旅の想い出、モロッコへ | Thomasの旅日記・写真

Thomasの旅日記・写真

カナダ・トロント郊外に住み、ヨーロッパ、カリブ海、日本と旅行をする旅日記。 特に美術館、博物館、教会、宮殿等をCanon EOS90D(一眼レフ)を肩に見て廻り、写真と記録。 カナダの生活・習慣・催し等も写真と共に。

 

リスボンを出てスペインに戻り、南下しジブラルタルの港街、アルヘシラスのフェリーターミナルへ。 

 

 

ところでジブラルタルはスペイン南端に突き出ている高い岩山の島で、イギリス領。 

 

 

昔は海峡を見張る砦で大砲とかもある。 今は土産物や商業も盛んで、毎日スペインから仕事に来る人も居るし、狭い岩山なので、空港の滑走路はメインの道路を横切っている。 飛行機(主にイギリスから)が離着陸する間は、道路を踏切の様にして閉鎖し、道路部分の滑走路を掃除してから飛行機が来る。 

 

フェリーでジブラルタル海峡(地中海の西端の狭い海峡)を渡りアフリカへ。 しかし、そこはまだスペイン領のセウタ。 

 

 

 

 

近くにモロッコへの国境もあり、バスからも見える。 

 

国境を超えるのにバスの中で2時間も待たされた。 

 

 

アフリカにしては緑濃い峠をドライブ、モロッコの交通機関を見たりして、最初の街フェズに着く。 

 

 

 

 

 

 


旅や自然の写真・インスタグラム"