2011年08月16日(火)

江~姫たちの戦国~ 第31話 「秀吉死す」 その背景 ~豊臣秀吉伝 その2~

テーマ:テレビドラマ
http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-10986358838.html

こちらから続いております。


天正10(1582)年6月2日、
明智光秀が本能寺の主・織田信長を急襲します。
信長に羽柴秀吉の中国攻略への援軍を命じられ、
その軍は主君に向けられることとなりました。

第5話 「本能寺の変」 その背景 真相はわかりませんよ?
http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-10792854256.html

第6話 「光秀の天下」 その背景 本能寺~山崎の戦い 秀吉の中国大返し
http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-10800413241.html

そのあたりのお話と、その直後の秀吉の中国大返し、
山崎の戦いについては、
これらの記事の後半をご覧いただくとしまして、
謀反人・明智光秀を討つ事に成功した秀吉は、
織田家中の最重要人物となっていきます。

織田家の跡継ぎをどうするか、
その会議が1582年の清洲会議。

長男・信忠は明智軍に討たれていますので、
順当ならば、次男・信雄ということになります。

しかし、織田家筆頭・柴田勝家が推したのは三男・信孝でした。
そして、羽柴秀吉が推したのは、
討ち死にした長男・信忠の子、
3歳の三法師を担ぎ上げます。

なぜ、信雄の名前が出てこないんだという話は、

第8話 「初めての父」 その背景 継手が信雄ではない理由 そして織田信成選手
http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-10815557954.html

ですけれど、ちょうど、「世紀のワイドショー!ザ・今夜はヒストリー」で、
小牧長久手の戦いが扱われ、信雄の人生が紹介されていましたけれど、
何から何までこういう話ばかりが伝わっている人なんですよね。
信長嫡流の三法師と、
信長三男の信孝のどちらが織田家の跡を継ぐべきか…
というよりも、家中で声が大きいのは、
秀吉か勝家かという争いになっていきます。

結局、事前の根回しが功を奏し、
秀吉の意見が通ることになるんですが、
そこは秀吉一流のバランス感覚で、
自分の領地の長浜を勝家に与え、
そして、浅井長政死後、独身だった信長の妹・市を勝家に嫁がせています。

これでとりあえずは小康状態となる対立関係でしたが、
秀吉が山崎の地に城を築き、
織田家諸大名と独自に友誼関係を結び始めると、
勝家は滝川一益や織田信孝らに秀吉の罪状並べ、
糾弾すべしとする弾劾状を多数ばらまいています。
対して秀吉は、
信長の四男で養子の羽柴秀勝(秀勝はたくさんいるんです)を喪主として、
信長の葬儀を執り行います。

私が考えまするに、柴田勝家がこの時点で拙かったのは、
秀吉から譲られた長浜の地に、
自ら住まなかったことのように思います。
長浜城には養子の勝豊に任せていて、
自身は越前国北ノ庄に戻ってしまっています。
彼の地の冬は雪に閉ざされます。
そこを突いたのが秀吉で、勝豊の長浜城を包囲します。
勝豊自身は勝家との仲が芳しくなく、
そこを踏まえて、秀吉側は彼の調略を仕掛け、
これが目論み通りに成功、戦わずして長浜城を取り返しています。

一方、織田信孝が三法師を安土に戻さないという難癖をつけて、
秀吉は信孝を攻めます。
秀吉の軍に織田信雄軍も加わり、
信孝を打ち負かし、三法師を取り戻しています。

1583年4月、賤ヶ岳の戦い。
1ヶ月の両軍睨み合いの中、
既に降服していた織田信孝が滝川一益と組み美濃国で挙兵、
それに応じる形で、直ちに秀吉は美濃に進発します。
これを好機と柴田軍が攻勢に出ます。
柴田軍が各所で勝利を収める中、
美濃にいるはずの秀吉の本隊が突如現れます。
美濃返し、美濃大返しにより、
また、勝家の軍の前田利家が戦場を離れたことにより、
この戦は、秀吉の勝利、勝家の敗北となりました。

敗走する柴田勝家を追って、北ノ庄へ。
城を包囲された勝家は妻・市と共に自刃します。

こうして、織田家に秀吉の敵はいなくなりました。


翌1584年、織田信雄は秀吉から年賀の挨拶を命じられます。
これに激怒した信雄は徳川家康を頼り、戦となります。
4月、家康・信雄の軍3万5千、秀吉軍7万の戦、
これが小牧長久手の戦いで、まずは羽黒の森長可に家康の軍が勝利、
家康は小牧山に布陣します。
対して、秀吉軍は家康の本拠地・岡崎城を奇襲しようと、
2万の別働隊を差し向けますが、
戦上手の家康は4千5百の兵でこの秀吉軍の別働隊の横っ腹、背後を突き、
壊走させています。

この後も家康を討つべく、秀吉は軍を動かしますが、
虚報に踊らされるなどして、数的有利を生かし切れず、
いずれも敗れています。

開戦から半年あまり。
家康・信雄側が戦を有利に進める中、この戦が突然終わることとなります。
徳川家康を誘って戦を始めた張本人、織田信雄が家康に相談もなく、
単独講和してしまいます。
これにより、大義名分を失った家康も講和することとなります。
家康がこの戦で得たのは「秀吉に勝った家康」という威名のみとなります。

その後、秀吉は権大納言に任官され、
名実ともに、織田家を凌駕することとなります。


…次回こそは、最後までお書きしたいです…

http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-10988381105.html


ねてしてタペ



豊臣秀吉 (中公新書 (784))/小和田 哲男

¥693
Amazon.co.jp

真説・豊臣秀吉 (中公文庫)/池波 正太郎

¥720
Amazon.co.jp

新史太閤記 (上巻) (新潮文庫)/司馬 遼太郎

¥780
Amazon.co.jp

新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)/司馬 遼太郎

¥740
Amazon.co.jp

豊臣秀吉 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (3))/吉本 直志郎

¥924
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第壱集/上野樹里,宮沢りえ,水川あさみ

¥48,510
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第弐集/上野樹里

¥41,580
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集/上野樹里,宮沢りえ,水川あさみ

¥44,100
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第弐集/上野樹里

¥37,800
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Jack Daltonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

QLOOKアクセス解析

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。