テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

スポーツを語る上で、
「軸足」という考え方は極めて
重要な役割を担っています。


私はよく軸足の重要性を文房具のコンパスで
説明します。


針と鉛筆で円を書くのがコンパスですが、
まず針でしっかり軸を作らないとキレイに
円が描けませんよね。


それはテニスにも言えることなのです。


今回はそんな軸についてのお話です。


まずは【サービス動画】から一部抜粋した
『レッグドライブ動画』というサービスの足の使い方を
言及した動画に関する質問をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): O
■性別(フリー02): 男性
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Oさんのご質問】


お世話になっております。
 

Oです。
 

レッグドライブ動画拝見させて頂きました。
 

自分は今までサービスの時、
足の屈伸の力をボールにぶつける為、
右前方にトスをしてから飛びつく様に
サービスを打っていました。

 
ただこの時踏みしめて蹴る足は左足でした。
(右利きですが)


体重は常に左足に乗った状態で
サービスを打っていました。

 
試しに言われる通り右足で蹴ってみましたが
ぎこちなく上手く体が使えませんでした。

 
左足→右足→左足で体重移動してから
左足メインでジャンプって感じでしょうか?
 

宜しくお願いします。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Oさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


サービスの足の使い方についてですね。


今回いただいたご質問は『サービス解体新書』の動画で
お話しているの、「軸足」「体重軸」との違いです。


ちなみに
『レッグドライブ動画』でお話していることは
「軸足」についてです。


Oさんの疑問点は「体重軸」についてです。


簡単にご説明すると、
右利きの場合、サービスの軸足は右足です。


でも
打つ際に使う「体重軸」は人によって
右足だったり左足だったりします。


多分、
Oさんの「体重軸」は左足だと思いますので、
どうすれば左足に体重を乗せてサービスを打てるのかを
意識して練習してください。


コツは「軸足」である右足をうまく使って
いかに左足に体重移動できるかです。


頑張ってくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


これはストロークなどのショットでも
言えることですが、「軸足」の概念が
人によって違います。


例えば
右利きの方がフォアハンドストロークを
打った際に、最終的に左足に体重を移して
フィニッシュしたとします。


そうなると、
最終的に左足を軸とした打ち方のように
感じるので、「軸足は左足だ」という
考え方になるのです。


でも
その前に右足を「軸足」にして打った経緯があります。


右足を軸にしているから左足に体重を
移動することができるのです。


このような左足の役割を私は
「体重軸」と呼んでいます。


これを野球のピッチャーで例えると
わかりやすいと思います。


右利きのピッチャーは必ず左足を上げて、
右足を軸にしてボールを投げています。


ボールを投げたあとに左足が地面に着地し、
バランスを取りますが、右利きピッチャーは
どう見ても右足が軸足です。


この根本を知った上でテニスをプレーすると
自分がどのような体の使い方をするべきなのかが
見えてきます。


ちなみに
私は質問さんと同じ右利きなので軸足は同じですが、
体重軸は反対です。


なので
私は右足を軸にパワーを生み、
右足でフィニッシュを取ります。


質問さんは右足を軸にパワーを生み、
左足でフィニッシュを取ります。


この違いは人それぞれなので
自分がどちらの体の使い方に
適しているのかを探してくださいね^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は現役時代はストリングスに付ける
「振動止め」を使っていませんでした。


また、グリップは革でできた
「レザーグリップ」を利用していました。


今はレッスンで無理な打ち方をするときが多いので
振動止めとソフトグリップで体に優しいテニスをしています。


ではなぜ私が現役当時に
振動止めを外し、ちょっと硬くて手に衝撃が
きやすいレザーグリップを利用していたのでしょうか?


今回はサーブのご質問を受けていますので
そこから道具について紐解いていきます。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 16~20歳
■テニス歴(フリー04): 4年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


こんばんは


ボールを叩いて曲げるスライスサーブが打てません。


今、というか昔から私の回転サーブは
擦って曲げるサーブです。


何度か叩いて曲げるサーブを挑戦してきましたが出来なくて、
また擦るサーブに戻すを繰り返してきましたが、諦められません。


今一度叩くスライスサーブを教えて頂きたいです。


よろしくお願い致します。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


叩いて曲がるスライスサーブですね。


私はよくファーストサーブに使いますが、
ボールにスピードがあって、回転でコートに
ねじ込む要素もあるので有効ですよ。


基本的な考え方としては
フラットサーブと曲がるスライスサーブの
間の当て方という感覚です。


曲がるスライスサーブはかなりボールに対して
薄く当てていると思います。


それに対してフラットサーブは
厚く当ててますよね。


その当て方の比率を調整できるようになれば
叩いて曲がるスライスサーブは打てるようになります。


イメージとしては「フラット8:スライス2」という
比率で打つと叩いて曲がるサーブになります。


簡単な練習法としては
「上つき」が有効です。


ラケットでボールを軽くポンポン上に打って
ひとりで続ける練習です。


そのまま打てばフラットの当て方です。


そこに軽く横回転を加えればスライスの当て方です。


この2つの感覚を体に覚え込ませたら、
あとは実際にサーブを打ってみてください。


最初はフラット、その次にスライス。


そうやって完全に分けたら、
あとはその間の当て方を意識して
打つのです。


こんな感じで両極端を先に体感し、
あとはその比率を変えることを練習すれば
色んなサーブを打つことができます。


叩いて曲がるサーブもその中のひとつですよ^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


いざ試合になると
練習のときみたいに自分が打ちたいところに
ボールが飛んで行ってくれません。


なぜなら
練習と試合とでは環境も違うし
何より緊張から動きが硬くなります。


それなのに
普段と同様の打ち方に持っていくのは
時間がかかります。


だから
私は「感覚」を頼りにすることを
推奨しています。


打ったときの打感や、
そのときの力加減ですね。


これらは打ち方とは関係ない部分です。


ラケットの扱い方に作用します。


ラケットでボールをどれくらいの
角度や力で打つのかです。


結局テニスは道具を使うスポーツなので
その部分が抜けてしまっては本末転倒です。


だから
今一度ラケットとボールが当たる瞬間の
振動を体で感じ取ってください。


それを察知するのが手のひらです。


そう考えると、振動止めやグリップテープも
時には弊害になります。


振動も止めればいいわけではないですし、
グリップも太ければいいわけでもありません。


振動がこないと、どこでボールが
当たっているのかがわかりませんし、
グリップテープも巻きすぎると
面の向きがつかめなくなります。


だから
私は振動止めを外すことによって
打感を確かめ、硬いレザーグリップを握ることによって
面向きを感じていました。


試合ではそれくらい「感覚」が命だったのです。


とはいえ、
今のラケットはそこまでしなくても打感や面向きを
感じれるように工夫されているので安心してください。


こんな感じで
道具が技術につながったりもしますので、
それらを踏まえて「感覚」を研ぎ澄ました
プレーを心がけてくださいね^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の知り合いが中華料理店で
食事をしていたときの話をしてくれました。


その方は食事を終え、一服していたようですが、
店員さんのひとりが各テーブルを回って
新作のゴマ団子を勧めていたそうです。


当然、自分たちのテーブルにもやってきて、
ゴマ団子を勧めてきたようです。


ちなみに
その方はそんなにゴマ団子が食べたく
なかったから断りました。


でも
ゴマ団子を勧められている他のテーブルを見ると
ひとりが「ください!」と言うと、他の人たちも
それにつられてみんな注文していたそうです。


それを見て「日本的な国民性」
このお店はわかってゴマ団子を販売している
ように見えたそうです。


あなたもお分かりだと思いますが、
日本人はすべての人に当てはまる訳ではありませんが、
「右向け右」の傾向が強いと思います。


それを利用すると、
ひとつの単価が安いゴマ団子も
1テーブルの方全員が注文すると
それなりの金額になるのです。


そんな「右向け右」の国民性は
色んなところで登場します。


だから
段々自分が何を求めているのかが
わからなくなったりもします。


それはテニスでも言えることです。


日本は自分のやりやすい打ち方や戦い方ではなく
教わった打ち方や戦い方がスタンダードに
なりがちです。


だから
段々テニスが楽しくなくなったり、
違和感を持ってボールを打つことに
なったりします。


それではおもしろくないと
私は考えているのですが
実際そこから抜け出すのは難しいですよね。


でも
実際にそこから抜け出して
自分を客観的に見渡せるようになった方も
いらっしゃいます。


今回はその方からのメールを
紹介していますのでご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): A
■性別(フリー01): 女性
■年代(フリー02): 41~45歳
■テニス歴(フリー03): 二年
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可
■スリーの記事を知ったきっかけは?(フリー04): テニススクール活用法.com
■今あなたがテニスで最も悩んでいること(フリー05): 


