技術を使いこなせる精神が必要 | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


何をするにしても、いきなり結果を求めてしまうと、
自分を追い込むことになるので辛くなってしまいます。


なので、
「結果よりまずは自分が持っているものを表現する」
という目標を自分自身に掲げるようにしています。


それはテニスコーチとしても同じで、
試合に出場する大人の生徒さんやジュニアの子たちにも
結果より自分の力が出せることを意識したレッスンを行っています。


ただ、
普段の練習だけではなく、考え方も重要なので、
メンタルについてもレッスンでお話することがあります。


今回はその内容を目玉特典にした
『試合で自分の力が出せるようになる3つのメンタル強化法』
手にされた方から感想をいただいているのでご覧ください。


--------------ここから---------------

■名前: I
■特典の名前(フリー01):  『試合で自分の力が出せるようになる3つのメンタル強化法』
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法 (フリー02): イニシャル
■特典の感想(フリー03): 


【Iさんのご感想】


スリーコーチ。
返信およびに音声を送っていただいてありがとうございます。


音声は会社帰りに早速スマホで聞きました。


やはり準備ですね。


最近むしろサーブの調子は良かったので、
練習も攻撃的なサーブの練習ばかりやっていて
確実に入れるサーブの練習をしていませんでした。


だからサーブが入らなくなったとき、
内心ショックが大きかったのかもしれません。


私は先のメールに書いた通り、
決勝への進出は何度もあるのですが、
実はまだ1度も優勝したことがありません。


もちろん毎回今回みたいに思ったように打てないわけではなく
調子がいいときもあったのですが、やはり相手が強かったり
体力的に苦しかったりしてなかなか勝てません。


今回は体力に余裕がありテニスの実力的にも
勝てる可能性は十分あったと思うので余計にくやしいです。


一度勝てれば自分の殻を破れるといいますか自信になると思うのですが…。


とはいえ時間がたって幾分落ち着いてきました。


調子がいいときもあるしまだまだ成長できるのだと
信じて前向きにやっていきたいと思います。


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


テニスに限らず、色んなことに取り組んでいたら、
「本番」という目標が生まれてくるものです。


例えば、
多数の前で何かを発表することになったとしたら、
それまでに「練習」しますよね。


ただ、
どれだけ練習しても、いざたくさんの人の前に立ったときに
緊張して頭が真っ白になったらうまく発表することができなくなります。


そうなると、話すことを丸暗記したとしても、
頭が真っ白になって話せる心理状態でなければ
何も発せなくなります。


だから本当は、話したいことを丸暗記する以外に、
「多数の前に立ったとしても頭が真っ白にならない練習」
する必要があるのです。


それはテニスも同じで、
どれだけサービスやストロークの練習をしたとしても、
試合の緊張感に押しつぶされて、今までやってきたことが
発揮できないと、これまでの努力が報われません。


そこで今回の目玉特典では、
そのような場面でも自分の力を出せるようになるための
「3つのメンタル強化法」をお伝えしています。


ここでお話していることは、
例に出した多数の前で何かを発表するという
本番にも役立つ内容です。



当然、自分の力を出せたからといって、
必ずよい結果がついてくる訳ではありませんが、
自分自身に納得がいきます。


そして、
自分の力が出せたことによって新たな目標が生まれるので、
そこに取り組めばレベルアップが図れるのです。


この繰り返しが自分を高めてくれるメカニズムなので、
いきなり結果を求めるのではなく、まずは試合などの大事な場面で
自分の力を出せることを目標にしてくださいね^^


 

では!

 

 

スリー

 

スリー@プロテニスコーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス