テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:
ちょっと気分転換で地元の居酒屋に行ってきました!

こういうのもたまにはいいですね^^












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

テニスコーチをしていて最も嬉しくなる瞬間があります。


きっと、世の中のテニスに携わっている
すべての人が同じ気持ちではないでしょうか。


それは、
「テニスが楽しい」と感じてもらえることです。


これはレッスンで生徒さんの表情を見て
一番感じることです。


これまでできなかったことができるようになったときの
生徒さんの嬉しそうな顔を見ると、本当に幸せな気分になれます。


きっと、
その笑顔が見たいからこの仕事を続けることができています。


そして、
もっとテニスの楽しさをたくさんの方に知ってもらいたくて、
毎日記事を書いたり、レッスン動画を作成しています。


ただ、
テニススクールで月謝を払って自分のレッスンを
受講してもらっているので、記事は無料ですが、
レッスン動画は有料にしています。


それでもほとんどの方はリピートで
レッスン動画を購入してもらっているので、
「テニスの楽しさ」をお伝えできているのだと
捉えています。


ひとつ問題があるとしたら、
これまで作成してきたレッスン動画の数が
かなり多いことです。


なので、何を見たらいいのかがわからない場合は
動画ごとにいただいた感想も載せていますので
興味がある方は参考にしてください。

 ↓ ↓ ↓



また、
最近レッスン動画を購入していただいた方から感想を
いただいていますので、こちらもよかったらご覧くださいね。


新たな刺激を見つけることによって
テニスを心から楽しまれている
雰囲気が伝わってきますよ^^


--------------ここから---------------

■名前: S
■商品名(フリー02): ストローク・ボレー解体新書
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)
■商品の感想やスリーへの一言(フリー07): 

スリーコーチの動画は、
いつも楽しくそしてとても勉強になります。

また、上達のヒントが満載で
「なるほど、こうすればいいんだ」という
アドバイスの宝庫だと思います。

これからもよろしくお願いします。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■名前: F
■商品名(フリー02): アナトミー・トレインテニス動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03)
: スリー流テニス上達法動画ランキング一覧
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)
■商品の感想やスリーへの一言(フリー07): 

サービス解体新書が素晴らし過ぎました。
勉強欲がスゴく高まり、テニス人生が変わってきました!

ちょとずつ、全部購入して観て勉強していきます!

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■名前: U
■商品名(フリー02): フットワーク動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03)
:スリー流テニス上達法動画ランキング一覧
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)
■商品の感想やスリーへの一言(フリー07): 


いつも質問にも答えていただき
ありがとうございます。

スリーコーチの動画教材は毎回効果が出ますので、
今回も期待しています!

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■名前: N
■商品名(フリー02): サービス解体新書
■商品の感想やスリーへの一言(フリー07): 

こんにちは。
早速試してみまして、
バンバン入るサーブにびっくりです。

何よりトスが安定しました。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■名前: M
■商品名(フリー02): リプルションスイング動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)
■スリーに一言(フリー07): 

素振りでイメージをしてから、
コートで試してみました。

すぐに出来てしまいました。

これがいつもスリーさんの動画を観て驚くところです。

ただ、
繰り返すうちに自分の今までの打ち方と混ざってきてしまうので、
意識をして練習したいと思います。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■名前: K
■商品名(フリー02): 回転系サービス動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)
■スリーに一言(フリー07): 

毎日お世話になってます。
一番大切なサービスの勘所をありがとうございます。

スリーさんがよく仰っている練習での気持ちの持ち様を
改めて意識するようにしています。

練習でも緊張感を持って同じ時間テニスするのなら、
+αを心掛けてます。

--------------ここまで---------------


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたは今まで勝てなかった相手に勝利したり、
これまで負けたことがない相手に敗北したりした
経験ってありませんか?


私は当然あります。


でも振り返ったら、
大体そこにはちゃんとした理由があります。


今回はそんな勝ち方と自分のプレーについてお話しています。


まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 7
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


いつも参考にさせていただいてます。


シングルスについての質問なのですが、
ここ半年で3つ大会がありました。


それらの大会では、
以前の基本スピン多めの深めのストロークで
粘ってチャンスを見つけて攻める系から
フォアハンドは基本フラットドライブで
自分からチャンスを作る系に変えました。


以前は自分より格上の相手にも勝てた事があり
格下の相手に負けることはほとんどなかったのですが、
変えてからは以前は勝てていたと思われる相手にも負けるようになり、
勝ち方が分からなくなり負け癖がついてきたように思います。


これは試合で勝つことでしか解消する事は
出来ないのでしょうか?


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ストロークをスピンからフラット系に
変えられたのですね。


そうなると攻撃的な展開になるので、
自分より強い相手にも勝てる機会も増えると思います。


だけど、攻撃はリスクでもあるので
これまで勝てていた相手に負ける可能性も出てきます。


ただ、上を目指すためには多少のリスクは必要ですし、
そのための変化は誰もが通る道です。


しかし、それで負け癖がついてしまうと
リスクを負えなくなってしまうので
私は「使い分けること」を推奨します。


例えばミスをしたくない状況では
回転量を増やし、安定したプレーを心がけてください。


反対に、ここぞというときはミスを恐れずに
フラット系で攻め立てるのです。


そのバランスは相手によるので、
リスクをどこまで負うべき相手なのかを
見極めながら戦ってくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


例えば6回くらい勝たないと優勝できない
大会に出場したとします。


しかも草トーナメントだと、
一日で優勝まで決めることが多いので、
勝ち進むと計6試合をこなさなければなりません。


なのに、
すべての試合を全部の力を出し尽くして
勝ち進むのは、体力的にも精神的にもかなりきついです。


でも、
余力を残して戦いましょうという意味ではありません。


今回私がお伝えしたいのは、
リスクを負わなくても勝てる相手に
わざわざリスクを負う必要はないということです。


極端な例ですが、
とりあえず返すだけで勝手にミスしてくれる相手なら、
こちらが無理してエースを取りに行く必要はありません。


エースを取りに行くということは、
それだけミスの可能性も出てくるからです。


だけど、
ある程度リスクを負わなければ勝てない相手なら、
多少ミスをしてでも攻めることも必要です。


この見極めとリスクのバランスが
大会などで勝ち進む秘訣でもあります。


相手が誰でもリスクを負って戦っていたら、
うまくいかなかったときに各下選手に負けてしまう
こともあるので気を付けてください。


反対に、
格上相手に勝てそうになったときに、
つい守りに入ってしまい、押し切られるという
話もよく聞きますので、大事な場面では強気の
プレーが求められます。


最終的には勝ちにつながるバランスで
戦うことが重要なので、しっかり相手と
その局面を見極めてプレーしてくださいね^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全豪オープンの準々決勝に進出した錦織選手でしたが、
前回優勝したジョコビッチ選手に0-3で負けてしまいました。


2014年の全米オープン準決勝で勝利してからは
なかなか勝てなくなりましたね。


特に、
ここ最近は錦織選手のテニスができないまま
負けてしまう試合が多くなってきました。


これまでの相手だったら入っていたショットが、
なぜかジョコビッチ選手だと入りません。


やはり世界王者のオーラはとてつもないもので、
自分のテニスをさせてくれないくらいの威圧感が
あるのだと思います。


ただ、
他の選手がジョコビッチ選手に挑んでいる試合を見ていると、
どうやら威圧感以外の力も働いているように感じます。


ジョコビッチ選手に敗れた選手がインタビューで答えている
コメントを聞いている限りだと、この要因が大きいのでしょう。


それは、
「ショットの質」です。


こちらがどれだけ攻めに行きたくても
ジョコビッチ選手のショットはコースもいいし、
深くて重いそうです。


なので、
強引に攻めたらミスになるので、
なかなか自分のペースに持ち込めないようです。


確かにジョコビッチ選手の試合を見ていたら、
ほとんどのボールに対して後ろに入れていますし、
しっかり足を踏み込んで打てています。


ジョコビッチ選手のフットワークに関しては、
ハードコートでも足をスライドさせて打つ
ディフェンスに目が行きがちです。


だけど、
本当は攻めでも守りでもないニュートラルショットを
打つときのフットワークが、あまりにも基本に忠実なのです。


「相手のショットを予測してボールの後ろに入る」


この能力が高すぎるから、
ジョコビッチ選手の何がすごいのかがわかりにくいのですが、
こういう地味な部分が他の選手より圧倒的に上なのです。


だから派手さのないプレーなので、
あまりジョコビッチ選手を真似する人は少ないように感じます。


しかし、
本当に強くなりたいのなら、
打ち方よりもプレーの土台を作るフットワークを
参考にした方が効果が高いです。


もしジョコビッチ選手の試合を観る機会があれば、
彼の上半身を手で隠して、足だけを見てください。


恐ろしいほどのフットワークで
ボールを追いかけているのがわかりますから^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、ショットの打ち分けの際に
テニスとゴルフを比較してお話しました。



今回はそこで私がお伝えしたかったことを
わかりやすくまとめたメールをいただきましたので
紹介させていただきます。


ゴルフをされたことがなくても、
読むことによって直感的に言いたいことが
伝わってくる内容ですので、じっくりご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): Y.M
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 31~35歳
■テニス歴(フリー04): 6.7年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09):  


【Y.Mさんのご質問】


この前はスライスサーブの打ち分けと
バウンド後の変化についての回答
ありがとうございました。


ご迷惑とは存じますが、
一層の理解のために確認をお願いできればと存じます。
(文字に起こすほうが、自分の理解がより深まりますので)

 
ゴルフを例に挙げておられましたが、
バンカーに入った等の特殊な例を除き、
基本ゴルフは同じスイングで常に打ち、
フェースの角度が違うアイアンやウッドで
高さと距離を調整するスポーツと理解しております。


スライスサーブの回転量に関してですが、
自分の腕をアイアンのシャフトと見立てグリップを変えることで、
フェースの角度を変えているということでよろしいでしょうか?

 
つまり、
バックハンドイースタンを基準となる7番アイアンと仮定すると、
それよりコンチネンタルに握ると角度が浅くなるので、
3番アイアンの方向へ、バックハンドセミウエスタンよりに握れば、
角度が強くなるので、9番からS.W.側の方向になると。
 

そのわずかな握りの変化が、
回転量の調整につながるという理解でよろしいでしょうか?
 

この考え方はゴルフと同じように『フォームは一定』という
前提の下での話ですね。


一言でいうなら、
グリップの握りを調整してラケットの角度を調整することで、
『ボールへの入射角を変えている』と。
 

そして打ち分けについてですが、
フォアサイド側からのサーブで話をすると、
深い角度のグリップでは基本サイドに切れやすいサーブになりますので、
センターに入れようとすると、フォームは変えずに逆算的にトスは
サイドに入れる時よりもやや右側にあげて打つということで
よろしいでしょうか?


結果的に、サーブを打つ向きはサイドに向かって打つ方向よりも、
より右方向へ振るという理解でよろしいでしょうか?


実際にあからさまにやるとバレバレになるでしょうから、
コーチのおっしゃられるように、相手がわからない程度に体を開いたり、
微妙にトスをずらしたりでの調整になるかと思いますが。

 
何度もすいませんが、
宜しくお願いいたします。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Y.Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


私が打ち出したゴルフクラブでの例えを
より具体的にしていただいたのですね。


まさにおっしゃる通りです。


ゴルフはアイアンによって入射角が変わりますが、
テニスはグリップによって入射角が変わります。


それによって回転量も変わりますので、
スイング速度は基本一定です。


たまにファーストサーブとセカンドサーブで
スイング速度を変えている人がいますが、
変えない方が安定します。


だからフォームも一定なのです。


ただ、グリップを変えることによって
入射角が変わるので、飛んで行く
ボールの軌道は変わります。


それを理解した上で逆算して打つと、
コースの打ち分けにつながります。


そのためにはトスの調整や体の向きを変えることも必要ですが、
できるだけ相手に気付かれない工夫をすることによって、
ある程度相手にコースを隠すことはできます。


ちなみに
私はインパクト時に当て方をほんのちょっと
ズラすことを心がけています。


Y.Mさんのまとめはかなり的確なので
その考えのもと、より一層練習に励んでくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


サービスが安定していない人の共通点として、
ファーストサーブとセカンドサーブのスイング速度に
大きな差があることが見受けられます。


これは正直、ある程度技術も必要かもしれませんが、
本題でお話している「当て方次第」だと考えています。


当て方を変えれば回転量を調整できるので、
スイング速度を変えなくてもサービスボックスに
収めることができます。


そのためにも面の向きや入射角について
もっと興味を持つことをお勧めします。


ただ、
テニスはゴルフみたいに色んな角度のついた
クラブを使い分けてプレーするわけではなく、
1本のラケットですべてのショットを打たなければなりません。


なので回転をかけたければ、トスの位置や
グリップの握り方を変える工夫なども取り入れてください。


回転を自由自在に操ることができれば、
相手にとっても驚異ですし、こちらからしたら
打ちたいコースにコントロールしやすくなるので
大きな武器となります。


セカンドサーブでさえ、
相手が嫌がるショットになるのですから、
この部分に着手しない理由はないと思いますよ。


レッスン動画では『回転系サービス動画』といって、
スライスやスピンサーブが打てるようになる上達法を
お伝えしているので、こちらを参考にしてもらっても構いません。


何度も言いますが、すべては「当て方次第」ですので、
最終的にはファースト・セカンドサーブを同じスイング速度で
打てるようになってくださいね。


テニスはやはり、
最初に打つショットであるサービスが重要です。


この部分が弱いと相手に主導権を握られてしまうので、
しっかり練習時間を作って強化に努めてくださいね^^


では!


スリー


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。