テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

私はテニスコーチという職業に就いていますが、
決してテニスの技術を伝えることだけが仕事だとは
思っていません。


もっと大きなくくりで考えるべき
職業だと信じています。


ちなみに
私は「伝える仕事」だと考えています。


自分の持っていることを色んな方法で
伝えることが使命だと思い、今日まで
コーチという仕事をやってきました。


だから
テニスコート上だけではなく、
こうやってインターネットを使ってでも
情報を配信しています。


ただ、直接レッスンができないネット上では
色んな葛藤が生じます。


「伝えること」が自分の使命なのに
それがうまくいかないのはもの凄く辛いです。


今回いただいたご質問も
かなり部分的な内容だったので
文章でお伝えするのが難しかったです。


そこで私は「動画」というコンテンツを
利用して伝えたいことを配信しています。


その経緯を今回お話しています。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): sorajiji
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 56~60歳
■テニス歴(フリー04): 8年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【sorajijiさんのご質問】


グラウンドストロークのテイクバック時の
肩甲骨の動かし方についての質問です。


動かす方向としては、
上、やや上、横(地面と平行)、やや下、下、の
どちらを意識するのが良いのでしょうか?


よろしくお願いいたします。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


sorajijiさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ストロークの肩甲骨についてですね。


正直、状況によって変化するのですが、
基本的には打ちたい方向の反対側です。


真っ直ぐに打つなら後ろに引きます。


ただ、それはラケットを後ろに引く
テークバックという概念ではありません。


胴体部分である体幹をひねる際に
肩甲骨と股関節を使います。


右利きのフォアハンドで説明すると、
右肩甲骨と左股関節をつないでいる背中の筋肉を
使って体をひねります。


その際に肩甲骨を使います。


ちょっと文章ではわかりにくいかもしれませんが、
イメージしながらトライしてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


このような具体的な体の使い方の質問を受けると
なかなか文章で伝えるのが難しいです。


私ももう1996年から
ずっとテニスの記事を書いてきましが
文章だけではこの葛藤を解決することは
できませんでした。


なので
変な伝わり方をしていたらどうしようという
悩みは正直持っています。


ですから、
できる限り丁寧にわかりやすく
普段の記事を書いています。


その甲斐あってか、いつも楽しみにしているという
嬉しいご感想を何通もいただけるようになりました。


「他のテニス関連の記事とは一味違う」

「目からウロコの情報をありがとうございます」

「記事の内容を心がけて練習しています」

「読んでいると段々上達してきました」


・・・


などなど、
私自身のモチベーションになっています。


こちらこそ、私の書くような
しがない文章を読んでいただき
ありがとうございます。


それでもやはり、
文章には限界があります。


文章では表現できない
微妙な動きを伝えたいという気持ちが
日に日に大きくなっていきました。


そんな中、取り入れたのが
動画でのレッスンでした。


文章で100文字くらい使う内容を
動画だとたった10秒で伝えることができます。


そして、
細かい部分は実際に見てもらうことによって
正確に伝えることができます。


また、言葉も一緒に使えるので
動画と音声のダブルパワーは
文章とは比べものになりませんでした。


サーバーや色々な制作費がかかりますので、
無料というのは難しいのですが、1万円を超える
有名コーチのDVDよりかは、かなり格安で提供できています。


当然、お金を出してまで情報を得る必要はない
という考えを変えてまで見てもらいたいとは思いません。


ただ、本当に悩まれているのなら
動画をご覧になってもらった方が
絶対的に早く上達できます。


きっとあなたが思っている10倍くらい
動画の内容は文章より濃いです。


例えば、
今回の質問者さんが疑問を持たれていた
「肩甲骨の使い方」は、今回リリースした
動画でかなり詳しくお話しています。


そう考えると、
文章でお伝えしている内容は「ヒント」で、
動画は「答え」みたいな役割になっています。


ちなみに
今回の動画の内容は「ラケットの性能とその使い方」です。


ラケット競技であるテニスというスポーツにおいて、
道具の理解は必要不可欠です。


さらに
そのラケットをどのようにスイングすれば
機能を発揮できるかも言及しています。


そこで、肩甲骨や股関節の使い方も
お伝えしています。


詳しくはこちらの動画紹介ページにまとめていますので
ぜひご覧ください。

 ↓ ↓ ↓


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


学生時代まで、私は重心を落として打つことによって
ボールが見やすくなるという考えを持っていました。


でも
テニスコーチになってからその考え方は
一転しました。


そもそも、学生時代に顧問の先生が
私のストロークの打っている姿をビデオで
撮ってくれていて、それを見たことがあります。


そのときにやたら腰を落としてボールを追いかけて
打っている自分の姿に違和感があったことを今でも
覚えています。


「何か違う」


その違和感を、
今では論理的に説明することができます。


理由は体のメカニズムに反した
腰の落とし方をしていたからです。


その理由を今回お話していますので、
まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): s
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 6
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Sさんのご質問】


こんにちは

自分は腰を下げたまま走ってボールを
打つという感覚がよくわかりません。


腰を下げて走ろうとすると
ものすごく遅くなってしまい、
速く走ろうとすると腰があがってしまいます。


また、ボールを打つとき
前のめりになっていると言われます。
どうすれば改善できますか?


効果的な練習法も教えてほしいです。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Sさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


フットワークについてですね。


基本的に日常生活で走るのと、
ラケットを持ってボールを追いかけるのは
同じです。


ということは
腰を落としてボールを追いかけるのは
不自然ということになります。


腰はボールを打つときに落とせばいいので
それを実行しやすい程度の重心で動けば
いいですよ。


なので
普段の走りを取り入れてボールを
追いかけてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


私も昔はものすごく腰を落として
ボールを追いかけていました。


理由はプロ選手がものすごく腰を落として
ボールを追いかけていたからです。


でも、
今はそういう選手はほとんでいません。


スポーツ科学の進歩によって
腰を落として走るのは不自然であると
いうことが立証されたからです。


基本的には
走るという動作は肩甲骨が動いた結果、
その連動で股関節も動きます。


そのときに膝が曲がるので
腰が落ちるのです。


それを、ただ腰だけ落とすというのは
何の根拠もありません。


大事なのはボールを打つことです。


その際に、肩甲骨から動いて、
股関節と連動させる状態に持っていく
ことは重要です。


だから
ボールを追いかけるときも
肩甲骨と股関節をいつでも使える状態に
持っていきましょう。


コツは、お腹に力を入れて肩甲骨と股関節を
つないでいる「大腰筋」を張っておくことです。


詳しくは「レシーブ動画」の詳細ページで
大腰筋について触れていますのでご覧ください。

 ↓ ↓ ↓



これを意識して、あとは普段通りの走りで
ボールを追いかけたらバッチリです^^


では!


スリー



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は高校時代、
テニス雑誌とプロの試合を見て
練習していた「経過分析」出身です。


今みたいに体の使い方に着目した
「機能分析」という発想がまったく
ありませんでした。


その違いをわかりやすくお話していますので
「経過分析」「機能分析」の違いにピンと
きていないのならぜひ参考にしてください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): S
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 2年半
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Sさんのご質問】


サービスの時にジャンプができなくて
下半身の力が伝わらず、上半身でしか打てないんですが、
どうすればよろしいですか?


前に高くジャンプしたいんですが、
なかなか難しくて。


下半身の力をつかって打つには
どうやったら打てますか?


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Sさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


サービスの下半身の使い方ですね。


基本的にはジャンプするイメージではないですね。


ひねった体を打ちたい方向に向ける際に
両足を使って回転させているのです。


その結果、
ジャンプしているように見えます。


なので、ジャンプする練習をするのではなく
まずは体を90度回転させることから始めてください。


例えば、
右利きならネットを正面にした際に
右を向いてください。


そこから両足で正面のネットに体が向くように
体を90度回転させるのです。


体を90度回転させるのですから
その間体が空中に浮いている時間が必要です。


それがジャンプしているように見せていますが、
本当は体を前に向けるためのジャンプです。


上に飛んでいる訳ではないので、
今回ご紹介した練習をまずはトライしてください。


その感覚がわかってきたら、
普段のサービスに取り入れてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


私は高校生の頃、
プロのサービスをやたらと研究して
練習していました。


その際に気付いたのですが、
どの選手もサービスを打つ瞬間には
両足が伸びていました。


ちなみに
自分のサービスをビデオで撮ったら
足は右足だけ伸びていました。


プロ選手は両足で地面を蹴ることができているのに対して、
私は右足しか使えていなったのです。


私は右利きなので、
右足ばかり使ってしまいます。


左足も使ってサービスを打つことが
できなかったのです。


そこからかなり練習して
2年くらいたってやっと左足も使って
サービスが打てるようになりました。


そのときに、
体を前に回転させる運動が必要であるということが
わかっていれば、もっと早く左足も使えたと思います。


人は根本や原理を知った方が
目的が定めやすいので上達が早いです。


私は当時、
両足を揃えて打つことを目的に練習していました。


それを
体を前に回転させることを目的に練習していたら
結果的に両足を揃えてサービスを打つことが
もっと早くできたと思います。


体を前に回転させるためには
両足を使わないと不可能だからです。


これが
「経過分析」「機能分析」の違いです。


両足を揃えて打つという考えが経過分析で、
体を前に回転させて打つという考えが機能分析です。


あなたはどちらの発想で練習されていますか?


今一度自分の練習目的を振り返ってみてくださいね^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

テニスって仲間内で楽しく打ち合うのは
楽しいですよね。


でも、
緊張する試合でのテニスは仲間内で
楽しむテニスとは違ってきます。


必要性が変わってくるからです。


今回はストロークのスピンにクローズアップして
この必要性についてお話していきます。


まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): 肉屋さん
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 41~45歳
■テニス歴(フリー04): 25年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【肉屋さんのご質問】


いつもメルマガで新しい発見や、
自分の考えとの違いを気づかせていただき、
感謝しております。


さて、
あまり試合には出ないのですがこの間、
たまたまスクール大会シングルス大会に出ました。


その時、コーナーを狙うあまりか、エンドライン及び
サイドラインをオーバーしてしまうことが多く
自滅してしまいました。


緊張のあまりかスイングを振り切ることができず、
ほぼフラットで飛んでいくことが原因のように思います。


そこで、質問です。


ベースラインストロークの練習で、
ドライブをかける意識はしておらず、
自然にかかるドライブ(フラットドライブ)で
良いと思っていたのですが、意識してドライブを
かける練習をした方がよいのでしょうか?


みなさんは、
意識してドライブをかけているのでしょうか?


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


肉屋さん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


試合でのストロークについてですね。


正直、練習だけなら気持ちよくドライブで
打つのはいいと思います。


でも、
試合は緊張することによって
筋肉が硬くなります。


そうなると普段通り打つのは難しいです。


それを補う手段として「回転」を利用します。


回転をかけることによって、
フラットの気持ちがいい感触は薄れますが、
安定感を考えると必要です。


なので、
試合で普段通り打てない場合は、
回転をうまく利用してください。


練習でも試合で緊張することを
逆算して取り組むことが必要です。



「練習では入っても、試合では入らないかな」



そんな冷静な判断も大切です。


だからこそ試合に出た経験は大事ですし、
そのときの感覚を忘れずに練習してくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


レッスンでスピンをかけた打ち方をお伝えすると
「打った感じがしない」という感想が返ってくる
ときがあります。


今まで気持ちよくフラットで打っていた人からしたら
回転をかける感覚は、もしかしたら違和感を抱くのかも
しれません。


確かに、
フラットという真っ直ぐボールをラケットで
捕らえる打法に比べたら、スピンはボールが
少し飛んでいかない感じはあるのかもしれません。


しかし、
その分安定を手にすることができます。


何でもそうですが、
何かを手にすれば何かを失います。


スピンは空気抵抗によってコートにボールを
収めることができるので、当然スピードは
落ちます。


その代わり、
緊張する中でもラケットを振り切れる
安心が手に入ります。


身長が外国人くらい高くて
腰の高さで打ってもネットしないのなら
フラット系でも打ち込むことができますが
そこまでの体格がなければ回転でコートに
ねじ込むイメージが必要です。


そのためにもまずは自己分析をして
何が必要で何が必要ではないのかを見極め、
得るべきものとそうでなくてもいいものを
取捨選択してくださいね^^


では!


スリー


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダブルスをしていて、
たまにシングルスみたいにどんなボールでも
回り込んでフォアを強打してくる人がいます。


そうなると、
こちらとしてはかなり戦いやすくなります。


その理由を今回お話しています。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): へてろ
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 31~35歳
■テニス歴(フリー04): 6
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【へてろさんのご質問】


スリーさん、
いつも勉強させて頂いてます。


今回はダブルスのストロークについて
質問させて下さい。


ダブルスのストロークなのですが、
私は人よりはバックハンドが打ててる方なので
割とアドサイドを任されます。


アドサイドでラリーをする時って
バックハンドで対応するより、
サイドライン付近にポジション取りして
フォアハンドで打ち合った方が良いのでしょうか?


対戦相手はバックが打てないので
スゴイ外側によっていて相手がフォアハンド、
自分がバックハンドといったラリーになっています。


バックハンドが打てるとは言っても、
うまくつなげる程度でやはりフォアハンドには
かなわないもので・・・


なんかシングルス感覚でセンターよりに
ポジション取りしたくて無意識的にシングルス感覚で
ダブルスをプレーしてるのかな?と思ったもので・・・


もっと思いっきりサイドに
ポジション取りしてもいいのでしょうか?


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


へてろさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ダブルスのアドサイドでのストロークですが、
サイドラインによってフォアに周り込むのはいいのですが、
その分センターが空いてしまいます。


なので、
そこを攻め込まれてしまう可能性があるので、
ベースをサイドラインに寄るのはちょっと危険です。


ここぞというときに、回り込むとコースを隠せるので
ストレートとクロスに打ち分けれます。


だから
出来るだけセンターを空けないように
うまく回り込みも入れてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


ダブルスではセンターを空けてしまうのは
結構致命傷になってしまいます。


自分たちのセンターが空くと、
当然センターを狙われますよね。


そうなると、
そこに打たれたボールを取るために
センターに人が集まります。


ただ、
センターはペアのどちらが追いかけたらいいのか
わかりにくくなります。


その結果、2人ともセンターに集まってしまい、
両サイドが空いてしまうという状況になってしまうのです。


このように2人で行うダブルスは
センターのボールをどちらが追いかけていいのか
迷いやすいです。


だから
サイドを攻めるよりセンターを攻めた方が
ダブルスは効果的です。


このようなセンターの優位性を
「センターセオリー」といいます。


なので、
アドバンテージサイドに限らず、
ダブルスのポジション的な観点から言うと、
サイドラインに寄らない方が賢明です。


強いダブルスはセンター寄りで
戦うペアが多いです。


そしてサイドに打たせない配給です。


サイドに打つと、サイドに返ってきやすいので
状況を考えてコースを突きます。


このような考え方を頭に入れておくだけでも
大分ダブルスの戦い方が変わってきますよ^^


では!


スリー


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。