを
感じなかった、そして楽しそうに息もぴったり合って
堂々としたライブだった。
逆にびっくりした、確か練習そんなに
してないはずなのにな(笑)

七尾さんのライブは、見つめることしか出来なかった。
桜座に入ってきて、ひとこと話を
しただけで、気持ちが入りこんでしまった。
終わった後、昨日から七尾さんの歌しか聴けなくなってしまってる。
車の中で「Memory Lane」のイントロが
流れ、歌声が聴こえてくると
なんかこんな歳でも
涙が流れそうになる、歌の力だろう。

石原岳さんは、去年の春、でも冬な時に出会えた。
初めて見た時、エフェクターの数に
びっくりした。
岳さん、ひとりなのに演奏が始まると、オーケストラが始まる。
あんな小さなエフェクターなのに
生き物の様に、岳さんとアンサンブルする。アンサンブルって使い方あってるのかな?桜座には桜座の演奏をする。二日目はAIRYの窓か吹いてきた
風の様な演奏を気持ち良さそうに
弾いていた。茶飯事くんとやった時は
あまりにも、茶飯事くんの歌に溶け込んで、気持ち良かった。
岳さんは、本当にいい演奏者だと
思う。

原田茶飯事くんは、ふみちゃんが
拉致したんで、長野から途中下車して
甲府に駆けつけてくれた。
今回は、ぼくの企画としては
あまりにも時間が無くて
ちゃんとバックアップ出来なくて
申し訳なかったけど、
けど、茶飯事くんの歌にもたくさん
力が宿っている。
最後は、味噌屋に連れてかれ
また、拉致られるかもしれない。
その時は、また一緒に作りたいなー。
岳さんと外で聴いてて
高江のフレーズが出て来た時、
岳さん目を丸くして驚いた表情
してたけど、すごく嬉しそうだった。
茶飯事くんと、岳さんを甲府で
繋げたかった気持ちもあったので
嬉しかった、いろんな光景見れた。

こうふのまちの芸術祭で立ち上げた
「どうしておなかがすくのかな」
芸術祭期間中の、お手伝いは
アーティスト達にお手伝いしていただく。
なんか楽しそうに集まってくれて
ぼくも嬉しいし、いつも助けてもらい頭が上がらない。
それでも、あるアーティストの女の子が
「芸術祭に来て、いい音楽を見て帰る」って言ってくれたんで、
ぼくは毎年続ける理由もある。

音楽が好きだから、ぼくが伝えたい
事が伝わってる様な気がして単純に嬉しい。

ぼくは、いつでも言うんですが
山梨県を音楽で盛り上げたいとか、
地元を活性化したいとも思った事はない。
音楽をたくさん楽しむのであれば
東京に行けば溢れかえっている
わざわざ山梨県で苦労して
友達誘って、人数集めに駆けずり回り
頭を下げてお願いする必要性も無い。

けど、桜座にふらっと入って
音楽を聴いた時の感覚が
いまでも忘れられない
たくさん僕の頭の中に
ぼくの好きなミュージシャンが
演奏している姿が浮かんだ。

桜座があるから、ぼくは
うれしくて生活している。
東京のライブハウスには
負けないぐらいの表現する
場所があることかすごく誇りに
思う。
山梨県が盛り上るとかではなくて
桜座が盛り上がれば、まわりの
店や人も活気づく、それが
街だと思っているので、
桜座が活気づけば、日曜日に
打ち上げ出来る場所もたくさん
増えるかもしれない(笑)

机の上で論議されていることは、
机の上から何年もかかる。

けど、芸術祭のみんなは
机蹴飛ばして、外に出る
なかなか出来ないことを
楽しそうにやっている。

何度もこの言葉が出るけど、やっぱり
嬉しい。

来年、約束した。
沖縄の高江に高江音楽祭と
高江の現状と現実を見に行きたい。

当面の目標です。

10代、20代は、ひとりで
いろいろ楽しむ方法ばかり
考えてきた。

けど、音楽を通じて、
いろいろな繋がりが
たくさん出来た。

後は、老衰で倒れるだけなんで
残された時間はたくさん楽しめる様にしたい。

いままで出会った人に感謝!
ありがとう。


photo:01