【Aさんのメール】


毎日読ませていただいています。


テニスにはもちろん、それ以外の仕事やプライベートにまで、
多くのヒントを与えてくださっていると感じています。


日々に忙殺されており、なかなか感想など
お伝えできずだったのですが、この機会に。


だいぶ前ですが3月26日の
「人と同じことをしてては人と同じ結果になる」
の記事に納得しました。


スリーさんは、
よくテニスを人生になぞらえていらっしゃいますが、
私が初級者のせいか、さほどぴんときていませんでした。


でも、
この記事と私が悩んでいた日々が重なって、
ものすごく腑に落ちました。


今考えると、
その数か月前にスクールでのクラスが上がって、
新しい事を教わったせいなのか3月のころは不調でした。


生徒の方のレベルが上がったということもあったのでしょうが、
ミスが多くなり、自分らしいプレーがまったくできなくなりました。


ミスショットをした後に、自問自答で、
(今、何を打ちたかったのかわからない)、
と思うことが多かったです。


瞬時に判断して打たなければと思うものの、
どうしたらよいのかわからなくなっていました。


そのころにこの記事で、
「自分らしいテニスをすればよい」
ということに思い当たりました。


自分が打ちたいところに、
打ちたいスタイルと球種で打つ。


それは人生と全く同じ。
そう思えた瞬間にブレイクできたと思います。


こうなると、
たとえミスショットしても納得だし、
楽しくなってきて、結果的に自然の勘の
ようなものが戻ってきました。


スリーさんが書いてらした、
人生とテニスの重なる部分というのは
これなのかもしれないと感じています。


次の壁に当たっても、
戻る場所ができたように思っています。


本当にいつもありがとうございます。


なかなか返信や感想を差し上げられずですが、
スリーさんの姿勢にはいつも力をもらっています!


これからも私だけでなく、
おそらく迷うことの多い大勢の方へ、
発信をどうぞよろしくお願いします!


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Aさん

いつもありがとうございます!
スリーです^^


お忙しい中、感想をいただき
すごく嬉しいです。


確かに私のクラスにもレベルアップしてから
急に前みたいに打てなくなってしまう方は
いらっしゃいます。


当然周りのレベルが上がったのもあると思いますが、
それ以上に、あまり楽しそうにテニスをされていません
でした。


私としてもどう声をかけたらいいのか
悩むくらいその方は打てなくなったのです。


ただ、自分としてはついていけるという
確信があったからレベルアップをしてもらったので
こちらが変に気を使わずに接していました。


そしたら段々とその方自身も慣れてきたのか
今までみたいに打てるようになってきました。


もしかしたら
その方が打てていなときに気を使って
技術的なアドバイスをしていたら
「ついていけてないからアドバイスをされているんだ」
という思いにさせていたのかもしれません。


そうなると余計焦らせてしまい、
もっと打てなくなっていたのかもしれません。


反対にアドバイスを求めていたのかもしれません。


こればかりは本当のところ、正解はわかりませんが、
「信じる」しかないと思います。


相手の可能性も自分の決断も・・


これも何だか人生と同じだと思います^^


だから自分を信じて、
自分らしく行きましょう!


今回のAさんのお話を聞いていたら
改めてそう思いました。


ありがとうございます!


お互いこれからも自分らしく
進んでいきましょうね^^


今後共よろしくお願いします。


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


最近思うのですが、どれだけ悩みごとがあっても
「全力でやるしかない」という答えにたどり着きます。


テニスでうまくいかなくても、
自分のやっていることに迷っても、
誰にどう思われようと、


・・・


ただ、
わかっているけど最初の1歩がなかなか出なくて
前に進めなかったりします。


なので、普段から行動する癖をつけておくことが
大事だと思いますし、テニスだったら他のことより
動きやすいと考えています。


結局悩みの根っこ部分はテニスであろうが
何であろうが一緒です。


そんな自分との戦いをテニスを通じて
向き合えるのなら、これほど素晴らしいことは
ありません。


今回メールをいただいたAさんは
そのことに気付かれたんだと感じました。


だから、
自分に関わる悩みの多くは
大抵同じ根源ですから、それを払拭する
毎日を送りましょう。


それが結果的にテニスも普段の毎日も
充実したものに変えてくれます。


ちなみに
私はテニスに出会うまでは毎日コツコツ何かを
頑張ることが苦手でした。


でも
練習もトレーニングも積み重ねないと
力にならないことに気付いてから、
コツコツ取り組めるようになりました。


それが普段の日常や仕事にも役立っています。


人によってコツコツの量も違いますが、
自分ができることからしていけば
それでいいのです。


こんな感じでマイペースを保ちながら
前に進んでいきましょう!


最後の最後は自己満足だと思いますよ^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたにとっての「強さ」とは
何でしょうか?


テニスだと試合に勝てることを
示しますよね。


ちなみに
今回の質問さんにはこれまでの経緯の中に
強さを感じました。


今回はそんな強さについてのお話です。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): K
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 56~60歳
■テニス歴(フリー04): 33年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Kさんのご質問】


試合に強くなりたいです。


身体がまともに動くのはあと数年だと思いますので、
それまでに納得のいく試合がしたいです。


まずは背景から説明します。


数年前から請われるままに老若男女を教え、
会社の部からも指導依頼があり、スクールを開催し好評。


その一方で最近の打ち方に興味をもち、
自分なりに練習して習得。


スリーさんの動画は非常に参考になりました。


フォアのワイバースイング、
バックの両手打ち、サービスの回内等。


試合には興味がなく完全な技術志向。


うまく打てればそれで満足。


最近、目や肘や腰や膝などに次々に故障が出て、
身体の限界を知る。


やり残したこととして、
シングルスの試合をやりたくなった。


実際に試合をやってみたら、
思うように勝てませんでした(笑)。


最初はフォアのイップス。
全く振れませんでしたが、今は解消。


今では
コート内からストロークの球足を調整できるようになり、
相手をみてコース・戦略を立てるようになりましたが、
まだまだ付け焼き刃状態です。


一年以内に試合で勝ちたいのですが、
どういう取組みをするのがいいでしょうか? 
ご教示よろしくお願いします。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Kさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


これまでの背景も丁寧にお伝えいただき
ありがとうございます。


大学から始めて指導する立場になるのは
相当努力されたからだと思います。


だからこそ
今回のシングルスに対する想いも同じで
自分を向上させたいという気持ちから行動に
移せるのですね。


素晴らしいです。


それにお答えできる回答ができるかどうか
わかりませんが、本当に勝利を目指すのなら
「サービスキープ」へのこだわりを持つべきです。


結構、そこまでの相手ではない場合だと
サービスキープとサービスブレイクを
考えなくても勝てたりします。


だけど
強い相手は高いサービスキープ力を
持っています。


その結果、一度でも自分のサービスをブレイクされると
押し切られてそのまま負けてしまいます。


なので
まずは自分も高いキープ力も持って
同じステージに上がらなければなりません。


そのためには

・サービスの強化
・相手レシーブをどう対処するか
・自分のキープパターンの確立
・ポイントごとの戦い方を持つ
(0-0,15-0,0-15,15-15,30-15,15-30,30-30など)


他にも色々ありますが、
こんな感じで「サービスキープ」という目標を作って
綿密に練習しなければなりません。


その代わり、自分がレシーブのときは
結構自由にプレーを楽しんでもいいと思います。


大事なのはこだわりを持つ部分を
作ることです。


それを徹底的に1年間練習して
トライ&エラーを繰り返してください。


そこから段々見えてくるものがあると
思います。


ポイントは「1年」という区切りを付けて
取り組むことです。


人は期限を決めて目標に取り組んだ方が
高い集中力が保てます。


ぜひ
自分が納得のいくプレーを目指して
頑張ってください。


私も陰ながら応援しております^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


テニスは道具などの進化もあって
年々スピード化していっているような
気がします。


ジュニアの子たちのボールを打ち返すのも
一苦労です。


そんなスピードテニスの中で
シングルスで勝つのは結構大変です。


学生の子に当たったら、
速いボールの上に体力があるので
対戦するのが本当にきついです。


そうなってくると、
より一層頭を使わないと試合に勝つのは
難しいです。


そこでひとつ覚えておいて
もらいたいことがあります。


それは
「完璧な選手はいない」ということです。


どれだけ強い人でも弱点は必ずありますし、
試合で負けることもあります。


だから
やり方ひとつで絶対勝てないと思っていた相手に
勝てたりするのです。


ただ、
勝つ可能性を上げる努力はしないといけません。


自分の武器を磨いたり、
相手の弱点を見つけ出したりするのも
そのひとつです。


その積み重ねが自分を強くしてくれます。


それに、
仮に目標の相手に勝てなくても
自分が最終的に成長できていたら
私はそれでいいと考えています。


相手と向き合い、
そして自分とも向き合うことが
試合の一番得れるものではないでしょうか。


私は数々の試合から「完璧」の存在がないことに
気付きました。


それが色んなことで役立っていますし、
そこに気付けたことが自分の強さになっていると
信じています。


では!


スリー


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。