普段とは違う環境でプレーするだけで・・ | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


大学時代にOBさんから言われたことがあったのですが、
それを実行せずに卒業したので、今でも頭に残っていることがあります。


それは、
「色んな大学の練習に参加させてもらえ」というメッセージです。


ちなみにそのOBさんは自分よりレベルの高い大学に
頭を下げて練習に参加させてもらっていたそうです。


直感的にそれをやったら上達できると感じましたが、
壁が高くで実行できませんでした。


でも、
その行動をしていたらもっと上達できていたと思います。


だからこそ環境の大切さをお伝えしていきたいので、
まずはこちらの質問をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): S
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 46~50歳
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■テニス歴は?(フリー08): 35


【Sさんのご連絡】


毎年、ハワイのパブリックコートでテニスを楽しんでいます。


言葉は通じなくても知らない人たちと
楽しくプレーができるのがテニスの良いところです。


もっと、日本人は知らない人たちとのプレーを
楽しめばいいのにと思うのは私だけでしょうか。


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


確かに同じ人と練習する傾向がありますよね。


私もどちらかと言えば
毎度のメンバーで練習することが多いです。


だから、
できるだけ色んなところで主催している
テニスのオフ会に参加するようにしていますよ。



テニスはネットを挟んでプレーするスポーツなので
そこまで交流がない人とでも練習できます。


そして休憩時に、
「普段どこでテニスをされているのですか?」
という会話で結構盛り上がるので、すぐ仲良くなれます。


しかも、人の数だけ色んなプレーがあるので
テニス談義もしやすいです。


そうなるとたくさんの考えに触れるだけでも楽しいですし、
実際に一緒にプレーすると、今までできなかった経験を
することもできます。



試合に出ている人でしたら、
まったく知らない人とプレーする回数を増やすことによって
緊張しにくくなったり、色んなボールに対応できるようになります。


なので、海外でテニスをするのは大変ですが、
普段とは違う環境でプレーするだけでも今までとは違った経験ができますよ。


私みたいにオフ会を利用してもいいですし、
誰かに誘われたらできるだけ受けるようにしてみてください。



テニスはボールを打つだけではなく、
色んな個性と出会えるスポーツなので
それにたくさん触れることも楽しみ方のひとつですよ^^

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス