テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

普段組んでいるダブルスのペアから
急に違うペアと組んだら、自分のプレーをするのが
難しいと感じることってありますよね。


たまに組むのが初めてなのにやりやすい人もいますが
多くの場合、動きにくくなります。


今回はそんなダブルスペアとの関係についてです。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): ぼーるど
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 21~25歳
■テニス歴(フリー04): 二年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 感想
■内容を教えてください。(フリー09): 


【ぼーるどさんのご感想】


スリーさん、こんばんは。

お盆あたりのブログの音声、
聞かせてもらいました!


思わずメモを取ってしまうぐらい素晴らしい内容でした、
ありがとうございます!


ペアと私は必ず並行陣をとるスタイルでやっています。


リターンダッシュできずにステイしても、
二人とも前に出る事だけ考えているので
いい感じに前に出るまでは出来ているんですが、
そこからどうすればいいか悩んでいました。


二人とも守備的なプレーを好んでいるので
とりあえず繋ぐことを徹底しようとのことでしたが、
やはり繋ぐだけでは限界があります。


耐えるボレーをし続けて甘くなりストレートパス…
短く浮いてきたボールを少しネットにつめてアングル狙いでネットかアウト…
頭の上に浮いてきたボールをハイボレーで前衛側に叩いてネット…


ですが、
音声を聞いて今まで悩んでいたことが
一気に解決した気分です!


守備的なプレーの具体例が繋ぐこと、
これが間違っていますね。


きっかけを作り出すために
もがいて勝手に自滅していくスタイルをしていたんですね。


守備的なプレーで得点を重ねる方法としては、
リスクを最小限に抑えて相手後衛を動かし、
返球が甘くなるまで粘る。


粘り強く、焦らず、そして攻める時は攻める、
ただし焦らずに。


こういうようなのが守備的なプレーの全てですかね?


まだ考えてる途中ですが、
感動して報告しちゃいました笑


いやぁ、ほんとにありがとうございました。
またペアと話し合ってみます!


一度でいいからスリーさんの
生レッスンを受けてみたいものです笑


これからもよろしくお願いします。
長文失礼しました。



--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


ぼーるどさん

ご感想ありがとうございます!
スリーです^^


音声がお役に立ててよかったです。


ダブルスってある程度ペアとの共通認識がなければ
そのときの調子だけでプレーしてしまいます。


そうなると、流れが悪くなったときに
ペアのせいにしたり、ペアに気を使いすぎて
ミスが怖くなったりします。


そうならないためにもどうやってポイントを
取っていくのかの話し合いは重要です。


話し合ったことに向かった結果のミスは
そんなに腹が立たないし、自分が失敗しても
次どうしていけばいいのかの話に持っていけます。


目的が明確だったら
謝るより次どうしていくかの話になるので
調子も段々上がって行きます。


戦い方に正解はないので
できれば自分たちの得意を武器にして
色んな話し合いができれば楽しいので
これからも頑張ってくださいね!


嬉しいコメントもありがとうございます^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私が即席ペアと組んで試合に出たときに
一番難しいと感じたのは相手にストレートを
抜かれたときです。


ポーチに出るためにリスクを背負って
センターに詰めたのですが、その読みが外れて
ストレートを抜かれてしまったのです。


そのときの「どうしてそんなに真ん中に出るの?」
というペアの顔が印象的でした。


いつも組んでいるペアだったら
私が前でバンバン決める形が定着してるので
何回か抜かれてもお互い気になりません。


それが自分たちの戦い方だと認識しているからです。


でも
この共通認識がないと、こんなに一回のミスが
プレッシャーになるんだということが初めてわかりました。


きっと
前もってペアに自分は前でポーチに出るスタイルと
いうことを伝えておけば、抜かれたときの雰囲気も
違ったと思います。


人は想定外の出来事が起きたときに気が動転したり、
焦ったりするので、不協和音に直面しないためにも
先にダブルスの戦い方を話し合っておきましょう!


このペアとの共通認識がダブルスにおいて
一番大事なことだと思いますよ^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は週末にお送りしている「まとめメルマガ」
コンテンツである『記事動画』をご覧ください。


私のメルマガに登録いただくと、
毎日ブログで公開している記事をお送りしています。


メルマガはブログではお話していない情報も
載せていますので大変好評です。


そして
週末には一週間の記事をまとめたものを
お送りしているのですが、そこには何と
私が記事を解説している動画を付けているのです。


文章ではわかりにくい内容も
言葉が入ることによってグッと
理解しやすくなります。


ちなみに
今回は『世界4位と世界5位の間にあるもの』
という記事を解説した動画を公開します。


全豪オープンテニスで錦織選手とワウリンカ選手の
試合を見て私が感じたことを熱く解説しています。



さらに、その試合を見たことによって
あなたに「あるプレゼント」をすることを
決めた経緯もお話しいます。


プレゼント期間は1月30日(金)の
23時59分までなので、本日がラストです。


記事解説をご覧になって上で、
あなたに「重いボール」が必要だと感じたのなら
下のフォームからプレゼントを受け取ってくださいね^^

 ↓ ↓ ↓


※1月30日(金)の23時59分を過ぎると登録できません。
※お名前はニックネームでも構いません。
※動画は15分くらいのYouTubeを利用したものです。
※登録してもメールが届かない場合は「迷惑フォルダ」
に紛れている可能性があります。


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全豪オープンの男子準々決勝で日本の錦織圭選手が
前回の覇者、ワウリンカ選手に0ー3で負けてしまいました。


随所で惜しい場面もあったのですが、
最後のドロップショットがすべてを物語っていて、
どうしてもボール一球分足りませんでしたね。


この差が4位と5位の差なのかもしれませんが、
それを埋めるのために選手たちは毎日ものすごい
努力を重ねているのだと感じました。


当然、錦織選手は悔しくて仕方がないと思いますが、
見ている私たちもやっぱり悔しいですね^^;


もう一度、ジョコビッチ選手との戦いも
見たかったですが、今回のワウリンカ選手は
磐石でした。


錦織選手はいつものようにベースラインの中に入って
もっと攻撃したかったと思いますが、それをさせて
くれませんでした。


その要因はワウリンカ選手のショットの質にあります。


とにかくボールが重そうでした。


テレビ画面からでも伝わるくらい
しっかり体重を乗せて、錦織選手をベースラインの
外に追いやっていました。


こうなると錦織選手は無理をさせられて
いつもはしないようなミスを連発していました。


エースになりそうなショットも多かったのですが
ほとんどがボール1個分ミスになってしまうのです。


これこそがワウリンカ選手の持ち味です。


重いボールでジワジワとプレッシャーをかけて
相手に自分のテニスをさせないのです。


そこにサービスと片手バックハンドという
強力な武器が合わされば、相手はどうしようも
ありません。


もし今回のワウリンカ選手のショットを
スポーツニュースなどで少しでも見たなら、
その意味が伝わるのではないでしょうか。


しかし、
私は逆転の発想で今回の試合を
受け止めることにしました。


実は今度発表する予定の新作テニス上達法動画は
「重いボール」が打てるようになることがテーマです。


だけど、
その重要性はあまり知られていません。


「重いボール」という表現は
抽象的だからだと思います。


でも、それをワウリンカ選手は実行して
スピードショットを展開する日本のエースを
撃破しました。


この図式は私たち一般テニスプレーヤーにも
当てはまります。


バンバン打ってくる相手と打ち合うときに
同じテンポでプレーすると、自分のリズムが狂い
ミスが増えてしまいます。


そこをワウリンカ選手みたいにグッとこらえて
重いボールを打ち続けることによって、相手に主導権を
与えず自分のペースに持っていくことができます。


しかも、
相手は重いボールに対して無理に攻め込むことによって
微妙にタイミングがズレてミスをしてくれるのです。


当然ワウリンカ選手と同じくらい重いボールを
打ちましょうという訳ではありません。


自分に取っての重いボールを
「攻めてもなく、守っているわけでもない」
ニュートラルな状態のときに打ちましょう
という提案です。


要するにベースショットをいつもより
重くすることによって、レベルアップを図るという
考え方なのです。


この戦い方は終始ワウリンカ選手ペースの
試合運びにつながりました。


これは結局のところ、ワウリンカ選手の基礎が
しっかりできていたことを意味します。


「重いボール」はしっかりとした基本の上に
成り立つものです。


と言っても、どのような基本を行えば重いボールが
打てるようになるのかなんてわかりませんよね。


そういうこともあって、
来月発表する『重いボールが打てる動画』では
私たち一般テニスプレーヤーでも「重いボールの打ち方」を
実現するために、色んな練習法などを紹介してお伝えして
いこうと考えています。


ただ、先程も言いましたが
「重いボール」という表現は少し抽象的なので
一体どういうショットなのかがわからないですよね。


そこで本当は公開する予定ではなかった
『重いボールが打てる力学』という動画を
2日間限定であなたにプレゼントすることにしました。


この『重いボールが打てる力学』
『重いボールが打てる動画』に付いてくる補足動画です。


補足動画で重いボールについての知識を
付けてもらってから『重いボールが打てる動画』
ご覧いただく流れでした。


でも
今回の錦織選手の敗北を少しでも生かしてもらいたかったので、
補足動画の『重いボールが打てる力学』をご覧いただいて
少しでも重いボールに興味を持ってもらいたいのです。


期間は1月29日(木)~30日(金)の
23時59分までの2日間のみです。


一定数に達したら期間内でもプレゼントを終了するので
お早めに下のフォームから登録してくださいね^^

 ↓ ↓ ↓



※お名前はニックネームでも構いません
※登録してもメールが届かない場合は
「迷惑フォルダ」に紛れている可能性があります。
※動画は15分くらいのYouTubeを利用したものです。


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたはバックハンドストロークが得意ですか?
それとも苦手ですか?


もし仮にあなたが後者だったとしても
今回の記事を読むことによって前者に変わる
可能性が十分にあります。


とても大切なことをお話をしているので
じっくり読み進めていってください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): ロキ
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 16~20歳
■テニス歴(フリー04): 半年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


前回はサービスのタイミングの件について
教えていただきありがとうございます。


またまだ治ってはいませんが
少しずつなおしていこうとおもいます。


また質問なのですが、
僕はフォアハンドのショットが得意で
部活仲間にもよくなってきていると言われたのですが
両手バックハンドがダメダメだといわれました。


先輩のことなんですが、
先輩の試合が終わったあと顧問にバックハンドの差で
この試合は負けていたみたいなことを言われていて、
僕もこれから戦う中でフォアだけじゃどうしようも
ないと実感しました。


そこで試合で使えるようなバックハンドは
どのようにしたら良いでしょうか。


また、
バックハンドで深く返すにはどうしたら良いでしょうか?



--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


ロキさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


サービスはひとりでも練習できるショットなので
球数を打って上達を図ってくださいね。


そして両手バックハンドストロークについてですが
私も高校時代は同じ悩みを持ちました。


今は片手バックですが高校時代は両手バックを
使っていました。


その頃は試合で両手バックを打つ勇気がなくて
いつもスライスで返していました。


だけど
引退のかかった最後の大会は
「両手バックを使う」と心に決めて挑みました。


ミスしてもいいから両手バックを使うことを
引退試合のテーマに挙げたのです。


すると、思いのほかコートに入ってくれて
これまでで一番いい成績を残すことができました。


そこで思ったのです。


「結局試合で使わないと何もわからない」
ということをです。


練習ではそれなりに両手バックが打てていましたが
試合になるとミスが怖くて使っていなかったのが、
打てない大きな要因でした。


それを解決するには試合で使ってみて
ミスをしながらも色々学んでいく以外方法はないと思います。


深いボールを打つには
軸足でタメを作らなくてはなりませんが
それも試合でトライしないと意味がありません。


やはり緊張している状態で
軸足にタメを作るのは難しいものなのです。


なので
練習では試合形式などを多めに行って
そこで軸足にしっかりタメを作って
両手バックを使ってください。


あとはそれを本番でも再現することを心がけて
試合に臨んでください。


両手バックに限らず、
どのショットにも同じことが言えますので
頑張ってくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


大学に進学したときは今後コーチになると考えていたので
片手バックハンドに変更しましたが、そのときもなかなか
試合で使えないという悩みが出てきました。


でも一度高校時代に
「ミスしてもいいから試合で使わないと打てるようにならない」
という経験をしていたので、片手バックは結構すぐに試合で
使えるショットになりました。


それに試合は練習より集中しているので
例えミスをしても、その一球にものすごい学びがあります。


やはり一番実感したのが、
ミスしたときほど足がうまく使えていないことです。


手だけでコートに入れようとしているときほど
ミスが多いですし、入ったとしてもボールが浅いです。


そうなると
「しっかり軸足を作って振り切った方がいい」
ということに気付き始めます。


こういう考え方を持てたら
打てば打つほどバックハンドは安定するのです。


基本的にバックハンドは
日常動作にはあまりない動きなので
最初は戸惑いますが、慣れるとフォアハンドより
安定するショットだと言われています。


その利点を生かすためにも
ミスを恐れずに緊張する場面で
バンバン使っていってください。


それを続けていると、
バックハンドはあなたにとっての弱点から
無くてはならない最高の武器に変わる可能性だって
あるのです。


実際に最初は苦手だったバックハンドを
今では最も得意なショットにしている生徒さんが
たくさんいらっしゃるので特にそう思います^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これまで数々のテニス上達法動画を出してきましたが、
本当に伝えたいことは私の中にはありません。


必要なことは全部あなたの中にあるからです。


今回はそんな本質的なお話です。
まずはこちらの感想からご覧ください。


--------------ここから---------------

■名前: I
■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 36~40歳
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法(フリー03): イニシャル
■動画名(フリー04): ライジング動画


■動画購入の決め手(フリー05): 

待ちに待ったライジング特化の動画を今回いただけました。
ありがとうございます。


■動画の感想(フリー06): 


スリーさん、
こんばんは。

いつもお世話になっているIです。


今回も良質な解説ありがとうございました。


ライジングは得意&好きな方なので、
スリーさん流のまとめ&概念解説で確認が
たくさん出来た事がまずありがたかったです。


最近試合形式の練習が出来ていないので、
スリーさんからまとめていただいた事と教わった事を
普段の練習だからこそ徹底的に実践したいと思います。


まずはボールを見逃す練習をやりたいです。


改めて思った事は、
ライジングはリプルションと合わせると
色々バリエーションが組めそうです。


利き手が左利きで、
生活は右手メインなので自分なりの利点が増えました。


ライジングを決めていた時は、
両手フォアのライジングもありかな?と思ったり、
もしかしたら今まで以上にスピンでコントロールした
ライジングも狙えそうです。


ボールに対して歩いて迎えながら、
リプルションからボクシングでいうところの
ボディーブローとアッパーカットの中間の軌道での
スイング等やってみたい事が増えました。


今回も成長のヒントが満載でした。


多角的な動画の見せ方も
わかりやすくて良かったです。


ありがとうございます。


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


この感想を読んで心から嬉しくなりました。


なぜなら
Iさんは私が配信する情報を自分の中に
取り入れては咀嚼して、まったく新しいものを
生み出そうとしているからです。


私はテニスを本当の意味で楽しんでもらうには
最終的に自分で何かを生み出すことだと考えています。


そのきっかけになればと思い、
毎回色んな形で情報を配信しています。


だから
今回感想を書いていただいた『ライジング動画』
確かにライジングについてお伝えしておりますが、
私の中では「ライジングを例に挙げているだけ」
という考え方でもあります。


実際にライジングが打てるようになったり、
それまでの過程をご覧いただくことによって
「色んな気付き」を得てもらうことが最大の
目的だったりするのです。


人はこれまでとは違う角度で物事を見られるようになったら
まったく違う行動が取れるようになるからです。


私の動画を高い評価してくださる方が多いのは、
動画内で紹介していることを実行することによって
「新しい視点」を手にされているからだと感じています。


ライジングを習得することができるのですが
それだけだとそのまま過ぎて面白くないですよね。


それより新たな切り口から自分で色々見出していくことが
私たちが求めていくべき本当の進化だと思います。


最後は自分で考えて、自分にあったものを生み出す。


これこそがテニスというスポーツの魅力ですし、
個人競技である以上、コート上では誰も助けてくれないので、
自分で創造する力が必要不可欠なのです。


それらの能力はすべてあなたの中に眠っていますので
その力を引き出すことがコーチの仕事だと私は信じています。


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。