スライスショットを習得するために必要なたったひとつのポイント | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


私は色んなショット使ってコントロールしたり、
相手のボールに対応するようにしています。


その際に「スライスショット」は必要不可欠な
テクニックと言えるでしょう。


ボールに対して後ろ回転を掛けてボールを放つのですが、
この感覚さえ身に付けたら色んな場面で対応できます。


今回はそんなスライスショットを習得するために必要な
たったひとつのポイントについてお話しています。



まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): O
■性別(フリー02): 男性
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Oさんのご質問】


スリーさん

こんばんは!
大雨で大変な中、どうもありがとうございました^^


ところで、ひとつテニスについて質問よろしいでしょうか?
(本当はたくさんあるんですが、まずは一つ^^;)


バックハンドのスライスをずっと打てるようになりたくて、
先日バックスライス動画を購入しました。

【「バックスライス動画」の詳細】


ボールへのパワーの乗せ方や左右への打ち方は
よくイメージできたのですが、高さの調整の仕方が良くわかりません。


昔からスライスを打とうとしても、
意志に反してボールが浮いてしまったり、
ネットの下の方に突き刺さってしまうことがあり、
これが自分の中で自信を持ってスライスを打てない要因になっています。
(ボールをグッと抑えるような意識を持ちながら打つと時々安定することもありますが。。。)


スリーさんがスライスで飛ばすボールの高さを調整する際に、
意識されているポイントがあればお教えいただけませんでしょうか?


どうぞよろしくお願いいたします。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Oさん

おはようございます!
スリーです^^


まだ予断を許さない状況ではありますが、
私の住んでいる地域はまだ被害が少ない方なので大丈夫です。


そしてバックハンドスライスについてですが、
何より大事なのは動画内でもお伝えしている
ラケットと手首の角度です。



この部分が90度に近いと面が安定するので
色んな高さに対応できます。



正直、この角度が開くと面が不安定になり、
アウトしたりネットするので手首の角度を何より意識してください。


練習法としては手首の角度を体にしみ込ますために
先にバックハンドボレーの練習を取り入れてください。



バックハンドボレーは面向きが定まっていないと
うまくコントロールできないからです。


あとはワンバウンドしたボールをバックバックハンドボレーするように打てば
色んな高さに対応できますので参考にしてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


今、ウインブルドン選手権大会が行われていますが、
芝のコートではバウンドした後に滑るように跳ねる
スライスショットが有効だと言われています。


ただ、
あまり芝のコートでプレーすることがないと思いますが、
スライス回転や低い弾道が有効な場面はたくさんあります。



・相手がネットに詰めてきたので足元を狙いたいとき

・高い打点からハードヒットしてくる相手と対戦するとき

・ダブルスで前衛ボレーされたくないとき

・スライスを多用してこられたとき

・速いサービスを打たれたとき

・厚いグリップでスピンを打ってこられたとき

・ペースを落としたいとき


・・・



他にも色んな場面で役立つのがスライスショットです。


なので、
スライスはぜひとも習得してもらいたいテクニックですよ。


ただ、レッスンでスライスを扱っても
ラケットと手首の角度が崩れて面が開いてしまう方が多いです。


この要因としては「ストロークの癖」が挙げられます。


ストロークはラケットと手首の角度を開くことによって
自然なリストワークを実現させてくれます。



でも、その癖がボレーにも出てしまい、
なかなかラケットと手首の角度が作れないのです。


だけど、
逆を言えばラケットと手首の角度だけの問題とも言えるので、
スライスを習得したいのなら、今回お話したことだけに集中して練習してください。


その際には、いきなり大きくスイングをするスライスショットより、
コンパクトなスイングであるボレーで練習した方が感覚がつかみやすいですよ。



結果的にスライスもボレーも習得できますので、
ぜひラケットと手首の角度を小さくして練習してくださいね^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス