テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


前回の目玉特典の感想をいただきました。


「ベストパートナーの作り方」という
特別な音声です。


ちなみに
今回感想をくださった方は
最近ペアを解消されたばかりです。


その状況で音声を聞いていただいたので、
やはり深い感想になっております。


ぜひ自分と置き換えて聞いてください。


--------------ここから---------------

■名前: T
■特典の名前(フリー01): ベストパートナーの作り方
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法 (フリー02): イニシャル
■特典の感想(フリー03): 


【Tさんのご感想】


今回の音声の内容は正に、
私とパートナーがこの1年半の間に
行ってきたことと重なります。


やってきたことは間違ってはいなかったはずなのですが、
残念ながら今季限りでペアを解消することになりました。


経験はないが身体能力が非常に高いパートナーと、
経験はそこそこあるが年齢が4歳上で身体能力は平凡な私。


最初は同じ方向を目指してたのですが…


彼女はストロークをガンガン打つ
速いペースの超攻撃テニスがしたいのに対し、
私は速さを抑え、展開力をメインにした
テニスをしたいタイプ。


試合を重ねる度にタイプの違いが
大きな違和感に変わってきてしまいました。


互いに40代。


残り少ない身体が動く時間を有意義に過ごすため、
つい先日上記決断を下しました。


こんな状況の時にこの目玉特典!


なぜかいつもバッチリのタイミングです。


音声を聞いた上での反省点しては、
自分自身の本気スイッチがまだ押しきれていない点。


自分の思いは周りに伝わるほど行動に現れていない。


行動前の躊躇期間が長く、
タイミングを逃しやすい。


「必要性を感じたら、即行動」を実践すべき。


練習パートナーの探し方は、
最初は視野を広げて人に接して行き、
徐々に絞り込む方がよいかもしれない。


意外な人がベストパートナーになるかもしれない。


以上の様に感じました。


目玉特典と今回の経験を活かし、
早く次の練習(ベスト)パートナーを
探したいと思います。


くよくよしてても時間の無駄なので。


「失敗するほど成功に近づいてる」
と前向きに考えてやっていきます!


特典、ありがとうございました。
今回も勇気づけられました!


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Tさん

ご感想ありがとうございます!
スリーです^^


ペアを解消されたのですね。


でも
それだけ考えての決断は
前に進むために必要な経験なのかもしれません。


だから
おっしゃる通り、次のステップに向けて
バンバン行動していきましょう!


結局、成功は失敗でできた道によって
導かれます。


しかも、
今回のことも私が見る限りだと
失敗というより前に進むきっかけのように
思えます。


ぜひ
今回の経験もバネにして
ベストパートナーを見つけてください。


ベストパートナーとは
自分自身も進化することによって
見えてくる相手ですから^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


基本的に全力で取り組んで出来た道は
自分が本来歩むべき「本当の道」だと
私は考えています。


だから
どれだけイバラの道だったとしても
前に進むしかありません。


ベストを尽くしたからといって
順風満帆に行くとは限らないのです。


どちらかといえば
辛いことの方が多いのかもしれません。


だけど
自分が頑張った結果の道です。


だとしたらそれが自分の人生のような
気がしませんか?


私はそう捉えています。


なので
今まで自分のやってきたことに後悔していませんし、
辛くても乗り越えてきました。


自己嫌悪に陥るときは
全力で取り組めれなかったときです。


これは人に対しても同じです。


誰に対しても自分ができることを
やってきたつもりです。


その中で当然たくさん失敗も
してきました。


でも、その失敗から得た教訓を
次につなげるしかありません。


この考え方はテニスも一緒ですね。


全力で取り組んで、
失敗から何かを学ぶ。


そしてまた一歩前に進むことができたら
上達しない訳がありません。


このちょっと厳しい道に疲れたとき、
色んな方の経験がカンフル剤となればいいなと
考えています。


ぜひあなたにとっての道のお話も
聞かせてください^^




それが誰かの一歩につながると
私は信じています。


では!


スリー



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


たまにプロそっくりのフォームで
プレーしている人を見かけませんか?


きっと好きな選手を真似て練習して
いるのでしょう。


私も昔、好きな選手を真似て練習していました。


真似ることによって色んな発見があったり、
イメージトレーニングにもなるので
非常にオススメです。


でも
欠点もあります。


それは本当に真似しないといけないことが
真似しきれないことです。


その結果、
泥沼にはまる可能性もあります。


今回はそんなときの解決策について
お話しています。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): T
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 二年半
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Tさんのご質問】


Tです。

サービスについてです。


自分は身長が高くてサービスを武器にしたいんですが
サービスのトロフィーポーズの時に面が上を向いているのと
右肘が低い。


何度も替えようとしているんですが、
なかなか修正できません。


どうすればよろしいですか?


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Tさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


サービスについてですね。


実際私の生徒さんにも打つ面が上を向いたり
肘が下がっている人が多いです。


そういう方にははじめからトロフィーポーズを
作ってサービスを打ってもらっています。


面の向きや肘の位置を自分で確認してから
打ってもらうようにしています。


そうするとほとんどの方が
きれいにサービスを打てるようになりました。


それが慣れてきたら
普段のサービスを打ってもらっています。


どんなラケットの引き方でも
トロフィーポーズを通過して
サービスを打つので効果的な
練習法ですよ!


ぜひ普段の練習に取り入れてくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


これは私の考え方ですが、
1のことができないのに5のことはできません。


これはどのショットにも言えることです。


例えば
プロの打ち方を真似ている人って
結構多いと思います。


プロの打ち方は格好良いので
誰もが真似したくなるからです。


でも
実は色んな体の使い方を織り交ぜた結果、
格好良い打ち方になっているのです。


なのに
打ち方だけ真似ても色んな体の使い方を
真似ることはできません。


だから
私はまず基本的な体の使い方を
お伝えしています。


それらの積み重ねが色んな体の使い方につながり、
結果的に格好良い打ち方になるのです。


もし
あなたが調子を落としているのなら
基本を見つめ直してください。


原因は1~3くらいの基本にあります。


1~3くらいの基本とは、

「打点」「軸」「運動連鎖」などです。


これらができて
「パワー」「スピード」「回転」などの
応用に磨きがかけれます。


そのためにもまずは
「打点」「軸」「運動連鎖」を確認し、
それができてから「打点」「軸」「運動連鎖」
に着手してくださいね^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「イップス」ってご存知ですか?


イップスとは精神的な原因などにより
スポーツの動作に支障をきたし、
自分の思い通りのプレーができなくなる
運動障害のことである。


この症状は色んなスポーツでも
よく耳にします。


そんなイップスに苦しまれた方が
私のテニス上達法動画の感想をくださいました。


そこには色んな葛藤なども
書かれています。


ぜひ今後の参考にしてください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): e
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 31~35歳
■テニス歴(フリー04): 18
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【eさんのご質問】


回転系サービス動画の感想ですが
大変満足いくものでした。


2年以上にわたってサービスイップスと付き合って
きましたが、自信を取り戻し、いよいよ狙って攻撃
できるところまで回復してきました。


そこで今回の動画を購入、拝聴しました。


今回の動画で、
スライスの球種が一気に増えました。


イップスにかかる前は、トップスライス一辺倒で
質の高いサービスになっても、慣れられて逆に相手が
意図せぬいいリターンにやられるというパターンが
多かったのに対し、今は配球を楽しめるようになりました。


スライスだけでもです。


これからの目標は、イップス前にトライしていた
横に追い出すスピンサービスをマスターし、
それを他の人にも伝えられるようになることです。


スピンサービスを短時間で打てるようにできる
指導者ってほとんどいません。


私も教えてもらっても感覚的なことや、
ありふれた本に載っている指導しか
聞いたことがありません。


ここを私は打破したい。


教えたら初心者でもその日にラケットへ
乗っかる感覚を得られるようにしたい。


それには、まず自分が自在に回転を操れないと。


スピンサービスには肩を壊しながら、
10年以上思考錯誤しています。


スリーさんのおっしゃっている「シンプルに」ができず、
難しく考えすぎていたからです。


いよいよできそうです。


ありがとうございます。


スピンに関してはひとつ質問があります。


動画において、
ボールの上のりんごをむくとあります。


りんごをむく感覚だとキックし
りんごを切る感覚だと順回転でとびやすい
という理解であっていますか?


・・・質問しながらも、こんなのも感覚なので、
やってみればいいだけの話ですね。


では。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


eさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


回転系サービス動画を活用してもらい
すごく嬉しいです。


サービスはプレーのスタートなので
そこが複雑だと、返球されたボールの
対処が大変です。


そのためにサービスはシンプルであるべきです。


感覚的に打つくらいの方が
力も抜けていいサービスになります。


ちなみに
りんごの皮をむく感覚は薄くボールを
当てるための表現です。


りんごを切る感覚は厚くボールを
当てるための表現です。


その結果、
キックしたり順回転がかかったりします。


こんな感じで日常動作をテニスに
取り入れることによってシンプルな打ち方になりますし、
体の負担も減ってきます。


また、
どうスピンサーブを跳ねさすかも
ちょっと当て方を変えるだけで
色々変化させれます。


そこに打ち方は関係ありません。


回転系サービス動画でお伝えしている感覚を
うまく応用して、色んなショットに応用してくださいね^^


コツは簡単に考えることですよ!


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


人は同時に2つ以上のことを考えれません。


テニスの場合も同じで、
打ち方と戦い方を同時に考えるのは
難しいのです。


しかも
サービスはラケットとボールを
それぞれの手に持ってうまく扱わなければ
なりません。


そうなると
意識しなければならないことが多すぎて
結果的にラケットが振れなくなったりします。


人は考えると止まってしまう生き物だからです。


なので
できる限りシンプルにする必要があります。


「ボールの横を打って、相手のバックを狙おう」


そうやって打ち方と戦い方を
ひとつの動作にまとめると考え方が
シンプルになります。


だから
ボールをりんごに例えたりして
感覚に訴えるようなアドバイスをします。


りんごを包丁で切るときって
わざわざ右手と左手の使い方を考えませんよね。


それくらい自然にサービスを打ってもらいたいのです。


そしたら少し余裕が生まれて
対戦相手のことを考えることができます。


料理だって切り方や作り方で戸惑っていたら、
食べる人の好みや味付けまで考える余裕がないですよね。


自然と調理できるから食べる人のことまで
考えられるのです。


なので
練習では意識し、試合では無意識で打てるよう
心がけましょう。


体によかったときの感覚を覚えこませることが
ポイントですよ^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたは試合に出たことがありますか?


私は試合に出なくてもテニスは楽しめる
スポーツだと考えています。


でも
試合に出たら優勝する可能性があります。


優勝するのはなかなか難しですが
成し遂げたときは何物にも代え難い
幸せな気分になれます。


今回は読者さんで実際に優勝された方からの
ご報告を紹介します。


そこにはどういうことがよかったのかも
書かれているのでぜひご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): chichi
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 10数年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 報告
■内容を教えてください。(フリー09): 


【chichiさんのご質問】


スリーさん、
おかげさまで先日のミックスダブルスで
生まれて初めて優勝しました。


その夜は気持ちが高ぶって
なかなか眠れませんでした。


ペアの女性とは初対面でしたが、
彼女がうまくリードしてくれたのがなによりの
勝因だったと思います。


もちろんスリーさんと同じく
全ての試合でトスアップでレシーブを選択し、
第一ゲームはすべてブレイクできました。


私が後ろでロブ合戦に持ち込み、
相手のロブが浅くなったときに
彼女が決めてくれるパターンが
多かったのが印象的でした。


自分が組み立ててペアにきめてもらうって
気持ちがいいですね。


メンタルも体も楽です。


ますますテニスにはまりそうです。
以上報告まで。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


chichiさん

ご報告ありがとうございます!
スリーです^^


優勝おめでとうございます!


すごいじゃないですか^^


戦い方を聞いている限りでも
ちゃんと作戦があって、それがうまく
いった結果のように感じます。


そうやって自分たちのペースで進めれたら
楽しいですし、次につながりますよね。


ダブルスはそんな感じで役割分担が
勝利の秘訣です。


あとはさらなるパターンを考えたり、
それを成立させるための技術を向上させると
着実に上達できます!


ぜひこの喜びを忘れずに、
もっとテニスを楽しんでください^^


本当におめでとうございます!


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


やはり優勝は嬉しいですよね。


その会場で集まった人たちの中で
1番というのは気持ちがいいです。


大会本部の方からも声をかけてもらえたり、
周りの人たちからも一目置かれます。


いい意味で目立てますよ。


だから
この経験をたくさんの方に
してもらいたいです。


誰もが試合に出ましょうという
メッセージではなく、そういう世界も
あるということを伝えたいのです。


今は試合に出ていなくても、
ちょっとしたきっかけで挑戦したいと
感じるかもしれません。


実際試合に出てなかなか勝てなくても、
ちょっとコツをつかむことによって
急に勝ち進めたりします。


つまり、
テニスをしている限り、
誰にでも優勝できる可能性があるのです。


無理に試合に出る必要はありませんが、
もしちょっと挑戦してみたいと感じたのなら
小さい大会から参加してみてください。


最初は緊張するかもしれないので、
ご友人やご家族と一緒に出てみたり、
スクール主催の試合に参加することから
始めるのもいいかもしれません。


そこから段々と試合に慣れてきて、
その先には優勝という幸せな結末が
待っていますよ^^


では!


スリー


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

体を効率よく使うことを私は推奨していますが、
具体的にどういう動作なのかってわからないですよね。


そこで今回はフォアハンドストロークについて
質問を受けていますので、体の有効な使い方を
踏まえてお答えしています。


結構細かくお話していますので
参考にしてください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): たけし
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 二年半
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09):


【たけしさんのご質問】


始めまして^^


最近スリーさんのブログを見て
いろいろ刺激をもらっています^^


スリーさんのテニスへの情熱、
コーチとしての責任などすごい伝わり、
スリーさんにテニスを教えてもらいたくて
今回この質問を使うことにしました。


自分はどうしてもフォアハンドを
打つのが怖くて軽くイップスに
なりかけています。


フォアハンドのテークバックのときに手首が伸びて
ヘッドがだいぶ下がった状態から打ちにいくため
球が軽いと言われます。


どうすればよろしいですか?


悪いくせがついていて
治し方がよくわからないんです。


生きたボールのスピンが打ちたいです


よかったら教えてください。


フォアハンドのグリップは厚い方で、
スピン主体です。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


たけしさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


基本的にショットは正しい運動連鎖によって
成り立ちます。


手首が伸びてしまうのも
連鎖がうまくいっていないからです。


⇒肘 ⇒ 手首


この順番で手首を使うので
もしかしたら肘がうまく使えていないのかも
しれません。


例えば
ボールを投げるときに
肘が使えていない人は手首もうまく
使えていません。


そんな感じで一度自分のスイングを
分析してみてください。


意外に「肩」⇒「手首」の人が多いので^^


よろしくお願いします!


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


ちなみに肘が使えていない方には
ストロークやサービスなどショットに関係なく、
肘からテークバックすることをオススメしています。


肘から引くと肘が自然に使えるのです。


プロの選手がラケットを引いている
シーンを見てください。


多くの選手が肘からテークバックしています。


この方法が一番簡単です。


例えば
ストロークの場合、肘からラケットを引くと、
スイングしたときに手首が遅れて出てきます。


このムチのように先端が遅れてくる感覚が
「肘 ⇒ 手首」の順番での運動連鎖です。


そして
あとは体のひねりを肩から始めれば
「肩 ⇒ 肘 ⇒ 手首」の動作になり、
効果的な体の使い方ができます。


多くの人は肩からのひねりはできていますが、
肘を上手く使えていません。


ぜひ
肘からラケットを引く感覚を取り入れてくださいね^^


では!


スリー


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。