テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

これまでサービスの安定には
「80%トスアップで決まる」という
メッセージをお伝えしてきました。


今回はそこに「サービスの質」を高める
メッセージを付け加えようと思います。


とても重要なことなので
素振りなどをしながら読み進めてください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 31~35歳
■テニス歴(フリー04): 5.6年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


この度は御回答誠にありがとうございました。
とても理論的で分かりやすかったです。


実際に鏡の前で素振りしてみて、納得致しました。


プロの背中を反っているように見えるのは、
「腰を入れる」+「地面を踏む」の、
下半身のタメの力を表した結果なのですね。


その下半身に溜めた力をレッグドライブで解放し、
ショルダーオーバーショルダーを使い、
足→腰→肩→腕→手と鞭のようにしなる事で
力強いサーブが打てる訳ですね。


そこですいませんが、もう一つ質問です。


「腰を入れる」のやり方が今ひとつわかりません。


昔ネットでサーブの打ち方を調べていた時に、
タメの作り方として、腰をコートに入れる、
さらに相手にお尻を向けるように入れるよう
意識するとよいと書かれている記事を見たことがあります。


1つ言い訳しておくと、
まだテニススクール活用法にたどり着く前の話です。
気を悪くされたらすいません。


確かに試しにやってみて、
お尻を相手に向けるように出来た時は、
いいサーブが打てた記憶があります。


コーチの言われる「腰を入れる・腰を前に出す」と
言わんとする事は同じで、表現の違いだけだと思いますが、
実際トライして思ったのは、トスアップ後かなり腰ばっかりを
意識しないとコートに入れられず、お尻を向けるに至っては、
腰を突き出してから捻るの2段階を経ないと上手くいかなかった感じでした。


そこで質問をまとめなのですが、

[1]コーチの言われる「腰を入れる」は、
アナトミートレインの薬指のように、
どの筋肉や体の使い方を意識すれば自然と
出来やすいとかあるのでしょうか?


[2]また、4スタンス理論では私はA2のようですので、
腰を入れるとなると左足に体重が移る感じになるようですが、
コーチのようなBタイプの方は右足に体重乗せながら、
左の腰を出しているのでしょうか?だとしたら、
腰を出す為に意識している筋肉や箇所は、
どこなのでしょう。

Aタイプと同じなのでしょうか?


[3]それと以前お尻を向けてを意識して打った後、
左のお尻の筋肉がヒリヒリするというか、ジンジンした
感じになったのですが、普段使われていない筋肉を
使った結果であって、コーチの言われるやり方を実践しても、
暫くはそのようになり、筋力ついていけばなくなっていくのでしょうか?


以上3点すいません。宜しくお願い致します
二万回頑張ります


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Mさん

お伝えしたいことに納得いただき
ありがとうございます。


まとめ方も連動などを踏まえているので完璧ですよ^^


ちなみに腰の入れ方ですが。
イメージは元メジャーリーガーの
野茂英雄さんのトルネード投法を
真似てもらうのが分かりやすと思います。


お尻を前に出すことによって腰は自然と
捻られるのでOKです。


なので、
[1]のご質問についてですが、
これは[2]の答えにもなるのですが、
Aタイプの方は膝に重心を置いてお尻を前に出してください。


Bタイプは椅子に座る感じでお尻に重心を置きますが、
Aタイプは両膝に重心を置きます。


また、[3]についても、
自分に合った正しい重心で体を使っているのなら
大丈夫ですよ。


自分に合っていない重心でタメを作ると
怪我にもつながるので、今一度自分の重心にあった
バランスでサーブを打ってくださいね^^


それを2万回練習すれば
かなり効果的ですよ!


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


今でも調子がおかしければ、
「4スタンス理論」に基づいて
自分の重心を確認するようにしています。


サービスに限らずどのショットも同じですが、
正しい重心で構えられると、打つ前から入って
当たり前という気持ちになれます。


そういうときは不思議なもので、
セカンドサービスでもファーストサービスを打って
エースを取りに行こうという姿勢になれるのです。


だけど、
自分の重心で構えが取れていなかったら、
セカンドサービスでさえ、入る気がしません。


その結果、
入れに行って相手に打ち込まれるか、
ダブルフォルトになってしまいます。


それだけ自分の重心で構えることは重要なのです。


ちなみに、
ゴルフもアドレス(構え)の地点で
真っ直ぐ飛ぶか、変な方向に飛んでいって
しまうのかがわかるそうです。


つまり、種目に限らず球技全般は
構えである程度いいショットが打てるかどうかが
決まるということなのです。


そう考えると、
「4スタンス理論」はテニスだけではなく、
ゴルフや野球にも使われていることに合点がいきます。


そんな球技に必要不可欠な「4スタンス理論」を
テニスのサービスに応用した『サービス解体新書』は
多くの方に喜ばれています。



だから、
9月28日(月)~9月30日(水)までという
期間限定とはなりますが、今回特別なご案内を
させていただいております。


「サービスは80%トスで決まる」
これまでお話してきましたが、「サービスの質は構え次第」という
メッセージを『サービス解体新書』を介して付け加えたいと思います。


そんなサービスに必要不可欠なメッセージなので、
本日9月30日(水)の23時59分までに
必ずチェックしてくださいね^^

  ↓ ↓ ↓

 

では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、久しぶりにダブルスの試合に出場してきました。


高校時代のテニス部メンバーでチームを組んで、
3組中2組が勝利すれば勝ち進める団体戦です。



そんな中、私は2組目として出場しました。


ペアは2年ぶりのテニスをするくらい
普段は運動をしていません。


相手はそこまで強力なショットを打ってきませんが、
つなげのテニスで粘り強く返してきます。


それでも3セットマッチで
「6-2、6-1」のスコアで勝利できました。


当然、テニスコーチである私が参加していることも
あるかもしれませんが、、(テニスコーチでも参加OKの大会です)
それ以上に戦い方が良かったと感じました。


しかも、
1組目が勝っていたのですが、
2組目の私たちが負けたら3組目は
まったく普段からテニスをしていないペアです。


つまり、
私たちの負けはチームの負けに直結する
非常にプレッシャーがかかる戦いでした。


そんな、

・私自身久しぶりのダブルス公式戦
・ペアは2年ぶりのテニス
・相手は試合慣れをしているつなげテニス
・自分たちの負けはチームの負けに直結する戦い


というプレッシャーの中、
勝てたのは嬉しかったです。


そしてそれと同時に、
実際に試合に出て「勝つため」に必要なことを
思い出せたり、気付た戦いでもありました。


今回はそんな、
「スリーが久しぶりにダブルスの試合に出て感じた4つのこと」
を今回の目玉特典としてプレゼントすることにしました。


もしあなたがダブルスの試合に出ても
プレッシャーでなかなか勝てないとお困りなら、
ぜひ聞いてくださいね^^

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 【今回の目玉特典音声ファイル】 10月15日(木)まで

 『スリーが久しぶりにダブルスの試合に出て感じた4つのこと
 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

スリーが久しぶりにダブルスの試合に出て感じた4つのこと
目玉特典を希望されるなら、月16日(水)から10月15日(木)の間に
私のメルマガやブログで
紹介している商品をご購入ください。


そして購入時に発行される
注文IDを特典フォームに送ってください。


下記にて紹介しているスリーのおすすめ
テニス上達法を参考にしてくださいね!

 ↓  ↓  ↓

  
  
注文IDを確認次第、
特典をお送りします。


さらに、
リーのシークレット音声や素顔を公開している
【スリー購入者通信】をプレゼントしています!


さらにさらに、


【脳科学の観点から考えた音声】

・発想が違う!スリー流テニスノートの書き方
  
 
【誰も教えてくれないサービスの秘訣を暴露】
  
 ・N.PDF
  
 
【メンタルの本質が理解できる】
  
 ・プロから学ぶ究極のメンタル音声
  
 
【スリーに1度、直接質問できる】
  
 ・スカイプ相談の権利
  

すべてプレゼントしています!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【スリーのおすすめテニス上達法】

私のブログやメルマガから紹介している商品(テニス上達法や治療系など)
9月16(水)以降に購入された方には月別目玉特典をプレゼントしています^^

↓ ↓ ↓

【紹介しているテニス上達法の口コミや感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スリーネットテニススクール】(スリーの動画テニス上達法)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


異次元のレッスンをあなたへ!そんな誰も教えてくれない
テニス上達法動画の購入数をランキング形式にまとめてみました。

人ぞれぞれニーズは違いますが、多くの方が何に悩まれているのかが
ひと目でわかるので作成してみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

紹介しているテニス上達法や
色んなご質問はコチラのフォームから
↓   ↓   ↓
【お問合せフォーム】


では! 

スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたがもし、

・サービスの速度を上げたい
・サービスキープ率を高めたい
・サービスの体の使い方をところん追求したい

とお考えなら、
今回の記事はじっくりご覧ください。


かなり細かいサービスにおける内容を
お話しています。


しかも、滅多にない貴重なご案内もあるので
ぜひ最後まで読み進めてくださいね^^


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 31~35歳
■テニス歴(フリー04): 5.6年くらい
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


いつも有意義なメルマガ及び
動画ありがとうございます。


サービスがうまく打てずに教えて頂けたらと、
質問させていただきました。

    
回転系サービスにある練習方法で、
打点を低めで始めて、高いところでも
ネットを越えて、サービスボックスには
入れられます。

    
ついで構えてトスアップして
打つ練習に行くとうまくいきません。

    
自己分析してみると、
原因[1]として、トスアップ後威力を出そうとして、
かなり背中を反っているトロフィーポーズを作ろうと
するからかと思います。


今通っているスクールのコーチからも、
トスアップ後背中を反らせすぎとの指摘を受けたこともあります。


ただ、
プロの映像を見ていると膝を曲げて体を後ろに傾けて、
トロフィーポーズを作っていると感じるのですが…。

    
また原因[2]として、背中を反らす分、
ボールとの距離が相対的に遠くなり、打つときに近づくため、
距離感が安定しないこと、反らす動きを入れるために、
トスアップも動きにつられて乱れやすいからと思っています。

    
原因[3]として、サービスの時に体を後ろに傾かせた状態から、
どうすれば腰を効率よく回せるのかわからないこと。


つまり、
腰より上の上半身の動きと下半身の蹴り(レッグドライブ)は
各々理解できるのに、腰あたりの連動がどうすればいいかわからず、
連鎖が途切れる感じです。


だから今は、
背中を反る感じの(膝を意識して、結果的にそう見える事は理解しています)、
そして軸をあまり回さないスピンサーブの理論の方が、スンナリする感じです
(体軸を傾かせて、蹴り上げて戻すだけと理解しています)

 
無駄に長く書いてしまいましたがまとめますと、

[1]スライスサーブ打つ時のトロフィーポーズで、背中を反らすのは間違いか
[2]反らしていいなら、トスアップの安定させるコツは
[3]体を反らせて傾かせてから、どうすれば効率よく腰を回せるか
(体を傾けなくてむ、真っ直ぐ立った状態で、どこを意識すればいかに腰を効率よく回せるか)

の3点です。


書いてて理解しましたが、
背中を反らすのが、ダメだと、ほぼ全ての質問がダメになりますね


いずれにせよ、
力のこもったサーブを打つにはで、狂い出しています。


何かヒントがありましたら、お願いいたします


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


サービスを打つ際の
トロフィーポーズについてですね。


これはせっかく3項目に分けて
ご質問くださりましたが、結論から言うと
スライスサーブのときに背中は反らないです。


明確に言うと、
どのサービスでも背中は反らないです。


正直、私も最初の頃はプロのサービスを見ていると、
背中を反って打っていると思っていました。


でも、実際に色々体について学んでいくと、
サービスの際に背中を反っているように見えるのは、
「腰を入れる」+「地面を踏む」の結果だということが
わかりました。


これは野球のピッチャーで例えるとわかりやすいのですが、
右投手の場合、左の腰を前に出すようにして体を捻っています。


これはサービスも同じで、
トスを上げたら左腰を前に出すようにして体を捻ります。


さらに、
捻った体を戻すために足で地面を踏みしめるために、
膝が曲がります。(レッグドライブ)


これらの動作を行った結果、
背中を反っているように見えるのです。


実際に素振りをしてもらうとわかると思いますので、
右利きの場合、左腰を前に出すように体を捻り、
膝を曲げて地面を踏んでください。


背中を反るようにトロフィーポーズが
作れているのではないでしょうか。


一度トライされて、
また何か疑問が出てきたらメールください。


ひとつずつ解決して、
理想のサービスに近づいていきましょうね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


今回の質問さんのように
疑問が出てきたらメールしてください。


それを一緒に解決していくことこそが
コーチングであり、コーチの仕事だと考えています。


ただメールだと、
どうしても文章での回答になるので、
視覚的に情報を取り入れることができる
動画の方がわかりやすいと感じています。


そこで、
今回のサービスでのトロフィーポーズなどの体の使い方で
悩んでいる方には、「テニス・ジュニア選手育成プログラム」
というテニス上達法DVDを紹介していました。


「ジュニア選手育成」と謳っていますが、
中身は大人の方にも役立つ濃い内容だったからです。


ただ、やはりDVDということもあって、
お値段は14,800円(税込)と、それなりにします。


そこで少しでも手にしやすい価格でサービスを
上達してもらうために「テニス・ジュニア選手育成プログラム」
レベルで作った動画が『サービス解体新書』です。


これらはサービスに特化した内容なので、
サービスに悩まれている方には是非とも見てもらいたい
テニス上達法です。


しかも、
DVDではなくダウンロード版なので、
「テニス・ジュニア選手育成プログラム」の
半額以下である 7,000円(税込)で手に入ります。


さらに今回は、もっとたくさんの方に
『サービス解体新書』の素晴らしさを知ってもらいたいので
期間限定ですが、もっと手にしやすい価格でご案内しようと思います。

  ↓ ↓ ↓

 

9月28日(月)~9月30日(水)までの
特別なご案内ですので、それまでにチェックしてくださいね^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今まで日頃の行いが悪いのか、
高校時代のテニスメンバーでの団体戦が
1ヶ月間すべて雨で流れていました。

でも、本日やっと試合ができました。

結果は2戦とも勝ったので、
チームは勝利しました。

かなり久しぶりの試合だったので、
結構緊張しましたが、6-2 6-1でしっかり
チームに貢献できました。

みんなで応援しながらテニスをするのは
やっぱり楽しいですね^^












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、『質の高い練習法』というレッスン動画を
リリースしましたが、その気になれば工夫次第で
練習の質を高めることはできます。


当然、レッスン動画で紹介している方法で練習した方が、
実際にレベルアップされた生徒さんが何人もいらっしゃるので
再現性や即効性はあります。


でも、
根本は自分自身に課題を作り、どのような意図を持って
ボールを打つのかが重要なので、その気になればいくらでも
練習の質を高めることは可能です。


今回はそんな意図を持った1球についてです。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): こうちゃん
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 51~55歳
■テニス歴(フリー04): 6年半
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): その他
■内容を教えてください。(フリー09): 



【こうちゃんさんのご質問】



質問の回答・・
ありがとうございました!


今の自分はベースに打つ球筋をフラット系で、
少しドライブを掛かるのに固めつつあります。


スピンも打たない訳ではありません。


でも、年齢や体力・・
重力に逆らわずに打ったほうが良いと判断しました。


その判断した1つに・・
スピンを意識して打っても横のガットが切れるのです。


本当にスピンの軌道が理想で打てていれば
縦が切れるはずです。


意識して直すよりも、
自然な軌道を大切にしたいと思いました。


それで威力を上げるには
「ボールを潰す」のが良いと思ったんです。


インパクトよりその後を
「押す」事に意識がいってました。


それでも、
最近はアウトが少なくなって良い感じでした。


「インパクトを感じて見直す事」

「厚く当ててもガットが動くような衝撃を、どう与えるか」

「当てた後に抜ける軌道」


などを考えて、上を目指していきます。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


こうちゃんさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


色々考えながら練習されているのは
非常に素晴らしいことです。


意図を持って練習することこそ
「質の高い練習」の大前提だと私も考えています。


ちなみに
私も横ガットが切れますよ。


下から擦り上げてスピンを打つのではなく、
フラットでボールを捕えにいくからです。


その際にガットが動くことによって
スピンがかかっているので、横切れが
起きているんだと感じています。


そう考えると、
こうちゃんさんと打ち方や弾道が
似ているのかもしれませんね^^


これからも今回挙げられたことを
意識しながら練習に取り組んでください。


お返事ありがとうございました!


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


正直、正解なんて存在しないと考えています。


自分に適したことなんて人それぞれですし、
誰かがうまくいったことが、必ずしも万人に
役立つ訳ではありません。


大事なのは、
自分でトライしては色々感じ取り、
次のアクションを取ることです。


だから
周りが言ったことや、私のアドバイスなども
参考にするのはいいのですが、鵜呑みにしすぎると
自分で考えられなくなります。


それより、自分なりに試行錯誤してみて、
よかったものを取り入れる姿勢の方が、
困ったときに抜け出す力となります。


やはり、
テニスコートという誰も助けてくれない
孤独な場所では、自分で困難を切り抜ける
訓練を普段から行っておく必要があるのです。


なので、今回の質問者さんのように、
「日頃から自身で取り組んでいること」と、
「客観的な意見」をうまくミックスさせて
練習していくのが理想ではないでしょうか。


このような状態で練習すると、
結構頭を使わないといけないのでしんどいですが、
中身の濃い1球を打つことができますよ!


結局、練習の質は
自分の取り組む課題の質と比例しますので、
何かしらの目標を持ってコートに立ってくださいね^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。