ストロークにおけるコントロールミスのほとんどの原因 | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


レッスンでは序盤にベースラインからの
ストロークラリーをウォーミングアップとして
取り入れています。


そこで私は生徒さんのフォームチェックや
個々の状況を把握するようにしています。



ただ、
ミスをしている原因はそこまでたくさんある訳ではありません。


なので今回は、ストロークを行う際に
ミスをしてしまう要因についてお話していますので、
まずはこちらの質問をご覧ください。



--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): しだ
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 5年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【しださんのご質問】


こんにちは

強いボールを打ち返す時に最近力負けしているような気がします。


ボールがすごく重く感じ、打ち返したボールは少しスライス回転がかかったり、
クロスなどに打ち返そうとしてもストレートにいったりします。


これは振り遅れや技術の問題なのでしょうか?


あと打ち返した後手のひらがじーんと滲むような感覚になります。
どうしたらいいのか教えてください。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


しださん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


実際に見ていないので基本的なことしか言えませんが、
多分振り遅れが原因だと思われます。



スライス回転になったり、クロスに打つつもりが
ストレートなどは、すべて振り遅れの際に起こる現象です。



手にじーんという感覚が起こるもの同様です。


なので、
まずは早めの準備を心掛けましょう。


相手のボールがネットを超えた地点で準備を
開始するのがポイントなので意識して取り組んでくださいね^^



では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


これはストロークに限らず、ほとんどのショットに言えるのですが、
コントロールミスの多くは振り遅れが原因です。


実際に、私の友人が最近ストロークをした際に
「ラケットで真っすぐボールを捉えているのにアウトする」
と言っていました。


でも、
本当にラケットで真っすぐボールを捉えていたら
そうアウトすることはありません。



相当パワーがない限り、
ラケットで真っすぐボールを捉えていたら
途中で失速するのでコートに収まります。


ということは、
まずボールを打った際にラケット面が
少し上を向いているのだと思います。



その原因が振り遅れです。


ちなみに
振り遅れると、その遅れを取り戻そうとして
急いでスイングします。


しかも、面が少し上を向いているので結果的に
ボールをコントロールできなくなってアウトするのです。



だから、
ボールをコントロールするためにも
まずは振り遅れをなくしましょう。



振り遅れをなくすには、

1、相手のボールがネットを越えた地点で準備を開始する

2、まず一歩下がるクセをつける

3、テイクバックをコンパクトにする



特に、
(2)の「まず一歩下がるクセをつける」が大切で、
振り遅れている方の多くはまず一歩前に行く傾向がります。



短いボール対策のためだと耳にしますが、
人間はとっさに下がるより、とっさに前に行く方が動きやすいです。


なので、
ボールが飛んで来たらとりあえず一歩下がって、
もし短かったらそこから前にボールを追いかけてください。



だけど深いボールに対しては
最初から下がっているので振り遅れが減ってきますから、
条件反射的に後ろにステップを取ることを心掛けてくださいね^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス