ショットの打ち分けは「回転運動」と「直線運動」を自覚すること | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


体の使い方についてたくさんご質問を受けていますが、
どんなショットも運動連鎖の順番は同じです。


「足首 ⇒ 膝 ⇒ 股関節 ⇒ 肩甲骨 ⇒ 肘 ⇒ 手首」


この連動を意識して練習すれば、
どんなショットでも効率的な体の使い方ができます。


ただ、
運動連鎖によって生まれたエネルギーを
どのような形で放つのかはショットによって変わってきます。


例えばストロークなら体の捻り戻しによって
ラケットを振るので、「回転運動」が主要なエネルギーとなります。


でも
ボレーみたいに体の捻り戻しを行っている時間がないショットは
「直線運動」が主要エネルギーとなります。


この回転運動と直線運動を自覚することが
テニス上達にはとても大切なのです。


分かりやすい例えだと、
陸上競技のハンマー投げは体をくるくる回して
ハンマーを遠くに投げますよね。


その際に回転運動を使っています。


なかなかハンマー投げをする機会がないかもしれませんが、
体をくるくる回すイメージをストロークに取り入れてください。


反対に直線運動は
ボウリングが分かりやすいのではないでしょうか。


後ろから前に移動して
レーンにボールを転がすのがボウリングです。


コツはボールを投げるときの足の使い方で
ボレーの素振りをしてみましょう。


前に押し出すような感覚がつかめますよ!


こうやって2つのショットを並べてみると、
根本的な運動原理が違うことが見えてきますよね。


そして理想は、
回転運動と直線運動の比率を調整することです。


ストロークは「回転運動7:直線運動3」、
ボレーは「回転運動1:直線運動9」、
サービスは「回転運動8:直線運動2」。


こんな感じでまずはショット別で運動の比率を
イメージすることから始めてください。


運動連鎖によって生まれたエネルギーを
どのように使うかでショットの打ち分けにつながりますから^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス