テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

最寄り駅でビアガーデンが開かれていました!

暑いこの季節には最高ですね^^











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例えば、
「今日は重心を落としてプレーし続けるぞ」と、
自分にテーマを課して練習するとします。


でも
途中から違う課題が出てきたり、
自分のプレーに夢中になって
最初に課したテーマを忘れてしまっていた
なんてこと、結構ありませんか?


何か課題を持って練習することは大切ですが
それを貫き通すのは意外に難しいのです。


そんなときは
今回紹介する練習法を取り入れてください。


まずはこちらのご質問からどうぞ!


--------------ここから---------------

■性別は?(フリー01): 男性
■年代は?(フリー02): 41~45歳
■テニス歴は?(フリー08): 18年
■シングルス派?ダブルス派?(フリー09): シングルス派

■何かご意見・ご感想などございましたら教えてください。: 


【Hさんのご質問】


通常のアドバイス(スクールでも)では、

・早くラケットを引いて
・足を踏み込んで
・脱力して打つ

などの話は聞くのですが、
それは分かっているのですが、
できないので困っています。


それが出来るようになるための
「意識の持ち方(直接的ではない)」
「練習方法」が分かる情報を知りたいです。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Hさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


早くラケットを引くのも、足を踏み込むのも、
脱力するのもすべて「時間的な余裕」があるから
成せることです。


時間がないと振り遅れるし、踏み込めないし、
力が入ってしまいます。


なので
これらが出来ていないリズムでプレーする限り
時間的余裕は生まれませんので、リズムを変えるしか
ありません。


その練習法として
「2球でラリー」をオススメします。


Hさんもラリーをする相手の方もそれぞれに
ボールを用意しておき、同時にボール出しをするのです。


そうすると
飛んできたボールを打った直後に
次のボールが飛んできます。


感覚的にはいつもの倍早いテンポになるので
それに慣れましょう。


そしたら
実際に1球でラリーしても、同じテンポでボールを待てたら
余裕がある中でプレーできます。


その結果、
ラケットの引きは早くなり、踏み込む時間と
脱力できる余裕が生まれます。


非常にシンプルですが
効果的な練習法ですので
一度トライしてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私が技術的に上達できたと感じているのは
高校のときにテニススクールに通い始めたからです。


そのスクールは球足の速いハードコートだったので
学校のクレーコートに比べると、ボールの伸びが
全然違いました。


普段、土のクレーコートに慣れている分、
いきなりハードコートでストロークをしたら
かなり振り遅れたのを覚えています。


でも
自然と準備が早くなっていくと、振り遅れもなくなり、
ハードコートでもいつも通り打てるようになっていました。


そうなると、
学校のクレーコートはもっと余裕が生まれました。


その結果、
早い準備が自然とできるようになり、
体重を乗せたボールが打てるようになっていました。


このような感じで、
半強制的に自分に負荷を与える練習は
乗り越えたら知らぬ間にレベルアップできるので
オススメです。


最初はできないからストレスを感じるかもしれません。


しかし、
できないことができるようになるから
練習が楽しかったりします。


なので
論理的に色々考えて練習する方法以外に、
なかなか成立できない練習に挑戦するのも
いいものですよ。


今回紹介した「2つのボールを使ったラリー」
「いつもより球足が早いコートでの練習」以外にも
アイデアひとつで色々負荷を作れますよ。


例えば、
普段使っているラケットより
面が小さいラケットで練習すると、
真ん中で当てる能力が高まります。



真ん中以外はうまく飛ばない
100平方インチ以下のフェースがオススメです。


それ以外にも、ボールが見にくい
ちょっと暗い場所で練習すると
ボールを見る力が養われます。


そう考えると、
どう跳ねるかわからないイレギュラーが
多いコートも、反応を高める練習だと思えば
集中して取り組めます。


以前もお話しましたが、
試合はそもそも不安定なものなので
安定した環境だけではなく、不安定な中でも
練習してくださいね^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

目標って目指しているときは大変ですが、
そこまでたどり着いたら、意外にそこまで
感動しなかったりしますよね。


その代わり、
それまでの過程は自分の財産として
いつまでも残ります。


そう考えると、結果は裏付けであって
私たちが本当に注目すべきは過程だと思います。


今回は実際に目標を達成された方の
ご報告を紹介します。


結果がついてきた裏側にある過程に注目しながら
読み進めていってください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): H
■性別(フリー02): 男性
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08): 


【Hさんのご報告】


スリー様

 
いつもお世話になっております。
 

昨日ようやく地元のクラスBのシングルス、ダブルスで
どちらも優勝することが出来ました。
 

少し長いのですが人に話すことがないので初めて
振り返ってみます・・

 
テニス歴は小学生のときから断続的に15年ほどになりますが、
大学では体育会系で鍛えておらず、大学院では都内のスクールで
天狗になって今の地元でけちょんけちょんにされ、
スクールに通うもコーチからくせを治せないので教えられないと言われ、
今のサークルにたどり着き、しばらくのんびりやってました。

 
サークル内で少し勝てるようになり、少し自信がついて
ここ数年はダブルスのみに出ていました。
 

ただクラスBでもなかなか勝てずシングルスは勝ち方が分からないので
ずっと出ていませんでした。
 

転機は4年前から長男がテニスをするようになり、
もっとうまくなりたい気持ちが強くなってきて、
去年から本格的にシングルスもダブルスも
出るようになりました。


シングルスで格下と思ってた人に完敗して
いまのスクールに入り、フォアバック、ボレー、
サーブすべてをコーチに修正してもらいながら
ここまで1年かかりました。

 
スリーさんの日記も毎日見て、自分のやりたいプレースタイルを探し、
使えるショットを選び、弱点のサーブとボレーをずっと練習し、
春の大会ではS予選負け、D3位の成績でしたが、夏の大会では
上記を結果を得ることが出来ました。

 
サーブのフォーム、シングルスの考え方、メンタルの保ち方、
フォアの重心移動、バックの安定化などいろいろ参考にさせてもらい、
いろいろアドバイスをいただいていたので非常に感謝しています。
 

まずはお礼が言いたくてご連絡しました。

 
ただ実際優勝してみてですが・・
結構ほかの人たちが優勝して泣いてたりしてるのを見ていたので
自分も泣くか、喜び爆発かなと思っていたのですが、意外と冷静でしたw
 

隣りでクラスAの決勝戦のプレーを見てそことの差を実感したり、
強風で自分がやりたい攻撃的にスピンで相手を振ってボレーで
詰めるスタイルがやりにくく、スライス系で相手のミスをさせる展開だったり、
緊張からショットのミスが多かったり、相手からクレームつけられたり
いろいろあったからもしれません。

 
Play中も勝ち負けでなく、自分のプレーをすること
(大振りせずコンパクトに先にコース振ってしかける)
を徹底して意識したから?
 

結果(勝ち負け)でなく、過程(自分のプレー)を
意識していたからかもしれません。

 
ここ最近いつもテニスの試合の
シミュレーションをしています。
 

もっとこうありたい、
うまくなりたいプレーのイメージが出来ています。
 

だからですかね?優勝できなかったら泣いてたかもしれませんが、
「登りきった山は低く、隣りにもっと高い山がありましたw」
中学生高校生くらいのときにもっと必死で全力でテニスやっていたかったなー、
と今になって思います。


それくらいテニスに夢中です。
 
 
私のテニス観が形成できたのはスリーさんのおかげです、
感謝しています。ありがとうございました。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Hさん

単複優勝おめでとうございます!
スリーです^^


素晴らしい快挙ですね。


それまでの過程を読ませていただいた限りだと、
すごい紆余曲折があったんだと感じました。


でも
そこであきらめずに、自分に必要なことを学ぶ姿勢が
今回の優勝にたどり着いたのだと思います。


なかなか
ここまでしっかり自分のテニスをお持ちの状態から
人の意見を受け入れるのは、結構難しいです。


しかし
Hさんは一年かけてコーチと基本を磨いたり、
私の情報を参考にされたりと、非常に柔軟性が長けて
いるのでしょう。


これらは高い向上心や謙虚な姿勢がなければ
なかなか出来ないことですので、きっと優勝されても
次への目標に気持ちが切り替わっているのだと思います。


こういう気持ちは今持てる方が私は幸せだと
考えています。


学生の頃だと卒業や引退という節目がありましたが
今夢中で取り組めるのなら、きっとこの先もずっと
テニスを真剣に取り組めるので、長く楽しめます。


なので
これからもワクワクするようなチャレンジの日々を
全力で満喫してくださいね^^


ご報告嬉しかったです!


