技術と戦術を同時に考える | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


テニスをするにあたって、
技術を磨くことに時間を掛けている方は多いと思います。


でも、相手からポイントを奪うゲーム的要素も
結局は技術が必要なので、できれば最初から
「技術」「戦術」は同時進行で磨いた方が
効率的に上達できると考えています。


なので、
私は初心者クラスでもゲームの要素を取り入れますし、
そもそもテニスは相手からポイントを奪うスポーツです。



ですから、何をすればいいのか分からなくなって
マンネリを感じているのなら、ぜひ今回の記事を読んでください。


テニスを楽しむヒントが隠れていますよ。


なのでまずはこちらの質問をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): はるぽん
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 四年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【はるぽんさんのご質問】


私はベースラインでのスピン系ストロークで攻めるタイプなんですが、
自分から先に展開した時に相手の返球が浅くなって前に出ると思うんですが、
その後ボレーに出ずにまたストロークで攻めるのは戦術としてありだと思いますか?


またそれに関してのフットワークもできたら教えてください。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


はるぽんさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ストロークからの展開についてですね。


当然、絶対にボレーに出る必要はないので、
最後までストロークで戦うのは有りですよ。


ただ、相手が体勢を崩している間に攻めないと。
ポイントが取れないので、高い打点で打ち込んだり、
ライジングで相手から時間を奪うことを意識してください。



ボレーはネットに詰めてノーバウンドで打つ分、
相手の時間をかなり奪うことができますよね。


こんな感じで「相手の体勢を崩す」「相手の時間を奪う」
実現しやすい方法で取り入れてプレーしてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


正直、私がテニスの戦術で一番意識していることが
「相手の体勢を崩し、さらに相手の時間を奪う」です。


サイドに振ったり、前後に動かして相手の体勢を崩し、
甘いボールが飛んで来たら前に詰めてボレーで決めるようにしています。


相手がバランスを崩すと、体勢を整える前に次の攻撃をすれば、
かなりの確率で相手はミスをしてくれます。



でも体勢を整えると、そう簡単にミスしてくれないので、
また相手のバランスを崩すためのショットを打たなければなりません。


そうなるとこちらもコースをつく分、
リスクを負うのでミスする可能性が高まります。



やはり、
相手を動かすためにはライン際に打ったり、
色んなコースに打ち分ける必要があるので
ミスをするリスクを常に背負わなければなりません。


なので、相手のバランスを崩すショットはできるだけ
自分の得意な方法を選んでください。



速いボールを打つのが得意ならば、
ドンドン相手コートに打ち込んでもいいですし、
ボレーで展開する方がプレーしやすいのなら前に出ましょう。


ただ、せっかくチャンスボールがきても
それを決めないとポイントが取れませんので
「どうやってポイントを取るのか」まで決めておいてください。


一番簡単に相手からポイントを取るには
「ボールを相手に触らせないこと」です。


つまりノータッチエースを目指すのです。


例えば相手を右に振って、
返ってきたボールを今度は左に打ったら
ノータッチエースになる可能性は高いです。


ただ、相手が追いつくとノータッチにならないので、
相手が戻れないくらい早く次のボールを打つ必要があります。



そのためにも相手が戻れないくらい
先にバランスを崩しておきましょう。



ボールの速度やコースはそれを実現するための
手段でしかありません。


ボレーやライジング、高い打点で打つことも
相手にボールを触らせないための手段でしかありませんので、
自分にとって一番成功する確率が高い方法を選んでは練習してくださいね^^

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス