緊張する中でも普段の自分に持っていく手段 | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


テニスに限らずスポーツ全般に言えることだと思いますが、
本当に足が動かないときはどうしようもなくなります。


要員は色々あるのですが、緊張する試合だったら
やはりメンタル面が一番大きいと感じています。



私の場合はうまくいっているときはそうでもないのですが、
悪い流れのときはビックリするくらい足が動きません。


だから、
とにかく意図的に足を動かして
足の動きで体を使っているイメージです。



そのためにはエースを取りに行くのではなく、
ゆっくりとしたボールでもいいから長いラリーを
増やすようにしています。



たくさんラリーをしていたら、
段々足が動くようになってくるからです。


でも、ゆっくりなボールを打っていたら
今度はラケットが振れなくなるという新しい問題が出てきます。


なので、ある程度足が動くようになったら
スイングスピードを高めることを心掛けます。



ただ、強打はミスにつながってしまうので、
長いラリーに持ち込めません。


ですから、
できるだけ回転量を増やしてスピン系ショットで
長いラリーを行います。



これらのことを意識することによって
足を動かすことと、ラケットを振ることが可能です。



しかし、
それは自分の中でウォーミングアップであって
自分のテニスではありません。


理想は最初の2,3ゲームまでに足が動き、
ラケットが振れる状態に持っていきたいです。



こんな感じで緊張する中でも普段の自分に
持っていくことを心掛けてくださいね^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス