次世代に必要なショットはバックハンドスライスです | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


そして両手バックハンドストロークと片手スライスの
打ち分けについての質問をうけました。


ちなみに、私は片手バックハンドストロークなので、
片手スライスは自然な流れで打つことができます。


でも、
両手バックから片手スライスは、
若干体の使い方が変わるので難しい技術です。



ただ、プロの試合を見ていても、
両手バックと片手スライスをうまく織り交ぜて
プレーしている選手が多いので、トライすることは
間違っていないと思います。



ナダル選手は両手バックをベースにしていますが、
片手スライスを多用しています。


あの片手スライスがあるから、
単調にならないプレーができるのだと感じます。


懸念される部分としては、
両手バックより片手スライスの方がリーチが生まれる分、
フットワークがサボりがちになるところです。



なので、
私が高校生だった頃に近くにあったある強豪私立校は
全員バックハンドは両手のみという方針と取っていましたよ。


しかし、時代は変わっていますので、
現代テニスにおいては、スライスは必要なショットという
位置づけになっています。



ラケットや技術の進化と共にこれだけスピード化した
現代テニスにおいて、チェンジオブペースにも使えるスライスは
必要不可欠なショットになっています。


だから、フットワークを疎かにしないことと、
何のためにスライスを打つのかという目的をハッキリさせた上で
練習することが大事なのです。



正直、ダブルスをする際も、
足元に落としたり、スライスロブで前衛を抜いたり、
速いサーブを返したり、平行陣になるためのアプローチショットとして
スライスを掛けてネットに詰めたり・・・



もはやダブルスはスライスなしではプレーできないほどです。


以前、小学校時代に錦織圭選手を指導していたコーチの
お話を聞く機会があったのですが、「次はスライスの時代が来ます」
と言っていました。


私もスライスのレッスン動画を作成するくらい
スライスを多用していますよ。


【バックハンドスライス動画の詳細】


レッスン動画の詳細にもスライスの必要性について書いていますが、
それだけ魅力的なショットです。


しかし、詳細で書いていることが理由で
あまり教えてくれる人がいないのが現状ですね。



それでも習得する価値があるこれからのショットなので、
ぜひトライしてもえればと思います^^

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス