テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

もし
あなたが草トーナメントに出場して
これから勝っていきたいとお考えなら
今回ご紹介するショットはマスターしてください。


この技術なしで勝利を重ねていく人を
私は今まで見たことがありません。


実際にところ、
このショットを正確に打てている人が
あまりいないのが現実です。


だからこそ正しい打ち方の人が
結果を出しているのです。


ただ、
それには理由があります。


きっと、現役のテニスコーチだからこそ
見える
今のテニス界の状況だと思いますので、
それらを踏まえた上で、このショットに向き合ってください。

 ↓ ↓ ↓

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたはダブルスを行う際に
「平行陣」という陣形を利用しますか?


ちなみに
平行陣とはペア同士が横に並んでいる
状態を指します。


基本的にはネットに2人とも詰めて
ボレーでポイントを取りに行くときに
使います。


そんな平行陣についてのご質問に
今回はお答えしています。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 3年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): その他
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Mさんのご質問】


こんばんは

平行陣でのボレーについて質問です。


早い展開になると足が追い付かなくて、
1歩踏み出せるだけで、ただ当てて返すだけの
ボレーになってしまいます。


こう言う場面で余裕を持つには
どうすればいいでしょうか?


よろしくお願いします。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ボレーの反応についてですね。


偶然かもしれませんが、
最近ボレーのレッスンを行っています。


多くの方はボール出しなどの
技術だけを意識した練習ではきれいに
打つことが出来ます。


でも
展開が早い平行陣対平行陣の練習になった途端、
手打ちになってしまいます。


私が見る限りだとスプリットステップを
取れていないのが一番の要因です。


そして
スプリットステップをするための
準備が出来ていないのが根本の原因です。


多くの方は展開が早くなると
ボールを目で追いかけて、足が止まってしまいます。


大事なのはボールを見ながらも
足を動かしてスプリットステップを取る
準備をしておかなければなりません。


サッカーでも「ボールウォッチャー」という
言葉が存在します。


飛んでくるボールを見すぎて
足が止まってしまう状態です。


この「ボールウォッチャー」にならないことが
テニスにも必要です。


ボールを見ながらも足を動かすことを意識して
自分にボールが飛んでこなくてもスプリットステップを
取る癖をつけてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


ちなみに
私は展開が早い平行陣対平行陣の場合は
じっくりボールを見ていません。


ボールを見すぎると
「ボールウォッチャー」になって
足が止まってしまうからです。


どちらかと言えば
体の反応を頼りにしています。


ボールが飛んできたから反射的にボールを打つ
といった感じです。


なので、ボールを見るというより、
「ボールを感じる」と表現した方が
正しいと思います。


多分、
条件反射で打つ構えが出来ているのでしょう。


条件反射とは、
訓練や経験によって後天的に得ることが出来る
反射行動のことを指します。


だからボレーを打つ場合だと、
ボールが飛んできたら反射的にスプリットステップを取り、
さらにラケット面と軸足のセットが自然と出来ているのです。


展開が早い平行陣で行うボレーは
頭で考えている暇はありません。


ボールを見てから体を動かす過程を踏んでいたら
間に合わないのです。


ということは、
普段から早い展開での練習をする
必要があります。


そこで体に必要な動きを覚え込ますのです。


ボールが飛んできたら反射的に
ボレーを打つ体にするのです。


私は平行陣などの早い展開での技術は
あまりアドバイスはせずに、ひたすらボールを
打ってもらいます。


そこで目も体も早い展開に
慣れてもらうのです。


そこに、

「スプリットステップ」「ラケット面」「軸足」

この3つの要素が入っていたらそれでオッケーなので、
あまり打ち方は気にせずに、バンバン練習してくださいね^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先日公開した今回の目玉特典である
『4スタンス理論から考える!自分に最適なレシーブの構え方』
ですが、実はかなり前から構想はできていました。


「4スタンス理論」は機能分析とつながりが強いので、
きっとあなたのお役に立てると考えていたからです。


でも
マニアックな部分とかなり繊細な部分があるので
正直、需要があるのかどうかわかりませんでした。


だけど今回、
4スタンス理論についてのご質問を頂き、
情報を求めている方もいらっしゃることに
気付きました


そのきっかけになったご質問を紹介しますので
ご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): Y
■性別(フリー02): 女性
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): その他
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): 
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Yさんのご質問】


WEBコーチ・スリーさま

いつもお世話になっております。
Yです。


研究熱心なスリーコーチならご存知かと思いますが、
4スタンス理論を利用したようなテニス、
何かご意見を伺えたらと思いまして…
(漠然とした質問ですみません)


お忙しいスリーコーチに、
自分でもどんな答えを求めているのかわからない質問なので、
本当にヒマなときがあったりしたら、何か言葉をください。


よろしくお願いいたします。。。


4スタンス理論を利用したようなテニス、
最近、取り組み始めたのですが、
一定の成果は感じるものの、
疑問も感じる4スタンステニス。。。


お正月にTVで取り上げられていたようで、
興味をもつ人も少なくないようですが、
ネットで調べても、賛否両論あるようですね。


体の歪みによって、または違うタイプの鍛錬によって、
本来とは違う型になってることもあるようです。


もちろん、
スリーコーチの動画を見てちゃんとやれば足りる!
とおっしゃるだろうと、頭ではわかってるんです。


が、じつは今研究してるんです、とかだったらいいのにな、
とか期待してるんでしょうね。


お忙しいのに長々とすみません、
感想レベルで結構ですので、よろしくお願いいたします。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Yさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^

4スタンス理論についてですね。


実は5,6年前くらいから研究している題目です。


最初は野球で紹介されていた書籍を読んで
知ったのですが、今は色んなスポーツに応用して
公開されていますね。


テニスも4スタンス理論の書籍が出ています。


私としても目玉特典で公開しようとしていた
矢先のご質問だったのでビックリしました^^;


ちなみに私の4スタンス理論に対する考え方は
「重心を理解することには信ぴょう性があるが、
それ以外についてはまだまだ研究の余地がある」
という結論です。


私は重心を知った上で
その重心をどう使うのかを今研究しています。


だから
4スタンスを理解している人が
直接その人を見たら、その場で重心の使い方を
教えてくれると思います。


でも
4スタンス理論を表面的にしか理解していない人だと、
書籍などに書いてあることをそのまま当てはめるという
ことになり兼ねない可能性に危惧しています。


重心から体の使い方を割り出すのならいいのですが、
書いてあることをそのままというのは、結果的に
枠にはめた指導法のような気がします。


4スタンス理論は「人それぞれ違うんだ」という
考えのもと、生まれた考え方です。


決して「4つの体の使い方しかない」という
訳ではないと思います。


大事なのは
「自分を知ることによって自分の最適を探す」です。


「自分を知る」という意味では
4スタンス理論はいいと考えています。


問題の「自分の最適を探す」
私が普段からお伝えしている機能分析などを参考に
自分自身で探していただけたら嬉しいです。


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


「答えはいつも相手の中に存在する」


自分が伝えたいことではなく、
相手が求めていることを伝えるのが
私たちコーチの仕事です。


今回はじめて4スタンス理論という言葉を
知った方もいらっしゃるでしょう。


でも
それが大事なんだと思います。


今回の記事がきっかけとなり、
ご自身で4スタンス理論を調べるのも
あなたの上達につながるかもしれません。


実際に私の目玉特典の音声を聞いて
今まで学んできたことが一気につながるかも
しれません。


結局大事なのは行動です。


これは受け手だけではなく
情報を配信する側にも同じことが言えるのです。


そんな当たり前だけど
忘れてしまいがちなことに気付くことができました。


今、私の記事を読んでくださっている方は
何千人もいらっしゃいます。


そのすべての方に満足いく情報を提供するのは
難しいかもしれません。


しかし、
私の記事を読んで、何かしらの行動を取ってもらう
きっかけにはなると信じ、毎日キーボードを叩いています。


今の自分を変えるには、
今の行動を変えるしかありません。


もし今の現状に満足していないのなら、
私から何かを感じ取っていただけると嬉しいです^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

もしあなたにテニスを教えてくれる
コーチや友人が、「自分の経験」だけを
頼りに指導しているのなら気を付けてください。


実は体の重心は人によって違うので、
スイングや構え、パフォーマンスを発揮する方法も
人によって違います。


重心は4通りあると言われています。


だとしたら、
あなたと違う打ち方の人は
4分の3の確率で存在します。


なのでもし
あなたにテニスを教えてくれる人が
自分とはまったく違う重心だったら、
打ち方をそのまま教われば段々打てなくなります。


そういう意味では「人それぞれ」
ちゃんと証明できる新しい考え方なのです。


このような4つの重心に着目した考え方を
「4スタンス理論」と言います。


人によって重心が違うので、
自分の重心を知った上でそのスポーツに
取り組みましょうという考えです。


この理論はすでに
テレビや本などでも紹介されています。


ただ、
実際に自分の重心がわかったとしても
そこからどうすればいいのかがわかりにくいので
テニス界にはそこまで浸透していません。


私もレッスンで何度か取り入れようと
考えたのですが、複数の方に同時進行で
伝えるのは難しいです。


プライベートレッスンなどで
じっくりひとりの方を見るのなら
ある程度伝えることはできますが、
グループレッスンは厳しいです。


そこで今回の「目玉特典」
私自身を4スタンス理論に当てはめた上で
うまくいった技術をお伝えします。


事例を踏まえた上での説明だと
かなり理解は深まります。


自分の重心がどこなのかがわかった上で
実際に必要な技術に取り入れる流れなので
非常にわかりやすいです。


そしてやはり
自分にあった重心で放ったショットは
ボールの質が違います。


この感動をあなたにも味わってもらたくて
今回目玉特典を作成しました。


さらにこの音声を通して、
機能分析に色んな理論を組み合わせることが
できるという発想も伝われば嬉しいです^^


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 【今回の目玉特典音声ファイル】 3月15日(土)まで

 『4スタンス理論から考える!自分に最適なレシーブの構え方』

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


自分の重心を4スタンス理論に沿って、
選んでもらいます。


それを「レシーブの構え」という
具体的な技術に当てはめます。


自分の重心を知った上で、
自分に合った構えを取り入れれば、
理想的なレシーブが実現できます。


そこからさらに
自分で他の技術にも派生させれば
学びは無限大です。


使い方によってはすべてにつながっていく
『4スタンス理論から考える!自分に最適なレシーブの構え方』
目玉特典を希望されるなら2月16日(日)から3月15日(土)の間
私のメルマガやブログで紹介している商品をご購入ください。


そして購入時に発行される
注文IDを特典フォームに送ってください。


下記にて紹介しているスリーのおすすめ
テニス上達法を参考にしてくださいね!

↓  ↓  ↓

【特典請求申込フォーム】 


注文IDを確認次第、
特典をお送りします。

さらに!

・脳科学の観点から考えた音声

「発想が違う!スリー流テニスノートの書き方」


・誰も教えてくれないサービスの秘訣を暴露

「N.PDF」


・メンタルの本質が理解できる

「プロから学ぶ究極のメンタル音声」


・スリーに1度、直接質問できる

「スカイプ相談の権利」

すべてプレゼントしています!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【スリーのおすすめテニス上達法】

私のブログやメルマガから紹介している商品(テニス上達法や治療系など)
を2月16(日)以降に購入された方には月別目玉特典をプレゼントしています^^

↓ ↓ ↓

【紹介しているテニス上達法の口コミや感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スリーネットテニススクール】(スリーの動画テニス上達法)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
運命のラケット動画 ~ラケットの特徴と上達の方程式~

自分に合ったラケットは理想的なスイングを実現します。
そのためにも本質的なラケットの特徴とラケットの振り方を
知っておくべきです。この動画を見れば今あなたのラケットが
それらを実現できる「運命のラケット」なのかがわかりますのでぜひともご覧ください。

【運命のラケット動画の感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックハンド動画 ~オポジットフォース革命~

体を最も有効に使わなければならないバックハンドを
革命的な上達法でお伝えしています。

【バックハンド動画の感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レシーブ動画 ~脱力テニスを応用した最新テニス理論~

「脱力」と「リズム・バランス・タイミング」の要素を取り入れた
まったく新しいレシーブの考え方をわかりやすく
お伝えしています。

【レシーブ動画の感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フットワーク動画 ~誰も教えてくれない5つの真実~

「構える」「準備する」移動する」「ヒット」「戻る」という
基本動作からフットワークの真髄をあなたに伝授します。

【フットワーク動画の感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビクトリースマッシュ動画

ダブルスで絶対的に必要なスマッシュに特化したテニス上達法。
体の使い方やフットワーク、特別な練習法など誰も教えてくれない
スマッシュの秘密を
わかりやすくお伝えします。

【ビクトリースマッシュ動画の感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

攻撃的フォアハンドスピン動画

チャンスボールを強烈なスピンで
相手コートに打ち込む方法を伝授します。

つなげるスピンとはまったく違った発想なので
攻撃できずに困っているのなら必要不可欠な内容です。

【攻撃的フォアハンドスピン動画の感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アナトミー・トレインテニス動画 ~7つの秘密~

スリーが長年研究してきたテニス理論をついに公開。
究極の機能分析上達法のベールが明らかに。

【アナトミー・トレインテニスの必要性】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ボレーマスター動画 ~基礎構築編~

「最小エネルギーで最大パワー」を追求した
ボレーの打ち方を完全公開。

ボレーを多用するダブルスプレーヤーには
特に手にしてもらいたいテニス上達法です。

【ボレーマスター動画の感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

回転系サービス動画 ~スライス・スピンサーブ習得編~

あなたが本気で「スライス・スピンサーブ」
習得したいのなら、是非ともご覧ください。

回転系サービスの『原理原則』
すべてあなたに継承します。

⇒ 【回転系サービス動画の感想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サービス動画 ~最強のサービス強化法~

「プロネーション」「安定したトスアップ」「軸足の使い方」
「トロフィーポーズ」「運動連鎖」「利き手と反対の手の使い方」
「体の使い方」「サービス後のバランス」 ・・・

これらサービスに必要な基本をひとつずつ段階を踏んで
体感しながら習得できるテニス上達法です。

⇒ 【サービス動画の感想】

--------------------------------------------------------

スペシャル特典パック

私が今まで色んなトップコーチのセミナーや
数々の書籍から学んだものを研究して生み出した
今までに聞いたことのないスペシャルな音声ファイルを
まとめた珠玉の作品です。

⇒ 【スペシャル特典パックの感想や購入理由】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【機能分析編】(スリーが最も信じている指導法)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

神谷流テニス最速上達法

機能分析というまったく新しい観点から
あなたの上達を加速させてくれます。

⇒ 【回転・脱力・ボールとの距離感を最速で身につける方法】

--------------------------------------------------------

小浦武志のプロフェッショナルテニス理論

機能分析を生理学から解明している
テニス上達法。これさえあればテニスの
すべてがわかります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【世界のテニス上達法】(ストロークを習得したいなら)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Making Champions 1&2~ゲイブ・ハラミロの指導法~

世界最高峰のテニスコーチであるゲイブ・ハラミロが
ストロークについて
事細かく指導してくれます。

⇒ 【ゲイブ・ハラミロの指導法のすごさについての音声】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ダブルス必勝編】(ダブルスの陣形やセオリーを学ぶなら)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆初心者向け◆

「試合に強くなるテニス ~簡単に勝てるダブルス~」

--------------------------------------------------------

◆中級者向け◆

草テニスダブルス必勝プログラム」

--------------------------------------------------------

◆上級者向け◆

「加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【新井流フルスイングテニス塾】(スピンを習得したいなら)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新井流フルスイングテニス塾 
~攻撃力がアップするフォアハンド・両手打ちバック編~ 

思いっきりスイングしてもコートに入るトップスピンを打つ秘訣!
ワイパースイングを習得して、強くなるテニスを覚えましょう。
両手ハンドバックの打ち方も収録されています。

⇒ 【スリーのスピンショット音声セミナー】 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【河合流】(優勝を本気で考えているなら)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コアスイングテニス上達プログラム

コアを意識することによって体の捻り方が
理解できます。どういう順番で体使っていいのかまで
しっかり指導してくれます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

紹介しているテニス上達法や
色んなご質問はコチラのフォームから
↓   ↓   ↓
【お問合せフォーム】


では! 

スリー


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世界中を感動に包んだソチオリンピックが
終了しました。


私も何度かテニスとは関係のない競技である
オリンピック種目を取り上げました。


なぜなら
競技は違うけど、「スポーツ」という点では
共通しているからです。


特に周りからのプレッシャーの中、
4年分の努力を出さなければならないという
メンタリティーは勉強になります。


ちなみに今回は、
以前書いた女子フィギュアスケート、
浅田真央選手の記事の感想を読者さんから
いただいたので紹介します。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): J
■性別(フリー02): 女性
■年代(フリー03): 46~50歳
■テニス歴(フリー04): 
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問い合せ内容(フリー08): その他
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Jさんのご質問】


こんにちは。
いつも心にしみるお話をありがとうございます。


今、読んだ浅田選手のお話、
正直、泣けてきました。



何かに取り組む姿勢は人生そのもの、
全力でチャレンジする本気で生きる、
今の私には、ドキッとさせられる言葉でした。


理由あって5ヶ月間ほど
テニスができないでいました。


やっと何かを始める気を取り戻しましたが、
いざ練習を始めても、以前のように体は動かないし、
打つ球も死んでいて、前のようにできないのです。


コーチは少しづつ感覚を取り戻せると言ってくれ、
確かに徐々に良くはなってきました。


でも、ショックでした。


練習試合で、
以前の格下の人に大差で負けたのです。


その時のパートナーにも問題が
なかったわけではないけれど、
カバーできなかった自分が情けない。


自分のショットには、
それほど大きな問題はなかったように思うが、
負けということは、やはり問題があったわけで、
何がいけなかったのか考えてもわからないのです。


ただただ5ヶ月の間に、
ほぼ毎日のようにゲーム練習をしてきた相手が、
ずっと強くなったのだということです。


5ヶ月のブランクは簡単に埋められない。


選手でもないし、
練習時間にも体力にも限界があるし、
もう、こんなものやめちゃおうと思った日、
浅田選手の16位事件があり、彼女の思いと一緒になって、
悔し涙をながしました。


今までこんなにがんばってきたのに、
何で?何で、こうなるの?


やっと登ってきたランクも一気に下がり、
私が、何、悪いことしてきた?っと、
いろいろなものに怨み辛みを感じていたところ、
スリーさんのブログが届いたのです。


たかがテニス、たかが素人テニス、
されど取り組んできた姿勢は半端ではなかったはず。


もう一度、一からやり直すつもりで、
全力でチャレンジしてみます。


メンタル弱いから、所謂こういう屈辱的、
絶望的な状況からどこまで這い上がれるか、
浅田選手のように最後に自分らしい表現を
舞うことができるか、かなりキツイ試練ですが。


スリーさんは、テニスの技術の他、
人の人生観まで哲学的に考えさせてくれます。


いつも弱いメンタルを支えてくださり、
ありがとうございます。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Jさん

メールありがとうございます!
スリーです^^


すごく苦しい状況の中を
頑張っていらっしゃるのですね。


だからこそ
今回の浅田真央選手と気持ちが
重なったんだと思います。


当然、彼女は日本どころか世界中が注目を
している選手なので、私たちには想像できない
プレッシャーと戦っているのでしょう。


でも
本質は同じです。


フィギュアスケートもテニスも人生も
辛いときや悲しいとき、楽しいときや嬉しいとき。


これらすべてで構成されています。


ちなみに浅田選手は
「失敗したショートがあったから今回のフリーができた」
とインタビューで答えていました。


きっと今Jさんにとって辛い現実は
これからやってくる明るい未来に必要な
ことなんだと思います。


私も今まで辛いことがたくさんありました。


「どうして自分だけ・・」


そんな感情にもなりました。


だけど、
もしこれが本当に自分だけしか味わっていない
苦しみなら、それを乗り越えた自分は誰にも
負けない強い自分です。


自分だけしか乗り越えていない壁を乗り越えたのですから
そんな強い自分は次にやってくる困難だってへっちゃらです。


そして
その強さがあれば周りの人を
助けることができます。


今までたくさんの人に助けてもらったので、
自分もそうしたいと考えています。


だから辛いときは
周りを頼って今を乗り越えましょう!


浅田選手がフリーを終えたあとに
「私なりの恩返し」という言葉を使ったのは、
周りに支えられていたからだと思います。


結局、メンタルが強い人というのは
困難を乗り越えてきた人です。


なので
ときには人を支え、ときには人に頼り、
目の前の壁をひとつひとつ乗り越えましょう。


私も周りの一人ですから困ったことがあれば
こうやってメールくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


よく「メンタルはどうすれば強くなるのか?」という
ご質問を受けるのですが、今回のオリンピックを見ていたら
そこにはたくさんの答えがあったように思えます。


なぜなら
本番に力を出せた選手と出せなかった選手が
いたからです。


でも
本番に力を出してメダルを手にすることだけが
果たして正解なのでしょうか?


私たちはテニスをする中で
緊張から自分のプレーができないときに
メンタルの弱さを知らされます。


だけど
それだけでメンタルの強い・弱いを決めるのは
ちょっと短絡的な発想のような気がします。


この大会でたくさんの選手を見て思ったのは、
たとえ今回上手く行かなくても誰のせいにもせず、
周りへの感謝を口にしていた強さです。


本当は色んな不満やちょっとした愚痴を
言いたい場面もあったでしょう。


しかし、
誰もが強かった。


よくよく考えたら出場している選手は
各国の代表として選ばれている人たちです。


そんな人たちが集まる中で
順位を決めるのがオリンピックなので
何かしらの結果が出ます。


当然勝者がいれば敗者もいます。


勝負とはそういうものであり、
ただそれだけのことなのです。


すべては結果が今の自分を
映し出してくれます。


本当に大事なのはそれをどう受け止め、
どう次の行動に移せるかです。


誰かのせいにしたり、
自分を責めていても何も変わりません。


次の行動だけが未来の結果を変えるのです。


ただ、
その原動力を付けるには、嬉しいことだけではなく
辛いことや悲しいことも必要です。


色んな経験が自分の行動を変えて、
未来を変えるのです。


メンタルとはその中で
培っていくものではないでしょうか。


私はそう信じています。


では!


スリー



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。