ストロークやサービスなどのスイングショットを打つ前の練習法 | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


ストロークのようなスイングショットは
ラケットを振ってボールを飛ばすので
打点が少しでも狂うとすべてがおかしくなります。


なので、
私はスイングショットを行う前に「あるショット」
先に取り入れるようにしています。


この考え方は基本的には誰にでも当てはまるので
当然レッスンにも導入しています。


今回はそんなストロークやサービスなどの
スイングショットを打つ前の練習法について
お話していますので、まずはこちらの質問をご覧ください。



--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): よし
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 41~45歳
■テニス歴(フリー04): 15
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): その他
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【よしさんのご質問】


最近ストロークがおかしくなっています。


空振りした事ないのが増え始め、
一時ストローク打った感覚が気持ちよくなくなりました。


当たり損ねしかない日がありました。


現在は振り遅れが増えてストロークが苦手になっています。
下手なスライスで誤魔化している状態です。


それまではリターンゲームもコート内で返せていたのが
現在ひどい時には空振りしてしまってます。


球を良く見ないといけない、
早く準備しないといけないと思えば思うほど振り遅れしている感覚です。


少し前までは面作りが上手いと言われていましたが
今は面作りも駄目になっていると思われます。


ストロークが良くなる方法・考え方ありませんか?


バックハンドはシングルですがさらに最悪です。


昔は打点が決まっていましたが
今はトップ打ちをし始めて打点が定まってない状態です。


苦手意識からか準備も遅く打点が後ろになっていると思います。


又高く弾むサーブや打球の対処法教えて下さい。
更に振り遅れや返球が見当違いの方に飛んでしまっています。
宜しくお願いします。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


よしさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ストロークがかなりおかしくなっているようですね。


もし感覚がおかしいのなら、
ボレー練習をたくさん行ってください。



そして振ってボールを打つのではなく、
当ててボールを飛ばすことを心掛けてください。



私もたまになりますが、
ボールを飛ばす意識がなくなると調子が悪くなります。


面の向きも力加減もなくなるからです。


なので、
調子が悪いときほどボレー練習です。


ボレーは飛んで来るボールに合わせて
こちらがラケットで迎えに行きます。


そのときに面の向きや力加減が養われます。


この感覚をつかんだらストロークに取り入れてください。


高く弾むサービスに対してのレシーブも同じ発想です。


振ってボールを打ち返そうとしたら
どのショットも力みや体のバランスが崩れたりして調子が崩れていくので、
そういうときこそ当てて飛ばすボレーをたくさん打ってくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私もかなり長い年数テニスコーチをしてきましたが、
最近はレッスンでボレーに費やす時間が昔より増えました。


なぜなら、どのショットにおいても細かいことを伝えるより
ボレーでボールを飛ばす感覚を養ってもらった方が上達が早いからです。


ボレーは面の向きと力加減、そして打点がうまくいけば
打ちたいところにコントロールできます。



思いっ切りスイングして、結果的にボールが飛んで行くのではなく、
ちゃんとコントロールできた根拠が明確です。


だから、
自分で何が良くて何が悪いのかが分かりやすいし、
仮に自己分析ができなくても、ボレーの感覚は他のショットに応用しやすいです。


なので、最初にボレー練習をして、
ある程度ボールを飛ばす感覚を掴んでから他のショットの練習をすると、
無駄のないフォームで打つことができます。



そういう理由から、
私はレッスンで最初にボレーからスタートすることが多いです。



でも、
当然ボレーを打つ際に力んだり、腕の力でボールを飛ばそうとすると
あまり意味がないので、小さいスイングなのに強いショットが打てることに
フォーカスしてボレー練習を導入しています。



・打点

・軸足

・面の角度

・体重移動のタイミング

・力加減




他にも細かいことはたくさんありますが、
特に上記5つは必ず意識してもらっています。


ここがうまくいけばストロークもサービスも、
他の様々なショットも安定してきますので
ウォーミングアップがてらにボレー練習をするのはおススメです。



ちなみに
一番トライしてもらいたいボレー練習は
「サービスラインからのボレー対ボレー」ですよ。


お互いサービスライン付近に立ってボレー対ボレーをすると、
意外に遠いと感じる距離が生まれます。


だけど、あまりバウンドさせずにボールを飛ばして
ボレー対ボレーを行ってください。


ノーバウンドで10往復できたら
なかなかなボレー技術なので是非トライしてくださいね^^

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス