テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


テニスをしていたら自分が思っているような
プレーができなかったり、怪我でコートにさえ
立てないこともあります。


また、目標にしていた試合で負けてしまったり、
テニス以外でも辛いことが襲ってきたりします。


でも、
そういう色んな経験が自分を高めてくれますし、
何となくテニスと人生は似ていると思いませんか?


今回はそんな辛いことがあったときの
受け止め方についてです。


まずはこちらをご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): R
■性別(フリー02): 女性
■年代(フリー03): 46~50歳 
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): まぐまぐメルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): その他
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Rさんのご連絡】


こんにちは。


現在、踵骨下の腱を痛め、
秋の試合は棄権し、自宅静養中。


また遅れを取ると意気消沈でした。


でも、
またスリーさんに希望の種をもらいましたよ。


私のゴールはまた更新。


「ビューテイフルテニス」を目指すことにしました。


今まで勝つことばかりに囚われ、
下手なテニス仲間にイラつき、自分が負ければ物凄く悔しく、
練習に励みすぎ、挙句は怪我。全然、美しくないです。


でもスリーさんの
「今以上にラケットでボールを自由に操る体の使い方ができる」は
「相手が嫌がる所に自由自在に打てる、美しいフォームは上手く体が使えた結果」


それは「上手い+強い」
という考えに忠実になりたいと思いました。


日本で習ったコーチ、海外で初めて習ったコーチ、
二人とも同じことを言ったのです。


「あなたは、ビューテイフルテニスを目指せ」って。


当時、何のこっちゃ?と、思っていましたが、
今頃になってわかりました。


彼らは私に期待してくれていたんだなーと。


何をかってそれは、
スリーさんが仰っている事と同じなんです。


いろいろな素人ブログで、
上手い人が強いとは限らないとか言っていますがそれは違う。


単に上手く見えているだけだから強くなれない。


手打ちでも強いようだが其の先はない。


やっぱり正しい体の使い方をすれば綺麗なフォームに自然となり、
それが相手を翻弄させるショット、配球を生み勝利へ導く。


そこから自信、心の余裕も生まれ、下手な人を蔑むことなく、
格上の人を恐れることもなく、自分らしいテニスが出来る。


これこそビューテイフルテニス。


こういうのをゴールにします。
良いことに気がつかせてくれて、
ありがとうございました。


--------------ここから---------------

【スリーの回答】

--------------ここまで---------------


Rさん

メールありがとうございます!
スリーです^^


大きな気付きを得られたようですね。


仰っしゃる通りで上手なのが強いとは限りません。


でもその道のりは決して簡単ではなく、
色んな経験があって初めて気付けることです。


Rさんは今回の怪我を経験することによって
キャンセルしなければならないことも増えたと思いますが、
その分今まで気付けなかったことが見えてきたりもします。


不思議なもので自分の状況によって
今まで見ていた景色が違うように見えたりします。


「ビューティフルテニス」という考え方も
今だからこそ見えているのではないでしょうか。


私もコーチなのでお伝えしたけどそのときは通じず、
数年経ってから「言ってた意味が分かりました」
報告してもらうことが多いですよ!


なので、
今歩まれている道を大切にしてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


10人の方が同じ景色を見たとしても、
それまでの経験によって10人それぞれが
違う景色に見えることもあります。


例えば
とある高校のテニスコートを見たときに、


「高校のテニスコートは1面だけなんだ」

「立派なテニスコートで練習させてもらっているんだ」

「自分も高校のときにテニス部に入りたかった」


・・・


このような感想を持つ方がいると思います。


でも、
高校時代にテニス部で頑張っていた人は、
昔を思い出しているかもしれません。


ものすごい厳し部活だった人は思い出したくない
過去が蘇っている可能性もあります。


結局何が言いたいのかといえば、
「これまでの経験によって見える景色が変わる」
ということです。


自分と他の人は当然同じ経験をしてきた訳ではありません。


だから、
人によって受け止め方はそれぞれです。


なので、
怪我や辛い経験をあなたが仮にしたとしても、
それは他の人が見ることができない景色を見る
チャンスでもあるのです。


大事なのは過去の経験を踏まえて、
未来をもっと素晴らしいものにするため
今できることにベストを尽くすことです。


辛い経験で、誰も見たことがないような景色が
目の前に映るのなら、そんな経験を踏まえた上での努力は
必ずあなたに誰も経験できないような未来を導いてくれます。


「どうして自分だけが・・」


私もこういう絶望するような気持ちになるときがありますが、
それを乗り越えた先には「自分だけが得られる何か」を手にする
ことができます。


高い壁の方が登ったときに広がる景色は壮大で
誰もが見られる訳ではないので、辛いときこそ
「選ばれた」と受け止めましょう!


それに、こうやって色んなことを
プラスに変換することもテニスには必要ですよ^^

 

では!

 

スリー

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


普段からテニスというスポーツは
「ナイスショット」を打つことが目的ではなく、
「相手からポイントを奪う競技」だと言ってきました。


そのためには当然技術的な要素が必要なので、
日々練習されていると思います。


でも、相手からポイントを奪うためには、
「競技」という根本的な考え方を持っておかなければ
テニスが「ナイスショットお披露目会」になりかねません。


なので、
特に試合やゲームを楽しんでいる方には
「考えるテニス」を推奨しています。


だけど、この考え方はなかなか伝わらない部分でもあって、
どうしても「ナイスショットお披露目会」の比率が高くなってしまいます。


テニスは相手より多くポイントを奪うスポーツなので、
一回のスーパーショットではゲームも取れないですし、
当然試合に勝つこともできません。


そこで今回は
非常に興味深い動画をご紹介しようと思います。


私も実際にセミナーを受けたことがあるテニスコーチの指導法ですが、
「かなり斬新なアドバイスをしている」のが印象的です。


「ナイス●●!」


もしかしたらあまり受け入れられないかもしれませんが、
競技をする上では本質を突いていると思います。


そのコーチはあの世界的な選手を指導していたので、
説得力はあると思いますので、ぜひご覧ください!

 

   ↓ ↓ ↓

 

【相手からポイントを奪うための発想を養える動画】 

 

では!

 

スリー

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「手打ちで悩んでいる」という質問を受けます。


そういう悩みをあなたもお持ちなら、
今回お話している内容をじっくりご覧ください。


ちょっと視点を変えるだけで、
すべてが変わることもあります。


まずはこちらの質問をどうぞ!


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 41~45歳
■テニス歴(フリー04): 5年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


いつもありがとうございます。


ラケットですが、スリーさんの返答の(変えて上達する)という
言葉に感銘を受けて、今までと違うスペックのほうにしました。


インパクトの瞬間のホールド感が今まで使った事のある
ラケットでは感じた事のないほどしっかりしたものだった
というのも決め手のひとつでした。


ありがとうございました。


またもや質問なんですが、
『テニス進化論4.5』のラケットをしならせてのボレーで、
ずっと意識しながら打っていると、たまにですがいい感触で
打てる時もあるようになってきました。


ですがしならせて打とうとする分、
振り遅れてしまう事が多くなってしまいました。


球出し練習の時はまだいいのですが、
形式練習の時などは、つなぐために面を作って打つだけの時と
しならせてしっかり打つ時でタイミングがずれてしまいます。


こういうタイミングのとりかたなどは、
やっぱり回数をこなさないとどうにもならないんですかね?


いい方法、いい練習法、意識の持ち方で気を付けた方が
いい事などが有りましたら、よろしくお願いします。


--------------ここから---------------

【スリーの回答】

--------------ここまで---------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


迷われていたラケットですが、
決断されたのですね。


どうしても今までとは違うスペックのものを選ぶと、
最初は違和感が出てきます。


だけど、そのラケットに合わすことによって
今までとは違う自分に出会えたりしますので、
足りない技術を身に付けると思って使ってくださいね。


また、ラケットをしならせるボレーについてですが、
振り遅れるということは、引き過ぎが原因だと考えられます。


ボレーのポイントは飛んでくるボールに対して
どれだけ引くかです。


速いボールでしたら小さくラケットを引きますし、
遅いボールでしたら大きくラケットを引きます。


この判断がボレー上達のポイントです。


簡単な練習法としてはネット付近でのボレー対ボレーと、
サービスラインまで下がってのボレー対ボレーはお勧めです。


距離が変わるとラケットを引く大きさを変えなければ
狙っているところにボールをコントロールできませんので
ノーバウンドで練習してくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


まず私の考え方として、
「スイングは腕を振るのではなくラケットが動く」
という持論を持っています。


ちょっと分かりにくいニュアンスかもしれませんが、
「腕を振っている感覚」でボールを打っているときは、
あまりいいショットが打てません。


それより、
「結果的にラケットが動いている」という感覚で
ボールを打っている方がいいショットが打てます。


そのためには体全体を使った運動連鎖が必要で、
「バイオメカニクス」という力学を知っておかなければ
説明しようがありません。


もしテニスに必要な運動連鎖に興味をお持ちなら、
『バイメカ講座』という無料のメルマガ講座を用意していますんで
下のフォームからご覧ください。(ニックネーム可)

 

 ↓ ↓ ↓

 

【バイメカ講座 ~テニスに対する考えを変える8つの教え~】


運動連鎖を使って「結果的にラケットが動いている」
という感覚がつかめたら、ラケットの性能を感じることもできます。


「ボールを飛ばしてくれる」

「自分には少し硬いフレーム」

「振り抜き過ぎてしまう重さ」

「打ちたいところにコントロールできる」

「適度にスピンが掛かる」


・・・


なので、
私はラケットに対して人一倍こだわりが強いのですが、
ある程度自由自在の展開ができていると思います。


「テニスはラケットでボールを打つスポーツ」


やはりこの考え方が
自分の技術のすべてを形成しています。


だからボールを打つときは、
「ラケットを動かしてボールを打つ」という
気持ちを頭に入れてプレーしてくださいね^^

 

では!

 

スリー

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の地元箕面では「もみじの天ぷら」という珍しいお菓子があります。

それをいただいたので、久しぶりに食べました!本当にもみじを天ぷらにしているのですが、かなり美味しいです。

最近はテレビ番組でも紹介されたようなので、大阪の箕面にお越しの際は、箕面の滝道で売っている「もみじ天ぷら」を食べてくださいね^^






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


私は練習をするときにまずショートラリーを
行いますが、あまりウォーミングアップという
捉え方をしていません。


どちらかといえば面の向きや力加減、
それに当て方への意識を高めて練習しています。


結局テニスはラケットでボールを打つスポーツなので、
当たる瞬間である「インパクトの質」をどれだけ
向上することができるかが重要です。


今回はそんな「インパクトの質」についての
お話ですので、まずはこちらの質問をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): キティ
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 7年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): まぐまぐメルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【キティさんのご質問】


こんにちは。
キティです。


質問はサーブについてと
フラットドライブについてです。


まず、
サーブはスピンサーブを打ちたいのですが、
安定して何回も同じように打ちたいのですが、
なかなか打てません。


安定した力強いスピンサーブはどうやって打つのですか?


フラットドライブについては、
インパクト時までは本当にフラットで打つ感じでいいのかです。


長々とすみません。
コメント頂けると、幸いです。


--------------ここから---------------

【スリーの回答】

--------------ここまで---------------


キティさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


スピンサーブとストロークの
フラットドライブについてですね。


ご質問では分けて悩まれていますが、
原因は同じだと思います。


両方とも結局のところ、
振り切らないとコートにボールが収まってくれません。


振り切るから回転がかかり、
相手が脅威と感じるショットが打てます。


その際にどちらもインパクトが重要で、
ちゃんとボールをラケットの真ん中で
捕らえる必要があります。


これらのことが出来ている前提でお話すると、
スピンサーブはフラット4対スピン5くらいの
イメージでボールを打っています。


フラットドライブはフラット8対スピン2くらいで
インパクトしたあとに、フラット6対スピン4くらいで
スイングしています。


この感覚をしっかり振り抜いた中で体現できれば
理想のショットが打てますので、意識して練習してくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


これは毎回お伝えしていますが、
「当て方次第」で色んなショットが打てます。


サーブは上にトスしたボールをラケットで
打つだけです。


ストロークは相手が打ってきたボールを
ワンバウンドした後にラケットで打つだけです。


そのときに「どう当てるのか」が重要です。


真っ直ぐに当てるとフラット系の
スピードボールが打てます。


擦るように当てるとスピン回転のかかった
ショットが打てます。


これらをミックスさせて、
フラットで捕らえつつも擦るように振り抜くと、
回転の掛かった速いボールを打つことができます。


その比率をラケットでボールを捕らえたときに
調整できれば色んなショットが打てますよ!


この感覚を養うためには
ショートラリーをサーブから行うことをお勧めします。


相手コートのサービスボックスに
コントロールすることによって
当て方を調整できるようになりますよ。


強く打てばアウトしやすくなるので、
当て方を重視して練習してください。


ある程度この感覚が掴めてきたらロングラリーを行ってもらえれば
今までとは違った打ち合いができますので、そのときにフラットと回転の

比率を織り交ぜたサーブやストロークを実践してくださいね^^

 

では!

 

スリー

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。