テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

バックハンドボレーに苦手意識を

持っていませんか?




バックハンドボレーが苦手な方は、
ボールを切るような打ち方をしています。




このイメージを払拭するためのいい練習があります。




それは、


「ネットの上を沿って素振り」です!




やり方はテニスコートがあれば簡単!




バックハンドボレーを打つ構えをして、
ラケットをネットの上に置きます。





立ち位置は、ネットに対して平行に立ちます。




あとは、ネットにのせたラケットを
ネットに沿って素振りをするだけです。




そうすると、まっすぐ後ろから
前へのスウィング
ができます!





それに引きすぎ、振りすぎはネットから
脱線してしまうのでコンパクトなスウィングが
覚えれます!





オヘソがネットに向いてフィニッシュを
取れていたらバッチリです。




実際やってみたらわかると思いますが、
この練習はかなりいい練習です。




「バックハンドボレーは横向きを保つように打つんだ!」



ということを教えてくれる、
最高のコーチですよ、ネットは!



では^^




スリー





テニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニス


 私が「最も伝えたい」テニス上達法!


バイオメカニクスについてはこちらの記事をお読みください!

       ↓          ↓         ↓     

「テニスに対する考え方を変える8つの教え」


テニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニス



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「肩甲骨を操れます」



そう答えてくれたのは
元日本No,1の鈴木貴男選手です。




彼は175センチと世界では小柄な
体格ですが、200キロを越える
サービスとボレーを武器に世界と
戦っています。




日本代表の全ての記録において
代表歴代1位を保持している
私が最も尊敬しているテニスプレーヤーです。




そんなすごい選手が自分の身体的に
優れているポイントは


「肩甲骨」(けんこうこつ)


だと言い張っていました。




肩甲骨とは肩から背中にかけての

骨の部位です。


体は決して柔らかくないが、
肩甲骨だけは柔らかいと
彼の講習会を受けに行ったときに
教えてくれました。



200キロの強力なサービスの秘訣は
稼動域の広い肩甲骨だったのです。



しかも、


肩甲骨の稼動域が柔らかいと、
ストロークやボレー、スマッシュと
全てのスイングがスムーズになるそうです。




そこで、今回は肩甲骨のストレッチ方法を
ご紹介します。




この方法は肩甲骨の稼動域を広くし、
かつ、鍛えずらいインナーマッスルも
強化してくれる優れたストレッチ方法です。




インナーマッスルを強化すれば、
胸や肩、腕の筋肉の働きを最大限に高め、
さらなるパフォーマンスを実現してくれます。




そんなテニスの上達に必要不可欠な
肩甲骨を有効に使うために今回ご紹介するのが


「インチャク」です。



聞いたことがないかもしれませんが、
このインチャクはかなり優れものの
運動器具です。




本来、肩甲骨の稼動域を広げたり、
インナーマッスルを鍛えるためには
ジムなどに設置しているトレーニング
マシーンが必要でした。




しかし、


このインチャクは簡単に持ち歩けますし、
短時間で有効的なストレッチやトレーニングを
完了することが出来るのです。




筋肉は年齢とともに硬くなっていきます。




なので

普段からストレッチする必要があります。





特に


首・肩こりがテニス肘や腱鞘炎の
原因だと言われています。




インチャクはこれらの症状にも
効果があります。





アンケートをとったところ
私のブログやメルマガの読者さんは
40代以上の方もたくさんいらっしゃいます。




そこには怪我を予防したいという声が
数多くあったので、今回紹介させて
もらいました。




前回お伝えした股関節のストレッチ方法

今回ご紹介したインチャクストレッチがあれば

かなり効果的な体ケアができている状態です。




色んなストレッチを勉強してきましたが、

この2つの組み合わせが最強です!




インチャクの使い方はホームページに
画像で紹介していますので、どういう風に
利用するのかがわかると思います!



【インチャクストレッチ方法】



長くテニスを楽しんでもらうためにも
ぜひストレッチに取り入れてくださいね^^



私からの特典も用意していますので、
ぜひご利用ください^^



【スリーからの特典】



では^^






スリー





テニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニス


 私が「最も伝えたい」テニス上達法!


バイオメカニクスについてはこちらの記事をお読みください!

       ↓          ↓         ↓     

「テニスに対する考え方を変える8つの教え」


テニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニス




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


股関節のストレッチ方法について

説明します



股関節(こかんせつ)とは足の付け根、

股にある関節です。



このストレッチはオリンピックのトレーナーから

教わった一般の方があまり知らない方法です!



股関節をこの方法でストレッチしたらすごく体が

軽くなったような感じになるので取り入れています^^




ちなみに


画像のモデルは私です(笑)



方法は簡単ですので

ぜひ試してくださいね!



ちゃんとやったらすごく気持ちがいいので

画像を真似ながら行ってください!





