どのようなものが実戦的なのか | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


私は高校生になってからテニスを始めたので、
もっと小さい頃からプレーしている経験者に勝つためには
考えて練習するしかありませんでした。


でも、その境遇のお陰で
そこまで技術がなくても戦い方や考え方で
勝てることに気付けたのは大きかったです。


それがテニスコーチとなった今、
色んな場面で役立っていると感じています。


今回はそんな実戦についての考え方を目玉特典にした
『女ダブの試合で勝てるようになる実戦向け音声セミナー』 
の感想をご紹介します。


タイトルに「女ダブ」と入れていますが、
それはショットの威力でポイントが取れる
「男ダブ」の要素ではないことを伝えたくて付けただけです。


実際に私は男ダブに出場していますが、
威力より戦い方や考え方でポイントを取っています。


なので、このような戦い方は女ダブに向いているので、
今回音声にまとめてみましたよ。


では早速いただいた感想をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): k
■性別(フリー02): 女性
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■お問い合せ内容(フリー08): 感想
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Kさんのご感想】


スリーコーチ、いつもありがとうございます。


目玉特典「女ダブの試合で勝てるようになる実戦向け音声セミナー」
の音声を送ってくださりありがとうございます!


テーマを見た時点で、講義をお聞きするのがすごく楽しみでした。


内容は、全てに本当に説得力がありました。


最終的には「練習の質」に答えがあると思います。


サービスキープについて意識を高めることがいかに
大切なのかが改めて理解できました。


入れるだけのサーブから卒業したいですし、
セカンドサーブもせめてコースの打ち分けができるようになりたいです。


サービスもストロークもボレーもプレイスメントの精度を
常に意識して練習していくことが上達につながると思います。


ダブルスでは前衛が鍵を握っていると思います。


もちろん、
後衛が作って前衛が決める、というのが理想です。


前衛の動きがはっきりしていると後衛も動きやすいです。
平行陣でも雁行陣でもです。


私はまだ前衛のポジショニングがはっきりしていないので、
それを習得していきたいです。


後衛は配球が全てだと思います。


後衛の打ったボールで前衛が動いて
ポイントに結びつけるのが理想だと思います。


後衛の時はクロスなのか、ストレートなのか、
ロブなのか、配球を間違えない様に気をつけています。


今は後衛の時も、ストロークで押し込んで少しずつ前に出て、
相手を追い込んでボレーや浮いたボールをスマッシュで決める、
という練習をしています。


意味もなくやたら前に詰めて平行陣になる
プレースタイルは私は好きではありません。


でもダブルスの鍵は前衛が握っていると思います。


今回の音声でスリーコーチのお考えをお聞きできてよかったです。


進むべき道が見えて、考えが間違っていなかったと
実感できたことが何よりよかったです。


特に仲間だけで練習する時にどんな練習をしたらいいのか、
ということが見えたからです。


また、
やはりやるべきことは実はシンプルで、
それをとことん突き詰めていくことが
上達につながっていくと実感できました。


とてもためになる音声をありがとうございました!!


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


こうやって実戦的なレッスンや音声を作ってますが、
やはり一番大切なことは「勝ちたい」という気持ちです。


実戦的な内容ほど面倒だったり難しい部分があるのですが、
「本当に勝ちたい」という気持ちがあれば取り組めます。


反対に、
そこまで勝ちたいという気持ちがないのなら、
実戦的な内容ほど自分の中に入ってきません。


ただ、「どのようなものが実戦的なのか」を知ることは大切で、
そこから逆算してテニスを考えるきっかけにつながります。


実戦では緊張するし、相手も強そうに見えて、
なかなか自分の力を出すのが難しいです。


だからこそ、
どのような考え方を持って、どのような練習をすれば
実戦でも自分の力を出すことができるのかを感じることができるので、
今まで分からなかった競技としてのテニスの新たな魅力が見えてきます。


これは言い換えれば、
「相手と競うこと」にフォーカスすることです。


スポーツってどちらかといえば、
自分を磨くことに着目されがちですが、
実戦はそこから相手をターゲットに変えていきます。


「相手からどうすればポイントが取れるのか?」

「相手が打ってくるボールの軌道はどのようなものなのか?」

「相手の弱点はどこなのか?」

「最終的にどうすれば相手から勝利できるのか?」


・・・


このような考え方が「相手と競うこと」の根本です。


そのために今自分ができることを追及していくので、
視野を広くしてプレーする必要が出てきます。


そういう意味では取り組むことや考えることが多くなるので、
大変かもしれませんが、それだけテニスは奥深いスポーツです。


なので、
仮にあなたが試合に出ていなくても、
違うテニスの魅力に触れることができるので、
興味があれば目玉特典を聞いてくださいね^^


  ↓ ↓ ↓
 

『女ダブの試合で勝てるようになる実戦向け音声セミナー』 

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス