テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

本日で「サービス強化週間」は終了します。


この数日間、ひたすらサービスについて
お話してきました。


あなたのサービスに対しての考え方が
少しでも変わったのなら嬉しいです。


そこで
「サービス強化週間」最終日である本日は
【サービスゲームに必要な心得】についてお話します。


何度もお伝えしてきましたが
テニスはフォームの美しさやボールの速度を
競う競技ではありません。


ポイントを取り合うゲームです。


サービスはその手段のひとつにすぎません。


それを踏まえての
【サービスゲームの心得】です。


ぜひ覚えておいてください。


それは、
「イタチごっこをイメージする」です。


イタチごっことは、
片方がもう片方に対し何かを行うと、
やられたもう片方の側は同じ方法か、
手口を変えて片方に何かをやり返す。


そうしてまたやられた側は
手口を変えてもう片方へやり返すという
繰り返しを意味します。


その先手が「サービス」なのです。


ただ、
「イタチごっこ」は延々と続いていくことの
例えですが、「サービス」は最終的にどこかで
終わらせることをイメージしてください。


相手の先手を取り続け、
最後は終わらせることをゴールに
サービスを打ってもらいたいのです。


ゴールとは決めショットです。


ボレーでもいいですし、
エースが取れるストロークでも
いいのです。


そこにたどり着くまで
「イタチごっこ」を頑張るのです。


そのスタートが「サービス」です。


サービスからジワジワ相手を攻めていき、
相手が攻め返してきても、そのひとつ上の
攻撃を繰り返すのです。


そして
最後に決めショットに持っていくのです。


このイメージすべてで
【サービスゲーム】を構成するのです。


サービスゲームは
サービスを最初に打つだけではありません。


「イタチごっこの先手を取った状態」なのです。


ちょっと抽象的ですが、
このイメージを意識してサービスゲームに
取り組んでください。


ちょっと有利になった気持ちになりますよ!


技術的なことは
「サービス動画」に任せてください^^

 ↓ ↓ ↓

   


なぜ私が「サービス動画」をあなたに届けたいのかは
音声を録りましたので、聞いてくださいね!





では!


スリー


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は試合でも勝ちより負けから色んなことを
学んできました。


それは何事にも言えると思います。


今回は「サービス動画」を手にされた方から
嬉しい感想をいただいたでの紹介しますが
私自身が学ぶことができたのは自分に足りない
部分でした。


--------------ここから----------------

■名前: H
■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): 41~45歳
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法(フリー03): ニックネーム


■サービス動画の購入理由(フリー04): 

一番苦手なのにテニススクールではあまり、
時間をさいてもらえず、なかなか安定した
サーブができなかったため。


■サービス動画の感想(フリー05): 

いままで5ヶ所ほどのテニススクールに通ってきたにもかかわらず、
スリーさんの動画を見て、サービスのプロネーションがうまく使えて
いなかった理由がはっきりわかりました。


実は手の甲の向きが反対だったのです。
私にとってはとても衝撃でした。


今までコーチが変わるたびに、
いろいろな角度からのアドバイスはあったものの、
本当に基礎的な事に思える手の甲の向きについては、
だれも指摘してくれなかったのが現実です。


本当に今までのレッスン料金を
返してほしいくらいのショックをうけました。


練習としてよく使われる投球ホームからして、
手の甲の向きが違っていました。


女性はキャッチボールとかをした経験も少ないので、
意外と私と同じような方もたくさんいらっしゃるかも
しれないですね。


手の甲の向きが違うだけで、
うまく肩の張りを感じることもできず、
力まかせの手打ちになっていたため、
サーブが安定しなかったように思います。


上手な方のサーブを見ていると、
打ち終わった後は力が抜けて惰性で
フォロースルーをしているように見え、
打った後のバランスがとてもいいのも
この動画を見て納得できました。


ようやく、
ためていた力を解放してボールにぶつける
感じがつかめそうです。


今は早くこの動画で学んだ事を活かして
実際にサービスの練習ができるまで、
ひたすらイメージトレーニングをしています。


また打てたら感想をお送りしますね。


あと、季節的なものもあり仕方なかったとは思いますが、
少しでもコーチの体の使い方をイメージしやすいように今後は、
腕や脚をだした服装で撮影してくださると、よりありがたいです。


どうしてもウインドブレーカーのダボっとしたシルエットでは、
筋肉の動きとかがわかりにくいです。贅沢言って申し訳ないです(^^;)


本当にいつも的確なアドバイスありがとうございます。


--------------ここまで----------------


---------------まとめ-----------------


実は今回一番感想を読んで勉強になったことが、
最後の方に書かれている「私の服装」です。


ウインドブレーカーでも
伝えたいことは伝わっていると思います。


しかし、
ウインドブレーカー以外の服装の方が
もっと体の使い方がわかりやすかったので
その部分は反省ですね^^;


でも、
こうやってあなたと共に私も成長できれば
一緒に頑張っている気持ちになれて嬉しいです。


あなたに一歩ずつといつも言っていますが、
私も同じです。


行動しては振り返って、
改善を繰り返す。


テニスだって教え方だって同じです。


それ以外、
進化の方法はないのです。


だから
私は感想を聞くようにしています。


そこから次への進化につなげたものの積み重ねが
普段の記事や動画でのテニス上達法だったりします。


あなたの場合はテニスですよね。


自分に必要なことをトライしては振り返って、
足りないものは練習です。


その繰り返しなんですよね。


ただ、
この地道な繰り返しはモチベーションの低下や
何をすればいいのかわからなくさせたりします。


そんなときに
私が紹介しているテニス上達法を利用すると
新たな刺激となって、また明日から頑張れます。


今回販売している「サービス動画」
あなたのモチベーションアップや何をするべきかの
道標になればと思って作成しました。

  ↓ ↓ ↓
  

私はあなたの応援の声や喜びの声が
モチベーションとなって頑張れています。




改めて言いたいのですが、
ありがとうございます^^


では!


スリー



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大阪万博が行われた、万博記念公園に
行ってきました。

自宅からは近いのですが、改めて行く
ことがなかったので新鮮でした。

特に何年たっても感動を与えてくれる
太陽の塔はすごいです。

あれこそ本当の芸術ですね!











AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

相手が大きく変化する
サービスを打ってきたらそれだけで
ちょっと勝てる気をなくしてしまいませんか?


また、
自分のバックに高く跳ねるサービスを
打って前に出てくる相手だったら、
その対応ばかりに気を取られてしまいませんか?


もし
相手のサービス次第で自分のメンタルが
左右されているのでしたら、反対に自分が
相手にその気持を与えてみるのはいかがでしょうか?


今回はそんな回転系サービスのお話です。


--------------ここから----------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): ひろき
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 軟式+硬式 6年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニス上達法メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08): 


【ひろきさんからのご質問】


スピンサーブの打ち方がわかりません。

教えて欲しいです。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


ひろきさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


スピンサーブについてですね。


私はスピンサーブが得意なのですが、
習得するのは難しいです。


そこでブログ記事に詳しくスピンサーブについて
お話しています。


ご覧下さいね^^




では!


スリー


--------------ここまで----------------
 

---------------まとめ-----------------


私は自分の得意ショットを聞かれたら
「スピンサービス」と答えています。


ファーストサービスは速いスライス、
セカンドサービスはスピンを使っています。


私の場合、
ファーストもセカンドも武器になるので
あまりセカンドサービスという概念がありません。


2回ファーストサービスで
攻めているという感じです。


「入れないと」


そんなネガティブな気持ちで打つのではなく、
「高く跳ねろ!」という基準でセカンドサービスを
打っています。


なので
相手からしたらファースト・セカンドサービス共に
攻めてくるので返すのが大変だと思います。


相手をこういう心理状態に追い込むことが
サービスの理想だと私は考えているので、
あなたには今後強力なセカンドサービスを
身に付けてもらいたいと考えています。


そのためにも
サービスの基本の構築は不可欠です。


どれだけスライスやスピンの打ち方を
覚えても、そこに「パワー」が伝わっていなければ
相手に脅威を与えることができません。


スライスはスピードも回転もなければ、
単なる入れるだけのサービスです。


スピンにおいては、
中途半端に跳ねるとかえって相手の打ちごろに
なってしまい、上から叩き込まれてしまいます。


一生懸命スピン回転をかけて
相手のチャンスボールになっていたら
何だか悲しいですよね。


でも
やはり回転系のサービスは魅力的です。


入る確率も上がりますし、
変化すると相手は取りにくいし、
球種がたくさんあるとレシーブが絞れません。


以前、
トッププロの鈴木貴男選手の研修を受けたのですが、
速いフラットサービスは身長が180センチ以上ないと
試合ではなかなか入らないと言っていました。


だから
回転を加えてサービスボックスにねじ込んでいると
話されていたのが印象的です。


ちなみに
鈴木選手は元日本ナンバーワンの選手で
200キロのサービスを武器に世界で戦って
いましたが、身長は175センチです。


200キロのサービスでも少し回転をかけて
確率を上げていたそうです。


なので今後はそんな使い勝手のいい
「回転系サービスの動画」も公開する
予定にしています。


リクエストも多かったので
出来次第お知らせしますね。


ただ、
キレのあるスライスサービスも
高く跳ねるスピンサービスも
やはり体を上手く使えてこそです。


基本なくして回転系サービスは
意味を成しません。


そのためにも
まずはサービスの基礎をしっかり
学んでおいてください。


「サービス動画」は応用的なサービスを
打つための布石です。


基礎ができていないと
応用に取り組んでも効果が出ないのです。


それともうひとつ、
サービスの基本が必要である
理由があります。


それについては、
私の紹介しているテニス上達法を購入し、
特典請求された方のみに配信している
【購入者通信】でしか公開していない
音声でお話しています。


でも
今回は『サービス強化週間』ということなので
4月30日(火)まで特別に【購入者通信】
提供している音声を公開します。


下のURLをクリックして少し時間が経てば
音声が流れますのでじっくり聞いてください。

↓ ↓ ↓

 

【購入者通信】ではテニス上達法だけでなく、
色んなことに関する私なりの見解もお話しているので
テニス界の状況なども見えてきますよ!


それ以外に本当にお得な情報なども
配信しているので、ぜひ私の紹介している
テニス上達法を購入された際は特典請求
してくださいね。


当然「サービス動画」も
【購入者通信】の対象になります。

   ↓ ↓ ↓


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は冗談でよく
「魔法をかけられた」と生徒さんに言われます。


昔はなぜそう言われるのかわかりませんでしたが、
今はその理由が自分のレッスンの組み立て方に
あることがわかりました。


というわけで
今回は「サービスの上達法」
魔法の種明かしをしたいと思います^^

--------------ここから----------------

■名前: こうちゃん
■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 46~50歳
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法(フリー03): ニックネーム


■サービス動画の購入理由(フリー04): 

サーブは得意なほうですが、より上手くなるために・・。


■サービス動画の感想(フリー05): 


これは質問になるのかも知れません!


私の「これは」と思ったのが
トスを上げた後にアゴを上げずに目線だけを
上目にして見る事です。


サーブのインパクトでは
顔も胸も打点を見ていたほうが
良いと思っていました。


動画を見ている人は、テニスを始めたばかりの
人もいると思うので、基本的な事で
言われてるのもあるとは思いますが・・・。


ただ、引っかかるのは・・
アゴが上がっている状態は
腹筋にも力が入りにくいですよね。


そういう意味では、
アゴを引いている時のほうが
大幹にも力が伝わりやすい!


つまりは
機能分析的には運動連鎖がしやすいから
「目でボールを追う」という表現になって
いるのですか?


そこが知りたいです。


--------------ここまで----------------

【スリーの回答】

--------------ここから----------------


こうちゃんさん

ご感想ありがとうございました!
スリーです^^


トスアップの際のアゴの位置についてですが、
こうちゃんさん、さすがですね!


その通りです。


バランスの項目でお話していたので
他の効果を話しませんでしたが、
体幹が関係します。


野球選手でアゴを上げてボールを
投げる人はいません。


また、陸上選手でアゴが上げて
走っている人もいません。


腹筋に力が入りませんし、
軸が後傾になってしまうので
運動連鎖が難しくなってしまうのです。


これはどのショットにも言えることですので
心がけてくださいね!


--------------ここまで----------------
 

---------------まとめ-----------------


「サービス動画」で私は
バランスのお話をしています。


サービスを打つ際にトスアップやスイングのたびに
顔が動くとバランスが崩れてしますからです。


だから
トスアップで上げたボールを見るときは
顔ではなく目でボールを追いかけましょうという
説明をしています。


でも
本当はそこに「仕掛け」をしていました。


その部分に今回の質問者さんは気付いたのです。


ちなみに
今回質問をくださった「こうちゃんさん」は
長らく私のメルマガを読んでくださっているので
機能分析の観点でテニスを考えることができる方です。


私は今回の動画のコンセプトは、
サービス動画の説明文を読んでもらえばわかると
思いますが、以下のキーワードが入っています。


「基盤」「逆算」「段階的」「体感」「経験」

「考え抜いて作っています」「ひとりでできる練習法」

・・・


そして、

「本当に上達できる」


これらフレーズは単なる売り文句ではありません。


本当にそういう動画なのです。


なので実際に動画内で説明している順番で、
練習法を行えば上達できるというある種の
魔法のようなテニス上達法です。


ちょっと種明かしみたいになりますが、
例えばあなたが動画を見て、トスアップの際に
顔ではなく、目で上がっているボールを追いかけて
サービスをしたとします。


すると腹筋に力が入り、
さらには骨盤が前傾になるので
軸がしっかりとした状態でサービスが打てます。


だから
運動連鎖がスムーズなサービスが打てるのです。


本当は骨盤で前傾で作り、
腹筋に力を入れて軸を作って欲しいと言いたいのですが、
情報過多になってしまうので、ひとつのことを意識する
ことによって、すべてが出来てしまうアドバイスを
入れたのです。


それが、
「トスアップのボールを顔ではなく目で追いましょう」です。


当然、より運動連鎖がスムーズにいくための
練習も実はさりげなく先に入れています。


そうすることによって、
ひとつの意識することでいくつもの体の機能が
働くようになっているのです。


実は動画を見たけれどまだ実際にコートで
実践していないという感想も結構あったので
今回はあえて少しだけ種明かしをしました。


『サービス強化週間』ということなので、
動画を購入されていない方も、今回お伝えしたことを
踏まえて練習してみてください。


きっと
今までとは違う感覚でサービスが打てるはずです。


「トスアップしたボールは顔ではなく目で追いかける」


これだけで結構ですので、
試してみてくださいね^^


魔法にかかったような感覚になりますよ!


「キーワード」が気になる方は
実際にサービス動画の説明を読んでみてください。





では!


スリー

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。