テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

あなたが打っているスライスサービスは
本物のスライスサービスでしょうか?


私のスライスサービスの定義は
ちょっとしたこだわりがります。


それらも踏まえて自分のショットを
考えてみてください。

--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): たかな
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 51~55歳
■テニス歴(フリー04): 週末
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08): 


【 たかなさんのご質問】


スピン、スライスサービス動画
ありがとうございます。


大変参考になります。

 
実践していて感じた点について
アドバイスお願いします。

 
回転重視のスライスを
動画で紹介されていることを
意識して打って感じはつかめるのですが、
まだ思った程回転が掛かりません。


少し厚めにインパクトすればいいでしょうか。


スピードと回転には相関があるので、
さじ加減が難しいです。


両立したい時もあるし・・・


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


たかなさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


回転でボールを当てる感覚ですが、
おっしゃる通りで少し厚めに当ててください。


最初は普通に上突きをして
完全に厚く当てます。


そこから徐々に回転を加えていく感じです。


最初の上突きが厚さ100%と考えて、
そこから徐々に横回転を入れていきます。


すると
厚さ100%から90,80、70%と
当て方の感覚が変わっています。


そうやって
当て方をコントロールできるようになったら
回転系サービスは打てたようなものです。


最初のこの当て方の調整が
一番大変かもしれませんが、
この部分だけは頑張って練習してください。


この練習だとテニスコート以外でも
できますので取り組みやすいと思います。


そしてまた何かありましたら
今回のように質問してください。


そうやって目標を一緒に
達成して行きましょう^^


よろしくお願いします。


では!


スリー


--------------ここまで----------------


---------------まとめ-----------------


スライスサービスを本当に打てているかどうかの
定義として、私は厚い当たりの速いスライスサービスと
薄い当たりの遅いスライスサービスの両方を打ててこそ
だと考えています。


どちらかのスライスサービスしか打てないのは
まだ「スライスという回転」を使いこなせていません。


そのためにも回転を掛ける感覚を
身に付けることが必要となります。


どうラケットとボールが接触して
どう摩擦を起こすかが大事です。


それをコントロール出来れば
自由自在に回転系ショットを
打てるようになれます。


まずはラケットでボールに回転を掛ける
練習をしてください。


ボール突き練習で
回転を掛けることから始めてください。


その延長上が
色んなショットにつながります。


例えば今回お話した
厚い当たりの速いスライスサービスや
薄い当たりの遅いスライスサービスだって
回転の感覚さえつかめば打てるようになります。


ボール突きをしながら
厚く当てて回転を掛けたり、
薄く当てて回転を掛けたりしてください。


それができないのに、
相手コートに飛ばして打つなんて
できません。


小さいことをひとつずつクリアーして
着実に実力を身に付けていってくださいね^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今あなたは心からテニスを
楽しんでいますか?


もしそうでないのなら
今回の記事はそれを打開する
ヒントになるかもしれません。


まずは私の動画を購入された方からの
メールをご覧ください。


--------------ここから---------------

■名前: U
■商品名(フリー02): 回転系サービス動画
■スリーのどの記事から購入されましたか?(フリー03): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログ、HPへの引用可否(フリー06): 引用可(名前→イニシャル)


■購入の決め手は?(フリー04): 

少し前に購入したアナトミー・トレインで
教わった方法をコートで試してみたら、
力のあるボールを安定して打つことができました。

次は、サーブ、
ということで購入しました。


■購入される際に迷われた理由(フリー05): 

特に迷うことはありませんでした。


■スリーに一言(フリー07): 

次にコートに立つのが週末なので、
それが待ち遠しいです。



--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


Uさん

スリーです^^


成果報告をいただけるのが
一番嬉しいです!


ありがとうございます^^


何事にも言えることですが、
『楽しみ』という感覚を持って
取り込む状態が一番伸びます。


「早く試してみたい!」という
気持ちで次の練習までいれたら、
実際に打つときはすごい集中できます。


美味しい食べ物を想像して
お腹を空かせているのと同じ感覚です^^


もし疑問点などがあれば
聞いてくださいね!


では!