①両手をついて腕立ての状態を作る。
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~


②左足を左手の横まで持ってくる。
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~


③両手を右に移動させ体をひねる。(約10秒間)

 ポイントは行けるところまで両手を右に持ってくること!
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~


④両手を行けるところまで左に移動させ体をひねる。(約10秒間)

 ポイントは左足を両手が越えること!
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~


⑤左腕(出来るなら左肩)を左足の下からくぐらせる。(約10秒間)

 ポイントは小刻みに揺れながら体を伸ばすこと!
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~



⑥元の状態に戻す。ここからは反対を動作を取り入れます。
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~



⑦右足を右手の横まで持ってくる。
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~


⑧両手を左に移動させ体をひねる。(約10秒間)

 ポイントは行けるところまで両手を左に持ってくること!
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~


⑨両手を行けるところまで右に移動させ体をひねる。(約10秒間)

 ポイントは右足を両手が越えること!
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~


⑩右腕(出来るなら右肩)を右足の下からくぐらせる。(約10秒間)

 ポイントは小刻みに揺れながら体を伸ばすこと!
テニス上達 最短の道 ~現役ヘッドコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~


以上です!



やってみたらすごく簡単なストレッチなので、

ぜひトライしてくださいね!



股関節が柔らかくなると怪我も減りますし、

下半身から上半身への運動連鎖がスムーズに

なるので、肩甲骨のストレッチ方法 と合わせて

行うと完璧です^^



もしこのやり方でわからない点などあれば

質問してくださいね!




では^^




スリー




テニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニス


 私が「最も伝えたい」テニス上達法!


バイオメカニクスについてはこちらの記事をお読みください!

       ↓          ↓         ↓     

「テニスに対する考え方を変える8つの教え」


テニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニス





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、松岡修造テニスクリニック
お手伝いをしました。




デモンストレーションでストロークを
見ましたが全然違いましたね。




そのボールは、実際に自分が打ってなくても
わかるくらい重そうで、伸びがあるボールでした。




松岡修造のボールはウインブルドンで
ベスト8に入っただけあって重そうでした。




これは、

最近の日本のトップにはない感じでした。




世界で勝ち抜くにはこの


「重いボール」


というのが必要だと実感しました。





これは一般プレーヤーにも
必要なことです!




あなたは、ボールを打つ時に
体重が上に抜けていませんか?



松岡修造は地を踏みしめて
ボールを打っていました。




しっかり踏み込んで、
打点を前にして打っていました。




これは基本的な考えですが、
改めて基本の大切さを感じました。




あなたも基本を大切にして、
「重いボール」を目指しましょう!




では^^



スリー






テニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニス


 私が「最も伝えたい」テニス上達法!


バイオメカニクスについてはこちらの記事をお読みください!

       ↓          ↓         ↓     

「テニスに対する考え方を変える8つの教え」


テニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニステニス





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、バイオメカニクス特別講座を
公開しました。



【テニスに対する考え方を変える8つの教え】




今まで色んなテニス上達法を出して来ましたが、
一番申込みが多いです。




申込みフォームを公開した瞬間、
滝のように申込通知が来たので
自分でもビックリしています^^




バイオメカニクスはこんなに需要が
あるんだということに驚きです。




ちょっとマニアックな理論なので、
あんまり反応がないと予測していたので(汗)





そんな中、
アンケートをいただきました。




匿名でいただいているので、
お名前はわかりませんが、
お答えいただきありがとうございました^^



----------以下 アンケート参照------------------------


スポーツの技術はニュートン力学と
バイオメカニクス(生体力学)で解明されることが
普遍性と効率性の観点から必須と考えています。



趣味として楽しんでいるスキーからみても、
テニスはあまりにも遅れていると感じています。



テニススクールに通わない理由は、
スクールとしての統一した理論やメソッドがなく、
各コーチの体育会的な経験論にまかせたレッスンが殆ど。



何故そうしなければならないかという
理論的説明にいたっては皆無。



単なる人間球出機以上の価値を見出し得ないため。


-------------------------------------------------------



このアンケートを読んで、
正直「鋭い」と感じました。




この方の考え方と、
私の考え方は非常に似ています。




私はこうような想いをされている方に
答えたく、テニスの指導法を勉強したり、
今回のバイオメカニクス講座を作成しました。




「物事には必ず理由がある」





それが私の基本概念です。






例えば、


フォアハンドストロークが苦手な方には
苦手になる理由があります。


サービスが苦手な理由も、
得意な理由も必ずあります。




それを解明するには今回のバイオメカニクスの
考え方が必要なのです。






だから


できるだけ誰にでもわかるように
ポイントを抑えて作成しました。





「初心者にもわかる」





これがコンセプトです!





バイオメカニクスの考え方が少しでも
頭にあるだけで、今後の私のブログ記事の
理解の深みが変わってきます。





なので、


できるだけ読んでください。
無料ですし、8回に分けて配信しますので
頭が整理しやすいです。




わからないことは質問してもらえれば
お答えしますので、あなたのテニス観を
変えるいいきっかけになります!




そういう価値観を提供できれば、
テニスコーチという仕事をしている
意味を私も感じることができて嬉しいです。





下のフォームから登録できますので、
ぜひ楽しみにしててくださいね^^



バイオメカニクス特別講座 登録フォーム




すでに登録済みの方は、
以下のフォームから感想や質問が
出来ますのでご利用ください!


バイオメカニクス アンケートフォーム





では^^




スリー




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。