テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

私は昔から暇さえあれば書店に足を運んでいました。


小・中学生の頃は漫画を買うためでしたが、
高校生になったらテニス雑誌に目的が変わりました。


大学生になったら急に活字の本を読むようになり、
今はジャンルを問わないようになりました。


今自分にとって必要だと感じるタイトルを
選んでいるだと思います。


今回はそんな私の読書について
質問を受けましたのでお答えします。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 5年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


こんにちは

個人的な質問失礼致します。


メルマガで自己投資のお話の時に
スリーさんは本を購入していると
おっしゃっていました。


私も最近本をよく読むようになったのですが
あまり頭に入らず何回か読み返しています。


効率よく記憶に残すには、
大事だと思うこと覚えたいことを
書くようにすべきでしょうか?


スリーさんの読書術のようなものを
教えて頂きたいです。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


本の読み方についてですが、
私も基本、読み返しますよ。


その際に重要だと感じた内容が書かれていたら
折り目をつけています。


そして
読み返すときは折り目がついている
ページだけ目を通します。


そこでも重要だと感じたことは
ノートにメモをしたりして忘れないようにします。


私の場合、その情報をメルマガやブログの記事にしたり、
音声収録するので、そこでかなり落とし込みができます。


つまり、
厳選された情報を誰かに伝えることが
結果的には記憶に残るし、自分のものになる
方法だと感じています。


Mさんも本を読んで重要だと感じた項目があれば
誰かに伝えてみてはいかがでしょうか。


有益な情報なら相手の方も喜んでくださりますし、
自分の記憶にも強く残るのでみんなハッピーですよ^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


最近、読書に関して自分の中で感じているのが、
「本は2回以上読み返さないと理解が深まらない」です。


多分、書き手も本当に伝えたいことって
ほんのページ数ほどはないと思います。


でも、
要点を絞って30ページくらいにまとめてしまうと、
書籍という形にならないですよね。


だから、
補足やバックグラウンドを付け足すことによって
何百ページにも及ぶ作品になっているのです。


なので、、
私は1回目にそれらを踏まえて楽しむために、
全ページを読みます。


その際に気になったところは折り目などでチェックを入れておき、
2回目はその部分だけをもう一度読むようにしています。


自分にとって大事だと感じたところは
ノートに書き出したり、辞書などで色々調べながら
理解を深めていくのです。


そして、
もし時間に余裕があれば、
3回目の読み返しをします。


3回目は最初から最後までもう一度目を通します。


全体を理解しつつ、詳細部分の落とし込みを終えているので、
より深くその書籍を楽しむことができるからです。


だからといって、すべての作品に対して
このような読み方はしません。


1回目でそこまでの学がないと判断したら、
読むのが苦痛になるので、2回目はありません。


場合によっては1回目の途中で読むのを止めることもあります。


やはり、自分の中で「もっと読みたい」という
興味や学びがないと、何度も読み返せません。


その代り、
気に入った本は何度も読んだり、
メルマガやブログの記事にしたり、
音声特典として収録したりします。


だから、
年間に私が読む本の数はそんなに多くはありませんが、
学びや理解という面では多いと思います。


ちなみに、
私が毎年目を通し続けているのが
「テニスのルールブック」です。


テニスコーチとして、ルールは知っておかなければならないので、
暇があれば手にしているのですが、毎年更新される部分があるので
追及が終わることのない最高の書籍だと感じています^^;


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
悩みがあるときは、朝早く起きて散歩をするとスッキリする。

答えはいつもそこにはなくて、
時間と行動の先にしか見えてこない。

だから、今できることを自分なりにベストを尽くすしかない。


と、愛犬くうが言っているような気がしました^^






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分にとっての得意ショットを持っていても、
それがポイントに結びつくかどうかは別問題です。


なぜなら、
相手にとっては脅威を感じない
ショットの可能性があるからです。


どれだけ速いサービスを武器としてプレーしても、
相手がそれを苦にしていないのなら、得意ショットだけでは
勝利できないのです。


そこで、
今回は「得意ショットを上手に使う」という
視点でお話しています。


ちょっと考え方を変えるだけで
あなたのテニスは一気に高まります。


まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 16~20歳
■テニス歴(フリー04): 5年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


こんにちは

得意なショットの上手な使い方を教えて下さい。


かなり久々に、軽くですがサークル内で
シングルスのゲームをやりました。


私はフォアのクロスが苦手で
フォアを打つときはだいたい逆クロスを狙います。


そのため読まれてしまい
決めにいくときも決めきれません。


テニスをする時間がとれないので
プレーするときは苦手より得意な部分で
勝負した方が良いのかなと考えました。


逆クロスの有効活用法などありませんか?


宜しくお願い致します。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


逆クロスの活用法についてですね。


実は私もストロークは逆クロスが得意です。


なので、ベースを逆クロスにして、
たまに順クロスをアングル気味に打って
相手を左右に振り回す戦い方をしています。


あと、右利きに当たった場合は、
中ロブ気味に逆クロスを打てば、
相手のバックハンドになるので、
嫌そうに打つ人が多いです。


フェデラー選手も中ロブ逆クロスを
苦手としているので、結構使えますよ。


ちなみに私が一番よく使うのが、
逆クロスにアプローチショットを打って
ネットで決めるパターンです。


バックハンドスライスからのアプローチと共に
使えるので、コースを統一しています。


こんな感じでひとつのショットから
自分のパターンをいくつも作れるので
得意ショットから得意パターンを
増やしていってくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私が逆クロスを使うようになったのは、
まだテニスを始めて間もないときでした。


その理由が、
「自分がバックハンドを狙われるのが嫌だから」です。


自分が右利きなので、当時バックハンドが苦手だった私は
同じように相手もバックハンドに打てれたくないだろうと
考えたのです。


それが結果的に良かったのか、
結構試合で勝てるようになりました。


当然、バックハンドが得意な相手や
左利きとも対戦しましたが、それでも
勝てたのです。


今思えば、
「相手のバックハンドに狙う」という作戦より、
「自分のパターンを確立する」ことができたのだと感じます。


逆クロスにひたすら打って、
チャンスボールが来たら色んなショットを織り交ぜ、
自分の形に持っていくことができたから勝てるように
なったと自己分析しています。


相手によって自分のテニスを変えていたら、
いつものプレーから遠ざかってしまうので
勝利からも遠ざかってしまいます。


それより、
どんな相手でもいつものプレーを心掛けた上で、
状況に応じた戦い方を考えた方が私は勝率が高いです。


これはダブルスも同じで、
ペアが変わったり、レシーブサイドがいつもと違っても
得意パターンを崩さずに、状況に応じたプレーを
心掛けた方がいい結果につながりやすいです。


なので、
得意ショットが見つかったら、
そこから得意パターンを見い出し、
最終的にどんな状況でも出せるように持っていきましょう!


そのために練習が存在するのです^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は毎日レッスンをしていますが
最終的には生徒さんにたどり着いてもらいたい
ゴールを作っています。


今回はそこに向かって進まれている方から
メールをいただきましたので紹介します。


「ラケットの軌道について考えよう」という
目玉特典の動画をご覧いただいた感想を読んで
そう感じたので、この場でシェアさせていただきます。


--------------ここから---------------

■名前: S
■特典の名前(フリー01): ラケットの軌道について考えよう
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法 (フリー02): イニシャル
■特典の感想(フリー03): 


【Sさんのご感想】


スリーコーチ様、こんにちは。


毎回オンタイムで必要としている
知識を学べるのでとても勉強になります。


いろんなコーチから身体の使い方、グリップの事、
グリップエンドの事、指摘されてきた事が、何が正しいのか、
スリーコーチのお話を聞き、なるほど、そうだったのか!
と頭の中で理解がつながりました。


あとは自然に動いてくるボールを身体を使って
いい軌道で自分流に打てるよう早く練習で身につけたいです。


お忙しい中、質問にも即答くださり、
ありがとうございます。


スリーコーチも試合されているとの事。
遠くから応援しています。


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


何事にも言えることですが、
自分が取り組んでいて「楽しい」と感じることって、
これまでにやってきたことがつながる感覚だったり、
そこから自分流にもっていけそうな希望だったりします。


例えば、
私はそんなに勉強が好きではありませんでしたが、
今までに教わってきたことが、自分の中でつながったときは
結構集中して机に向かっていた思い出があります。


そして、
それを自分のアイデアでさらに解けるようになると、
楽しさの連鎖が生まれますよね。


そういう自主的な考え方ができる教科は
結構成績が良かったです。


だけど、
ひたすら言われたことをノートに書き写し、
丸暗記のような勉強法を強いられる教科は苦手でしたよ。


勉強していても楽しくないし、
テストが終わって3日もすれば
暗記した記憶が消えていました(笑)


それってテニスも同じだと思います。


これまでやってきたことに意味があって、
そのつながりを理解することによって
学びを得ることができます。


そして、
学びには応用が効くので
色んな使い方をすることができます。


ここにオリジナリティーが発揮できたら
自分だけのテニスを表現することが可能となるので
プレーすることが楽しくて仕方ない状態になります。


私としてはあなたに「自分だけのテニス」
見つけてもらいたいので、そこにたどり着いてもらう
お手伝いとして、情報発信をしています。


その方法のひとつとして目玉特典を作成しているので
あなたももし「自分だけのテニス」を目指しているのなら、
参考にしてくださいね^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

前の日にどれだけ調子が良くても、
次の日になれば絶不調だったという経験はありませんか?


私は今でも調子によって
自分のテニスが左右されることがあります。


そういうときは大抵、
体のコンディションが悪いときです。


では、
どうすれば調子の波が小さくて、
いつでも自分の調子がいい状態に
持っていけるのでしょうか。


今回はそんなプレー以外のお話です。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01):  A
■性別(フリー02): 男性
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Aさんのご質問】


スリーさん

いつも有意義なお話ありがとうございます。


いつも意識しているのは今までのスリーさんの話、、
軸足、ひねり、下半身、運動連鎖、スプリットステップ、
足ニス、、、Etc,,,


ありとあらゆることろ意識していますが、
それでも自分の納得いくボールが打てるときと
打てないときがあると思います。


それはなぜでしょうか?


ここ最近、調子がいいんです(笑) 


しかし、それが続くわけもなく・・・ 


過去を振り返ると、確かに調子がいい時があり、
その後また調子が悪くなる時がありました。


自分でそれほど何を変えたかもありませんが、
テニスをしていて明らかに ”何をしてもうまくいく” 
”何をしてもうまくいかない”があります。 


なにがそのようにしてしまうのか・・ 


やはり、気持ち・メンタルでしょうか。。。? 


また、やはり、アウトでも自分の思い通り
イメージ通りのスイングができればそれで
十分だと思いますが、どうでしょうか? 


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Aさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


調子の浮き沈みについてですね。


当然、人間なので調子が良いときもあれば
悪いときもあります。


ただ、
その差が小さい人ほど自分のテニスに対する
満足度は高い傾向にあると思います。


今のジョコビッチ選手の強さに、
調子の浮き沈みが小さいことが挙げられるのは
納得がいきますよね。


そこにはおっしゃる通り、
メンタル面が大きく作用していると感じます。


ただ、それと同じかそれ以上に
「次プレーするまでの準備」が重要になってきます。


例えば、調子よくプレーした次の日でも
ボールを追いかけて打つテニスというスポーツは
自分のフォームが多かれ少なかれ崩れています。


それらが筋肉の張りや疲労の蓄積、目や精神面の疲れ、
さらには全体のバランスの崩れにつながり、自分のわからない
レベルで前の日よりおかしくなっているのです。


それを解消するためには
練習後のストレッチや、普段の生活(食事や睡眠など)、
そしてプレー前のウォームアップなどが大きくプレーに関わってきます。


そういうコート外での準備が調子の波を小さくしてくれるので、
「体を整える」ことと、「いいバランスでの正しいスイング」
持っていった上でプレーしてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


テニスは相手のバランスを崩し合うスポーツなので、
プレー後は随分感覚がおかしくなっているはずです。


それを整えるのもクルーダウンの役割です。


さっきまで全力でボールを追いかけていたのに、
いきなり動きを止めてしまうと、体がビックリしてしまうので、
徐々にスピードを落としていきましょう。


そのときにできるだけバランスを意識した
動きを取り入れ、体を整えるのです。


そういう意味ではショートラリーをして終わるのは
効果的なクールダウンのひとつです。


そのあとにゆっくり体を伸ばすストレッチなどを行い、
できれば練習後にたっぷり時間を取ってください。


結構、私の周りを見たら、
練習後に何もしていな人を見かけます。


つい仲間内でしゃべり込んでしまいますが、
それだと次の日に疲れが残ったり、バランスが
悪いままになってしまいます。


別にしゃべりながらでもいいので、
ストレッチをする癖をつけるのが一番かなと思います。


毎回行っていると、やらなかったら違和感が出てくるので、
習慣化できるまで意識的に続けてください。


それが結果的に、
いつでも高いパフォーマンスを出せることにつながります。


やらなかったら技術が落ちる可能もがあるのですから、
もはやクールダウンは立派な練習のひとつです。


伸ばしたら気持ちがいいと感じる箇所は、
それだけ固まりやすい部分なので疲れが溜まります。


だから、
体のどこを伸ばしてもあまり何も感じない状態に近づけてから
帰路についてくださいね^^


次回のパフォーマンスが圧倒的に変わっていますよ!


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。