テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


あなたはフットワークに対して、
「速く走る」「遠いボールを追いかける」
というイメージを持っていませんか?


当然、それらを行うこともフットワークですが、
それ以外にも色んな要素を兼ね備えています。


ちなみに、
私は「フットワークがすべて」という考えです。


今回はそんなフットワークについて
質問をいただいているので、
まずはこちらをご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): たぬやまたぬ
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 26~30歳
■テニス歴(フリー04): 5年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): まぐまぐメルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【たぬやまたぬさんのご質問】


スリーコーチ、こんにちは。
いつもメールみて勉強させて頂いてます。


今日は両手バックハンドのステップについて二つ教えて下さい。


1)よく軸足をボールの後ろにセットといいますが、
これはどのタイミングの時点での話ですか?


また飛んでくるボールの延長線上に軸足の内側を
セットしたら明らかにラケットが窮屈でふれないかと思います。


ボールの後ろの定義を教えてください。



2)軸足セット前にはよくいい打点に入れるように
細かいステップを踏むように言われますが、意味がよく分かりません。


あまりステップばかり踏んでいるとテイクバックも落ち着かないですし、
肝心なインパクトのタイミングも分かりません。


そのステップはどういうステップでかつ、
どのタイミングまでにする動作でしょうか。


教えてください。


--------------ここから---------------

【スリーの回答】

--------------ここまで---------------


たぬやまたぬさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


確かに言葉をそのまま取ると、
飛んでくるボールの後ろに軸足を持ってくると
窮屈感があるかもしれませんね。



なので、
具体的に軸足の位置をお話すると、
右利きのバックハンドストロークの場合、
飛んでくるボールより少し右側に軸足をセットしてください。



飛んでくるボールの真後ろに軸足を持ってくると、
ラケットで打つ分、ボールが体に近くなってしまうからです。


それより大事にしてもらいたいのは、
「ボールの後ろ」というのは、「ボールの後ろから入る」
という意味で捉えてください。


その気になれば、飛んでくるボールの軌道に対して、
横から軸足を入れることもできます。


ただ、それだと体重を前に移せないので、
飛んでくるボールの後ろから軸足を入れることが大事なのです。


なので、
2つ目の質問である「いい打点に入る」というのも、
「ボールの後ろから入る」を目標にしてください。


フットワークは飛んでくるボールの後ろに入るために
足を使うことであり、その際にボールを打ちやすいところに
軸足を作る際にステップを使います。


ステップは歩数やタイミング、リズムなどが必要ですが、
なかなか文章では伝えにくいので、『ステップ動画』という
レッスン動画を作成しました。


詳細ページにもステップの定義をお話していますので、
もしよかったら参考にしてくださいね^^

 ↓ ↓ ↓


【「ステップ動画」の詳細ページ】


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私もこれまで長年レッスンをしてきましたが、
フットワークを人に教えることほど難しいものは
ないと感じています。


フットワークはハッキリ言って、
歩いたり走ったりすることも含まれています。


でも、この当たり前に行っている日常動作を
教えるのって難しいですよね。


だけど、
飛んでくるボールに対して打ちやすいところに足を運ぶ
テニスにはフットワークが必要なのです。



しかも、
正確にボールの後ろに入る際に使う「ステップ」
リズムやタイミングを要するので、文章で説明するのは
不可能です。


ちなみに、
私は高校時代に初心者としてテニス部に入ったのですが、
中学からの経験者のステップを見てフットワークを学びました。


彼は軽やかなダンスを踊っているようなステップだったので、
真似をしたいと思いましたし、今でも鮮明に覚えています。



そして、
今はフットワークがひとつの武器として、
私のテニスを支えてくれているので、
ステップに対してもこだわりを持っています。


きっと、最初に見た友人のステップがすごく質の高いものだったから、
「フットワークは素晴らしいもの」という印象が根付いているのだと思います。


私がここでお伝えできることは、
フットワークはしんどいものでも苦しいものでもありません。


「軽やかに踊るようなステップ」


これが私の中でのフットワークです。


だから、
ただ足を動かすのではなく、飛んでくるボールの後ろに入るように
ステップを踏んで、リズムよくボールを迎え入れてくださいね^^

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


私はテニスを行う際に
「軸足」を何よりも大切にしています。


軸足と言うだけあって、
軸となる足はかなり重要です。


ちなみに、
右利きの軸足は右足で、左利きの軸足は左足です。


この軸足を意識して練習をすると、
上手に体を使うことができますので、
今回の記事やいただいた質問を参考にして
普段からプレーしてください。



--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): K
■性別(フリー02): 男性
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Kさんのご質問】


スリーコーチ へ

お世話様になっております。


ストローク&ボレーの際の軸足、
足の向きについてご教示をお願い致します。


ストロークとボレーの際の軸足の向きは、
ボールに対して足の内側のラインが直角に
向く形が正しいのでしょうか?


練習をしていた時にふと疑問に感じましたので
教えて頂けましたら助かります。


お忙しいところお手数をおかけ致しますが
よろしくお願い致します。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Kさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


飛んでくるボールに対する軸足の迎え方についてですね。


基本的には軸足の内側が飛んでくるボールにセットした方が
体の回転を使えます。



ただ、つま先を横に向けすぎると
開いた体を閉じる前にインパクトすることとなり、
振り遅れが生じます。


なので、
ストロークは順クロスに打ちたいとき、
ボレーは速いボールに対応するときは
あまり軸足のつま先が横に向けすぎないようにしてくださいね^^




では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


普段から体の捻り戻しで
ラケットを振りましょうと言ってきましたが、
体を捻るのは軸足を横に向けるのが一番簡単です。


右利きなら右のつま先を右に向けてください。

左利きなら左のつま先を左に向けてください。



これだけで体を捻ることができます。


あとはその軸足で地面を踏んだあとに蹴り上げたら、
捻った体は戻るので、結果的体の捻り戻しを使うことができます。



ただ、つま先を横に向けるほど
戻すのに筋力が必要となります。


また、捻りの度合いが大きいほど
戻すのに時間が掛かります。


なので、
捻りが大きいことが必ずしも大切ではありません。


テニスは飛んでくるボールか不規則なので、
そのときの状況によって捻りの大きさを
調整する必要があります。



ちなみに
捻りの調整は軸足のつま先を変えることで調整できます。


でも、速いボールに対して軸足のつま先を横に向けると、
大きく体を捻ることができますが、戻す時間がないと
振り遅れの原因になります。


だからといって、
飛んでくるボールに軸足のつま先を向けると
捻りが生まれませんので、体の捻り戻しは使えません。


そういうときは飛んでくるボールに対して
軸足のつま先を斜め45度くらいにセットすると、
程よい捻りが生まれるので、振り遅れずに
スイングすることができます。



そういう意味では、
ボレーのような時間に余裕のないショットは
比較的軸足のつま先は正面側に向けることが多いです。



少しでも軸足を開くだけでも
ボレーに捻り戻しを利用することができますので、
ケースバイケースで軸足のつま先の向きを調整してくださいね^^

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


あなたはバックハンドストロークを打つ際に、
「スライス」を使っていますか?


私はスライスを織り交ぜたバックハンドストロークで
プレーしているのですが、スライスがなければ
自分のテニスができないと言い切れます。


なぜなら、
「スライスは自由度を高めてくれる」からです。


今回はそんなスライスショットの自由度について
お話していますので、まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): T
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 3年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Tさんのご質問】


スライスについて質問です。


守るスライスは打てるんですけど、
攻めるスライスが打てません。


どうしても浮いてしまいます。


スライスの面をちゃんと当てる感覚をつかむ練習や、
方法などを教えてほしいです。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Tさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


スライスはフォロースルーが長いボレーです。


なので、ボレーで厚くインパクトすることができなかったら、
スライスも厚くインパクトすることができません。


だから、
まずはボレーで厚く当てる練習から始めてください。



それができるようなったら
今度はワンバウンドのボールを同じように
厚くボレーするように打つのです。


コツとしては、
インパクト時にラケットをほぼ地面に対して垂直にセットして、
ボールを打つと厚い当たりで打てますよ。



「スライスは回転を掛けないいけない」というイメージが先行して、
ついインパクト時にラケット面が上を向く傾向があるので、
面向きを意識してくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