スリー


--------------ここまで----------------


---------------まとめ-----------------


自分では気付きにくいのですが、
人が一番上達できるときって、
テニスをするのが心から「楽しみだ!」
って感じているときです。


次の休みの日にテニスの予定があって、
その日が来るまでワクワクしている
状態ですね。


「この打ち方をしたら今までにないショットが打てる」

「学んだ体の使い方を試してみたい」

「イメージしたことを表現したい」


・・・


こういう感情を抱くには
自分が何をするべきなのかを
明確化することが大切です。


そのきっかけ作りとして
私としても毎日情報配信をしていますし、
そこからテニスの楽しさを見出して
もらいたいと考えています。


なので
もしあなたが伸び悩んでいたり、
今ひとつテニスを楽しめないのなら
新しい考えに触れてください。


「次の練習で試したい」


そんな気持ちを持つためには
新しいことに触れることが一番です。


ずっと自分の中にある常識に
囚われていては前に進めません。



『悩んだらまず一歩だけ前に進んでみる』



この考え方ってすごく大事ですよ^^


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サービスとレシーブって
テニスの試合において絶対に
打たなければならないショットです。


そんな大切なショットが不安定だとしたら、
当然試合内容も不安定になってきます。


そうならないためにも
今回の記事はぜひ目を通して
おいてください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): N.H
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 16~20歳
■テニス歴(フリー04): 8
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08): 


【 N.Hさんのご質問】


自分は左利きのスライスサーブの
レシーブが苦手です…。


ボディ近くに入ってきたのをフォアで打とうとすると、
詰まってアウトやネットになってしまいます。


左利きのスライスサーブに対するリターン側が
注意すべきことなどなにかありましたら、
教えてください


また、
試合中一番差があると感じたのがリターンでした。


相手の速いサーブに対し、
ブロックリターンをしたらボールが
飛びすぎてアウトになる場面が多かったです。


スリーさんは速いサーブに対して、
どのようにリターンするように意識していますか?


アドバイスなどあれば教えてください。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


N.Hさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


左利きのスライスサービスはムリにフォアで
返そうとすると詰まってミスになりやすいです。


だったらバックで回り込むくらいの気持ちで
レシーブした方が返球しやすいです。


右利きでのレシーブでしたら
左にスライスサービスは逃げていくので
バックの方が打ちやすいことを覚えておいてください。


また、レシーブについてですが、
私は速いサービスに対しては
はじめからボレー持ちで待っていますよ。


あとは飛んでくるサービスに対して
ボレーを打つようにして返球します。


ワンバウンドしたボールをボレーする
イメージで打つのがポイントです。


それにしても
素晴らしい成長ですね。


他人とではなく、過去の自分と比べて
成長できているかが大事だと思います。


それを感じられているということは
何よりの財産ですよ^^


では!


スリー


--------------ここまで----------------


---------------まとめ-----------------


右利きの方ならわかると思いますが、
左利きの左に逃げるサービスってレシーブしにくい
ですよね。


自分のバック側に食い込んでくるので
バックハンドが苦手な人は特に返しにくいと
思います。


その結果、
多くの方は回り込んでフォアハンドで
レシーブしようとします。


でも
それが返ってレシーブを難しく
している要因でもあるのです。


自分のバック側に食い込んでくるのですから
フォアで打とうとしても、ラケットの付け根付近で
打つことになり、甘いレシーブとなっていまいます。


だから
仮に相手コートに返せたとしても
主導権を握られて、結局ポイントを
取られてしまうのです。


それだったら
物理的に無理な体勢で打つフォアハンドより
自然な形で打てるバックハンドの方が、
多少苦手でも未来があります。


今はうまく打てなくても
練習すれば返せるようになります。


日常動作にあまりないバックハンドは
慣れるまで時間がかかりますが、
打てるようになったら安定するのは
バックハンドだと言われています。


また、
ボレーを打つようにレシーブすれば
滑るスライスレシーブになるので
左利きスライスサービス対策になりますよ。


ボレー打ちでのブロックレシーブは
速いサービスや回転系サービスにも対応できる
万能レシーブです。


なので、
ボレーが得意ならストロークレシーブではなく、
ボレー打ちでのブロックレシーブを取り入れても
いいですよ^^


自分のやりやすい方法を選択してください!


では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は大学時代の学部友達と
梅田でランチでした。

いつも男2人でちょっと気持ち悪いですが
近況報告し合っています。

コーチの人だけと話していたら考えが
偏ってしまうので、色んな業種の人と
会うようにしています。

ちなみに今回は通りすがりの韓国料理の
食べ放題のお店に行きました。

えらいもので全部辛かったです。

そしてトークはアツかったです!

彼にはもうすぐ娘さんが生まれます。

だから死ぬ気で頑張ると宣言して
いました。

その決意として、8月にスカイダイビングをするそうです。

どういうつながりでそうなるかは
わかりませんが、頑張ってもらいたいです!











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日から公開している
「ボレーマスター動画」ですが、
今までの動画の中で一番たくさんの
感想をいただだいています。




そんな中、
今回はちょっと気になる感想を
いただいたのでご紹介します。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): MPV
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 51~55歳
■テニス歴(フリー04): 15年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08): 


【 MPVさんのご質問】


おはようございます。


昨日から雨で、午後の練習も出来ないので、
やっとボレー基本動画の感想を送れます。


他の方の感想にありましたが、
確かにハラミロ式と同様です。


私は小浦式とも同様に思います。


しかし、
大きな違いはそれぞれに伝達の対象と
プロセスが異なることです。


ハラミロは矯正と完璧な形を、
小浦式は自然な身体の動きの延長上の
段階的な機能の確認を、そしてスリー式は、
これら二つに至る論理の解説を含む実践を補填します。


従って、
もともと門外漢の指導者には三者とも
欠かすことが出来ないものだと実感しています。


即ち、ハラミロいわく、
「プロでもショットを是正するためクリーンアップするために、
このドリルを繰り返しているんだよ。」が3パターンもあるのです。


非常に助かります。


応用編、ドリル編を楽しみに待ってます。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


MPVさん

ご感想ありがとうございます!
スリーです^^


ちなみに
私はゲイブ・ハラミロのボレー編を
見ていないのですが、結局大事なことは
同じなのですね。


ただ、
私の場合は実際にレッスンの中で
効果があったものや、一般の方でも
実践できることに重きを置いています。


なのでその辺は決定的に違うと
思いますよ。


また、小浦コーチと同様、
私も体の使い方に着目した機能分析を
取り入れているので、フォーカスしている
部分が似ているのでしょう。


それが提供できているのなら
私としては嬉しいです^^


では!


スリー


--------------ここまで----------------


---------------まとめ-----------------


今回はスクールのコーチに動画の
ヒッティングをお願いしました。


その際、撮影風景を見ていたそのコーチが
「すごく勉強になる」と言ってくれました。


彼が言うには私のレッスンを隣で見ていたけど、
自分のレッスンもあるので、私が何をしているのかが
わからなかったようです。


私のレッスンは他のコーチとはちょっと
違うようで、気になっていたようです。


それをヒッティングすることによって
目の前で見ることができたので、
謎が解けたと喜んでいました。


正直、私のレッスンでは


「ラケットを引きましょう!」

「打ちたい方向に足を出しましょう!」

「打点は前ですよ!」


みたいな抽象的な指導はしません。



今回のボレーマスター動画でも
紹介していますが、


「2つの支点を作りましょう!」

「レイバックで引いてください!」

「インサイドから軸足を入れてください!」

「前と後ろに壁を作って!」



こんな感じです。


きっと隣でレッスンしているコーチも
聞いたことがない用語ばかりが飛び交っているので
不思議だったのでしょう。


自分で言うのも何ですが、
独自で勉強してそれをレッスンで提供し、
さらに動画でまとめたものを配信している
コーチはいないと思います。


何回も何回もアウトプットしているので
自分のコーチ力は向上しますし、情報も
洗練されているのです。


つまり
動画を出すということは
自分のためでもあるのです。


そしてそんな私のことを
信じて動画を購入いただいている方のためにも
どのコーチにも負けない本物のテニス上達法を
提供していきたいです。


今回は初めてボレーについての
動画を作成しました。


私が考えるボレーの真髄に
触れてみてください。


あなたを変える力があると
私は信じています。

↓ ↓ ↓

 

では!


スリー





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。