中級者以上のスキルと言われている少し難しいショット | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


テニスの幅を広げる意味では
「アプローチショット」はとても重要です。


ただ、このショットは少し難易度が高いので、
中級者以上のスキルとも言われています。



今回はそんな難しいと言われている
アプローチショットについてです。


まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): K
■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): 41~45歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 


【Kさんのご質問】


アプローチからファーストボレーが上手くできずに困っています。


何か良い練習方法はありませんか?


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


ボレーは色んな場面で使いますよね。


ダブルスだと前衛でチャンスボールを決めたり、
平行陣で後方から相手にプレッシャーを与えるときに
ボレーを活用します。


シングルスだと相手がバランスを崩しているタイミングで
ネットに詰めて、ボレーでポイントを取りにいきます。


そんな幅広く使えるボレーですが、
その中でも「アプローチからのファーストボレー」
一番難しいと思います。


ちなみに
アプローチとはストロークを打ちながら
ボレーを打つために前に詰めることを指します。



でも、このアプローチからのボレーが難しくて、
苦戦している方が多いのではないでしょうか。


その理由としては、

・ストロークからボレーに切り替える際にグリップチェンジが必要

・前に移動してから打つのでバランスを崩しやすい

・どのタイミングでスプリットステップを入れたらいいのかが難しい

・ネットから遠い場所でボレーを打つことが多いので難易度が高い

・決めボレーではないのでコース重視になる


・・・



などなど、
移動した流れで打つショットは難しいのです。


ですからコツとしては、
「移動を慌てない」です。


アプローチからのボレーをミスしている人の多くは
前に詰めるときに焦っているように見えます。


だけど、
ゆったり前に詰めている人はゆとりがあるように感じます。


私が見る限りだと、アプローチを慌てている人は
サービスラインまで行くことを目的にしているように見えます。



そういう意味ではゆとりを持ってアプローチしている人は
サービスラインより手前ぐらいを目標に前に詰めています。



あとは相手がボールを打つ瞬間に前にスプリットステップを取ったら
結果的にサービスライン付近でボレーが打てるので、アプローチの地点で
頑張って前に詰める必要がないのです。


なので、
私の中でのアプローチの秘訣は
「スプリットステップをゆとりを持って取ること」です。


それができれば相手が嫌がるコースに打つことができますし、
バランスも崩しにくいので、ぜひスプリットステップを
確実に取ることを重視してくださいね^^

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス