テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

自分の上達って実は一番わかりにくいですよね。


上達を実感できるときって
大抵周りの人から上達した部分をほめられた
ときではないでしょうか?


今回は実際に回りから評価を受けた方からの
メールをシェアします。


やっぱり
人から変化に気付いてもらえるのが
一番嬉しいものなのです。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): かとsk8er
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 2年弱
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08):

 
サービス動画感想です。


ボールを手のひらで回す練習は効果抜群でした。


3週間でトスが殆ど回転せずに安定して上がるようになりました。


トスが安定してくると、
ボールを打つ瞬間に集中できるので、続いて、
レッグドライブを意識した練習に入ってみました。


もともとスライスサーブを打っていたのですが、
打球のスピードが一段上がって、かつ、
回転量も増えました。


「パン」と言う打球音の早いボールが
ギュ~ン曲がって相手コートに沈んで行く
ボールが出始めました。


私は左利きなのですが、
デュース側のアレイからセンターを狙ったサーブが
弾んでからセンターラインに並行して飛ぶ位
曲がるようになりました。


スクールでのゲーム練習では
ノータッチエースが連続して、
コーチからも「早くて良いサーブですね。」
と褒められます。


少なくともサーブでは
上のレベルになったかと自惚れてます。

 
更に「回転サーブ」の動画を参考に
スピンサーブに挑戦してみたところ、
威力はショボショボですが、
相手コートで高く弾むサーブを打つことも
出来ました。


これには、
スクールの仲間からも驚きの声と賞賛を貰いました。

 
また、
バイメカサーブの練習のお陰で、
「バイオメカニクス」による体の動かし方と言うか、
後ろ足を軸にした初動で身体を動かすと云う意味が
身体レベルで判ってきたような気がしています。


ストロークでのスタンスがオープンだろうが、
クローズだろうが、アプローチで前足に体重が
全部乗った時でさえ、後ろ足が身体の軸になって
そこから全身の動きが始まると云うことが、
ナントナクですが身体が自分の意識に
教えてくれているような気がしてきました。


 
「バイメカ動画」からの3連作動画は、
今まで買ったどんなDVDよりも、
私には価値のあるソフトでした。
 

また、
それだけに止まらずに、
神谷DVDや新井流DVD,ゲイブハラミロDVDも今までとは
違った見方が出来るようになりました。


足の運びや腰の動きやタイミングなど、
「機能分析」的な動きの意味が見えてきたような気もします。


「上コア」「ココア」も意識の持ち方が変わってきました。
心から感謝しています。有難うございました。


 

追伸

「バイオメカニクス」による指導を
アナウンスしているテニススクールがありました。


体験レッスンを受けて、
色々と質問してみましたが、
スリーコーチのメルマガや動画を超える内容は有りませんでした。


「スリーネットテニススクール(?)」に参加していれば、
必要な知識や練習方法は全て手に入ることがハッキリと判りました。

 
これからもご指導の程、よろしくお願いします。


(もう直ぐ定年ですが、第2の職場を大阪で探そうかと、半ば本気で考えています。
でも、スクールは市内からは遠いですよね。悩みどころです ^_^;)


-------------ここまで--------------


--------------まとめ---------------


それにしても嬉しいご感想です。


やはり「成果」の報告が一番嬉しいですね。


周りの方からの評価は何よりの
上達の証明です。


例えば
髪型を変えて、それに人から気付いてもらえたら
嬉しいですよね。


しかも
「似合っている!」って付け加えて褒められたら
その日は一日中幸せな気持ちでいられます。


テニスの上達もそれと同じだと
私は考えています。


もっと言うと、
テニスは人生を豊かに生きるためのひとつの
方法だとさえ思っています。


だから
一生懸命になれるのかもしれませんね。


テニスコーチという立場からしたら、
こうやって成果報告をいただけるのは
コーチ冥利に尽きます。


あたなももし嬉しいことがあれば
ぜひ報告してください。


自分のことを言うと何なのですが
動画配信はここ最近始めたことなので
不安もありましたが、自信にもなりました。


これからも今回のような感想がいただける
情報を配信していきたいと思います!


では!


スリー



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたは自分がダブルスの前衛のとき、
やるべき仕事ができていますか?


ダブルスの前衛がやるべき仕事。


それは「決めること」です。


この大事な仕事ができるかどうかは
『あることのタイミング次第』です。


今回はその『あることタイミング』について
お話しています。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): e
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 31~35歳
■テニス歴(フリー04): 18
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08): 


【eさんからのご質問】


久々に質問させてください。


ダブルスの前衛にて、
味方がサーバーの際、


スプリットステップはどのタイミングで
踏むのがよいでしょうか?


またどのように踏むのが
効果的でしょうか?


色々と試しているのですが、
解が見つかっていません。


通常は相手の打球時に着地、
つまりニュートラルというのを
私は心がけてきました。


しかし、
ポーチを主として「動く」ことを前提とした前衛では、
それでは遅いのではないかな?と感じ始めています。


数ヶ月前に、
女子プロの方にレッスンを頂ける機会がありました。


その方は、
プロの中でもかなりポーチに出る方だと話していたので、
これはいい機会!とばかりに同じ質問をしてみました。


すると・・・

「サーブが入った時ですね」

という答えが返ってきました。


その時は、やはり私の思った通り、
通常のスプリットじゃ遅いんだ、
極端にはやくスプリットすればいいんだ♪

とウキウキワクワクして帰りましたが


その後試してみると、
それが恐ろしく難しいことに気付かされました。


サービスが入った時になんてステップできない!


こういう現実が待っていたからです。


パートナーがボールをついている音は聞こえますが、
それをどのタイミングで打つのか、見ているわけではなので、
パン!という音が頼り。


パン!と鳴ったのを確認して
ステップだとタイミングが合わない。


結局、
スプリットは元に戻しているのが現状です。


本来スプリットは準備にすぎず、
目的ではないので深く考えなくてもいいのかもしれませんが、
準備が遅れるからショットの成功率が下がるのもまた真。


そんな気持ちからご質問させていただいております。

--------------ここまで----------------



【スリーの回答】



--------------ここから----------------



 

eさん



ご質問ありがとうございます!
スリーです。



ダブルス前衛のスプリットステップについてですね。



確かにプロの方がおっしゃるのもわかりますし、
私もそのタイミングで行うことがありますが、
それは味方のサービスが速いときです。



 



味方のサービスがそこまで速くない場合は、
相手レシーバーが打つ瞬間に着地のタイミングです。



 



スプリットステップの取り方としては、
飛んで行ったボールに向かってステップです。



 



この基本ありきで、
あとは味方のサービスによってうまく
タイミングを変えてください。



 



大事なのは、相手がフォワードスイングに入って、
打つ軌道を変えれなくなったときに動いてボレーを
決めることが前衛の仕事です。



 



そのタイミングを意識してスプリットステップを
取ることが一番大切ですよ!



 



頑張ってくださいね!



 



では!



 



スリー

-------------ここまで--------------

--------------ここまで-------------

--------------まとめ---------------


ダブルスの前衛は相手レシーブだけでなく、
相手がショットを打つたびに決めボールを
狙うべきです。


始めからネット付近にいてもいいルールが
あるのですから、それくらいの気持ちが必要です。


ただ、相手もあなたに触られないような
配球をしてくるので、なかなか思うようには
いかないですよね。


そのために「スプリットステップ」
が存在するのです。


ステップステップは相手が打つタイミングと
自分の動きを合わせるための手段です。


ここが合っていないのに、上手くボールが
打てるわけないのです。


基本は相手がボールを打つ瞬間に
スプリットステップの着地です。


プラス、
「いつステップを開始するか」です。


やはり相手がスイングし始めたら、
そこから狙うところを変えるのは難しいので、
相手のラケットはよく見ておく必要があります。


相手がどのショットを打ったとしても、
スイングが開始されたら「スプリットステップの開始」


そして相手がボールをヒットしたときに
「スプリットステップの着地」


この2つのことを意識するだけで
かなり前衛として動きやすくなるので
覚えておいてくださいね!

では!

スリー



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



この3日間、
私が高校から始めたテニスについて
自分の経験を基に色々お話してきました。


今回の第3章が最終です。


最終章の音声では
テニスコーチになった私が色んな方を
見てきて感じていることです。


それは当然上級者の方に聞いてもらいたいことですが、
初心者の方にも中級者の方にも必要な内容です。


今日がラストですので
ぜひ最後までお聞きください。


そのまま下のURLをクリックしてもらえれば
音声が流れてきますので、ぜひ最後までお聞きください。

  ↓ ↓ ↓



※クリックしてから音声が流れてくるまで少し時間がかかります
※混雑してるとエラーになる場合があります。
 その際は少し時間をおいてください。


もし感想や質問などあれば
こちらからよろしくお願いします^^


では!


スリー




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日から3日間、
私が高校から始めたテニスについて
自分の経験を基に色々お話しています。


第2章の音声では
中級者から上級者に向けて駆け上がっていく
私の大学時代のお話です。


そこではある先輩の一言が
私のテニス観を一変してくれます。


あなたにも役立つ内容ですので
ぜひ聞いてください。


そのまま下のURLをクリックしてもらえれば
音声が流れてきますので、ぜひ最後までお聞きください。

  ↓ ↓ ↓



※クリックしてから音声が流れてくるまで少し時間がかかります
※混雑してるとエラーになる場合があります。
 その際は少し時間をおいてください。


第3章の上級者編は明日公開します。


最終章なのでお楽しみに^^


スリー




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から3日間、
私が高校から始めたテニスについて
自分の経験を基に色々お話していきます。


第1章の今回の音声では
私が初心者から中級者に向けて
歩んでいった道のりについて
お伝えしています。


そこには当然大きく上達するヒントも
隠されていますし、私がどんな高校生活だったのかも
しゃべっています。


そのまま下のリンクをクリックしてもらえれば
音声が流れてきますので、ぜひ最後までお聞きください。

  ↓ ↓ ↓



※クリックしてから音声が流れてくるまで少し時間がかかります
※混雑してるとエラーになる場合があります。
 その際は少し時間をおいてください。


第2章の中級者編は明日公開します。


お楽しみに^^


スリー




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。