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


ちなみに
私は周りから「頑固」と言われます。


なかなか自分の意見を変えないし、
納得がいかないと他の考えが入ってきません。


それがプラスに働くこともありますが、
トータルで見ればマイナスの方が多いと思います。


結局ひとりの経験値なんて狭い世界です。


それよりたくさんの人の経験を集めた方が
ずっと世界は広がります。


その中から自分に合っていると思うもの試してみて、
よかったら吸収し、そうでないものは捨てたらいいのです。


私が今まで見ている限りだと
どの分野でも『取捨選択』が上手な人ほど
伸びています。


過去の成功に囚われすぎて
人の意見が聞けない人は伸びません。


今回報告をくださったHさんは
それが優勝に大きくつながっていると
思います。


ただ、
自分を見失うと何を信じればいのかが見えなくなるので
「自分の軸」は明確に持っておいてください。


私としては「自分の軸」「色んな意見」を見つける
場所の提供だと思って、毎日記事を書いたり、
音声や動画を作成しています。


最後はあなた自身が『取捨選択』して
自分自身を作り上げていくものだと思いますので
これからも行動ベースで頑張ってくださいね^^


では!


スリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「営業は断られてからが始まり」という言葉を
私がテニスコーチをする以前の職場で教わりました。


入りたての頃はちょっと断られただけで
心が折れて退いていたのです。


今思うと「~だったから」と言い訳ばかりして
相手がなぜ断ってくるのかの理由を探そうと
していませんでした。


つまり
自分のことしか考えていなかったのです。


でもそこから
「相手を巻き込む」という発想になり、
何が起こっても向き合えるようになりました。


今回はそんな問題解決のお話です。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): ルドルフ
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 1年半
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): アメブロ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08): 


【ルドルフさんのご質問】


こんにちは、ルドルフです。


今回は技術のこと以外のことをお聞きしたいのですが……


スリーさんはテニスをしたくても相手がいない、
やる場所がない、といった状況になったことはありますか?


ぼくはまさにその状況です。


無茶な質問かもしれませんが、
こういった環境を変えるのに
何かいい方法はありませんか?


出来ればでいいのでお願いします。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


ルドルフさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


たまに今回のような相談を受けることがありますが、
多くの方は試合会場などで仲良くなった方と
練習されるそうです。


そうすることによって環境も練習相手も
両方手に入ります。


必要なのは勇気と行動力です。


最近だと、
知り合いの人が自転車で日本一周しながら、
通りすがりのテニスコートに入って練習相手の
お願いをしていました。


正直、私はそこまでできませんが
究極のメンタルトレーニングですよね。


私の場合、
学生時代に友人の学校に練習しに
行ってました。


もしそのような友人がいれば
一度トライしてみてもいいかもしれませんね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私は色んな経験をする中で
最も大事なことに気付きました。


それは、
「あきらめないこと」です。


何をするにしてもあきらめた地点で
終わってしまいます。


目標があるのなら、例え何があっても
最後まで自分ができることを全力で取り組むべきです。


そして、
それを楽しむことが重要です。


「さすがにこの窮地はどうしようもないだろう」
と、誰もがあきらめてしまいそうな状況から
いかに抜け出せるかを楽しむのです。


私の経験上、
ひとりで解決しようとするのではなく、
周りの人を巻き込んだら、段々答えが見えてきたりします。


「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがあるように、
色んな人の意見や考えを取り入れて、あきらめずに頑張れば
大抵のことは解決できます。


そう言えば学生時代に、
大学のテニスコートが工事で使いなくなるという
緊急事態がありました。


もうすぐ関西学生リーグという年に一度の
大きな大会が控えていた矢先だったので
かなり焦りました。


でも
みんなで大学近辺のテニスコートを探し、
何とか練習場所を見つけ出しました。


そのときは危機感より、
大事な大会直前でコートが使えなくなる事実と、
みんなで自転車に乗ってコート探し回るサイクリングを
楽しんでいたような気がします。


基本的にハプニングが起こると
みんなで力を合わせやすくなります。


だから
何か困ったことがあれば、
あきらめずに周りを巻き込んで、
解決するという発想を大事にしてください。


何か悩みがあれば質問することによって
私を巻き込んでもらっても構いませんので
一緒に前に進んでいきましょうね^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

結構多くの方がストロークを主体に
練習されていますが、試合で勝つことを目的に
されているのなら、ちょっと視点を変えてみてください。


練習は結局のところ、
本番に向けての準備です。


では一体、
何を準備すればいいのか?


まずは
試合で勝つことを目標にされている方からの
質問をご覧ください。。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): へてろ
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 31~35歳
■テニス歴(フリー04): 7
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【へてろさんのご質問】


トス時にサーブ、レシーブどっちをとるべきでしょうか?


スリーさんいつも勉強させていただいてます。


今回はトスの時にサーブを取るべきか、
レシーブを取るべきかで相談させて下さい。


サーブはそこそこ自信があるのですが、
それ以上にレシーブに自信をもっているので
いつもレシーブを取っています。


しかし、
先日の試合で1ブレイク差で負けてしまいました。


意外と相手のサーブがブレイク出来ず、
自分のサーブも意外とキープ出来ており、
いい勝負だったのですが、中盤ダブルフォルトから
ブレイクされてしまいました。


この試合だけを見ると先にサーブを取っておいて
スコア的にリードの展開を続けて相手にプレッシャーを
かけておけば良かったなと思います。(結果論ですが)


また、
予選と本戦2試合ずつで計4試合でブレイクは
この1回だけしかされていないため、今後はトスで
サーブを取るべきなのかな?と考えもします。


しかし、
私としては最初の1ゲーム目はお互い調子が上がってないので、
ブレイクチャンスだと考えてますのでレシーブを取りたい気もします。。


まぁ、相手次第、自分の調子次第なのかもしれませんが、
何か良いお考えがありましたら教えてください。


よろしくお願いします。


ちなみにその相手とは準々決勝であたり、
その相手はそのまま優勝しました。


1ブレイク差だったのに・・・と、とても悔しく感じてます。
(その1ブレイクが大きな差ではあると思いますが・・・)


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


へてろさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


試合でサーブとレシーブのどちらを選ぶかですね。


基本的にはサーブが得意ならばサーブを
選択してもいいと思いますが、草トーナメントは
そんなに練習できなかったりするので、私はレシーブを
選ぶようにしています。


最初のレシーブゲームは半分
ウォーミングアップだと考えています。


だから
相手にキープされてもそんなに気になりません。


それでブレイクできたらラッキーくらいの
気持ちですよ。


ただ、最終的にはキープ力がなければ
勝ちたい相手から勝利できませんよね。


そう考えると、
サーブ、レシーブの選択関係なく
いつでもサービスをキープできる力を
目指さなければなりません。


トスは二分の一の確率で選択権を獲得できますが、
当然半分は相手にいきますので、それに左右されない
テニスを目指すのが大事だと思いますよ^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


テニスって結局のところ、
1回相手のサーブをブレイクして
あとは全部自分のサーブをキープしたら
勝利できます。


なので
試合に勝ちたければ、体が動きにくい立ち上がりの
相手サービスゲームをブレイクして、自分のサーブを
キープし続けれたら勝利できます。


だから
試合前にサーブを入念に練習しておくことを
オススメします。


なぜなら、
立ち上がりは当然自分にもやってきますので
せっかく相手サーブをブレイクしても、自分の
サーブをブレイクされると意味がないからです。


そして、今回の質問者さんがおっしゃる通り、
1ブレイクの差が優勝を左右することだって
あります。


ですから、
「ブレイクへの準備」もサービスキープと
一緒くらい重要になってくるのです。


サーブかレシーブかを決めるトスも大事ですし、
選んだエンドも環境によっては色んなことを左右する
要素です。


太陽が眩しいエンドからのサーブは
反対にブレイクされる要因になるので
帽子やサングラスも必要だったりします。


こういう小さな積み重ねが
ブレイクできたり、ブレイクされたりを決めるので、
普段の練習から「試合の準備」だと思って取り組んで
くださいね^^


では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。