テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

今回は目玉特典の「テニス進化論3」の魅力から
たくさんの方が私の動画や紹介しているテニス上達法を
購入されました。


もともと興味があったけど
購入するきっかけがこれまでなかった
という方が、多いように感じました。


そういう意味では
「テニス進化論3」が行動のきっかけに
なれているように感じます。


もし
本当にテニスを上達させたいとお考えなら
動画は伝えたいことが一気に伝えることができるので
心からオススメしております。


実際に購入された方の声を一部紹介しますので
参考にしてください^^


--------------ここから---------------

■名前: U
■商品名(フリー02): ボレーマスター動画 
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)


■購入の決め手は?(フリー04): 

ボレーの効果的な体の使い方を知りたいため


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

かなり前から購入を考えていたのですが、
仕事の忙しさや精神的な余裕の無さから
ゆっくりとテニスに向き合う時間が取れず、
この時期の購入になってしまいました。


■スリーに一言(フリー07): 

スリーさん、毎日素敵なメールをありがとうございます。

先日個人的に辛いことが続きましたが、
スリーさんの前向きなお言葉に何度も励ましていただきました。
私も仕事もテニスも向上を目指して頑張りたいです。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■名前: I
■商品名(フリー02): サービス解体新書
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)

■購入の決め手は?(フリー04): 

トスアップがもう一つ安定せず、
”重心によって違うトスアップの打点の位置”
と言う項目に魅かれて。


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

いつも購入しているので、特にないです。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■名前: T
■商品名(フリー02): バックスライス動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)

■購入の決め手は?(フリー04): 

目玉特典動画ファイル【テニス進化論3】が観たかった為


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

TYPテニス優勝プログラムと迷いました。


■スリーに一言(フリー07): 

スリーさんのメルマガや動画を参考に日々努力しています。

スクールの他の人と比べても最短で
着実に上達していると感じていますよ(^O^)

これからも良い情報やアドバイスをお願いいたします。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■名前: U
■商品名(フリー02): アナトミー・トレインテニス動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)

■購入の決め手は?(フリー04): 

スリーさんの勧める体の使い方に注目した
考え方や練習方法が根本的に大事だと思って
いるからです!

以前、スリーさんのメルマガを愛読していました。

今回、テニスを1年半ぶりに再開しようと思いました。

そのときに、真っ先にスリーさんのことが
頭に思い浮かびました。


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

なし


■スリーに一言(フリー07): 

テニス進化論3のスペシャル特典、
すごく楽しみです!

機能分析をはじめて知ったときは、
まさに衝撃的でしたので。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■名前: T
■商品名(フリー02): バックハンド動画 
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達最短の道 アメブロ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)

■購入の決め手は?(フリー04): 

購入者の感想をみて気になったので


■スリーに一言(フリー07): 

今回の動画大きなヒントになったと思います。

特にテークバックが大きくなりすぎる癖があった為、
正しいテークバックのポジションが分かり霧が晴れた
感じすらしました。ありがとうございました。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■名前: K
■商品名(フリー02): レシーブ動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)

■購入の決め手は?(フリー04): 

以前から見たいと思ってました。


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

ちょうど特典があったのでタイミングよかったです。


■スリーに一言(フリー07): 

おかげ様で私、上手くなってますよ(笑)


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■名前: H
■商品名(フリー02): ダブルス後衛の仕事
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)

■購入の決め手は?(フリー04): 

ダブルス前衛の仕事がとてもよかったので


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

迷うことなく購入しました


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■名前: K
■商品名(フリー02): ダブルス前衛の仕事
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)

■購入の決め手は?(フリー04): 

ゲームで前衛の動きがわからず足が止まってしまうから


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

再現性があるか


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■名前: S
■商品名(フリー02): フットワーク動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)

■購入の決め手は?(フリー04): 

フットワークがうまく使えず、無理な体制でショットを打ち、
ミスする事が多くフットワークを改善する必要性を感じていた所、
今回の購入者特典が後押しとなり購入致しました。


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

もう少しうまくなってからでもいいのかも
しれないと考えていた所です。


■スリーに一言(フリー07): 

いつも拝見しています。
体に気を付けてこれからも情報を発信してください。


--------------ここまで---------------


とりあえず一回でも動画を見てもらえれば
コストパフォーマンスの高さがわかってもらえると思います。


実際に上達の速度もうまくなった実感も
動画をご覧になった方からビンビン伝わってきます。


なぜなら
一般的な指導法とは観点が違うからです。


と、私が自分のことを言っても
信ぴょう性がないので購入者さんの声を
紹介しています。


私自身、インターネット上の
テニススクールでレッスンをしているつもりですよ^^


テニスコーチである私の仕事がテニスの素晴らしさを
広めることなので、コート上でもネット上でも
全力投球でいきますから、ついてきてくださいね!


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から楽天ジャパンオープンテニスが
東京で始まります。


ATP500の大会なので世界の有名選手が集います。


私は普段レッスンなので
行けるとしても日帰りでの決勝戦観戦でした。


しかし
最近10月以降のレッスン予定表が発表されたのですが
なんと楽天オープン期間中と休みが重なったのです。


しかも
イベントの担当にも入っていませんでした。


「これはひょっとしたら見に行けるのでは」


そう思い、
楽天オープンのチケット販売を調べてみると・・・


自由席以外完売。。。


さすがに大阪から東京まで行って
選手を遠くから見るのはちょっと悲しい気がします。


でも
今まで見に行きたかたけど、
日程が合わなかったことを考えたら
これはチャンスだと思いました。


そこで
ネットオークションを調べてみました。


すると、定価より割高ですが
頑張ったら手が届く価格で出品されていました。


しかし
今までネットオークションに参加したことがないし、
落札価格がどこまで高騰するかわかりません。


仮に落札して入金しても
ちゃんと送ってくれるのかという不安もあります。


そういう色んなリスクを考えたら
諦める気持ちが段々芽生えてきました。


でも
私は普段から「行動こそが進化する方法」
何度も訴えてきました。


なのに
自分は何もしないのはどうかと思ったら
自然と体が動きました。


そして
気が付けば生まれて初めての
ネットオークションに参加していました。


まったく要領がわかりませんでしたが
価格が許容範囲を超えたら諦めようと決めて
入札ボタンを早速「ポチ!」。


他の人がさらに上の価格を入札してきたら
負けじと「ポチ!」。


ワンクリックで500円ずつ値段を上げて
入札できるのですが、できれば相手に諦めてと
願いながらクリックしていました。


それを何回か繰り返していたら
なんと自分が落札できたのです。


「やったー!」


初めてのオークションで欲しかった席のチケットを
落札できたのです。


そのあとは出品者の方と個人的にやり取りをして
入札額を振り込んだらすぐにチケットが自宅に届きました。


正直、
チケット価格は定価より何千円か高くなりましたが
それ以上に新しい経験と、初めてのオークションを
体験できた感動の方が大きかったです。


まだ試合を見ていないのに
すでに何かを得たような感覚です。


確実に言えることは
オークションに参加する前の自分より
今の自分の方が経験値は高くなっています。


これが仮に失敗につながったとしても、
経験値は何もしていないよりかは高くなります。


失敗したら、
「もっと調べてからオークションに参加すればよかった」
という教訓を身を持って得ることができますからね。


ちなみに今回、
私はこれまでの色んな経験から、


「利用するオークションの信用性」

「落札できなかったときの対策」

「自分が出せる限度額」


を調べておきました。


これまでの人生で経験してきた色んな失敗から
事前に何を調べておくべきかが見えたからです。


結局、
これまでの失敗の積み重ねが
これから起こりうる大きな失敗を
回避してくれる可能性を高めてくれるのです。


これってテニスでも同じですよね。


これまでの失敗の積み重ねが
敗北という結果から遠ざけてくれるのです。


だから
自分が受け止められる失敗はバンバンしても
いいというのが私の考えです。


ちなみに
私の過去の大きな失敗は
初めてのひとり暮らしでした。


賃貸なのになぜかオーダーカーテンのお店に入り
何万円ものカーテンを購入したのです。


ちゃんとカーテンの相場を調べておけば
既製品でよかったのです。


なのに
たまたま近所にカーテンショップがあったから
何も考えずに入ったのが失敗でした。


しかも
そんな立派なカーテンに囲まれた賃貸には
たった6ヶ月しか住みませんでした。


次の家の窓にはまったくオーダーしたカーテンの
サイズが合わなかったので、半年でお役御免です。


それ以降、自分への戒めとして
そのカーテンを捨てずにずっと保管しました。


結構場所を取られるのですが
それでも失敗を忘れないために
持っておきました。


お陰でそれ以降、
何を買うにもちゃんとリサーチするようになったので
買い物を失敗することはなくなりました。


そう考えると
今回の楽天オープンのチケットは
自分にとってはなかなか高価な買い物になりましたが
最高の自己投資になると確信しています。


世界のテニスを生で観戦することによって
得れることはたくさんあると思いますし、
今回の錦織選手フィーバーを肌で感じる
チャンスでもあります。


これらは必ずテニスコーチとして
あとから活きてきます。


それに
席は選手ベンチ側なので
テレビに映るかもしれません(笑)


生徒さんにはテレビをチェックしといてくださいという
話のネタを提供できたので、すでに活用できています^^


というわけで、
あなたも楽天オープンを見る機会があれば
2回戦初日の選手裏の観客席にも注目してくださいね(笑)


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の読者さんに「Kさん」という方が
いらっしゃいます。


Kさんは今年になって私の記事を発見されました。


それ以降興味深くブログやメルマガを
読んでくださっています。


そして
私が作成しているテニス上達法動画も
すごく気に入ってもらえたようで
短い期間に何点も購入してもらっています。


最初はテニス上達法動画への印象を
「怪しい~」と表現されていたのに
今ではほとんどの動画を購入されていますし、
共にテニスを語り合える仲です^^


そんなKさんのテニス上達法動画のご感想が
たくさんあるのでシェアしたいと思います。


今回の目玉特典である「テニス進化論3」
手にしたいけど、どのテニス上達法動画を購入するか
迷っているという声をたくさんいただいています。


なので
すべてではありませんが、Kさんが手にされた
動画の感想を参考にしてくださいね^^


--------------ここから---------------

■名前: K
■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 41~45歳
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法(フリー03): イニシャル




回転系サービス動画の感想です。


さっそく昨日コートを借りて練習しました、
その後レッスンにも参加して手ごたえ感じました。


これまで何年もセカンドサービスが安定しませんでしたが、
なにかきっかけが見つかればと思い購入しました。


動画は基本と練習メニュー、つまづき易い
ポイントをおさえてある内容でした。


正直、半信半疑でメニューどおりに
練習を繰り返したところびっくりするほど
安定したスライスが打てました。


どうしてもフラット感覚が抜けない
回転サービスだったのがキレイに安定して
当たるようになりました。


打つ前に「これは入るな」という感覚が
明確になったことが何より大きいです。


入るべき理由も、どこに注意していれば
よいかもはっきりと分かってきました。


サービス動画も購入していたので、
フラット系との違いが明確に分かったのも
大きかったと思います。


もともとサービスはパワーは充分足りていたので、
今回のスライスでの感覚がわかりファーストでも
まったく問題なく使えるスライスサーブになりました。


しかも安定するので助かります。


これからはコースを狙うことに集中できそうです。
しばらくは練習メニューを繰り返しインパクトの
感覚をより研ぎ済ませたいと思います。


ちなみにスピンはネットが多かったり、
回転減らすとアウトしたりと安定しませんでした。
どうやら体を無駄に動かしていたようです。


動画のおかげで力を無駄なくボールに
加えられるようになり良い感じで
はいるようになりました。


握りもポイントだったようです。


こちらはバックサイドに安定して
入れられるように練習してからの実践投入ですね。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------



リプルションスイングの解説にとどまらず
具体的な体幹の使い方について詳しく説明があり
興味深く見させていただきました。


軸足についても分かりやすく説明されています。


さっそく昨日のレッスンで試しました。


リプルションスイングはテイクバックのタイミングが
慣れないので難しかったですが、これまでの打ち方でも
コンパクトテイクバックで体幹・軸足をイメージすると
安定してしっかりしたショットが打てました。


さらにコンパクトテイクバックにできるよう
意識して続けていきたいですね。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■動画名: フットワーク動画
 

ステップの基本ありがとうございます。


昨日は自宅前で後ろからの軸足作りを
基本にやらせてみました。


息子は左利きなのですが、
左足の軸足が作りにくいと話していました。


そういえばフォアはバックに比べて
食い込まれたりすることが多く、
こちらは「前で、前で」と言うばかりで
根本的な原因を理解していませんでした。


おそらく左の軸足がつくりきらないまま
スイングに入っていたのでしょう。


球出しで1球目バック、走って2球目フォアの時に
多く現れるので、フォアの時に後ろから入りきれて
いない事も原因だと分かりました。


またスイッチシフトも意識させることで
動きやすさを感じていたようです。


ステップは基本ですが何となく後回しにしていました。


どこまでが基本か分からなかったので
伝えにくかった部分もあるかと思います。


今回はちょうど良かったです。


日曜日はランキング戦なので、
その前に一度ステップ中心で練習をさせ今後は
メニューの一部でやり続けたいと思います。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■動画名: バックハンド動画


バックハンド動画の感想です。


バックハンドはスライスを多様してます。


なぜかというとテイクバック、インパクト、
フィニッシュにかけて面がキープされ
可動域も少ないので常に「入るな」という
安心感の元でラケットを振っていられるからです。


これに比べスピンはインパクトから
フィニッシュにかけて「どうかな」という不安感が
ぬぐえず試合で使い物にならないからです。


良いスイングかなと思ってもはいらなかったり
・・・が続くとその迷いがスイングに影響し
悪循環といったところ。


フォアはスピンでも迷いなく振れるので
恐らく根本的な原因があるんだろうと
思いながらも目を背けてました。


そこで動き方の根っこをフィーチャーする
スリー動画ならもしや?と思いダウンロード!


一通り見てイメージを膨らませテニスコートへ走へダッシュ。


私の利き目は案の定、左。


両手バックの練習で左手のフォアハンドというのは
よく聞きますが、片手でも同じような体の使い方が
あるのは新鮮でした。


が、いまいちフォアのように
おもいきったスイングができない。


しかし、
この動きにオポジットフォースを加えると
自分の意思を飛び越え大きくラケットが
振れるではありませんか!


続けているとフォアハンドとイメージが
一致するのを何度か感じました。


これはボールをむかえる時の距離感や
タイミングであったり、インパクトでの面を
感じながら振っていけるというような、
かなり感覚的なものです。


フォアハンドが得意な自分にとっては
とても大いなる一歩になりそうです。


まだまだ練習は必要ですが
方向性が固まったことを良しとしましょう。


両サイドのステップから慣れない足での
オポジットフォースは膝を柔らかく使う必要があり
足への負担も大きいですが、ここはトレーニングで
のり越えましょう。


それにしても
おかげ様でバックハンドがかなり安定してきました。


腰の回転と一体化させてラケットを振っていく
感じで自分のイメージどおりに飛ぶようになってきました。


ラリーなどでは良い感じで打ち続けることが出来てます。


打球の高さ調整がもうひとつ安定しないので
試合ではまだまだですが、確実に手ごたえ感じてます。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------

■動画名: サービス動画


サービス動画の感想です。


ジュニア育成プログラムとかぶるようなところもありますが、
これは一般的なサービス解説とも同様なのでしかたないでしょう。


トスの部分は持ち方、上げ方、練習、慣れ方など
分かりやすかったです。


あげる場所についてもうすこし
説明欲しかったです。


トロフィーズポーズまでの動きも
分かりやすかったです。


後ろ足重心はやりにくかったです。
私は前足重心のようですね。


ただ前足に重心がのった状態からトスアップで
後ろ重心→前重心ともっていったら最終的には
前足で蹴り上げるのが自然に感じますが。


プロネーションに関しては練習方法が
わかりやすく解説してありました。


まだ筋力の足りない息子に教えている身としましては、
肩の角度や握りと体の開きの関係が非常に助かりました。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------


■動画名: ボレーマスター動画


ボレー動画参考になりました。


素振り?足振りの練習を毎日やってます。


ボレーは腕と足で壁を作るんですね。


腕の動かす範囲がはっきり分かったのは
練習する上で非常に助かりました。


足の壁もうまくいった時は気持ちよく
力が伝わっていくのがわかります。


レイバックとの組み合わせは決まると
非常に気持ちよいですね。


ボレーは壁うちの練習方法ってやはり無いですかねぇ、
逆に足を動かしづらく下手になったりして。


スピードボールの対処にレイバックは、
どちらかというと使ったほうがいいのでしょうか?


スピードボールにはどうしても
打ち負けてしまうことが多いです。


動画ファイルの説明を聞いていると、
打点が遅くなっているのが原因なのかなぁと
感じています。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------



スマッシュ動画大変参考になりました。


よく言われるサービスとの違いですが
すごく分かりやすくはっきり打点の違いが
わかりました。


私は下がり遅れることが多く、
打ち切れないようなミスが多発していました。


早く下がりやすいステップから、
動くのをあきらめて軸を決める方法、
足の入れ替えなど実践的で助かります。


壁打ちで確認してからレッスンに向かいました。


レッスンでは試合形式で3本ほどロブが上がりました。


すべて下がりながらのつなぎのスマッシュでしたが、
これをつなぎでしっかり入れられた事が大きかったです。


無理できない状況を理解して、
軸を作って足を入れ替えて面を合わせる。


私の場合
つなぎの状況で打たなければいけないことの方が多いので、
この方法に磨きをかけていこうと思います。


無理して打ち切ろうとしていたスマッシュを
今後は考え方を切り替えて、軸足をつくるまでを
目安に割り切っていこうと思います。


次のレッスンでは素早く下がって
プレストレッチを活かしたスマッシュを
打ちたいですね。練習ではいい感じだったんで。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------




