価値観は多様だと思えば気が楽ですね | 3つのエス~ヒューマンスキルとメンタルヘルスを考える~

3つのエス~ヒューマンスキルとメンタルヘルスを考える~

メンタルヘルスやヒューマンスキルを中心に自分のやりたいこと思い、考えなどを徒然なるままに書いていきます。


テーマ:

「みんな言ってる」

「テレビで言ってた」

「ネットに書いてあった」

「○○さんが言ってた」

 

こんな言葉を話の中で聞いた(あるいは自分が言った)ことは1度ならずあるのではないでしょうか。

しかし、この言葉で納得したり、相手を説得できたことはそれほど多くはないのでは?

 

Facebook や Twitter をみているとやり取りが長くなったり、コメントがたくさんついているものには上記の書き方があるように見られる気がします。

多くの場合は自分の意見(考え)を正当化(?)する根拠に使っているように感じるのですが…

 

私はこう思う、だって「みんな言ってるし」

私はこう思う、だって「テレビで言ってたし」

私はこう思う、だって「ネットに書いてあったし」

私はこう思う、だって「○○さんが言ってたし」

 

とくに「ネットに書いてあった」は最近多いように見えます。

ネットに書いてあった…一見正しそうなのですが、ネットをいろいろ検索すると、必ずと言っていいほど反対の意見や主張がありますね。ですから、「ネットに書いてあった」と言っても逆の意見を提示されます。

 

ものによっては正解を突き詰めなければならないこともあるでしょうが、「こんな価値観もあるんだ」と思って受け入れることもひとつの解決策だと思います。議論することで新しい解決策もでますけど。

 

数年前に「正解はひとつではない」と言う考え方とアンガーマネジメント「価値観の違い」を学んでから、

 

I am OK You are not OK

 

という考えを手放せるようになりました。

反論に関しては「ああ、そういう考えもあるんだ」と受け入れる。ただ、どうしてその考えに至ったかは聞いてみる。すると前提が違ってるとか、向かってるベクトルは一緒で方法が違うだけだったりと対立しなくて済むことも多いです。ただ、ネットでは文字のやり取りだけなので、さらに誤解が進むリスクがあるので、反論にあまり反応しませんが。これは無視してるのではなく、個人的には、「こんな価値観もあるんだ」と思っています。

 

ネットなどで自分が書き込んだことに、異なる意見が書かれた時に反論したり、落ち込んだりするのではなく、「価値観は多様なんだなあ」と思えばトラブルも少なく、落ち込まなくてすむのではないでしょうか。

余談ですが、これを書いていて、昔「ロジカルシンキング」の研修で作成した演習を思い出しました。

その話はまた別の機会に。

 

 

 

 

sonesoneさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス