テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

私は「憧れや理想」があった方が上達する速度は
早いと考えています。


だけど、「基本は大切だ」という言葉を
多くの人の憧れの的でもあるプロ選手が
口にしています。


そうなると、
上達の秘訣は「憧れや理想」「基本」のバランスが
大事なのではないでしょうか。


今回はそんな夢と現実のお話です^^


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): T
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 46~50歳
■テニス歴(フリー04): 10年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): まぐまぐメルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Tさんのご質問】


打点を見るように顔を残して打つと
良い球が行っているようですが、
どうしても打球を目で追ってしまいます。


打点に顔を残す癖をつけるための
良い方法はないでしょうか?


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Tさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


打ったあと、そのまま顔を残すという考え方ですが、
確かに打った時に顔が動くと軸がブレやすくなるので
あまり顔は動かない方がいいと思います。


ただ、
顔を残すことが大事という訳ではありません。


バランスを崩さないことが大事なのです。


プロはかなりのスイング速度でラケットを振るので、
顔を残しているように見えますが、あくまでもバランスを
取るための手段であって、私たちが顔を残し過ぎるのって
打ちにくくないですか?


ある程度打ったボールを見ることも必要ですし、
だからといって早く前を向くとバランスが崩れるので
その中間をイメージして顔を残してくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


最近、サービスのレッスンを
小学生ジュニアクラスで行ったのですが、
ノーアドバイスで打たせたら、みんな体全体を使って
ダイナミックにサービスを打っていました。


ただ、ボールは速いのですが
ほとんどフォルトです。


そのあと打点を確認させて、
最小限の体の使い方でコンパクトな
サービスを打つように1から指導しました。


その結果、多少スピードは落ちましたが
高い確率でみんなサービスが打てるようになりました。


この流れを行ったあとに
ジュニアたちに前半と後半のサービスだと
どちらの方が確率の高いか質問をしました。


すると、全員コンパクトに打った
後半の打ち方だと答えってきたので、
なぜ前半のようなダイナミックな打ち方を
するのか聞いてみました。


ちょっと意地悪な質問だったので
みんな答えられませんでした。


「何となく」という答えが一番多かったです。


ちなみに
私はゴルフをまたにするのですが、
打ち方はかなり「何となく」打っています。


ただ、頭の片隅には上手な人の打ち方があって、
それをイメージして打っているのは確かです。


「プロみたいな打ち方がしたい」


大きいくくりで言うと、
このような考え方を持っています。


だけど、ボールは狙っているところと
全然違う方向に飛んでいきます(笑)


この流れはダイナミックにサービスを打って
フォルトしている子供たちと同じです。


そう考えると、
私のゴルフも打点を確認してコンパクトなスイングを
した方が、飛距離が落ちてもスコアは良くなるはずです。


でも、思いっきり打ちたい。


スポーツはこの葛藤との戦いですよね^^


そこで出てくるのが「バランス」です。


結局のところ、
バランスさえ崩さなければダイナミックに打っても
ショットのコントロールはできます。


だからと言って、
まったくバランスを崩さないくらいコンパクトな打ち方は
思いっきり打てないので楽しく感じなかったりします。


なので、
ダイナミックだけどバランスを崩さない
ショットを目指すことが理想ではないでしょうか。


そのためには体を上手に使ったり、
顔がブレなかったりが必要です。


そういう目線でプロの真似をしてみると、
新たな発見があるかもしれませんよ^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
北海道物産展が夕食です!

たまにはこういうのもいいですね^^
スイーツも美味しかったです!








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「長所を伸ばす教育と、短所を補う教育」


両方とも大事だと思いますが、
私は断然「長所を伸ばす教育」が好きです。


これは自分の経験も関係していますが、
私自身、短所を補おうとして補えたことがないからです。


反対に、長所を伸ばすことに取り組んでいたら、
結果的に短所が補えていたという経験は何度もあります。


今回はそんな取り組み方について、
色んな角度からお話しています。


まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): Mさん
■性別(フリー02): 女性
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


いつもメルマガ配信ありがとうございます。


今日の質問は自分に向ってくる
ボールへの対応です。


向かってくるボールというのは
ボディアタックされたボールです。


ボレーや強打されたストロークでも、
自分に来るボールに対して目をつぶって
しまってる気がします。


とりあえずラケットだけでも出して
当てたいのですが怖いのです。


コーチにはビビったら負けと言われてるんですが、
何か気持ちの持ちようありますか?


普段男女一緒に練習しているので、
男性の球が意図してるわけじゃなくてもたまに
自分(ボディ)に飛んでくるときがあります。


あと、自分の近くに来 るスマッシュとか・・・


みんないつもバシっと打てるとも限らないので、
結構かすったりうまくあたらなくてゆるかったり
してよく見てれば取れるのに、最初から気持ちで
逃げてしまってそんなチョロイボールですら取れません。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ボディーに飛んでくる速いボールの
対処法についてですね。


確かに速いボールが自分に向かって
飛んでくるのは怖いと思いますよ。


ただ、これは個人差があるので、
怖いと感じる距離や速度の問題でもあります。


相手との距離があって、飛んでくるボールが遅かったら
時間に余裕が生まれるので、さほど怖くはないですよね。


だけど、相手との距離が近くてボールが速かったら
時間に余裕がないので怖さを感じます。


つまり、
距離と速度の計算によって出てくる時間が問題なのです。


きっと周りの方はその時間に慣れることを
推奨してくると思います。


それもひとつの方法ですが、
なかなか慣れないのでしたら
下がるなどして距離を作るのも有りですよ。


相手が打ち込んできそうなときに自分なりの
余裕が生まれるくらいの時間を作るために
下がって距離を取るのです。


そこで何となくボールを見る余裕ができたら、
徐々に距離を縮めていけばいいのです。


『時間=距離÷速度』という計算式がありますが、
相手が打つボールの速度はこちらで調整できないので、
距離に注目して余裕が有る時間を生み出してくださいね^^


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


少し話がそれますが、
今回お話したボールとの距離の話は、
人間関係にも同じことが言えると考えています。


たまに苦手な人っていませんか?


当然私にもいます。


だけど、
苦手だからと言って嫌いになったり
避けたりすることはありません。


ただ、自分がストレスにならない
程度の距離を取るだけです。


そうやって距離を取って行く中で、
急に何かのタイミングで仲良くなったという
経験は何度もあります。


なので、
今まで生きてきて、人間関係でもめたことが
ありませんし、仲の良い友人がたくさんいます。


きっと、
苦手と感じているのに無理に近づいたり、
合わない人を遮断するような考え方をしていたら
今のような人間関係を作ることはできなかったと思います。


これはテニスも同じで、苦手と感じたのなら、
苦手と感じない程度の距離を取ればいいのです。


例えば、
バックハンドが苦手なら、7,8割はフォアで回り込み、
どうしてもバックで打たなければならない2,3割のボールは
とりあえず返せばいいのです。


そういう考えでプレーをしていたら
そこまでバックハンドに対して苦手意識が生まれませんし、
何かのきっかけでバックハンドが得意になるかもしれません。


ボレーも同じで、速いボールが苦手なら、
速いと感じないくらい下がればいいのです。


そこから徐々に前に詰めて打てるようになれば
それでいいのです。


このような思考を持てば、
苦手意識を持ちながら難しいと感じることをやり続けたり、
完全にできないことを放棄するのはもったいないですよね。


だから、人は必ず変化するものなので、
その瞬間の距離を大切にしてください。


ちなみに私は
昔打てなかったバックハンドボレーが
今は得意ショットになっていますよ^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スペインのバルセロナで行われていた
マスターズ500の大会で錦織圭選手が
3連覇をかけて、ナダル選手と決勝戦を行いました。


もはやこのシチュエーションがすごいです^^


完全に錦織選手はトップ選手として
世界に認められていますね。


錦織選手の活躍を見ているといつも思うのですが、
一昔前は、日本人選手がナダル選手のようなトップ選手と
対戦するだけでニュースになっていました。


しかも、
クレーコートという体力が必要とされるサーフェスだと
今まで日本人選手はほとんど勝てていませんでした。


このような歴史が数年前まで続いていただけに、
今回のような決勝戦で躍動する日本人選手を見ると、
本当に夢を見ているような気分になります。


スペインの大会なので、
ナダル選手にとってはホームですし、
スタジアムは満員の観客で埋め尽くされています。


そんな完全アウェイの中、決勝という舞台で戦う
錦織選手に改めて経緯を表したいと思います。


結果は残念ながら4ー6、5-7で負けてしまいましたが、
すごい打ち合いもあり、非常にハイレベルな戦いでした。


これで通算成績はナダル選手に対して
1勝9敗と錦織選手が大きく負け越していますが、
実力の差は確実に縮まっています。


最初の頃は当たり前のように負けていましたが、
これまでの経験が彼を強くしているのでしょう。


きっと、これまでの悔しい敗北があったからこそ、
こうして世界のひのき舞台で活躍できる選手に
なれているのだと思います。


そう考えると、
10回戦って1回しか勝てない相手がいることは
幸せなことかもしれません。


この相手に勝ちたいという目標ができますし、
それを実現するための具体的な練習を組むことが
できるからです。


実は大きくレベルアップするコツは、
ひとりの強い相手に勝つための練習をすることです。


全然敵わない相手に勝つための練習を考えると、
自分に求められることが高くなります。


最初は大変かもしれませんが、
そこに取り組んでいくことによって
同じくらいの相手やそれよりもう少し強い相手を
知らない間に追い抜くという現象が起きたりするのです。


だから、なかなか勝つことができない相手と
対戦できることは貴重な経験なのです。


なのでもし、
なかなか勝てない相手があなたにいるのなら、
その人から勝利するためのメニューを組むなどして、
ターゲットを絞った練習を徹底してください。


それが結果的にあなたの自力を
飛躍的に高めてくれますよ^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたはストロークを打ったときに、
「もっと前に押し出すように」という
アドバイスを受けたことがありませんか?


ちなみに、
私はレッスンで生徒さんにこのアドバイスを
することがあります。


ただ、その真意が伝わっていないと
効果が発揮されないアドバイスでもあります。


今回はそんな「押し出すように打つストローク」
のお話なので、このようなアドバイスを受けたことが
あるのなら、じっくりご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): たかさん
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 46~50歳
■テニス歴(フリー04): 10年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): まぐまぐメルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【たかさんのご質問】


ストロークの時にボールを押すようにと習いましたが、
どういうイメージで打てば良いでしょうか?


腕全体を打ちたい方向に投げ出すような
イメージで良いのでしょうか?


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


たかさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ストロークでボールを押すようなイメージですね。


一番簡単にこの感覚をつかむには
大きく足を踏み込むことですね。


例えば、
右利きのフォアハンドストロークを打つのでしたら、
左足を大きく前に踏み込むのです。


そうすることによって
フォロースルーを長く取れるので
押し出す感覚がつかみやすいですよ!


小さい踏み込みと大きい踏み込みの両方を試して、
違いを感じてみてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


ラケットとボールの接触時間は
1000分の7秒前後と言われています。


つまり一瞬です。


どれだけ押し出すように打ったとしても
ラケットにボールがひっつくことはないので
「押す」という感覚はイメージでしかありません。


だけど、
打ちたい方向にラケットを振る軌道を
一定にすることはできますよね。


私もたまに「もっと前に押し出すように」という
アドバイスを生徒さんにすることがありますが、
それはスイング軌道がぶれている場合です。


ストロークだと基本的には正面に向かって
ボールを飛ばしたいですよね。


なのに、変にスピンをかけようとして、
スイング軌道がすぐ上を向いてしまう方が多いです。


これだと前にボールを飛ばす推進力が低下するので、
スピンがかかっていても、ボールにパワーが伝わりません。


そんなときに「もっと前に押し出すように」
アドバイスをするのです。


そのときに伝えたいのは、
スピンをかけるのが悪いということではありません。


ただ、
スピンをかけるタイミングが早いのです。


もう少しラケットでボールをしっかり捕らえ、
前にボールが飛んで行くときにスピン回転を
加えればいいのです。


そうすると、前への軌道を保ちつつ、
それでも十分スピンの効いたショットを
放つことは可能です。


ちなみに、
スピンをかけているわけでもないのに
「前に押し出すように」というアドバイスを受ける方は
もしかしたらフィニッシュを取ることの優先順位が高いのかもしれません。


「打ったらラケットを担ぐように耳の横まで持ってきましょう」
という打ち終わりのアドバイスが存在します。


これはこれで打ったあとのバランスを保つには
有効な矯正法ですが、優先順位は低くてもいいです。


ボールを打ったあとの動作はスイングの結果なので
フィニッシュの形にとらわれすぎると、最も優先順位が高い
「ボールを正確に打つ」という部分に影響が出ます。


なので、
テニスが前にボールを飛ばすスポーツである以上、
打ちたい方向に足を踏み込んで、ラケットを前に
振り抜きましょう^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。