ストロークは飛んで来るボールに対する理解を深めよう | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


私のレッスンはストロークよりボレーから
色んなショットの感覚をつかんでもらうように進めています。


なぜならボレーはノーバウンドで打つショットなので、
バウンドしたボールを打つストロークより簡単だからです。


今回はそのような視点でストロークについてお話しています。


まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): k
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 8年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): まぐまぐメルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Kさんのご質問】


スリーさん、お久しぶりです。
また、シーズンが始まろうとしています。


そこで、質問なのですが
最近、たくさんの人にストロークのミスが早いと言われます。


とくにアウトが多い気が自分でもします。


安定したフラットドライブは、
どのように打てばいいのですか?(グリップはウエスタンです)


また、
フラットドライブは攻めるためのショットなのですか?


長々とすいません。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Kさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


安定したフラットドライブについてですね。


基本的にはどのショットにも言えることですが、
インパクト時のラケット面が地面に対して
垂直であることが大切です。


面が上を向いていたらアウトしますし、
面が下を向いていたらネットします。


また、
フラットドライブは縦回転によって
コートに収めることができるので、
前打点で捕えることが大切です。


前打点でヒットしたら、
ボールの上をラケットが通過するので
自然に縦回転を掛けることができます。


特にウエスタングリップのような厚い握りは
他のグリップより回転が掛けやすいので
「面の向き」「前打点」を心掛けてください。


ちなみに
フラットドライブはトップスピンショットより
回転量が少ない分、スピードが出るので
攻めショットとしては最適ですよ^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


ストロークにおけるミスの多くは打ち方ではなく、
「飛んで来るボールに対する理解」だと私は考えております。


ストロークはボールがバウンドしたあとに跳ね上がってくるので、
どうしても普段打っている理想のショットとはかけ離れてしまう
ことがあります。


やはり、
バウンドしたボールがどこに飛んで来るのかが難しいのです。


なので、ある程度自分の打ち方が確立しているのなら、
飛んで来るボールがどのようにバウンドして、どの辺まで
跳ね上がるのかを予測する力を高めていきましょう。


それが出来るようになれば、
あとは自分が打ちやすい場所に移動するフットワークの
精度を高めるだけなので、段々上達が実感できます。


私が見ている限りだと、
多くの方はバウンドしたボールが体の近くまで跳ね上がり、
結果的に打点が近くなって面が上を向いてアウトしています。


そう考えると、
まずは飛んで来たボールの後ろに早く移動して、
「待つ」という感覚をつかむことから始めることが
ストローク上達の近道だと感じています。


だから、
私はレッスンでストロークのデモンストレーションを行うときに、
打ち方を見てもらうときと、ボールの軌道を見てもらうときに分けています。


なかなかボールだけに集中してストロークを見る時間がないと思いますので、
あなたもあえてボールの軌道だけを見る時間を作ってみてください。


ボールってバウンドしたら結構跳ね上がっていることに気付きますよ^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス