テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

私はよく、
「コップを正面から見るのと、真横から見るのとでは
同じ物体なのに違う形で目に映る」という話をしています。


実際ご覧になったらわかりますが、
コップを正面から見たら長方形で、
真上から見たら円です。


だから何なんだと言われるかもしれませんが、
こういう多角的な視点がテニスの上達において
非常に大切なのです。


今回はそのことを証明していきますね^^


まずはこちらをご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): Y
■性別(フリー02): 女性
■年代(フリー03): 46~50歳
■テニス歴(フリー04): 2年7ヶ月
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 感想
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Yさんのご感想】 


スリーさん
いつもありがとうございます。


サービス動画はとても有効に活用できています。
目からの情報の伝達は早いですね。


トスの高さと位置を安定させることが難しい課題です。


話がそれてしまいますが、ゴルフは止まったボールを打ちますし、
好きなプロのスウィングを真似るのは得意でした。


視覚からの情報のイメージを体で表現するのは
比較的容易にできました。


実際、教わっていたプロのスウィングにそっくりだと
言われていました。毎日見ていると似てきますよね。


サービスもそうなることを願っているのですが、
テニスはボールが止まっていないので(当たり前ですが)
本当に全てが難しいです。


ボール投げは、力の伝達と体の連動が
オートマティックにサービスの運動連鎖を
脳に記憶させることができる練習だと実感しました。


必然的に理にかなった運動になりますね!!


あとは絶対的な練習量を増やしていきたいと思います。
左膝を直撃することはなくなりました!!


スリーさんからの情報はすぐに活かせるもの、
例を挙げればきりがありまあせん。


ボールを打つときの目線の訓練、
たとえ短くてもロブは相手側のバック側にあげる、
ボレーの時は目線と重心を白帯くらいまで下げて
スプリットステップをするとタイミングが合う、
「フィッチ」の後の選択肢のルールのお話、
ルーティンワークのお話などなど、


私にとっては本当に新鮮な情報でいっぱいです。


今朝のメール配信でおっしゃられる通り、
スクールのレッスンより内容が濃いです。


実際にその効果を実感しています。
本当に感謝しています。


特にボレーがすごく下手な私にとってフォアボレーは
「人の頭をたたく」イメージ、バックボレーは「裏拳」、
のお話は、こんなにわかりやすい説明はない、というくらい
すんなり入ってきました。


劇的に上達したと思います。


これからもスリーさん独自の視点からの
いろいろな情報を楽しみにしています。


良い結果を出していい報告ができるように
練習に励みます。


いつも温かく応援してくださり
本当にありがとうございます。


ご多忙のこととお察しいたします。
ご返信はご無用です。


これからもよろしくお願い致します。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Yさん

ご感想ありがとうございます!
スリーです^^


サービスが良くなっているようでよかったです。


テニスはサービスだけが唯一のクローズスキルなので
誰にも邪魔されることなくゴルフの打ちっぱなしみたいに
じっくり練習してくださいね^^


どのようにして打ちたいのかというイメージと、
具体的なやるべきことを意識しながら練習したら
着実に上達できます。


そこに費やす時間が増えれば上手くなることが見えるから
練習量に着目されていると思いますよ。


あとはこれまでにお伝えしてきた
テニスにおける色んなショットや場面での考え方を
取り入れてもらえれば、完全にスリーテニススクールの
生徒さんですよ(笑)


色んな角度からテニスの魅力を配信しているつもりなので
そこから色んな気付きを得てもらえれば嬉しいです^^


いつも心のこもったご感想をありがとうございます。
本当に励みになっています!


それをパワーに変えて、
これからも情報配信していきますので
うまく活用してくださいね。


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


最近、ジュニアの子が学校で数学の「証明」を
習ったという話をしていました。


そこから私はちょっと強引にテニスと結びつけて
「君たちが試合でどうやって勝つのかを言葉で証明してごらん」
と聞いてみました。


でも
ほとんどの子が「自分のテニスをして勝つ」という
漠然とした答えばかり返ってきました。


なので、全然証明できていませんでしたが、
私はこういう話の流れから戦略の立て方や
プレースタイルの重要性について話していきます。


「具体的にどうやって戦っていくのか」

「そのためにはどういうプレーを心がけるべきか」

「それらが勝ちにつながっているのか」


数学の証明だって自分なりに仮定を立てて
答えを立証するから、テニスの作戦を考えるのと
ほとんど同じです。


こんな感じで私は色んな分野から話を持ってきては
テニスに結びつけています。


それが人によっては「大きな気付き」
つながるからです。


だから配信している上達法も
色んな角度からテニスについてお話しています。


たまにレッスンで、
何回もやってきたことを表現を変えて伝えたら、
「コーチ、昔教わったことがやっとわかりました」
と喜びの顔で言ってくださることがよくあります。


それがきっかけで、一気に覚醒して
上達されるパターンは珍しくありません。


気付きの力はそれだけ大きので、
あなたも例えば、普段から「テニスと日常」
重ね合わせて見るようにしてみてください。


ちょっと角度を変えて周りを見るだけで、
意外な発見や今後のテニス人生における
宝物が見つかるかもしれませんよ^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昔前の男子プロのストロークは
世界のトップ選手でも女子選手より
遅く感じることがありました。


女子選手はフラットでバンバン
打っていたのに対して、男子選手は思いっ切り
スピンをかけて打ち込んでいたからです。


だから
迫力は男子選手の方があったのですが、
スピーディーな展開は女子選手の方が
あったように思います。


しかし現在は、
男子選手のほとんどがフラット系のショットも
多用するようになったので、スピーディーで且つ、
迫力のある試合が行われるようになりました。


私は今女子テニスの人気が少し落ちているのは
それが原因ではないかとさえ感じています。


ちょっと脱線しましたが、
今回はショットについてのお話です。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): U
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 26~30歳
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Uさんのご質問】 


こんにちは、Uです。
いつもお世話になっています。


最近はレッグドライブを意識した
サービス練習を行っています。


課題が1つ1つ明確なので、
上達してる実感があって練習が本当に楽しいです!


今回もまた質問なのですが、
フォアストロークについてです。


今はサービスに必死なので先の話になるでしょうが…。


先日スクールでコーチから
「フォアストロークの弾道が低く安心感が無い。
ネット上1m程度を通す山なりのボールを打つように。」
と言われました。


確かにネット上15cm~30cmを通すショットが多く、
うまく振り切れなかった時はスピン不足となるのか
バックアウトが多いことに気づきました。


僕は軟式出身ということもあり、
バウンド後の頂点をフラットスピンで
打つスタイルでやってきました。


テイクバックからスイングは直線的でラケットは
310gの薄ラケをセミウエスタングリップで使用しています。


ですが山なりのボールというと、
下から擦り上げて打つ方法しか思い浮かびません。


今までのフラットを捨てて擦り上げて
打つ練習をすべきなのでしょうか?


それともフラットでも強力なスピンをかけて
山なりに打てる手段があるのでしょうか?


よろしくお願いします。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Uさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


サービスが強化されているとのことなので
私としてもすごく嬉しいです。


そして今回はフォアハンドストロークの
ご質問ですが、ネットのどの辺を通すかは
まさにショットによりますね。


確かにスピン系の方はネットから
ラケット2本分くらい上を通すように打ちます。


でも
フラット系の方はあまりネットより
上を通すとアウトのリスクが出てきます。


そこでオススメなのが、
現代テニスの主流でもある
「フラットドライブ」です。


厚い当たりでスピードボールを打つことによって、
強い衝撃がストリングスを動かし、その結果スピンが
かかるという理屈です。


あとはラケットがボールの上を通るように
フォロースルーを取れば、前回転がかかるので
直線的な弾道で相手のコートに向かいます。


その後、相手コートのベースライン付近で
回転によって「ストン」と落ちてくれます。


なので山なりの軌道ではありませんが、
野球のフォークボールみたいに真っすぐから
急に落ちる弾道になるのでアウトしにくいですよ。


参考にしてくださいね^^



では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私はある程度プレーの幅を広げるためにも
『フラットドライブ』を推奨しています。


擦り上げるスピンは安定はするのですが
相手を追い込むほどの威力はないですし、
高い打点から打ち込んでくる人には通用しません。


擦り上げるスピンは滞空時間が長いので、
つなげたり、ディフェンスで使うにはいいのですが、
主導権を握ったり、エースを取るにはコースや組み立て
などの工夫が必要になってきます。


『フラットドライブ』は厚い当たりで打つ分、
「重さ」やタイミングを変える「ライジング」などを
取り入れやすいので、攻撃的なプレーに磨きがかかります。


だから、
指導権を握る「ニュートラルショット」
エースを取る「オフェンスショット」として
使っている人が多いのです。


テニスはプロアマ関係なく、
年々スピード化が進んでいます。


これはラケットなどの進化が背景にあるのですが、
それと同じくらい体の使い方の研究も影響しています。


テニスのセミナーに行けば、
びっくりするくらい次から次へと
新しい上達法が出てきます。


ただ、
かなり専門的なテニス理論が飛び交うので
なかなか一般のテニスプレーヤーの方たちには
降りてこないと思います。


なので
私としては、それをできるだけわかりやすく
そして再現性の高い情報に通訳して、あなたに
届けたいと考えています。


わからないことがあれば
気軽に質問していただいても構いませんので
みんなでテニスを楽しんで、テニス界を盛り上げて
行きましょう^^



では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は私がネット上でテニス上達法を
配信しているコンセプトについてお話しています。


すべては実際のテニススクールにないものを
生み出すことが根底にあります。


そのことについて詳しくお伝えしていますので、
まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): K
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 51~55歳
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Kさんのご質問】 


最近、ライジング打法についての
有料動画の案内を知りました。


私はアナトミートレインの動画の購入者です。


ライジング打法はアナトミーと比べて
どのような違いがあるのでしょうか。


ライジングにも興味があります。
よろしくご回答のほどお願いいたします。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Kさん

お問い合わせありがとうございます!
スリーです^^


そしてアナトミー・トレインテニス動画を
購入いただき感謝しております。


ライジング動画はまさにタイトル通りで
バウンドしてすぐのボールを打つことに特化した内容です。


・ライジングを習得するための段階的指導法
・インパクトの感覚を研ぎ澄ます方法
・ボールを見るためだけの練習法
・スリー流軸足ライジング打法
・セミオープンスタンスの活用
・心の目を養う考え方


これら内容を事細かく丁寧にお伝えしています。


アナトミー・トレインテニス動画は
体の使い方にフォーカスしているので
それを応用してライジングというテクニックに
つなげていただけたらと考えています。


そういう観点でもう一度ライジング動画の
紹介ページをご覧いただけたら、さらにライジングの
必要性が見えてくると思いますよ!


もしよかったら参考にしてください^^


では!



スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


基本的に私のテニス上達法動画は、
「テクニック」「体の使い方」の両方が
学べるように作っています。


ただ、その割合が変わるだけです。


アナトミー・トレインテニス動画は
テクニックが「3」で、体の使い方が「7」
という比重です。


反対にライジング動画だと、
テクニックが「6」で、体の使い方が「4」です。


そして、
目玉特典はメンタルの割合が「8」ぐらいで、
テクニックや体の使い方が「2」といったところでしょうか。


ちなみに
毎日配信している記事はテクニックも体の使い方も
メンタルもできるだけバランスよくお伝えしています。


なぜなら
スポーツは「心・技・体」のすべてが必要だからです。


でも
私が知る限りだと、今のテニススクールは
技の部分であるテクニックが8割ぐらい占めていると
感じています。


これはテニススクールという特性から見て
仕方がない部分でもあるのですが、私はそれを
変えたいと考えています。


テニススクールってどうしても
ラケットを握ってボールを打っていないと
ダメだという気風があります。


実際レッスンでラケットを置いてもらい、
ボールを投げる練習をすると「テニススクールなのに?」
という顔をされる方もいらっしゃいます。


だけど
「心・技・体」のバランスがあってこそ
素晴らしいパフォーマンスを発揮することができますので
まずはネット上でその効力を証明していきたいのです。


そういう思いを込めたテニス上達法動画を
まとめた一覧もあるので、私の考え方に同調して
もらえるのなら、一度ご覧くださいね^^

 ↓ ↓ ↓


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は私の配信しているテニス上達法の
有効活用についてお話しています。


うまく利用してもらえれば
テニススクールより濃い練習が可能です。


まさに「ネット上のテニススクール」となるので
普段の練習にうまく取り入れてください。


まずはこちらの感想からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): Y
■性別(フリー02): 女性
■年代(フリー03): 46~50歳
■テニス歴(フリー04): 2年7ヶ月
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 感想
■内容を教えてください。(フリー09):


【Yさんのご感想】 


スリーさん
いつもありがとうございます。


今回はサーブ動画をありがとうございます。


無駄のない一連の動作は何度観てもきれいなフォームで、
本当にかっこよかったです。


繰り返し観てイメージとして頭にやきつけたいです。


ボールへのインパクトの瞬間を正確にとらえていて、
体軸がぶれていないこともさすがだなあと思いました。


スリーさんのサーブをイメージして打ってみましたが、
左の膝あたりをラケットで叩いてしまうことがありました。
(論外だと思いますが。)


明日はボール投げからトライしたいと思います。
お礼と感想ですので読み流してくださいね。


いつも有益な情報をありがとうございます。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Yさん

ご感想ありがとうございます!
スリーです^^


『サービス動画』内の「レッグドライブ」
下からのエネルギーをボールに伝えることに
重点を置いています。


なので
自分としてもできるだけ効率的に
パワーをボールに伝えることを心掛けて
サービスを打ちました。


大事なのはそのイメージを思い浮かべながら
打ってもらうことです。


その際に具体的な意識すべきポイントを
心がけてもらうと上達は早いですよ^^


ちなみに
右利きの方がサービスを打ったときに
左膝にラケットがいくのは正しい打ち方になっている
証拠ですよ。


サービスは効率よくスイングすると
ちょうど左膝にラケットが来るのです。


だから膝に当たらないように
左手でラケットをキャッチしてください。


Yさんのメッセージの中にはいつも一生懸命さが
伝わって来るので、テニスに携わっている者として
はすごく嬉しい気持ちになります。


結構コーチにも鍛えられているようですが
体を壊さない程度にこの調子で頑張ってくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私が普段から文章でテニスの上達ポイントをお伝えして、
さらに動画も作成しているのは「クロストレーニング」
狙いだからです。


本来、「クロストレーニング」とは
複数の種目の運動を積極的に取り入れることによって
筋肉や神経系に色んな刺激を与える方法です。


ひとつの種目ばかりしていたら
偏った体の使い方や感性になってしまうので
ジュニアレッスンではサッカーやドッヂボールなども
行っています。


それと同じで、毎回ひとつの方法でお伝えしても
あなたの感性を刺激する力が落ちてしまいます。


だから
ときには動画で視覚・聴覚にも訴えかけているのです。


そうすることによって
例えば「サービス」について私が同じことを伝えたとしても
文章と動画ではあなたの受け取るポイントが変わってきます。


文章はイメージしながら読まないと
何をすればいいのかが見えてこないので、
自分でやるべきことを絞ることができます。


動画は目で私が伝えたいことをキャッチできるので、
そのまま真似ることが上達につながります。


しかも
文章も動画も私が伝えたい根底は同じです。


なので、
動画の動きを真似ながら、文章から得た自分の
やるべきポイントを取り入れて練習すれば
効果は2倍、3倍と膨れ上がるのです。


これぞまさに
「スリー流クロストレーニング」です。


インターネットならではの、
しかもここでしか得ることができない練習方法ですので
あなたのテニスにうまく取り入れてくださいね^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は生み出したパワーをボールにぶつける過程を
「入力」「出力」という表現でお伝えしています。


一般的にはタメを作ってパワーを生み出し、
そのエネルギーでラケットをスイングするという
考え方です。


それをあえて少しだけ抽象的に表現してみました。


意外にそういう言い回しの方が
わかりやすかったりするので、頭を真っ白にして
まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): A
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 41~45歳
■スリーの記事を知ったきっかけは?: 超テニス塾 メルマガ
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Aさんのご質問】


 以前、質問させて頂き、右7:左3の重心として
サービスを打つようにしていますが、全く安定しません。


良い感じで打てるときもありますが、
(地面からの力が伝わっていると感じる)納得していません。


フェデラーのサービス動画を見ましたが、
最後に後ろへ右足が少しだけ浮き上がっていました。


前の方がフォルトもなく安定していましたが、
もう少し右7:左3を続けたほうが良いでしょうか?


ご教授お願いします。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Aさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


サービスの足の使い方についてですね。


サービスというショットが前にボールを放つショットなので、
右利きの場合、タメは「右7:左3の重心」で大丈夫です、


ただ、
『サービス解体新書』という動画でお話しているのですが、
タメたパワーを放つときは人によって、左足を軸にするのか
右足を軸にするのかが変わってきます。


何か地面に置いてある重い荷物などを持ち上げる際に
膝が前に出てしまう方は「前重心」です。


反対に荷物を持つ際にお尻が後ろに下がってしまう方は
「後ろ重心」です。


一度チェックしてみてください。


そして
もしAさんが前重心なら、サービスのインパクト時は
左足に体重を乗せて打ってください。


反対にAさんが後ろ重心なら、サービスのインパクト時は
右足に体重を残したまま打ってください。


何となくメールから読み取るとAさんは
前重心のような感じがしますが、一度重心を
調べてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


どのショットにも言えるのですが、
パワーを生み出す際は「入力」「出力」という
考え方が存在します。


今回のご質問の場合、サービスを打つ際に
パワーを生み出すために地面を踏む「入力」
出てきました。


そしてそのパワーをボールに伝えるために
地面を蹴る「出力」についても触れました。


この2つはうまく合わさらないと
パワーを生み出すことはができません。


ちなみに
サービスは右利きの場合、右足が軸足になるので
右足で地面を踏んでパワーを体に「入力」していきます。


あとはそのパワーをどうすればボールに
「出力」できるかが勝負です。


地面から得たパワーを空中に浮いているボールに
「出力」するのですから、それなりに難しいです。


そこで必要なのが運動連鎖です。


地面は足首で踏みますので、
それを最終的にラケットに近い手首まで
連動させなければならないのです。


そのためには
連動しやすい体の使い方を知ることが大切です。


今回の場合だと、
右足で「入力」したパワーをどういう体の使い方をすれば
右手から「出力」しやすいかを追求する必要があります。


その際に自分の重心を心得ておくと
スムーズに体の中をパワーが通っていきます。


私は右利きの後ろ重心なので、
イメージで言うと右足でタメたパワーを
右足から通していく感じです。


でも
右利きの前重心の方は、右足でタメたパワーを
左足に移しながらサービスを打つイメージになるので
根本的な体の使い方が変わってきます。


大事なのは打ち方ではなく「入力」したパワーを
効率よく「出力」することなので、この考え方を
他のショットにも当てはめて取り組んでくださいね^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。