テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


ちょっと大袈裟な例えかもしれませんが、
「自分は不幸だ」と思ったら、本当にそういう雰囲気が
漂う人間になってしまいませんか。


逆に、嫌なことがあっても「自分は幸せだ」と思ったら、
何があってもポジティブに生きられると思います。


この捉え方は実はテニスにも役立つ内容です。


今回はちょっと難しい用語も出てきますが、
メンタルにおいて、とても大切なことなので、
まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): かにちゃ
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 31~35歳
■テニス歴(フリー04): 15年くらい
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【かにちゃさんのご質問】


【質問】セルフイメージを高める方法について 


いつもメルマガや動画を拝見させていただいております。 


パフォーマンスを発揮するために、自分で自分が
「それができる人間」なのだと信じている必要がある、 

という考えをよく耳にします。 


自分は良いプレーヤーであり、
大会に出場しても優勝してあたりまえだと思うことができれば、 
心に余裕をもち、必要なプレーだけを淡々とやることができるように思います。 


自分自身の経験から言うと、テニスをさほどやっていない友人とプレーしたりや
スクールの下のクラスにいくと、 ボールが遅いことももちろんあるとは思いますが、
プレーに余裕ができ動きがいいと感じます。


すごく集中もできているようです。 


反対に、
大会や「この人たちに認められたい」と感じるメンバーでプレーすると、
力んでしまい動きが悪いです。 


根が真面目?なので、「勝たなければいけない」
「良いプレーをしなければ」という意識が勝っているように思います。 


もっと言えば、「こんなに頑張っている」という
言い訳を周りや自分にするためにプレーしているように思えることがあり、 
このような思考で良いプレーができるはずがありません。 


大会や、レベルの高いメンバーの中にあっても、
「自分はこのメンバーの中でものびのびプレーできる」という 


セルフイメージを持つためには、
どういう考え方をすればよいのでしょうか。 


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


かにちゃさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


セルフイメージを高める方法についてですね。


自分にはそれなりに結果を出せる力を持っているのに
本番になるとその力を出せないという状態が前提ですが、
いかにできると心から思い込めるかが重要です。


人はできないと思い込んでしまうと、
無意識にできない行動を取ってしまいます。



それは網様体賦活系(もうようたいふかつけい)という
脳の働きが大きく関係しています。



網様体賦活系の働きを簡単に説明すると、
「自分の知っていることだけを取り入れる」です。


例えば、
本当は自分の良いところを出せばもっと素晴らしいパフォーマンスを
発揮できるのに、それを知らずにできないことしか頭になかったら
網様体賦活系の働きによって、できないことを取り入れようとします。


反対に、できることしか頭になかったら
できることを取り入れようとします。



だから、初心者の方とテニスをしたら
「できる」以外の発想が思い浮かばないので
余裕をもってプレーできるのです。


でも、自分より実力が上の人がたくさんいる舞台で
「できる」と思い込ますのは難しいですよね。


だけど、「今までやってきたことを表現できる」や、
「まずは1ゲームを取る」などの「できる」でしたら
思い込みやすいですよね。


なので、
まずは「できると思い込めるところまでハードルを下げる」ことが
「次のできる」を生み出し、結果的に自分の力を最大限に発揮する方法です。



どんな結果でもすべては「できるの積み重ね」なので、
できるを積み重ねるイメージを持って色んなことに取り組んでくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私は試合会場で「上手くできないかも」と思ったときに
いい結果を出せたことがありません。


ただこれはテニスだけではなく
すべてのことに言えます。



学生時代の受験会場でも、
たくさんの人の前で何かをしゃべるときも、
はじめて挑む新しいことも、


・・・



マイナスに考えてもあまりいいことはないです。


でも、
根拠なくできることを想像するのは難しいですよね。


だから、ちょっと厳しい考え方かもしれませんが、
まずは
「すべてが自分の実力」と受け止めることから始めましょう。


本番で力を出せないのも実力だし、
「できる」と思い込めないのも実力。


このように「実力がない」と受け止めることによって
実力をつける努力をすることができます。



特に、
「できるを積み重ねる」という頭の中で起こることを
いきなりコントロールするのは難しいです。


何事も努力が必要です。


こうやって地力を高め、
実力を上げることは何をするにしても大切ですね。


フィジカル(肉体)、テクニック(技術)、メンタル(精神)


すべて大事な要素ですが、
メンタル(精神)強化って何をすればいいのかが分かりにくいので、
ぜひ今回お伝えしたことを参考にしてくださいね^^

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。