ダブルス前衛ということでさっそく
ダウンロードさせてもらいました。


前衛でポーチにでる以前に届く範囲のボールを
失敗するとついつい弱気になってしまいます。


練習では出来て、
試合で失敗するのは待ちの姿勢が多すぎることが
原因なのではと映像を見て思いました。


練習では飛んでくるコース、打つべきコースが
ハッキリしていますが、試合では相手に合わせ
判断が遅れミスにつながります。


ただポーチにでるものだと考えると話が違ってきます。


ボールが飛んでくる確立の高いコースに移動し、
打つべきボレー、コースを決めておいて合わせる。


映像をみていて前衛が攻めることが
必ずしもミスが増えることではないと気づきました。


具体的なポーチのポジション、ボレーのバリエーションも
実用範囲内で参考になりました。


昨日はドロップボレーを練習しました。


正直、軸足の膝を落とすのはすごく難しいですが
ラケットを大きく戻し地面につくほどまで動かす
動作は参考になりました。


試合で使えそうな手ごたえなので、
パンチボレーとドロップを巧く使い分けて
楽しもうと思います。


ポーチのポジションをとる醍醐味も
積極的に取り入れようと思います。


映像は満足いくものでしたが、
できましたら後衛の強打に対するブロックボレーを
伝授して欲しいです。どうしてもアウトしちゃいます。


--------------ここまで---------------


--------------ここから---------------



足の動かし方によるテニスにこだわっています。


スイングにはいる時もそうですが、
そうでない時もいかにシンプルに有効に足を運べるか、
ショットに生かせるかを大切にしています。


ただ自分で考えて行っているので
正しいのかどうか常に自問自答しています。


今回の動画はそういった意味でかなりツボにはまりました。


ファーストボレーの質を高める為に
スイングと体の使い方だけでなくステップを
有効に解説してありました。


購入直後から、サービス、リターン、ストロークの
どの展開からでも質の高いファーストボレーを
ひとつの目標として集中練習しました。


はじめはなんでもかんでもファーストボレーの質にこだわり
上手くいかないことも多々ありました。


当然アプローチの質によってファーストボレーの
難易度は変わるので、ファーストボレーまでの
1球1球の集中力と戦略がずいぶん変わったと思います。


動画を何度も見て、レッスンなどでも意識して
ファーストボレーを打っていたらコーチが
こちらの意図を読み取ってくれたようで
沈み込む意識や体の残し方などいつも以上に
ボレーに対して丁寧に教えてもらえました。


アプローチはまだ2段階崩しですが、
イメージどおりの質の高いファーストボレーまで
到達することができつつあるので、このまま
ファーストボレーにこだわっていきたいですね。


今回の動画はファーストボレーの打ち方はもちろん
アプローチの組立て1球の重要さにあらためて気づかされました。
感謝しております。


--------------ここまで---------------


こうして実践していただけると
作った側としてはすごく嬉しいです。


私としては色んな方が抱いているお悩みを
解決する一番の方法は動画を見てもらうことだと
確信しています。


大事なお金を払って手にするわけですから
動画を真剣にご覧になられますし、本気だったら
そのあと実践に移ります。


私の動画は映像で紹介していることを
実行してもらうことによって効果が出るように
作っているので、ただ見て納得だけでは意味がないのです。


だから
実行できる本気の方だけに買ってもらいたいです。


しかも、目玉特典などのプラスアルファーも
用意しているので、お値段以上の満足を手にして
もらえます。


購入者の9割がリピーターなのは
その証明だと感じています。


特に
今回の目玉特典である「テニス進化論3」
有料級のテニス上達法動画です。


本当は4,600円で販売する予定だった動画なので
これが特典で手に入るのは今しかありません。


目玉特典に関しては
こちらに詳しく説明しておりますので
ぜひうまく活用してくださいね^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

もしあなたが試合に出て
本気で勝ちたいと心から思っているのなら
今回お話していることをちゃんと受け止めてください。


オンコートでの練習は当然必要ですが
試合に出る人はみんな取り組んでいます。


正直、他の人と同じことをしていては
同じ結果にしかなりません。


私が試合で勝てるのは
他の人が行っていないオフコートでの
やるべきことを取り入れているからです。


私に勝つ人は当然ある程度技術も高いですが、
それ以上にオフコートの質が高い人です。


これは本当の話です。


今回はそんなオフコートで
何をするべきなのかをお伝えします。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): たかな
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 56~60歳
■テニス歴(フリー04): 約20年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 感想
■内容を教えてください。(フリー09):  


【たかなさんのご感想】


ご無沙汰しております。


毎日スリーさんのメルマガ楽しく拝見してます。


9/24の【テニス上達法】メルマガで仰ってたように
私も試合当日は会場に約1時間前に着くように心掛けてます。


最近は試合に参戦してませんが・・・。


確かに、殆んど参加者を見掛けませんね。


なんでみんな余裕を持って来ないのか
不思議でなりませんね。


自分は一番にメンタルコントロールを大切に感じてます。


出来ていないからです。


それとコンディション
(大概試合前の練習はサービス4本のみのため)
を自分なりに高めています。

 
でも、
ダブルス・ペアとの協調の意味では唐突に、
試合当日は何時に集合って言うのでなく
普段からの意気投合が大事なのでしょうね。

 
コンディション、モチベーションの
調整は個人個人で違いますものね。

 
今回のメルマガを拝見して、
思わずそうそうって思い書いた次第です。
ごめんなさい。

 
毎日身になり楽しく拝見致してます。
ありがとうございます。
 

--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


たかなさん

ご感想ありがとうございます!
スリーです^^


私自身、試合をしていて一番感じていることが
あります。


それは
「普段の練習でいい状態の自分を出せるかどうかが実力なんだ」
ということです。


スッキリしない負け方をしたときは
大抵自分の力を出せなかったときです。


その都度、「本当はもっと打てるのに・・」って
悔やんでも、結果的に力を出せなかった自分の実力が
なかったことになるのです。


なので
私は普段の練習では「質」「再現性」が大事だと
お伝えしていますが、それと当時に本番で力を発揮する術も
磨いてもらいたいと考えていました。


試合会場に1時間前に到着するのは
本番で力を発揮するためのひとつの術ですよね。


当然、これ以外にも色んな方法があって
それら自分に必要なことすべてで
「準備」と呼びます。


その準備が出来るかどうかが
本番のプレーが決まることを
多くの方はあまり知りません。


だから
今回大々的に「試合前の準備」について
クローズアップしました。


たかなさんも同じ気持ちだからこそ
今回のメールをくださったと思います。


確かにダブルスなどは人それぞれ考え方も
生活も違うので、なかなか一致するのは難しいですが
だからこそ普段から共通した準備方法を確立しておかなければ
なりませんね。


そういう難しさもあるからこそ
多くの方が「準備の大切さ」に着目してもらえれば
嬉しいです^^


共感していただき
ありがとうございました。


今後共よろしくお願いします!


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


どれだけ練習で理想のテニスができていても、
本番で調子が悪いと、練習でいいプレーのイメージがある分、
そのギャップでものすごく苛立っている人を見かけることがあります。


また、
練習でスーパーショットを連発する練習相手を見ていると、
「練習だけしかできないことをやっているな~」を感じます。


でも
本人はこれらのことをそこまで重要視していません。


それは「コンディション」という概念がないからです。


ハッキリ言って、
試合は相手と戦う前に、自分と戦わなければなりません。


それこそ、

「体調面」「練習とのギャップ」「場の雰囲気」

「試合独特の緊張感」「負けたくないという気持ち」


・・・


これら以外にもたくさん不安定要素が
試合には存在します。


このように対戦相手以外の敵とも
戦わなければならないのが試合です。


そのためにもオフコートで
試合前にコンディションを整え、
不安要素を減らしておく必要があります。


ちなみに
コンディションとは肉体面だけではなく
精神面も踏まえてです。


だけど
ほとんどの方はこれらコンディション作りの
方法をご存知ないですよね。


多少は知っているけど何となくの知識だったり、
人に話せるほどまとまった落とし込みができていなかったりで、
手探り状態の方がほとんどだと思います。


正直なところ、
私自身も試合前のコンディション作りは
そこまで知識を持っていませんでした。


ある程度知ってはいましたが、
全体像を語れるほどではなかったので
断片的な情報しか配信できていなかったのです。


だからこそ
色んな本を読んだりセミナーに参加したりして
コンディションについて勉強していました。


そんな中、出会ったのが
前回ご紹介した「TYPテニス優勝プログラム」でした。


正直、これまでの私の情報配信の比率は、
9:1の割合でオンコートで役立つ内容でした。


しかし
本当はもっとコート上以外でできる
オフコートのやるべきことも配信したいと
考えていました。


そういう意味では「TYPテニス優勝プログラム」
ご覧いただくことによって、オフコートでやれることも
グッと増えてきます。


理想の比率は
オンコート7割、オフコート3割の
7:3の割合だと考えております。


先日公開しましたが、
有料商品と同じくらいのクオリティーである
「テニス進化論3」を目玉特典にしたのは
それだけコンディションの重要性を伝えたいからです。


とは言え、
特に試合に出る予定のない方にはそこまで必要では
ないと思いますので、本気で試合に勝ちにいきたい方のみ
検討してみてください。

 ↓ ↓ ↓

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。