バックハンドストロークはフォアハンドストロークより
自由度が低いショットと言われています。


なので、
高い打点や低い打点、回転の掛かったショットなどを
返球する際に、ひとつの打ち方だけでは結構厳しいです。



そこで非常に役立つのが
「バックハンドのスライス」です。


後ろ回転を掛けるスライスショットは
本当に色んな場面で使えます。


・相手のスライスショットに対応しやすい

・速いボールをブロックして返球しやすい

・回転を掛けたコントロールショットが打ちやすい

・低い弾道のショットが打ちやすい

・高い打点のボールに対応しやすい

・アプローチショットに取り入れやすい

・ドロップショットやロビングに使いやすい


・・・



他にもスライスショットは色んな可能性を持っています。


そんなユーティリティーショットを
自由度の低いバックハンドストロークに取り入れることができれば、
確実にあなたのテニスの幅が広がりますよ。



だからもし、
もっとバックハンドスライスを打つ方法を知りたいのなら、
こちらの記事をご覧ください。

    ↓ ↓ ↓

 【バックハンドスライスにはかなりのこだわりがあります】



かなり詳しくバックハンドスライスについて
お伝えしていますので、参考になりますよ^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


私はバックハンドストロークもバックハンドボレーも
シングルハンドで打っています。


なので、
高い打点を両手で打っている人を見ると、
ちょっとうらやましくなります。



片手ハンドは高い打点だと力が入りにくいからです。


でも、片手ハンドだからこそ
両手ハンドより表現しやすい特徴があります。



今回はそんなシングルハンドショットについて
お話していますので、まずはこちらの質問から
ご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): つむぴー
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 3年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【つむぴーさんのご質問】


お久しぶりです。
こんにちは、スリーコーチ!
怪我から復帰して、県のダブルスベスト8など、
まだまだですが結構成長した気がします!


トレーニングもウエイトトレーニングや、
ジャンプトレーニングなども取り入れ、
きついけど充実しています!


まだまだ満足してませんが笑


ここから本題です。
最近、僕はボレーに魅力を感じてます。


また両手バックに限界を感じて思い切って
4日前くらいに片手バックに変えました!


そこで何度も悩んでるのですが、
どうしてもスイングスピードが出ません。


強いボールがくるとすぐ弾かれます。
ボールに対して面を作って当てるぐらいしかできません。


どのようにしたらスイングスピードがあがりますか?


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


つむぴーさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


怪我を克服して、
結果を出すまでに回復できてよかったですね!


トレーニングなども充実されているようなので、
これからも怪我をしない程度に頑張ってください^^


そして質問は片手バックボレーのスイングスピードを
高める方法についてですね。


まず、元々両手バックボレーを打っていたら、
どうしても手の力でスイングしてしまいます。


基本的にボレーは体重移動でスイングスピードを
高める必要があります。



なので、
まずは(右利きの場合)左足から右足に
体重を移動する練習から行ってください。



ポイントとしては、
右足に体重を移動させたとほぼ同時にインパクトするのですが、
そのときに「バン!」と大きな音を出して地面を埋めるかどうかです。


まずは素振りでいいので右足を踏み込んだ際に
大きな音をまずは出せるように練習してください。



意外に難しので、いかに左足から右足に
体重移動ができるかがどうかがスイング速度を高める方法ですよ。


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


片手バックハンドストロークや片手バックハンドボレーなどの
シングルハンドショットは、両手に比べてパワーが出しにくいという
デメリットがあると言われています。


でも、
片手でスイングする分、スイングスピードが速くなるという
メリットがあるので、シングルハンドショットを打つときは、
この部分の特徴を活かしていただけたらと思います。



やはり、スイングスピードが速いと、
放たれるボールのスピードも速くなります。


なので、片手でラケットをどうやって速く動かすかを
意識してシングルハンドショットを打ってくださいね。



コツとしては、ラケットの重さを感じながら
体をターンさせることと、体重移動を使うことです。


ちなみに、
片手バックストロークと片手バックボレーは
この比率が変わってきます。


片手バックストロークの方が体のターンを
大きく使います。



体重移動は体のターンを速くする際に使うイメージです。


また、片手バックボレーは体重移動で
ラケットをスイングするのがベースになるのですが、
その際に必要な分だけ体をターンさせることが
スイングスピードを速くするコツです。



こんな感じで体のターンと体重移動を使って
スイングスピードを速くすることを心掛けていただければ、
シングルハンドショットの特徴を活かせます。


ポイントは、

「どれだけ体のターンを使えるのか」

「どれだけ体重移動を使えるのか」



この2つをうまく取り入れて、
スイングスピードを速くしてくださいね^^

 

では!

 

 

スリー

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
はじめて24時間テレビの募金会場に行ってきました。
 
友人と一緒に行って来たのですが、夜でも結構人がいましたよ。

募金をするとうちわと募金ケース、
そして自分が今告白したいことを書くシートをもらったので、
そのシートに告白したいことを書いて、ブースに貼ってきました。
 
こういうのってちょっとドキドキしますね^^;
 

 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。