情報の取捨を考える | 3つのエス~ヒューマンスキルとメンタルヘルスを考える~

3つのエス~ヒューマンスキルとメンタルヘルスを考える~

メンタルヘルスやヒューマンスキルを中心に自分のやりたいこと思い、考えなどを徒然なるままに書いていきます。


テーマ:

今日の話はDeNAの会見を見て思い出した話です。

 

2000年ころに研修として作ったワークがあります。

当時、ロジカルシンキングが話題になり始めました。その時にあるプレゼンをする際に取得した情報をロジカルに組み立てるというワークを作りました。表向きロジカルな組み立てですが、本質的にはしっかり考えることが裏テーマ。

内容は創作なので相反する情報を提示しました。どうしてある情報はプレゼンの主張に取り込み、自分の案のマイナス要素になる情報は破棄したのかをしっかり考えるというワークです。

 

発表の中で「インターネットで出ていた」という根拠でプレゼンを組み立てていたチームもありました。その時の解説でも「インターネットに出ていた情報だから正しいと考えるのは危ないです。きっとその根拠に対する反論もあると思うので、自分の考えに反するものをどう扱うかはしっかり考える必要があります」というようなことを言いました。

DeNAの会見を見ていて、インターネットの情報だからといってそのまま受け入れてしまうのではなく、情報吟味が必要だという事を再認識しました。

 

ネットで言っているから正しい、メディアで言ってるから正しいと情報をそのまま受け入れるのではなく、自分で考えることを忘れてはいけないなあと改めて思いました。

 

子供の頃は「みんな言ってるもん、だから正しいよね」「だってテレビで言ってたよ」という論理展開(?)をしていた気がします(汗)最近はこれらに加え「ネットに出てたから正しいよね」というケースも増えてきたように思います。自分自身ネットでお手軽にいろいろ調べてしまいますが、一つの情報ソースだけではなく複数の情報ソースから判断するのが間違いを防ぐリスク回避になるのでしょうね。それでも絶対正しい情報が得られるとは限らないですが。

信頼できるサイト、情報発信をしているところもありますが、誰でも情報を挙げることが可能なので自分でしっかり意識して情報の取捨を考えたいものです。

sonesoneさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス