勝てるようになるまでの道のり | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


何をするにしても「長期的プラン」
「短期的プラン」が存在します。


それはテニスも同じで、
どこをゴールにするかで進め方はガラッと変わるのです。


今回はそんな「勝てるようになるまでの道のり」について
お話していますので、まずはこちらの質問をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): S
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 4年半
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Sさんのご質問】


戦術的なことですが、
自分と同レベル、もしくは格上相手には
どのように攻めればよいのでしょうか?


いつも練習では攻めるあまりにサイドアウトが目立つのですが、
すべて相手コートのセンターに返すのがベストなのでしょうか。


しかしすべてセンターに返すのでは
相手がミスをしてくれるのを待つばかりなようで、
なかなか自分から得点できないように思います。


相手のレベルがあがれば、
そのぶんミスでのポイントはすくなるなるかと思います。


アドバイスよろしくお願いします


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Sさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


格上相手にどのように攻めればいいのかですが、
やはりいつもと違うことをしても、その分こちらのミスが増えて、
最終的には自滅になりやすいです。


なので、
攻め方については相手が誰であっても
いつもの自分の攻め方を行ってください。



ただ、相手が格上だとなかなかチャンスボールがこないので、
この部分については考える必要があります。


コースをついて相手を走らせたり、
緩急をつけてバランスを崩しにいきます。


でも、それが格上にはなかなかできないから、
一番シンプルな「深いボール」を目標にしましょう。


コースをつくことを考えずに、
まずは深さだけにフォーカスしてプレーするのです。


深いボールを打てば、とりあえず相手はリスクを背負って
プレーすることになります。



ライジングや高い打点で打ち込んだり、
長いラリーを嫌がってコースをついてくることもあるでしょう。


だけどそういう小さなリスクを相手に負わせて戦わないと、
こちらがリスクを負って戦ったら大抵自滅につながるので、
まずは深いボールでチャンスボールを作ってください。



そして相手ボールが浅くなったら攻めるという
形をイメージしてプレーしてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私は人の試合をスコアを付けて見ることが多いのですが、
大抵エースの数よりミスの数が上回っています。


勝者のスコアをイメージで書くと、
「エース4本、ミス12本」という試合が多いです。


この図式は勝者も敗者も同じですが、
敗者は更にミスの数を上乗せしている感じですね。


敗者のスコアをイメージで書くと
「エース3本、ミス21本」という感じです。


2つのスコアを並べると見えてくると思いますが、
勝者はエースをひとつ取るために3本ミスをしているのに対して、
敗者はエースをひとつ取るために7本ミスをしているのです。



そう考えるとテニスは「いかにエースを取る」ではなく、
「いかに自分のミスを減らして相手のミスを増やすか」
フォーカスした方が勝ちやすいと言われています。


試合の中でエースを取るのは正直、結構難しいスキルなので、
相手のミスを誘ったプレーをしていたら、オープンスペースが生まれたので、
そういうときだけエースを取りに行く方が建設的です。


何もないところからエースを取りにいくと、
1本のエースのために何本もミスを重ねることにつながるので、
一度自分のスコアを付けてみると客観的な自分が見えてきますよ。



ただ、
「自分はミス待ちではなく、攻めのテニスをして勝ちたい」
という声を聞くことも多いです。


それはそれでいいのですが、
その分リスクを背負っての戦いになりますので、
攻めのテニスを貫く場合は、「勝てたかどうか」ではなく
「攻め切ることができたか」にフォーカスしましょう。


攻めのテニスで勝つには時間がかかります。


なので、勝てない時期が長くなる可能性が高まりますが、
そこを抜け出せるくらいのパフォーマンスを試合で
出せるようになれば一気に戦績が上がりますよ。



実は攻めのテニスの方が試合に関しては
勝てるようになるまでに時間が掛かるプレースタイルなので、
この部分を踏まえた上でどのような戦い方をするのかを考えてくださいね^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス